古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2020年05月

雄大という言葉がピタリの始皇帝陵

 目指す始皇帝陵と兵馬俑は西安市から車で1時間ほど。西安市郊外遺跡見学ツアーに組み込まれています。たまたま日本人は我々二人だけ。なんか申し訳ないですねと思いながら現地に向かいました。始皇帝陵は仁徳天皇陵(大仙古墳)(クリックすれば飛べます)、ピラミッド(クフ王)と並び三大世界墳墓。いずれも世界遺産です。高さでは146.8mのピラミッドが1位、始皇帝陵が76m、仁徳天皇陵が35m。体積では始皇帝陵が1位の360立方㎥、ピラミッドが260㎥、仁徳天皇陵が140㎥となっています。

ドライバーさんに無理を言って始皇帝陵を遠くから、その巨大さを実感できるところに連れていってほしいとお願いしました。うーん。なるほど聞きしに勝る大きさ。紀元前221年に中国を統一した始皇帝が38年かけて計70万人を動員して造ったといわれるだけあります。墳頂が平らな始皇帝陵の特徴がよくわかるスポットです(動画3)。陵墓に接近しすぎるとこの姿は観察できません。仁徳陵の525mにははるかに及びませんが、それでも長さは東西350m、南北300mもあります。

 動画1と2の兵馬俑はご存じの方も多いと思いますし、2015年から2016年にかけて日本で開催された展覧会で実際にご覧になった方もおられるでしょう。私もその一人ですが発掘されたままの状態が見学できる現地で見学したいと機会を探っていました。陵墓から1.5㎞ほど東に造られています。巨大な体育館風の建物の1号坑から3号坑まで駆け足でまわりましたが、中国各地、世界各国からの訪問者でごった返していました。興味深かったのは撮影は自由なことでした。このあたりは韓国と同様です。なぜ東京国立博物館はじめ全国の博物館、歴史資料館の多くの展示の撮影が不可なのかいまだに解せません。それにしても日本の弥生時代、古墳時代がはじまる500年ほど前にこれほど緻密でリアルな現代にまで残る粘土像(それも12体だけでなく1号坑だけで6000体)を造った中国の文化、技術のレベルの高さにただただ感心しました。もっとも水にあたったのか、夏だったので食中毒なのか西安に戻ってから腹を壊し帰国後もしばらく医者通いというおまけがつきました(撮影2018726日)。


目指す始皇帝陵と兵馬俑は西安市から車で1時間ほど。西安市郊外遺跡見学ツアーに組み込まれています。たまたま日本人は我々二人だけ。なんか申し訳ないですねと思いながら現地に向かいました。始皇帝陵は仁徳天皇陵(大仙古墳)(クリックすれば飛べます)、ピラミッド(クフ王)と並び三大世界墳墓。いずれも世界遺産です。高さでは146.8mのピラミッドが1位、始皇帝陵が76m、仁徳天皇陵が35m。体積では始皇帝陵が1位の360立方㎥、ピラミッドが260㎥、仁徳天皇陵が140㎥となっています。

ドライバーさんに無理を言って始皇帝陵を遠くから、その巨大さを実感できるところに連れていってほしいとお願いしました。うーん。なるほど聞きしに勝る大きさ。紀元前221年に中国を統一した始皇帝が38年かけて計70万人を動員して造ったといわれるだけあります。墳頂が平らな始皇帝陵の特徴がよくわかるスポットです(動画3)。陵墓に接近しすぎるとこの姿は観察できません。仁徳陵の525mにははるかに及びませんが、それでも長さは東西350m、南北300mもあります。

 動画1と2の兵馬俑はご存じの方も多いと思いますし、2015年から2016年にかけて日本で開催された展覧会で実際にご覧になった方もおられるでしょう。私もその一人ですが発掘されたままの状態が見学できる現地で見学したいと機会を探っていました。陵墓から1.5㎞ほど東に造られています。巨大な体育館風の建物の1号坑から3号坑まで駆け足でまわりましたが、中国各地、世界各国からの訪問者でごった返していました。興味深かったのは撮影は自由なことでした。このあたりは韓国と同様です。なぜ東京国立博物館はじめ全国の博物館、歴史資料館の多くの展示の撮影が不可なのかいまだに解せません。それにしても日本の弥生時代、古墳時代がはじまる500年ほど前にこれほど緻密でリアルな現代にまで残る粘土像(それも12体だけでなく1号坑だけで6000体)を造った中国の文化、技術のレベルの高さにただただ感心しました。もっとも水にあたったのか、夏だったので食中毒なのか西安に戻ってから腹を壊し帰国後もしばらく医者通いというおまけがつきました(撮影2018726日)。


PNG heibayou to shikouteiryou
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美しい柄鏡型の前期前方後円

何度か触れたと思いますが国の指定史跡でも特に重要なものは文化財保護法に基づき特別史跡と呼ばれています。古墳では20203月、国宝金錯銘鉄剣が出土したことで知られる埼玉古墳群(クリックすれば飛べます)が加わり全部で10ヵ所になりました。そのうち今回アップした83号墳は宮崎県西都市にある西都原古墳群に属しています。今回で7回目になる西都原古墳群の紹介ですが、和歌山県の岩橋千塚(いわせせんづか)古墳群(クリックすれば飛べます)、埼玉古墳群と並び、特別史跡の中でも単体の古墳ではなく、数多くの古墳が立ち並ぶ古墳群という点で共通しています。しかも広大な敷地(墓域)が古墳とともに残されており、さすが特別史跡と感心せざるを得ません。このブログで紹介してきた数々の古墳も築造当時は広大な墓域を有していたのかもしれませんが今となっては開発の波にのまれ窮屈そうに残されている古墳が大半です。

前振りが長くなりましたが83号墳、一つ前に紹介した46号墳(クリックすれば飛べます)とは一目見て姿かたちが違うことがわかります。細く長く延びた前方部が特徴で柄鏡型と呼ばれており前期古墳にしばしばみられる形式です。横から(西)から見た墳形から、後円部に比べ前方部がずっと低いことがわかります。動画2で高さ6mの後円部から2.8mの前方部に歩いているのですが、結構斜度がきつかったことを覚えています。西都原古墳群では発掘調査が行われているものもありますが、この83号墳は未着手で詳しいことはわかっていないそうです。ただし現在は芝で覆われている墳丘は築造時葺石が施されていました。想像するに同じ宮崎県宮崎市の生目古墳群の5号墳のような感じではなかったでしょうか(クリックすれば飛べます)(撮影20191026日)。
PNG dogasatsueiichi saitobaru 83goufunn
PNG saitobaru83goufun to 46goufunの関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

完存する最古の段の塚穴型石室 


野村八幡神社古墳太鼓塚古墳(段の塚穴)、拝東古墳(いずれもクリックすれば飛べます)と3基を紹してきた吉野川沿いの古墳は石室の造り方が独特で、圧倒的な存在感をもっています。奥壁上段の大きな板石が天井に向かって急な角度で架けられているのです。ご覧のようにその斜度が半端ではないのです。玄室も中央の幅が広い胴張り型で共通しています。佐賀の田古里古墳や福岡の日拝塚古墳(ともにクリックすれば飛べます)の穹窿式とも共通していますが、段の塚穴型をいくつか見た今、違いのほうが目立ちます。

今回の大国魂(おおくにたま)古墳は、最も西に造られており、八幡古墳群に属する1基で、唯一石室が開口している貴重な古墳です。しかも最も早く造られた段の塚穴型の古墳だとのこと。期待は高まります。倭大国魂神社(やまとおおくにたまじんじゃ)の社殿右の雑木林のなかに入ると動画1冒頭の標識が見えます。ただどこに墳丘がときょろきょろしましたが見えません。実はこの辺りは墳丘の頂上で石室は右側に下ったところに開口していました。

 「うーん」思わず唸りました。開口部がかなり狭いからです。でもここで引き返すという選択肢はありません。カメラを右手に抱えながら潜ります。さすが全長4.6mと短いだけあって、すぐに玄室、それもヘッドランプに照らされた奥壁まで見えます。ただ、動画1をご覧になればわかるように玄室全体がとらえられていません。玄室の奥行きが2.17mしかないのに、幅が2.22mもあるからです。玄室に入ると石棚が途中にある小ぶりの石が積み重ねられた奥壁が待っていました。そしてその石棚のすぐ後ろの大きな板石が斜めに天井に向かって延びていました。天井高は2mしかありませんから、太鼓塚(段の塚穴)の4.3m、野村八幡神社古墳の3mと比べスケール感の乏しさは否めません。ただ、胴張の石室、大型の板石が天井に掛けられたユニークな穹窿型という点で、最初に造られた段の塚穴型古墳という説明に納得です。

石室の特徴はこれまでの研究(岡山真知子、中川尚、阿波学会紀要20095月)で比較的狭い地域を支配する氏族ごとにみられる一方、段の塚穴型古墳が造られた地域を支配していた氏族については古代の記録には全く登場しないそうで、このことから在地の有力氏族の墓ではないかと推測しています(東隣の麻植郡は阿波忌部氏の本拠地ということもあり古代の記録には頻出しているそうです)。アクセスはこの日、いくつかの古墳を短時間で回らなければならずやむなくJR徳島線阿波半田駅からタクシーをお願いしました。5分ほど(201949日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

近内古墳群を構成する方墳の一基


    JR和歌山線の北宇智(きたうち)駅の西北1㎞四方ほどの地域に5Cを中心に築かれた近内古墳群。最初に5C初めに径85mもある大型円墳の近内カンス塚古墳が、5C央には五條猫塚古墳、近内塚山古墳(クリックすれば飛べます)、そして末頃に今回のつじの山古墳が築かれます。いずれも方墳という点が興味深く、説明板には一辺52m、高さ9mとあり、周濠が巡っています。かなり大型の方墳です。ただ、実際に見る墳丘はそこまでの大きさは感じられません。なぜなのよくわかりませんが・・・。まさかとは思いますが測り間違いではないかと思ってしまいました。それはともかく調査の結果、東側に長さ5.5m、幅20mの造出しが設けられていたことがわかっていて、円筒、ひれ付き円筒、朝顔型埴輪が、また周濠からは土師器製の高坏が出土しています(撮影2019312日)。
PNG dougasatueiichi tsujinoyama kofun(gojyoushi)修正版

↑このページのトップヘ