古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2021年01月

孟宗竹に目を奪われる小型の穹窿式(ドーム型)石室


 樋の口古墳前の道路を南に歩き、すぐのところに今回の玉蔓(たまかずら)古墳への登り口があります。竹林の間に地元の方でしょうか、ロープを張ってくださっているので迷うことはありません。ただ、大型の孟宗竹が風雨にさらされてあちらこちらで倒れ道を塞いでいます。現地を訪れる際には十分注意してください。径13mの円墳ですが、墳丘には鮮やかな緑色の孟宗竹が石室を守るように生えています。ただ、墳丘にとりよいわけはありません。この分では石室石材の間から竹の根が顔を出し、石室を崩壊させるのではと心配になります。 それはともかく、長さ3.5mの羨道と、同じ奥行きの玄室の残りはよく、小型ながら持ち送りの急な穹窿式の石室を十分に観察できます。このブログでは佐賀県の古墳石室を数多く紹介し、この唐津市でも樋の口古墳横田下古墳島田塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)を見ています。ただ、近接しているにもかかわらず、それぞれの古墳は個性的であまり共通点を見出すことはできません。比較的大型の腰石に小型の石材を積み上げていくという奥壁の造られ方に着目すると今回の玉蔓古墳は、太良町の田古里古墳に比較的似ている感じがします。もっとも天井高は田古里古墳は4.5mとはるかにスケールは大きいです。玄門を境にして玄室幅が羨道幅より大きくなる両袖式の玄室ということがよくわかるのもよいですね。石室への入室に他の古墳のように唐津市への開錠申請はいりません。(撮影2019年12月17日)。PNG 玉蔓古墳と樋の口古墳位置関係
PNG 玉蔓古墳石室イメージ図
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

関東では珍しい遠くから確認できる大型前方後円墳


 前方後円墳の築造は全国的に見れば、6C後半の墳長310mの五条野丸山古墳(奈良県橿原市)をピークに急速に減退しますが、東国は例外で6Cいっぱい大小を問わず盛んに造られます。その理由はヤマト王権が東国を経済、産業、兵士など人的供給源として重視したためと考えられているようです。それらのうち群馬県の大室古墳群、保渡田古墳群など狭い範囲に古墳が集中し公園として整備されたものもありますが、今回の内裏塚古墳群のように民間所有の100m級の前方後円墳が広域に点在しているところもあります。まだ住宅がそれほど建て込んでおらず、稲荷山古墳のように墳丘を遠くから眺めることができるものもあります。ただ、動画冒頭のような光景がいつまで見れるかは保証の限りではありません 今回紹介する稲荷山古墳は後半に登場する九条塚古墳の半世紀後、6C後半の築造で墳長は106m、後円部径47m 高さ6m、前方部幅は73m 高さ6.6mと前方部の発達が著しい後期によくみられる前方後円墳の特徴を備えています。その様子は雑木林の生い茂るこんもりとした山にしか見えない現状からも想像ができます。墳丘の周囲の光景からおわかりのように幅の広い周濠が残り、調査によれば歩いた外側にも周濠、つまり二重の周濠がまわっていたようで全体で202m、6C後半としては東日本最大だったそうです。横穴石室も確認されています。他方、墳長103mの九条塚古墳は後円部径57m、前方部幅74m。高さは前方部が7.9mで後円部より1m高くなっています。周濠で農作業中の女性に、墳丘は落葉だらけで何もないよといわれながらも後円部頂上まで登ってみました。交通量の多い県道の喧騒が嘘のような静寂さを感じられる墳丘でしたが、稲荷山古墳と同様に墳丘全体は雑木林に覆われ、前方後円墳を体感することは難しいです。藪の伐採など地権者の意向もあるとは思いますが、所管の富津市の努力に期待したいと思います。明治末期の1910年に調査され、長さ9.5mの横穴石室から人骨、直刀、鉄鏃等武具類、金銅製馬具、玉類が出土しているそうです。アクセスはJR内房線青堀駅から紹介した2基は徒歩30分圏内。本数は少ないですがバスもあります。富津市のHPに内裏塚古墳群マップがあり、ルートが記載されています(撮影2020年11月9日)。
PNG 内山古墳と九条塚古墳 富津市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

片岩の板石平積みが美しい大型石室

 
 奈良県五條市の古墳。このブログでも五條猫塚古墳近内塚山古墳近内つじの山古墳近内鑵子(カンス)塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)を紹介してきましたが、巨大円墳の鑵子塚古墳を除けばいずれも方墳でしかも標高800mほどの神福山の山麓に広がる近内エリアにあります(マップ参照)。ところが今回の南阿田大塚山古墳は近内エリアの南東を流れる吉野川沿いに築かれ、しかも五條市では小型とはいえ前方後円墳で丘陵の高みに築かれています。しかもご覧のように精緻に板石が積まれた大型の石室を有しています。この地域ではまだ横穴石室が主流ではなかった時期6C前半の築造という点でも、かなりの有力者の古墳だということがわかります。出土した副葬品も馬具、挂甲、鉾、鉄鏃等武具、装身具、須恵器と豊富だったようです(現地案内板)。
 現地には近鉄線下市口から吉野川沿いに歩いて到着。おそらく古墳時代とそう大きくは変わりない景色を楽しみながら県道沿いに1時間ほどの道のりでした。ただ、道路沿いに看板を見つけてほっとしたのもつかの間。古墳のある山頂まで結構な上り坂です。ようやく到着して疲れは吹っ飛びました。私の好みの板石を幾重にも積み重ねた石積みの石室が待っていてくれました。全体として天井は低いのですが、縦横のバランスがとてもよいのが好印象です。床の礫に注意しながら長い羨道歩くと、玄室の奥壁が見えてきました。これも見慣れた大きな鏡石のある奥壁ではなく、小型の石をパズルのように並べはめた丁寧な造りです。比較的初期の横穴石室で、一枚板の大型の平石を用意するのが難しかったのでしょうか。しかし、それが却って石室全体の統一感をもたらしている気がしました。特徴的なのは羨道から玄室に入る時に一段床が下がっていることです。しかもかなりです。玄室の高さが2.4mしかないにもかかわらず、より天井が高く感じたのはこの構造のせいかもしれません。ただ主として緑泥片岩が用いられていることはわかったのですが、全体に黒ずんでいるのはなぜなのか気になりました。よく見ると煤のような感じです。五條市文化博物館の学芸員の方が調べてくださったのですが、古墳時代には追葬は行わた様子はないものの、平安時代、室町時代のものと思われる須恵器や人骨、さらには火打鎌(火打石)も出土していることから墓としての再利用が行われ、側壁の色調に影響したのではとのことでした。じっくりご覧ください(撮影2018年12月18日)。PNG 五條市古墳の位置関係 2021年1月23日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

朝鮮半島の影響もみられる小規模な古墳群


 今回の八幡山古墳群。既に紹介した同じ香美町にある整美な石室が残されている文堂古墳(クリックすれば飛べます)を訪れる前、折角の機会なので他の古墳もと訪ねた小規模な古墳群です。古墳以前に、兵庫県香美町といってもピンとくる人は多くはないと思います。調べてみると面積は368平方キロ。町の面積ランキングでは100位。北側は日本海に面し町全体が山陰海岸ジオパークに属し、他方、町全体が豪雪地帯に指定されています(スキー場もいくつかあります)。そのような人々が住むには過酷な自然状況ですが縄文時代から古墳時代にかけての遺跡が数多く残されているのです。なるほどと思う理由があります。高速バスで大阪から訪れたのですが、谷合というに相応しい光景の間に村落がところどころに展開するこの道こそが瀬戸内海と日本海を結んでいるのです。この街道筋沿いに残された古墳の一つが八幡山古墳群ですが、いずれの古墳も小規模な円墳である一方、唯一石室内部を覗ける5号墳は、奥壁と側壁の接合部分(玄室の隅(角))の持ち送りが急になっており、朝鮮半島の影響を受けたものといわれています。当時の交流の証しに違いありません。なお、同じタイプの石室構造は石川県の能登島(七尾市)の須曽蝦夷穴古墳(クリックすれば飛べます)で確認できます。八幡山古墳群5号墳の石室は半壊状態なので、是非、完成形を須曽蝦夷穴古墳で確認してください(撮影2018年11月27日)。PNG 八幡神社古墳群(香美町)(YU用)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ