古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2020年03月

目を見張る石屋形と穹窿式天井の技術の高さ

PNG oninoiwaya kofun (kumamotoshi)

熊本市の新装なった桜バスターミナルから45分ほどで小野泉水公園(終点)に着きます。

。小野小町が産湯を使ったと伝えられる回遊式の庭園の奥にある登り路を15分ほど歩くと目指す古墳に到着します。こう書くと簡単ですが動画1にあるように途中の七国神社の石段はすり減ってる上に苔むしていてスリル満点でした。

肝心の古墳は墳丘は雑木林が生い茂り円墳ということはよくわかりませんが石室は期待以上でした。長さ9.3m。複室構造の石室ですがなんといっても目玉は後室(奥室)のがっしりした石屋形船と穹窿式、ドーム状の天井です。前室から後室に入ると、さらに第三の部屋があるように見えるのが遺体を安置した石屋形です。肥後をはじめ九州では石棺ではなく板石で仕切る石障(せきしょう)や屍床(ししょう)に遺体を置く例が多いようです。石屋形は福岡県八女市童男山古墳1号墳(クリックすれば飛べます)、屍床は童男山古墳2号墳で確認できます(童男山2号墳と3号墳を同時に紹介した回です。クリックすれば飛べます)。

石屋形の上を見上げると穹窿式の丸い天井が広がっていました。ただただ丁寧な仕事ぶりに感心。それにしても崩れないように積み上げるにはどのような技術が必要だったんでしょうか。側壁の巨石や天井の一枚板石も印象的です。ただ、中世以降長い間開口され信仰の対象とされてきたということでしょうか。落書きが多く残念でした。玄室(後室)から金環、鉄鏃、須恵器、前室から馬具皮留め片が出土しているそうです(説明板)(撮影20191025日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

この天井石の迫力 どう思われますか?


JR中央線の春日居町駅から北西方向に20分ほど歩くと甲府山梨道路(国道140号線)のガード下をくぐります。後を振り向くと動画1の冒頭にあるような実に雄大な山並みが広がり、富士山が頭をのぞかせています。そこからさらに山側に歩くと動画1にある走湯(そうとう)神社の階段が見え、登るとすぐに天神塚古墳の石室が迎えてくれます。径20m、高さ5mの円墳と推定されています。

高さのわりに幅がずいぶんとあるなというのが第一印象でした。やや屈めば問題なく玄室まで進めます。全長は9.16m、玄室高さは2.9m、幅2.24mとのことですが無袖型(羨道と玄室の幅が同じ)のために、どこから玄室なのか羨道なのかよくわかりませんでした。キャプションにはそうではないかと思われるところに羨道といれましたが・・・。それにしても天井石の大きさには度肝を抜かれました。入る時にはあまり気が付かなかったのですが、開口部に向けて歩いたら落ちてきたらどうしようと思うほどでした。側壁の石材が潰されそうです。その様子は動画3で是非ご覧ください。そして同じ山梨県甲府市の加牟那塚古墳(クリックすれば飛べます)の石室との違いもなかなか興味深いと思われます(撮影20191114日)。
PNG tenjinzuka kofun yamanashishi zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

四国第二位の前方後円墳


   前方後円墳築造の大きな理由が権力者の力の誇示であったことは知られていますが、そのためには人々にその存在をアピールできる場所に造られなければなりません。その点で、今回の渋野丸山古墳の非常にわかりやすいところに造られています。目の前に多々良川が流れる(5㎞ほど先の瀬戸内海に注ぐ勝浦川に合流する)丘陵裾に造られ、水陸ともに交通の要所だったことがわかります。

 ところがそれは古墳時代の話。現在、徳島駅から公共交通機関を使って現地を訪れるとなると結構大変でした。JR牟岐線で文化の森駅まで行き、そこから路線バス丈六寺行きに乗り換え、古墳前下車という具合です。皆さん車での移動のためでしょうか。行きの乗客は私一人。それでも帰りのバス停で待っていたおばあちゃんと話がはずみ、自分のところで採れたキーゥイを頂戴するというハプニングも。

本題に戻りますが、以前みた古墳の写真は樹木が生い茂り墳丘を遠くから確認できる状況ではありませんでした。なかなか訪問の機会がなかったのもそうしたことも理由の一つだったのですが、徳島市が整備計画に向けて再度の発掘調査を行い、それに伴い地元の方々の協力も得て墳丘の樹木、竹林を伐採したと聞き今回の訪問ということになりました。

 やはり前方後円墳は墳丘に近づけるというのが大きなポイントだと改めて思いました。現在ではかつて民家があり三分の二ほどに削られている後円部の北側にまわると竹林に覆われた墳丘が見えました(動画1)。遊歩道のような道の先の先には長く伸びた前方部が見えます。円墳や方墳だとこうはいきません。円と方が一体化した前方後円墳という独特な形は歩いて体感することが一番です。前方部から後円部に歩くと、後円部が左右に広がっていることがよくわかります(動画2)。植生を考えてのことでしょうか。北側は竹林を残し、南側は本来三段あった段築の墳丘がわかるように草を刈ってあります。もとは葺石があり円筒埴輪はじめ朝顔など形象埴輪が置かれていたことがわかっています。また、南側くびれに12m×5mの造出しと、墳丘を取り囲むように周濠が廻っていたことが確認されています。周濠をいれると墳長は118mになります。なお香川県さぬき市の富田茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)についで四国で二番目に大きな前方後円墳です(撮影2019115日)。
PNG shibunomaruyama kofun dougasatsueiichi
PNG shibunomaruyama shuhennzu

渋野丸山古墳基本データ

所在地 徳島県徳島市渋野町

形状 前方後円墳

規模 墳長105m、後円部径69m 高さ18m、前方部幅59m 高さ16m

葺石、3段築成、周濠

築造時期 5C

出土品 円筒、形象(家、朝顔、盾等)埴輪、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 公園化するための保存整備計画が策定されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

持ち送りや分厚い袖石が印象に残る見事な石室
   夏吉1号墳(クリックすれば飛べます)と並び田川市の指定文化財となっている夏吉21号墳。1号墳と同様の複室構造の横穴石室をもつ径25mの円墳ですが、1号墳よりもずっと大きく全長12.5mです。1号墳は8.2mですから1.5倍ということになります。1号墳は石棚が側壁にある珍しい構造でしたが、21号墳には石棚はありません。ですが比較して見直してみると使用されている石材の大きさはより大きく、天井に向かって内傾する持ち送りの積み上げ方もより丁寧な印象です。前室から後室(玄室)の境にある分厚く大きな袖石が重厚さを与えています。それにしても何度みても美しい石室です。是非、比較してご覧ください。21号墳までは夏吉1号墳から500mほど南に歩くと周辺の田畑のなかに古谷産業の社屋が見え、その左手、東側300mの山裾に動画1の冒頭にある夏吉21号墳と記された道標があります(撮影2019327日)。

PNGnatsuyoshi 1goufun to 21goufun no ichikannkei
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ