古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年08月

見どころは家型石棺が残る長さ19mもの石室 


 
  既に紹介した東500mのところにある橘塚古墳(クリックすれば飛べます)の後、7C初頭に築かれたと考えられているのが今回の綾塚古墳です。橘塚古墳と同様の巨大な石室(長さ19mもある)が見事ですが、両石室を比べてみると同じ複室構造ですが羨道の切石の表面加工など橘塚古墳の仕上がりは上のように思えます。工人が異なっていたのでしょうか。それはともかく綾塚古墳の何よりの「売り」は後室(玄室)に窮屈そうに据えられている家形石棺です。動画3をご覧になるとわかりますが後室の幅は3.5mしかなく、他方石棺の蓋の長さは2.6mもあります。玄室内での移動は現代の祭祀用の設備などもあってかなり不自由でした。

 その石棺、折角残されているのにこれまで見てきた完存しているものとは少々違っています。蓋が大きく割れているのです。伝承によれば慶長年間に細川藩の家臣がこの石棺を割り、小倉へ運ぼうとしたところ数々の災害が起きたため元に戻したそうです。もっとも全国各地で破壊された石棺の残骸をみてきたものからすると、当初の家形石棺の様子がよくわかりますしよかったのではないでしょうか。それよりもこの時期には畿内では石棺自体が横口式石槨などに変わりつつあった頃であったことを考えると、九州のこの地まではまだ波及していなかったということになります。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 時間の関係でタクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂きました。この博物館、びっくりするほど充実しています。みやこ町の歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2018328日)。


追記 今回の綾塚古墳、二つ前の花山西塚古墳、一つ前にアップした金鈴塚古墳とさほど築造の時期は異なっていません。日本列島の東、畿内、それに西で、同じ頃にこうした古墳が造られていたということになります。
PNG ayatsuka to tachibanazuka
PNG miyakomachi kochira fukanzu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

未盗掘のままに出土した金鈴等で知られる終末期の前方後円墳 


 
  海抜5.5mという海辺沿いに造られた古墳時代終末期の墳長約100mの前方後円墳です。埋め立てられた西1㎞には東京湾が広がり、被葬者が支配していたと思われる小櫃川(おびつ)が東1㎞に流れています。周囲は開発で住宅に囲まれ、大半の墳丘が削られているとはいえ、当時を想像することは可能です。とりわけ「金のすず」はじめ古墳の出土品が展示されている太田山の木更津市郷土博物館はお勧めです。標高50m余りの展望台から東京湾の先に富士山まで見渡すことができ、古墳時代と変わらぬ光景が広がっています。

 木更津駅前の観光案内所で現地までのルートを確認。それほどの距離ではないので歩いてみました。前方部がわずか残る稲荷森神社古墳を経て県道90号線のすぐ北側にある金鈴塚古墳も動画1の冒頭にあるように宅地に囲まれ、一般の住宅の庭といった風情です。横穴石室保護のための金属製の格子がなければ素通りしてしまうところでした。施錠されていて勿論入室は叶いませんでしたが納得です。もし、自由にこの石室に出入りができるようにしたら壊れやすい砂岩でできた石室はたちまちのうちに崩壊してしまうでしょう。ただ、石室の長さが9.6mと長いので照明などの設備があればよいのにと思いました。確認はできなかったのですがあの天井の板石は何枚のなのでしょう。そして現在では後円部が残されているだけですが(それもかなり削られている)、未盗掘のままに鈴をはじめ金銅製の宝器、装飾太刀、武具、玉類など多数出土していることに驚かされます。古墳から南1㎞ほどのところにある太田山山頂の木更津郷土資料館とセットで訪ねることをお勧めします(撮影20181115日)。にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幾ちゃんの独り言(32回)

 終末期古墳は古墳ではない?

 2019年の夏。猛暑が続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。今回の独り言は古墳時代はいつにはじまりいつ終わったか、とりわけ前方後円墳の築造が終わったあとを古墳時代と呼ぶかどうかという些か小難しい話です。研究者の間の専門的議論だろうから古墳ファンには関係ないと思っていましたが、案外そうでもないことに気が付きました。

このブログを始めるときに大いに参考にしたのが考古学者広瀬和雄さんの「前方後円墳の世界」(岩波新書)でした。そこには「前方後円墳の時代を三期区分した場合、研究者によって違いますが、おおむねつぎのような年代が与えられています。前期は3C中頃から4C後半頃、中期は4C末頃から5C後半頃、後期は5C末頃から7C初め頃、さらに前方後円墳消滅後の古墳時代終末期は7C前半頃から8C初め頃」と書かれていました。このブログで紹介する古墳についてもこれを指標にしていますし、考古学者の白石太一郎さんはじめ多くの方々もこの見方を前提に古墳時代を考えていると思っていました。繰り返しますが、ポイントは前方後円墳が造られなくなった後に造られた墳墓の時期について古墳時代終末期と呼んでいることです。

 ところが別の見方もあります。歴史学者の吉村武彦さんなどは古墳時代の終わりは前方後円墳の築かれなくなった時期と主張しています。「前方後円墳の成立をもって古墳時代の開始とする考え方をとる。そこで古墳時代の終わりの時期が問題となるが、前方後円墳が築造されなくなると古墳時代が終了するという立場となる」(吉川他編、前方後円墳、岩波書店、2019)のです。わかりやすいのですが、ならば、広瀬さんなどが古墳時代終末期と呼ぶ時期についてどう呼ぶのでしょう。吉川さんは前方後円墳の築造が終了した後の「終末期古墳」は古墳ではなくなり、「飛鳥時代の墳丘墓」ないし「終末期墳丘墓」となると主張されています。この定義については考古学者の和田晴吾さんも同様の立場です。もっとも多くの研究者が賛同しているわけではないようで前掲「前方後円墳」の巻末の執筆者座談会で、「七世紀の古墳は古墳ではありません」といってもなかなか通じないし、飛鳥墳丘墓といっても使ってもらえません。そこで終末期の古墳については「飛鳥時代の古墳」という言い方をすることが多いですね」と述べています。

えーっと思いました。なぜなら、前方後円墳が築かれなくなったのは畿内では6C末のことです。アップしたばかりの7C後半に造られた花山西塚古墳の動画1の冒頭には、花山塚古墳と大きく刻まれたずいぶん前に立てられた石柱が映っています。てっきり終末期の古墳と理解していましたが、吉川さん、和田さんの定義では古墳ではないのです。実にややこしいです。前方後円墳が造られなくなった時期をもって古墳時代は終わりという定義には次のような疑問もわきます。畿内で前方後円墳がほぼ終了するのは6C末、それに対して東国では千葉県山武市の墳長115mの大堤権現塚古墳(いずれアップします墳丘がよく残っています)が一例であるように7Cになっても盛んに前方後円墳は造られています。とすると地域によって古墳時代の終わりが異なることになってしまいます。ますますわからなくなってきました。

もっとも和田さんの担当された章「前方後円墳とは何か」(「前方後円墳、前掲)を読むと、前方後円墳が築かれなくなった前後で墳墓に対する考え方が根本的に異なっていることが説得力をもって語られています。ご興味のある方は是非、お読みください。とはいえ、ここで終末期古墳と呼んできたものは古墳とは呼ばないと言われてもピンときませんね。このブログでは引き続き前方後円墳が築かれなくなったあとの墳墓も終末期古墳として紹介したいと思います。いずれ前方後円墳がなぜ築かれなくなったのか識者の見解を整理したいと思っています。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


圧倒的な迫力の塼槨(せんかく)積み石室





 この変わった塼槨(せんかく)積みによる石室を有する花山西塚古墳を訪ねたのは今から2年半ほど前の2017215日のことでした。ご覧のように鉄格子に囲まれた異様な雰囲気のなかの見学でしたが、実はこの格子の上部には中に入れる口が空いていて、少なくない数の見学者が石室内に降りて見学するという光栄に浴しています。それほどの冒険を試みても見る価値のある塼槨(せんかく)積みの石室です。ただ私のように背が低いと中に入ることはできても、戻るのは至難の業です。脚立でも持ってはいろうかと考えているうちに、とても無理ということがわかり(個人的事情)、今回、限られた状況で撮影した動画をアップすることにしました。

 当日、花山西塚古墳を見学できたのは偶然でした。こうぜ1号墳(クリックすれば飛べます)への道順の確認で桜井市観光協会に問い合わせをしたところ、石室のなかに入っていた私を心配になって観光協会の方が探しにきてくれたのです。たしかに1号墳はともかく、こうぜ2号墳は体を横にして這いつくばってやっと入室できる狭さです。高齢者の私が出てこれなくなるのではと心配するのも無理はありません。ラッキーなことに、近くの今回の花山西塚古墳と同じ塼槨(せんかく)積みのをはじめいくつかの古墳を道案内して頂けるとのこと。ご厚意に甘えることにしました。古墳踏査を続けていると、色々な方々に助けられます。

 花山西塚古墳の様子は動画でじっくりご覧ください。舞谷2号墳(クリックすれば飛べます)には申し訳ないのですが塼槨(せんかく)積みとはいえ規模も格も違うという印象です。鉄の檻で保護している理由がわかるというものです。この小型(レンガほど)の平石や切り石を積み重ねた石室は中国、朝鮮半島を経由して倭に移入されたようで、番外編(韓国)で紹介した武寧王の墓室(武寧王陵)(クリックすれば飛べます)がこの塼槨(せんかく)積みによるものでした。こうしたところから花山西塚古墳の被葬者も渡来系ではないかといわれています。花山西塚で用いられているのはレンガではなく地元榛原(はいばら)石です。それにしてももう少し近づくことができていればなあと思うばかりです。キャプションにも書きましたが、あの羨道の部分は天井石が抜かれていることはわかりますが、整然と斜めに(二等辺三角形状)になっているのはどういう理由なのでしょう。色々調べましたが構造がよくわかりません。なお道順ですが今では桜井市観光協会のパンフレット(粟原(おおばら)周辺の古墳探訪)桜井の古墳探訪③)で詳細に説明されています(撮影2017215日)。

PNG 花山西塚古墳横穴石室 図


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ