古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年11月

鏡石の美しさに感動 
 今回の矢野古墳、JR徳島線で府中駅から徒歩で30分ぐらいの山裾にあります。周囲は動画1冒頭のような光景ですが、徳島市考古資料館の真裏という好立地です。しかし、わかりにくかったのは古墳の場所ではなく府中の読み方です。素直に読めば府中ですが、「こう」と読むのだそうです。事前に資料館の方に電話をして場所を確認した際、「「府中」で下車し」の説明がなかなか分からなかったなかったのは、この府中の読み方の難しさにありました。 本当に資料館の真裏、これでは迷いようがありません。道標もしっかりしています。
 肝心の径13mの円墳は破壊されているものの原型をとどめ、そこに11.5mもの長さの石室が築かれています。石室には墳頂から回り込むように入ります。羨道は欠損していますが、おーっと思わず声が出たほどの完成度です。1枚の板石の奥壁の見事さ。丁寧に磨かれたそれは鏡石と呼ぶに相応しいと思いました。羨道に思えたのは複室構造の石室の前室でした。九州に多い複室からなる石室ですがこの地域では珍しい形式で、九州系の工人の手になるものか、被葬者が九州と密接な関係を築いていたのかなど想像をたくましくしてみました。羨道の天井石が石室開口部の手前に保存されていました(撮影2019年1月15日)。

矢野古墳基本情報
所在地 徳島県徳島市国府町
形状 円墳
規模 径17.5m 高さ不明
築造時期 6C後半
出土品 須恵器、土師器、金環
史跡指定 県指定
特記事項 なし

にほんブログ村

 秋といえば紅葉。紅葉と古墳もなかなかに相性がいいようです。小休止的ともいえる内容ですが、これまで紹介してきた古墳の数々のうち、紅葉が映り込んでいるものを一本25秒程度に短く編集しなおしました。もともとTwitter用(古墳にワクワク)に作ったものですが、ブログでも見れるようにしました。お楽しみください。古墳名をクリックするとブログの当該古墳に飛べます。

1 野塚3号墳(大藪古墳群)兵庫県養父市
2 南屋敷西古墳(野古墳群)岐阜県大野町
3 向山3号墳(向山古墳群)静岡県三島市
4 三ッ城古墳 広島県東広島市
5 甲斐銚子塚古墳 山梨県甲府市にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ



切石加工が美しい石室

切石の美しい地蔵寺古墳をあとに住職の奥様に教えて頂いたルートで平荘湖畔に出てみました。神戸製鋼など播磨一帯の工業用水用に1066年に完成した人造湖ですが、石切り場が時折姿を見せる景色と実にマッチしています。3㎞ほどの距離を家形石棺の蓋が置かれているところなどをとおりながら歩くと目指す升田山15号墳の標識が湖畔に見えます(動画冒頭の湖沿いのシーンは帰路のものです)。と書くと簡単なようですがgoogle map を頼りに探したものの結局わからず、自転車を引いていたシニアを追いかけて聞く羽目に。小さいころからよくこの辺りは歩いているのでしっているよとのこと。すぐそこでした。標柱を見落としていたのです。小道を曲がり下った途中に藪に覆われた石室が開口していました。

そのシニアさんに一緒にどうですかというと、いやいやと首を振られてしまいました。石室というと墓というイメージが強く、軽々に出入りするものではないという考えの方も多いようです。他方、完全に古墳時代の人工構造物として、その形式や積み方の技術、使われている石材などに興味を持つ人もいます。私は後者です。話は脱線しましたが、意外といったら失礼でしょうか。長さ13mもある石室の規模に羨道の残りのよさに驚かされました。何度も触れていますが。羨道は欠損していたり、半壊状態だったりと完存ないし完存に近い状態というのはそれほど多くはないのです。地蔵寺古墳(クリックすれば飛べます)よりも石工の技術は表面の仕上げな洗練されてはいませんし、天井も高いとはいえず空間を感じるというほどでもありません。とはいえ全体が残っているというのは大変なメリットです(キャプションで側壁は3段としましたが4段のようです。なお墳形は円墳、径は35mだそうです(撮影2018312日)。


 PNG masudayama 15gou fun ichi 修正版

升田山15号墳基本情報

所在地 兵庫県加古川市

形状 円墳

規模 径35m 高さ不明

築造時期 6C

出土品 高坏、壺、器台等須恵器、馬具、玉

史跡指定 市指定

特記事項 1960年代の平荘湖建設にあたり調査が行われた結果、約100基からなる群集墳の1基であることがわかった。その多くが湖底に沈んだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

蓮華文が彫られた石棺が収まる円墳


JR和歌山線の吉野口から歩いて15分ほどのところ、奈良盆地の南西の地域に二人の人物が埋葬された今回の水泥南古墳があります。二度目の訪問。動画をご覧になればわかるように径25mの円墳に築かれた狭い石室に大きな石棺が二基。石室全体の長さは10.8mもあります。前回の訪問時には奥の玄室にある石棺までは到達できず、リベンジのつもりでおじゃましたのです。迎えて頂いたご夫婦によれば、スリムな人が手前の石棺の蓋の上を這いつくばって奥の石棺に到達したこともあるようですが、今回も諦めざるを得ませんでした。奥の玄室の石棺は当時のブランド品、竜山石で造られており是非みたかったのです。

もっとも羨道に置かれた追葬された人物の石棺も非常に貴重なものです。縄掛け突起に大きく彫られた模様は仏教の聖花、蓮華です。被葬者が仏教に傾倒していたことは間違いがないでしょう。水泥南古墳が築かれたと考えられているのは7C初頭、推古朝です。既に前方後円墳の築造は終わり仏教が王権周辺にも広まりを見せ、飛鳥寺も完成し初の遣隋使も送られた時点です。仏教を積極的に導入した豪族の巨勢(こせ)氏の墓ではないかといわれています。既に紹介した水泥北古墳とセットでご覧ください。それにしても数多くの訪問者に対応されているご夫婦には頭が下がります。見学にはいくつかの申請ルートがあるようですが御所市教育委員会に連絡するのがよいでしょう(撮影201695日、2019711日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ