古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年11月

お社に守られよく残った墳丘


 今回の北条塚古墳、201999日に千葉県に大きな被害をもたらした台風15号が襲った多古町にあります。半年前にのどかな田園風景の広がる多古町の柏熊古墳群から北条塚古墳のある松崎神社まで1時間ほどかけて歩いたばかりでしたので、道を聞いたあの人たちに被害はなかったのだろうかと心配になりながらの紹介です。50mを超える暴風が荒れ狂ったそうですから、墳丘上の杉林もかなり倒れているに違いありません。

前期古墳の柏熊古墳群(しゃくし塚古墳)(クリックすれば飛べます)とは違い、墳長70mの北条塚古墳は同じ前方後円墳でも後期、6C後半に造られたと考えられています。たしかに後円部径が37mに対して前方部幅が45mと前方部が発達しており(広がっている)後期だろうなということはわかります。6C後半といえば墳長318m、前方後円墳としては最後の大王墓といわれる五条野丸山(見瀬丸山)古墳(クリックすれば飛べます)が奈良県橿原市に築かれたころです。この後、前方後円墳の築造は畿内を中心に全国的に急速に衰退しますが、東国は例外でこの後も盛んに前方後円墳が造られることになります。松崎神社のお社に守られてきたせいでしょうか北条塚墳丘の残りはよくホッとしました。というのも墳丘が確認できると聞いていたしゃくし塚古墳は、時期が悪かったせいか藪に覆われ微妙な状況だったからです。ただ、動画1の松崎神社のシーンのあとのところでわかるように右手の後円部と左手の前方部の間が南北間を移動する通路となり切断されているところが少々残念です(撮影2019318日)。
PNG houjyouzuka kofun takomachi




北条塚古墳基本データ

所在地 千葉県多古町

形状 前方後円墳

規模 墳長70m、後円部径37m 高さ6.5m、前方部幅45m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘も横穴石室も個性的な古墳

もう
馬越長火塚古墳があるのは愛知県豊橋市です。動画表紙の訂正まで少々時間がかかります。
申し訳ありません。 

 動画1の冒頭にあるようなおそらく柿と思われる果樹畑が続く先に目指す古墳、馬越長火塚古墳はありました。古墳のところだけこんもりとした緑が残っています。なかなかいい感じの枝ぶりですが、驚いたのは後円部と思われる墳丘の形です。先がとがり墳頂から急角度で斜面が落ちています。振り返ってみると後に訪れた壱岐島の双六古墳(クリックすれば飛べます)を二回りほど小さくした感じです。ぐるっとまわってみると削平されているのでしょうかかなり前方部は平たくなっています。測量図をみると前方部の先端に向かって半分ほどは畑になっていたようです。後円部に人々が手をつけなかったことにホッとさせられます。木々の下には葺かれていた石がまとめられています。数多くの古墳を訪ね歩きましたがこういう保存は見たことがありません。築造時を想像するにはよい試みですね。

 肝心の横穴石室、複室構造です。羨道の前の前庭部と前室、後室をいれると17.5mにもなります。前庭部を除いても12mほどはありますし、何より残りがよいことに感心しました。仕切りの役割を果たす立柱石が羨道、前室と後室(玄室)の間にあり、玄室は側壁が左右に膨らむ胴張であることがよくわかる造りです。奥壁はこれまた見事としかいいようのない一枚の板石です。ただ、袖はよくわかりませんでした。前室と羨道の幅は立柱石を無視すればほとんど同じに見えるので無袖なのでしょうか。出土品の中にはヤマト王権が地方の最高位の人物に贈ったといわれる馬具「棘葉形杏葉」があり、古墳の規模を考えると東三河の首長墳とみられているようです。アクセスは豊橋駅前から馬越行バスで柿の木街道にある馬越バス停下車、西に600mほど(撮影2017314日)。
PNG magoshinagahizuka dougasatueiichi

PNG magoshinagahizuka (hamamatu) basho

馬越長火塚古墳基本情報

所在地 静岡県豊橋市石巻本町

形状 前方後円墳

規模 墳長70m、後円部径31m 高さ5.5m、前方部幅26m 高さ2m

築造時期 6C後半

出土品 金銅製馬具、ガラス製玉類等多数

史跡指定 国指定

特記事項 17.5mの長さの横穴石室は静岡県で最大規模
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 こんにちは。ご不便をおかけしていましたが、タグの並べ方など試行錯誤を重ね、以前よりは見たい、知りたい古墳を探すのが容易になりました。さほど意味はありませんが、古墳や石室のきれいさ、全体が見えるかなど古墳への私の思いや、当日の天候、動画の出来などを勘案し、特におすすめ、おすすめ、時間があれば とわけてあります。よく知られた古墳が、特におすすめに入っていないのはそうした理由からです。これに都府県、墳丘の形状などを加え、検索してみてください。なお、開口石室というのは埋葬施設が基本的に開口していることを意味します。是非、タグ検索をご利用ください。

群集墳の姿が確認できる古墳公園 



 古墳を訪ねているとよく群集墳という言葉を聞きます。特に古墳時代後期の6Cになるとその数は爆発的に増えますが、その全体像を築造当時の姿の墳丘で確かめることができるところがあるかと言われればなかなかこれというところがありません。このブログでも巨石を用いて造られた大阪府八尾市の高安千塚古墳群のいくつかを紹介してきましたが、残念ながら石室は残されているものの墳丘があすこにもあるここにもあるというような光景が見られるわけではありません。

 今回の新沢千塚古墳群は10mから20mほどの円墳でしかも埋葬施設は動画1で紹介している初期の横穴石室を有するもの以外は、木棺直葬といわれており被葬者の格という点では決してランクは高くないようなのですが、墳丘がひしめくように立ち並ぶ姿はこれぞ群集墳といった感じです。2㎞四方に600基が確認されているそうです。そのなかで方形の126号墳はその副葬品の豪華さから知られています。金銀の装飾品や、ガラス製品で多くが国の重要文化財に指定されており千塚横の橿原市博物館には精巧なレプリカが展示されています。アクセスは近鉄橿原神宮前駅から県道133号線を直進、約30分で南北に広がる千塚古墳公園に到着します(撮影2018123日)。
PNG niizawasenzuka kofungun zu

新沢千塚古墳群基本情報

所在地 奈良県橿原市北越智町、川西町

形状 前方後円墳、円墳、方墳

規模 500号(前方後円墳、墳長42m)、方墳(22m×16m)、多数の円墳(径10m-30m

築造時期 5C末から6C後半(一部は4C末から5C初め)

出土品 126号からは漆盤、銅製柄付皿、鏡、玉、龍文唐草透彫方形金板、銀製空玉、垂下式金製耳飾、ガラス皿、ガラス壺、金製指輪や帯金具など

史跡指定 国指定

特記事項 126号の出土品は突出しており大陸的な副葬品が多い


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ