古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年04月

石室に加え出土品も見応えのある古墳


 本格的な冬が来る前にその横穴石室をどうしても訪ねたい。そう思っていました。目指す古墳は兵庫県といっても日本海側。鳥取のほうが神戸よりもはるかに近い山陰道(国道9号線)の途中、標高270mのところにあります。律令国でいえば但馬になります。多い時には積雪は1mを越すと聞き、早く行かねばと思う一方、遠い。二の足を踏んでいるうちに時間だけが過ぎていきます。丁度その頃、大阪梅田から高速バスで訪ねる方法を見つけました。JR西日本山陰本線の浜坂駅行きの高速バス1便に乗り福岡ハチ北口で全但バスに乗り換えれば、午後の早い時間には現地に着けることがわかりました(下調べでは香美町観光案内所にはずいぶんとお世話になりました)。

 20181127日。漸く実現した文堂古墳行きは晴天に恵まれ車中から見る晩秋の紅葉は見事でした。不思議なバス停名、福岡ハチ北口で下車し八幡山古墳公園を訪ねた後、全但バスで高井まで移動。動画1の映像はそこからです。思ったよりも住宅が立ち並び、狭い山陰道は結構な車の量です。山々が迫ってくるという感じではなく些か拍子抜けでした。善性寺の境内に目指す文堂古墳はありました。

墳丘は形状がよくわからないほど変形していますが、石室入口は南に向いてはっきり見えました。開口口は土砂の堆積のためでしょうか。狭く見えます。しかし少し進むとヘッドランプに照らされた羨道の先に玄室まで見通せる空間が広がっていました。床に敷かれた奥壁まで続く大小の礫が印象的です。多くの石室に天井に行くにしたがって内傾する持ち送りが見られる中、この玄室では2m×2mの鏡石に沿って側壁がほぼ垂直に立ち、まるで四角い箱の中に入った感じです。側壁を含め随所に巨石が用いられており、しかも表面は滑らかに加工されています。奈良県明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)のような精度の高い切石加工ではありませんが・・・。奥壁に立つと玄室幅が羨道幅よりも広い両袖式であることがよくわかります。入口に進むと動画のキャプションにも書きましたが羨道の開口部付近に頭大の石がいくつか並んでいることがわかります。閉塞石の残りなのでしょうか。

 立派なのは石室だけではありません。香美町HPによれば鏡(珠文鏡)、武器(頭椎大刀(動画4)、双龍環頭大刀、圭頭大刀、鉄族など)、馬具(動画4)、装身具、土器など保存状態も良く種類も豊富な副葬品が出土しています(1948年と1970年)。2018年には大手前大学史学研究所と香美町教育委員会により出土品の再調査が行われた結果、但馬での地域支配者の系譜や被葬者の畿内政権とのつながりを知ることができる兵庫県内でも貴重な資料であることから、史跡文堂古墳とは別に県の重要有形文化財に指定されたそうです。村岡地区にある民俗資料館では動画4の後半で紹介しているように見事な出土品を目の当たりすることができます(実物は貸し出されていることが多く、これも出来の良いレプリカです)。出土品を古墳間近の資料館や博物館で見ることができるのは珍しく、その意味でも貴重です。文堂古墳訪問の際には民俗資料館をお見逃しなく(建物は1887年建造の郡役所です(撮影20181127日)。PNG bundoukofun zu
PNG bundoukofunsekishitu zu

文堂古墳基本情報

所在地 兵庫県香美町村岡

形状 不明

規模 20m前後(冊子「文堂古墳」大手前大学私学研究所・香美町教育委員会2014

石室 玄室 長さ4.63m 2.05m 高さ2.15m、羨道5.77m 幅1.53m 高さ1.76m

築造時期 7C前半

出土品 鏡(珠文鏡)、武器(頭椎大刀(動画4)、双龍環頭大刀、圭頭大刀、鉄族など)、馬具、装身具、土器(須恵器、土師器)

史跡指定 古墳、出土品ともに県指定

特記事項 村岡地区にある民俗資料館まほろばで出土品が展示


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

海岸べりの雑木林に佇む積石塚の数々

長島町の古墳はすでに鬼塚1号墳白金古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。いずれも風雨に晒され本来の積石塚は半壊状態になっていましたが、今回の小規模な積石塚の数々も同様の状況にあります。ただ、今回の明神古墳群は海岸沿いの雑木林のなかに点在しているため(100mのところに30基)でしょうか独特の雰囲気を醸し出しています。どこを歩いても積石塚の崩れたスレート状の板石がゴロゴロしており足の踏み場もないほどです。ここから築かれた当時の姿を想像することは容易ではありません。はっきりしていることはいずれの積石塚も鬼塚1号や白金古墳ほどには大きくなく階層でいえばより下のクラスの人々の墓ということになりましょうか。

1号は説明板によれば竪穴式石室、2号から5号は横穴系の竪穴式石室、6号は横穴式石室だそうです。違いの判別がかなり難しく横穴系の竪穴式石室と横穴式石室との違いはいまだによくわかりません。積石塚による古墳の復元模型などが長島町歴史民俗資料館にあればより理解が進むのにと思いながら古墳をあとにしました。それにしてもgoogle mapからお分かりのように積石塚は海岸ギリギリのところに築かれています(長島町には長さ180mのところに140基を越える積石塚が築かれた指江古墳群がある)。被葬者達は東シナ海で海運(水運)に従事していたことを疑う人はいないのではないでしょうか(撮影2018222日)。
 動画をアップしたあとに吉村靖徳さんの「九州の古墳」(海鳥社、2015)の明神古墳群のところを見返したところ、竪穴系の横口式(横穴系)石室とは、竪穴式石槨(石の囲い)の一方に横口を設けたものでした。竪穴式石槨のように幅が狭いため、遺体は石室の主軸に沿って置かれる
ことになるのだそうです。しかしこれでは追葬は難しいという疑問は消えません。いずれにせよ
墳丘は自然石を積み上げて造られ、白金古墳、鬼塚1号墳など小浜崎古墳群とともに、ここ長島は積石塚の南限域とありました。
PNG shinmeikofungun zu

神明古墳群基本データ

所在地 鹿児島県長島町

形状 積石塚

規模 長さ3m 幅1mほどの積石塚 埋葬部が半壊状態で保存 約30

築造時期 6C後7C

出土品 鉄刀、鉄鏃、錐、土師器、須恵器、人骨

史跡指定 鹿児島県

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室の断面がよくわかる貴重な古墳の数々


はじめて古墳の横穴石室を訪れる方にはあまりお勧めできません。というのも3本の動画でよくおわかりのようにいずれも羨道の天井板石がなくいきなり玄室が飛び込んでくるという本来の横穴石室とは程遠い姿に変わり果てているからです。ところが角度を変えてみると実に貴重な古墳の数々ということがわかります。横穴石室に多少とも慣れてくると、奥壁や側壁の石の積み方や、天井にいくにしたがって内傾する持ち送りという技法がどの程度用いられているかなどが気にかかってきます。その点、今回紹介している4基は築造当時の石室の断面をみることになるので実にわかりやすく教えてくれます。

 現地の説明板にはより重要なことが書かれていました。出土した品々のなかに祭祀用の

ミニチュア炊飯器(カマド、カマ、コシキ、ナベ)が含まれ、しかも石室の天井がドーム状

(さほどそうした感じは受けなかったが)であることに加え大津市の坂本から錦織という限られた地域にみられる古墳であることから中国、朝鮮半島由来の人々の墓ではないかというのです。桐畑2号墳(クリックすれば飛べます)もそうでしたが、渡来系の人々が多数この地域では活動していたのですね(google map の円で囲ったところ)。あらためてこの時代の交流の深さを知りました。アクセスはこの百穴古墳群は大津市の桐畑2号墳を訪ねるために大津市埋蔵文化財調査センターに寄ったところ教えてもらいました。桐畑2号墳のあるお宅からすぐ北の丘陵にあり国指定の史跡のために標識も出ています。京阪電車石山坂本線滋賀里駅の西200mほどのところにある滋賀県埋蔵文化財調査センターで説明を受けるとよいでしょう(撮影2018124日)。


PNG hyakketsu kofungun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘からの眺めが素晴らしい前方後円墳

二年前の44日、東京新宿から高速バスを使っての飯田古墳群への日帰りの旅は特に記憶に残っています。車中からみたアルプスの山並みの眩しさもさることながら、最北の高岡1号墳にはじまり南の馬背塚古墳まで、入室可能な石室が数多く残る古墳群をJR飯田線とバスと徒歩で予定どおりまわることができたことへの達成感でしょうか。このように下調べどおりに晴天に恵まれながら歩けたというのはそう多くはありません(古墳群とJR飯田線、天竜川の位置関係については図をご覧ください)。

 既にブログでは飯田古墳群の大半を紹介していますが今回の塚原(つかばら)二子塚古墳は、高岡1号墳馬背塚古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)とともに墳形は前方後円墳ですが造られたのは5C末の塚原二子塚、6C前半の高岡1号墳、6C末から7Cにかけての馬背塚の順になります。他方規模は塚原と高岡がほぼ同じ73mほどに対して馬背塚は46mにとどまります。埋葬施設はまだこの地域には横穴石室が導入されていなかったからでしょうか今回の塚原二子塚は竪穴石室、残りの二つは横穴石室で馬背塚には長大な横穴石室が完存していることは紹介したとおりです。

 その馬背塚古墳から国道151線に戻り北東方向に500mほど歩くと右手に動画1の景色が広がります。古墳近くの信号まで左右は雑木林などで視界が遮られているため、一気に広がる雄大な景色を借景にした二子塚古墳にしばしみとれました。大型とまではいえない規模の前方後円墳ですが、実際よりもはるかに大きくみえます。しかも二段築成のテラス段築がよくみえるではありませんか。ところが後日、飯田市教育委員会に確認したところ後世、耕作地として開墾された名残りと思われ段築かどうかは不明とのこと。他方、後円部には竪穴石室の残骸と思われる石材があり、過去に開けられたとの伝承とも一致するとのことでした。

これまで数多くの前方後円墳を紹介してきましたが、塚原二子塚古墳ほど墳丘からの眺めが素晴らしい古墳はありません。遮るものが何もないため四囲を完全に見渡せるのです。この古墳の被葬者が古墳築造当時みた景色がこれに違いありません。機会があれば是非訪れてほしい古墳です(撮影201744日)。
既にアップした飯田古墳群の古墳は以下があります。古墳名をクリックすれば飛べます。
姫塚と上溝天神塚古墳 飯沼天神塚古墳


PNG iidakofungun zu

塚原二子塚基本データ

所在地 長野県飯田市

形状 前方後円墳 葺石ありふ

規模 墳長73m、後円部径41.5m 高さ6m、前方部幅44.5m 高さ6.5m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 飯田古墳群として国指定

特記事項 後世 墳丘は二段築成のようにみえるが耕作地として利用されたため段築があったかどうか判然としない。





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ