古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年11月

周濠に浮かぶ美しい墳丘



  石室ばかり歩いていると墳丘がよく残る古墳に出会うとなぜかホッとします。今回の扇八幡古墳はそんな一基でした。復元された古墳ではありませんし墳丘は木々に覆われ、ところどころ倒木もみられるといった状態でしたがまぎれもない前方後円墳の姿がそこにはありました。3mから5mほどの周濠がきれに残り、それが60m弱の墳長を実際よりも大きく見せています。冬の日差しが差し込んでやや見づらいのが残念ですがお気に入りの一基になりそうです。

 墳丘は後円部径よりも前方部幅のほうが大きい後期の前方後円墳の特徴を示していますが、残存する前方部の墳丘はさほど裾が広がっているようにはみえませんでした。封土が流失したのでしょうか。肝心の埋葬施設ですが調査が行われておらず不明とのこと。しかし南東約300mのところに同じ時期に築かれた前方後円墳の箕田(みだ)丸山古墳があり横穴石室が残されているので、扇八幡古墳も横穴石室と考えられます。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂きました(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2017328日)。
みやこ町の各古墳は以下の古墳名をクリックすれば飛べます。
甲塚古墳
橘塚古墳
綾塚古墳
PNG ougihachiman kofun dougasatueiichi

PNG miyakomachi kofun ichikannkei zu


扇八幡古墳基本情報

所在地 福岡県みやこ町

形状 前方後円墳

規模 墳長 58.4m、後円部径36m 高さ7m、前方幅49m 高さ5m

2段築成 葺石あり

築造時期 6C前半

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 東南300mのところに同じころに築かれた墳長40m二つの横穴石室を持つ箕田丸山古墳がある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 Twitter 古墳にワクワク から来られた方 下記の古墳名をクリックすると検索せずに本編に直接飛べます。どうぞご利用ください。


南屋敷西古墳(野古墳群)(岐阜県、大野町)
登越古墳(野古墳群)(岐阜県、大野町)
横瀬古墳(鹿児島県、大崎町)
野塚3号墳(兵庫県、養父市)
森将軍塚古墳(長野県、千曲市)

甲斐銚子塚古墳(山梨県、甲府市)

心合寺山古墳(大阪府、八尾市)


愛宕塚古墳(大阪府、八尾市)
大鶴巻古墳(群馬県、高崎市)


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 ブログを開設して4年半を過ぎ、表紙の古墳を変えてみました。群馬県高崎市の墳長123mの前方後円墳、大鶴巻古墳に代え、大分県大分市の墳長116mの前方後円墳、亀塚古墳にしてみました。大鶴巻は自然保存、亀塚古墳は築造当時の様子に近づけた復元古墳で、築造時期は大鶴巻古墳が4C末頃、亀塚古墳はやや遅く5C初頭です。ともにお気に入りの古墳です。今後も時々、一押しの古墳に登場してもらいたいと考えていますが、画像の大きさを整えたり編集作業がよくわからずどうなりますことやら・・・。

↑このページのトップヘ