古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年07月

「何これ」と思わず声が出た驚きの石室


 
 今回の徳島行きは個性的なスタイルで知られる(そう書く私も今回はじめて知った)、段の塚穴型石室のいくつかを見学しようと計画したものです。段の塚穴型古墳というのは玄室が中央がやや膨らむ胴張りで、穹窿(きゅうりゅう)式つまりドーム型の石室の一種です。既にアップした佐賀県の田古里古墳道越古墳(いずれも古墳名をクリックすると飛べます)が典型例です。しかし、段の塚穴はドームの作り方が変わっています。中ぐらいの石材を内側に迫り出すように積んでいく一般的な方法ではなく、奥壁(手前の壁も)の中段ぐらいから大きな1枚の板石を斜めに天井に向かって懸けるという実にユニークな組み立て方です。羨道から玄室に入ると石棚の上に覆いかぶさるような板石が目に飛び込んできます。正直、びっくりしました。その最大規模のものが段の塚穴(太鼓塚古墳と棚塚古墳の2基からなる)で、野村八幡神社はじめ類する石室を有する古墳を段の塚穴型古墳と呼ぶようです。専門家の調査では美馬地域に28基確認され、そのうち8基には九州や和歌山のいくつかの石室に見られた石棚を伴っているそうです(季刊、考古学45号、2018年復刻版、横穴式石室の世界)。

古墳のある美馬市の文化財担当の方にお聞きするとほとんどの古墳は吉野川の北側に並んでいるので見学はしやすいのではないかとのこと。地図をみるとたしかに最も東の東拝原古墳から段の塚穴まで12-3㎞ほどの間に点在しています。歩けない距離ではありません。それでも「歩くんですか」と「ちょっとそれは無理ではないか」とのニュアンスが伝わってきます。でも昔の人は歩いたのですよね。こういう時は意地でもあるこうという気が起こるものです(苦笑)。結局、東拝原古墳と今回の野村八幡神社古墳、段の塚穴(太鼓塚古墳と棚塚古墳)の4基を日の暮れるまでに訪ね終えました。

今回の野村八幡神社古墳は最初に訪ねた東拝原古墳よりもずっと規模が大きかったこともあり、私の受けたショックも半端ではありませんでした。「えっ、何これ」という感じです。分厚い板石の石棚もあります。動画からどこまでそのニュアンスが伝わるかはわかりませんがじっくりご覧ください。もう一つ特徴的なのは全てを結晶片岩(緑色片岩、緑泥片岩)で造っているのではなく側壁は砂岩を用いている点です。石材の調達が間に合わなかったのかはわかりませんが、独特の雰囲気を醸し出しています。加えて開口部前を遮るようにしておかれている大きな石も不思議です。羨道の手前部分の天井石といわれているようですが、敢えてどかさずにそのままにしているところがいいのでしょうね(撮影201942日)。
PNG dannotsukanagatakofun no ikutsuka
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幾何学模様のように見える見事な奥壁




 201744日に駆け足で廻った飯田古墳群ですが、今回のおかん塚古墳のアップで当日訪れた古墳はすべてカバーしたことになります。久しぶりにおかん塚古墳の石室をみましたが、奥壁は2個の腰石を置き中央に円形状の石を据えてあり幾何学模様のようにも見えますし、3.2mある玄室の高さからは十分に空間を感じることができるなどいくつも見どころがあることに驚かされました。使用されている巨石表面の滑らかさも印象的です。前方部は完全に削平されてしまった墳長50m(推定)の前方後円墳だったそうですが残存する後円部に加えて前方部にも横穴石室が確認されています。丁度、馬背塚古墳と同じ感じだったのではないでしょうか。

話は変わりますが、この日は高速バスを使った日帰りでしたので時間との闘い。上溝天神塚古墳のすぐ近くにあるのになかなか見つけられず焦りました。動画1の冒頭にあるように古墳石室がひっそりと人目につかず開口していました。

簡易マップにあるように天竜川沿いに展開する飯田古墳群は南北10㎞、東西2.5㎞の範囲に古墳時代中期から後期にかけて造られました。全部で22基の前方後円墳と5基の帆立貝形前方後円墳が造られ18基と4基が比較的良好な形で現存するというのですから大したものです(以下の記述は飯田市HPを参考)。5C後半に突然はじまる古墳の造営の背景には5C中頃に飯田地域にもたらされた馬の文化を通じたヤマト王権との関わりが考えられそうです。たしかに各古墳からは馬具等馬生産に関連する副葬品が出土しています。もっとも中期の全国の主要古墳から馬具がみつかることは多いようです。それはともかく「飯田地域は、内陸交通において東西地域を結ぶ交通の結節点に位置しており、独自に周辺地域との交流があったことを示すとともに、ヤマト王権による東国経営とも関わりがあったことを物語っています」と記しています。

では生産した馬をどうやって運搬したのでしょう。当時陸路、ヤマト王権のある畿内地域に抜けるにはgoogle mapにあるように標高1595mの神坂峠(みさか峠)を通らねばならなかったはずで馬を伴いながらの移動はさぞかし大変だったに違いありません。それとも江戸時代に本格化する天竜川の川下りのような水運を利用したのでしょうか。謎は尽きません。

飯田古墳群のうち、当日訪れた古墳は以下のとおりです。古墳名をクリックすれば飛べますので、今回のおかん塚古墳と比較してご覧ください(撮影2017年4月4日)。

高岡1号墳

姫塚と上溝天神塚古墳

飯沼天神塚

馬背塚


PNG iidaTumuli zu
PNG iidakofungun to misakatouge

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 ユネスコは7月6日に大阪府の百舌鳥・古市古墳群を正式に世界文化遺産に登録することを決めました。長年の大阪府、地元の堺市、藤井寺市、羽曳野市の地元の皆さんの長年の努力には敬意を表しますし、喜びを分かち合いたいと思います。ただ、このブログでも触れてきましたように課題はいくつも残されています。宮内庁管理の陵墓が大半を占め、ほとんど一般の人々のアクセスを拒んでいますし、いくつもの巨大な前方後円墳を実感できる展望施設も現在のところありません。堺市役所の展望ルームからは巨大な森が見えるだけです。また、宮内庁管理でない前方後円墳でも墳頂に登れる古墳は少なく、今後も工夫が望まれます。このブログで紹介しているように全国には築造当時の姿に近づけた古墳公園が多数存在し、古墳時代を振り返るために貴重な存在となっています。百舌鳥・古市古墳群の地元の方々にはそうした貴重な努力にも学んでほしいと思っています。
 つい最近、このブログでアップした百舌鳥・古市古墳群の動画の短縮版を公開しました。現状はこのような感じです。是非、ご覧ください。全体を3-4分にまとめています。クリックすれば飛べます。









にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小ぶりの円墳に長大な横穴石室が完存


  訪ねている古墳が日本列島のどの辺りに位置するのか時々わからなくなります。今回も目指す見長大歳神社古墳が丹波市にあると聞いて、あれ兵庫県の姫路や神戸とはどういう関係だったか考えてしまいました。googleのマップにあるように兵庫県の中央東側やや京都よりのところにみつけた目的地はJR福知山線の柏原駅から歩いてもそう遠くはないことがわかりました(最後までお読み頂くと如何にこの地が古来から重要であったかがわかります)。ところが当日、すんでのところで下車するのを忘れてしまうところでした。車内アナウンスが「かしわばら」には聞こえないのです。大阪でも同じ漢字の駅名があったなあとぼんやり考えていると時計は到着時刻の12時55分を指しています。思わず話に夢中のシニアの女性お二人に、ここって柏原駅でしょうか、と聞くと「そうですよ、かしわばらではなくて、かいばらっていうの」。お礼の言葉もそそくさと、飛び降りました。冷や汗ものです。

 話を古墳に戻します。丹波高地のなかの盆地、標高は95mとさほどなく、加古川の支流柏原川がながれるその川沿いにあります。動画1の冒頭の景色にあるように山々が迫っています。見長大歳神社古墳(みながおおとしじんじゃこふん)と呼ばれる今回の古墳、国道176号線を南西方向にくだり見長北の信号の次の辻を左折して200mほどの住宅地のなかに姿を横たえていますが、見つけやすく迷うことはなさそうです。この古墳の特徴は横穴石室全体がほぼ完存していることです。自然石による武骨な感じのする石室は堂々としています。前日の雨が溜まっていたせいでしょうか7m近い羨道を歩きながらあちらこちらから雫がおちてきます。そして玄室、かなり床部分は土砂が堆積していて、現在2.2mとされる高さは元は3m以上あったのではと思いました。奥壁から羨道方向をみると大きなまぐさ石が見え、ここからも玄室の本来の大きさがうかがえます。

 帰京してネットにアップされていた奈良大学による見長大歳神社古墳の調査報告書(1995年)をみると「利用されている石材の選定、積み方は丁寧とはいえない」とあり、専門家の見方は違うものだなあと思いました。また、動画2では奥壁からみて左側壁の突出した出っ張りは土圧によるものではないかと書きましたが、報告書には左右ともに下2石目より持ち送り状に迫り出しているとありました。ただ、現状は左右は均等ではないのです。調査後に変化があったのでしょうか。この報告書の冒頭には古墳にも関連する重要なことが書かれていました。この柏原を含む氷上盆地は本州中では最も低い中央分水界で、古来「水わかれ」と呼ばれ、この水別れを通過することで苦労なく瀬戸内海と日本海を結ぶことが可能であり、昔より交通の要所であったと推測されるとありました(撮影2019326日)。\
PNG minagaootoshijinjya kofun ichi 1
PNG mingaootoshijinjya kofun ichi 2
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ