古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年09月

幾ちゃんの独り言(35回)千葉県の方々にお見舞い申し上げます

 台風15号による大規模停電で大変な不便を経験されている千葉県の方々にお見舞い申し上げます。古墳踏査で訪問させて頂いた君津市、市原市、富津市、多古町などが特に被害がひどいようです。このブログにアクセスして頂いている千葉県の方々もいらっしゃいます。一日も早く元の生活に戻ることができるようにお祈り申し上げます。今回の大規模停電の復旧が電柱、電線への倒木のために遅れていることはよくわかります。歩いていてもあそこもここも杉林や松林なのです。おそらくすでにアップした古墳の数々も倒木が道を塞ぎ、墳丘も形がわからないぐらいになってしまっているかもしれません。そのような思いから、この地域の印象に残る古墳を振り返ってみました。
君津市
白山神社古墳(前方後円墳、前期)

飯籠塚(いごづか)古墳(前方後円墳、前期)
市原市から神門5号墳(前方後円墳、前期)

姉崎二子塚古墳(前方後円墳、中期)
富津市から弁天山古墳(前方後円墳、中期)
多古町から柏熊古墳群(前方後円墳他、前期)
それぞれ一つの動画にしていますが動画の上の古墳名をクリックすればその他の動画もご覧になれます。















にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

長い羨道の先には巨石積みの石室が・・・


 地図からもお分かりのように崇峻天皇の真陵ではないかといわれている赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)から東に700mほどの距離の尾根に築かれた古墳で築かれた時期も同じ6C末です。現地までは何度か紹介している桜井市観光協会のマップにしたがって行ってみるとよいと思いますが、次第に道が細くなり突き当りの民家の裏にそれらしき墳丘を確認した時にはおーっと思わず声が出ました。赤坂天王山の場合には遠くから墳丘を確認するのは難しいのですが越塚古墳ははっきりとわかります。径43mの円墳ですが封土はだいぶ流れている印象です。南西方向に開口した石室は長さ16m。

 非常に長く感じる10mもある羨道にまず驚かされます。玄室までの間にうれしいことに土砂が道を遮るということもありません。三段積みです。その先の玄室奥壁は巨石二段積みですがよく目をこらすと石棺の底と側壁の一部(組合わせ式だそうです)が残されていました。動画2でご覧になれます。動画3では奥壁から羨道方向を見ていますが垂直に切り立ったまぐさ石が印象的です。赤坂天王山古墳から至近の距離、築造時期も近く、石室の規模もほぼ同じ(赤坂のほうが長さ17mとやや大きい)ということから両古墳の関係が気になりますが専門家の見解では両者は無関係のようです。「墳形が違うことや(赤坂は方墳)石室の系統が異なることから古墳の造営主体である豪族も異なっていると思える」(「桜井の横穴式石室を訪ねて」、桜井市立埋蔵文化財センター)。それにしても鳥見山の東側の尾根筋には今回の越塚古墳、赤坂天王山古墳、それに石室長が16mもあるムネサカ1号墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、地図からは外れますが鳥見山の裾には石室長11mの秋殿南古墳があり(クリックすれば飛べます)、その規模の大きさと残りのよい石室に圧倒されます。機会があれば是非現地を訪ねることをお勧めします(撮影2017221日)。
PNG koshizukakofun shuuhenno kofun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小ぶりですが段の塚穴型の特徴がよくわかる石室

JR徳島線で阿波池田行きに乗って穴吹まで1時間15分。吉野川沿いにひたすら西に向かいます。40㎞にも満たない距離ですがなぜこんなに時間がかかるのか不思議でしたが単線なんですね。桜の残る沿線の景色を楽しみながらようやく到着。駅前の北側にある吉野川にかかる穴吹橋を渡ると目指す拝東古墳はすぐのはずです。動画1の冒頭の光景です。

 いささか寂しいJRの車内でしたが、吉野川沿いに走る国道318号線の賑やかなこと。ひっきりなしに大型トラックや自家用車が行きかっていました。これではJRがさびれるのも無理もありません。いささか話が脱線しましたが、古墳時代に吉野川沿いにいくつもの特徴ある石室を伴う古墳が築かれているということは当時水運を使った物流を仕切っていた豪族たちの墓ということは容易に想像されます。

今回の拝東古墳。現在の墳丘は削られやせていますが径15m、高さは5mはあったようです。畑、果樹園、民家に囲まれてよくぞ残ったという感じです。所有者の文化財に対する理解がなければさっさとつぶされていたでしょう。肝心の石室ですが、見返してみると段の塚穴型と呼ばれる、奥壁が玄室天井中央部に向かって大きく傾斜するという特徴がよくわかります。しかも玄室手前の玄門の上をみると奥壁同様に天井中央部方向に大きく傾斜しています。この地方独特の造られ方がよくうかがえる石室です。なぜ、この地域だけに段の塚穴型と呼ばれる同時期の他の古墳とは異なるものが誕生したのか知りたいと思い調べましたが現在のところわかっていません。何か有益な情報を入手次第お伝えするつもりです。アクセスは冒頭に書きましたが、穴吹橋を渡り国道に出て一つ目の信号を左折するとすぐに県道12号線にぶつかります。この信号を東に少々進むとガソリンスタンドがあり、古墳は12号線を挟んだ南にあります(撮影201942日)。
PNG dannotsukanagatakofun no ikutsuka
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室も見学できる平地に築かれた円墳 


 横穴石室を伴った今回の大ぶりの円墳、口明塚(くちあけづか)古墳は、現在の足利市を含む毛野といわれた地域では山中や山麓に築かれた古墳が多いそうですが(現地説明板)、

今回の口明塚古墳は渡良瀬川沿いの平地に築かれているというのが特徴の一つのようです。

たしかにアップ済みの足利公園古墳1号と5号足利公園古墳3号(それぞれクリックすれば飛べます)や機神山(はたがみやま)山頂古墳(いずれアップ)と周辺の光景は全く違い、古墳の先に見えるのは住宅です。google map をご覧になると説明板に書かれているそれぞれの古墳の位置関係がよくわかります。それにしても変わった名前の古墳ですが、全国には同名の古墳が数多くあるところからすれば、石室開口部が口を開けているようにみえることから後世の人がそう呼んだのではないかと思いました。

 径45mもある円墳はご覧のようにかなり大きく、3段の墳丘2段目には葺石がまわっており周濠も確認されています。動画1の後半で復元された葺石の様子を映していますが、ここから当時の様子を想像することができます。皆さんはどうお感じでしょう。

 肝心の南に開口した石室は羨道が欠損しているものの長さ5.4mの玄室を含む全体長は9m近くありずいぶんと大きな印象です。使用されている石材は山石で表面の加工は奥壁を除くとあまり施されておらず、よくいえば自然に任せた素朴な造りの石室です。ただ、天井に行くに従い石積みが内側に傾くもち送りは結構急で、しかも側壁の中央辺りが外側に膨らむ胴張りがよくみてとれます。残念ながら盗掘にあっていてなにも出土品は確認されていないようです。普段は施錠されていますが足利市教育委員会文化課に連絡すると開けてもらえます。運がよければ現地を案内していただけます(撮影2019112日)。
PNG kenono ikutukano kofun


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ