古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年08月

全国の主だった前期古墳のさわりだけ紹介します!(2回に分けます、2回目)

  3C中頃に築かれた箸墓古墳以降4C後半までの前期古墳時代の前方後円墳(後方墳)を振り返ります(一部異なるものが入ります)。通常は一つの古墳について2本から5本の動画をアップしていますが、今回は北から南まで一つの古墳から1本としました。一度にみるとなかなか壮観です。ところどころキャプションに変換の誤りがあります。見苦しくてすみません。もっと見てみたい方は古墳名をクリックすれば、他の動画もご覧になれます。

  なお1回目では古墳時代前期、ヤマト王権が成立しその影響力が全国に及ぶ過程について二人の識者の見解を紹介しています。興味のある方は一つ前の独り言に戻ってお読みください。

蛭子山1



森将軍塚古墳




弘法山



昼飯大塚古墳



東之宮古墳


長柄桜山1号墳


前橋八幡山古墳


梵天山古墳


大安場古墳



会津大塚山古墳


宮山古墳(飯野坂古墳群1)




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

全国の主だった前期古墳のさわりだけ紹介します!(2回に分けます、1回目)
 3C中頃に築かれた箸墓古墳以降4C後半までの前期古墳時代の前方後円墳(後方墳)を振り返ります(一部異なるものが入ります)。以下の文章はご関心のある方は是非お読みいただき、そうでなければ「通常は」からに始まる文章に飛びすぐ動画を見て頂ければと思います。
 
考古学者松木武彦さんは岩手県から鹿児島県まで展開された前方後円墳(後方墳)の序列システムが「箸墓を契機に中央からもたらされた、言い換えれば上から在地に被せられた序列の表現とは考えにくい。むしろ、在地の序列(弥生時代から大きな墳丘墓が首位というシステム、筆者註)がまず底流にあり、各地から中央へと、つまり上へ上へと架構されるように、纏向型前方後円墳や箸墓を嚆矢とする大型前方円墳ができあがってきたとみるほうが、資料のあり方にはよく合う」と述べています(「国の形成と戦い」前方後円墳、吉村武彦他編)。
 他方、同じ考古学者岸本直文さんは 「以後(箸墓古墳の被葬者を卑弥呼とし没年は247年頃。もがりを経て250年頃には埋葬されたとの立場、筆者註)箸墓古墳を起点として、前方後円墳共有システムが本格的に発動し、列島規模に波及する。これは墳墓の形態や葬送儀礼の共有により同族関係にあることを観念する、弥生時代に生まれた方式が拡大されたものである」「こうして各地における首長達は、地域内部における諸関係を内包しつつ、倭王権に緩やかに結びつき、前方後円墳を受け入れてゆく。それは必需材や威信材を入手する実利面とともに、倭王権が外的権威として機能したからであろう」(岸本直文「倭国の形成と前方後円墳の共有」、岸本直文編、史跡で読む日本の歴史、古墳の時代、吉川弘文館、2010)。
 一つの事象を前にずいぶんと見方が違うものですね。もっともお二人とも弥生時代からの延長線で見ている点は共通しています。今回の独り言では、ならばお二人が史料として議論された箸墓古墳以降の主要な古墳、それも4C後半までに造られた前期古墳の現在の姿はどうなっているかを動画で振り返ることにしたいと思います。ヤマト王権が地歩を固めた時期です。主として岸本さんが代表的な古墳として前掲書で触れられたものからピックアップしていますが、消滅しているものが多いことに改めて気づかされます。
 通常は一つの古墳について2本から5本の動画をアップしていますが、今回は北から南まで一つの古墳から1本としました。一度にみるとなかなか壮観です。ところどころキャプションに変換の誤りがあります。見苦しくてすみません。もっと見てみたい方は古墳名をクリックすれば、他の動画もご覧になれます。

箸墓古墳



椿井大塚山古墳



浦間茶臼山古墳



高松茶臼山古墳


石船塚古墳(岩清尾山古墳群)




赤塚古墳(川部・高森古墳群)


塚崎51号墳(花牟礼古墳)



造山1号墳(出雲古代王領の丘)


皇子山古墳


雨の宮1号墳

柳田布尾山古墳






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竪穴式石室が見学できる珍しい古墳


  少々変わった名称の古墳群長福寺裏山古墳群の2回目。前回は2基の前方後円、長福寺裏山古墳群1(双つ塚古墳と東塚古墳)(クリックすれば飛べます)でしたが、今回の帆立貝形の前方後円墳、それに方墳、円墳とバラエティに富んだ古墳群です。この古墳群が魅力的なのは、史跡公園のなかに古墳の大半を自然保存しつつも墳形がわかるようにこまめに草刈をしながら現在の我々に往時を偲ばせてくれているところです。

肝心の帆立貝形前方後円墳の千人塚古墳は極めてまれなケースですが、墳頂下にある竪穴式石室が見学できます。墳長は43mと決して大きくはありませんが周濠と周堤越しに見る墳丘はずっと大きくみえます。竪穴石室は結構深いところにあり、現在では前方部側を向いた盗掘孔側の階段を降りて石室をみることになります。もっとも現地説明板によればもともと横口式石槨が前方部側にあったとの見方もあるようです。それはともかく長さ3m、幅、高さとも80㎝の石室は扁平な石を積み上げてできています。同じく竪穴石室を見ることができる香川県の高松茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)。と比較してご覧になると違いや類似点がわかると思います。実は墳頂直下にもう一つ石室があるのだそうですが破壊が著しく見た目にも確認できませんでした。

出土品は須恵器や埴輪の一部などごくわずかですが興味深いのは長福寺裏山古墳出土とされる短甲が米国のメトロポリタン美術館に収蔵されているということです。盗掘された短甲がどのようにして米国に渡ったのか興味深いところです(撮影2017926日)。


PNG senninzuka kofun okayama zu
PNG choufukujiurayama kofungun ichikankei

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

列島最南端の前方後円墳

 
 
 以前から前方後円墳の南限はどこか気になっていましたが、それは鹿児島県大隅半島の肝属町にひっそりと眠っていました。てっきり大崎町の墳長137mの横瀬古墳(クリックすれば飛べます)だと思っていましたが、さらに30㎞ほど南に下ったところに4C中頃に築かれた墳長71mの塚崎51号墳(花牟礼古墳ともいう)があり、これこそが南限でした。前方後円墳5基、円墳54基からなる古墳群は4Cから5Cにかけて築造されています。既に大隅半島最古の前方後円墳として墳長51mの塚崎11号墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。古墳群は田畑の間に点在していますが、51号墳のあるところは墳丘を覆うように雑木が生い茂っていて、前方後円墳のシルエットを確認することはできませんでした。動画1の冒頭、くびれにある石柱の反対側の木立を刈り込み民有地の東側からみれば全体が見えるのに残念です。それでも、くびれに立ち前方部方向に目をやると、はっきり前期の前方後円墳とわかる墳丘を確認できました。前方部の幅が後円部径よりも狭く、また後円部の高さのほうが前方部のそれよりもはるかに高いのです。志布志湾が広がる海岸線からは10㎞ほどのところに築かれた古墳ですが、どのような豪族が眠っているのでしょうか。興味はつきません。追加として数多い円墳の中から、国の天然記念物が墳丘に生える1号墳を紹介します。元は現在よりも10mほど高かったそうですが、どうしても大クスのほうに目を奪われてしまいます。アクセスは鹿屋のバスセンターから三州自動車の路線バスで塚崎まで行き、歴史民俗資料館を訪ねて塚崎古墳群をまわる方法を聞くのが一番だと思います。事前に問い合わせをするのがベストです。北限の岩手県奥州市の角塚古墳(クリックすれば飛べます)と併せご覧ください(撮影2018222日)。PNG tsukasaki 51gou hoka kimotsukimachi

塚崎51号墳(花牟礼古墳)基本情報

所在地 鹿児島県肝属郡肝付町

形状 前方後円墳

規模  墳長71m、後円部径45m 高さ8.9m、前方部幅21m 高さ2.9

築造時期 4C央

埋葬施設 不明

出土品 不明

史跡指定 塚崎古墳群として国指定

特記事項 列島最南端の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ