古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年03月

重厚な石棚が印象的な三里古墳 

creen>

  今回の三里古墳、近鉄生駒線の平群駅の東側に走る国道168号線から北東方向100mのところにある動画でおわかりのように大きく壊された石室だけが残されています。道標にしたがって住宅の間を縫って古墳に到着した時には度肝を抜かれたといったら大げさですが、想像とはだいぶ違いました。ただ奥壁の床から70㎝のところに設けられている石棚が不思議な存在感を示していることにも驚かされました。石棚といえば和歌山の岩橋千塚古墳群の石室が思い出されますが、奈良県ではわずか三例に留まるそうです。そのうちの一つは下市町の岡峯古墳で既に紹介しています(クリックすれば飛べます)。残る一つは大淀町の槇ヶ峯古墳です。ただこれまで紹介した石棚は天井に近いところに設けられておりだいぶ印象が違います。今回の石棚は緑泥片岩ではなく花崗岩製という点でもより重厚な感じを受けました。墳丘はといえば径22mの円墳とも墳長35mの前方後円墳ともいわれています(平群町HP)。

 半壊状態の石室ですが説明板の玄室規模 長さ4.4m、幅2.4m、高さ3mはかなりの大きさです。平群町のHPの説明ではさらに一回り大きく、長さ4.9m、幅2.4m、高さ3.15mに長さ7m、幅1.3mから1.4mの羨道がつけられていたとあります。その羨道中央には玄室からの排水溝が設けられていることが確認されています。また少なくとも5名が埋葬されたと考えられています。副葬品も馬具を中心に数多く出土しており半壊状態にもかかわらず県指定の文化財となっている理由ではないかと思いました。残念なことに両袖式の石室という説明ですが現状からはよくわかりませんでした。三里古墳に限らず見どころの多い古墳のある平群町を散策されるには平群町公民館によって地図を入手することをお勧めします。平群町っていったいどこにあるのだろうとお思いの方に、つい最近紹介した服部川7号墳のある高安古墳群との関係を示す地図を載せておきました(撮影201837日)。


PNG misato kofun to takayasukofunngun

三里古墳基本データ

所在地 奈良県平群町

形状 前方後円墳(円墳)

規模 現状は径40mほどの円丘

築造時期 6C

出土品 銀環、ガラス玉、馬具、鉄鏃、鉄刀、須恵器、土師器

史跡指定 奈良県指定

特記事項 本文でも記したように奈良県では非常に珍しい石棚つきの石室



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

チャートを使った見応えのある石室

  今回の足利公園3号墳についてはほとんど情報がありません。いつものように市のHPの文化財にアクセスし見つけた古墳です。とはいえ考古学の専門家の間では知られた古墳のようです。現地説明版によれば日本の考古学の先駆者坪井正五郎(迂闊にも知らなかった)がはじめて本格的な調査を行った古墳なのだそうです。しかも足利公園も明治13年の開園という長い歴史を持ちます。だからでしょうか公園の名称がついた古墳はそれほど多くはないなか3号墳とつけられています。調べていくうちに足利市には1300基以上の古墳があって栃木県内で最も多く古墳が造られた地域ということがわかりました。なるほど地図を見ると古墳が造られた地域は市の中央を流れる渡良瀬川の北側になり、古墳の立地としては最適だということがわかりました。

  残存する9基のうちの市の史跡指定を受けたのは3基。そのうち1基の3号墳ですが丘陵に渡良瀬川を見下ろすように造られた墳長34m2段築成の小さな前方後円墳です。6C後半に造られたと考えられているだけに墳丘前方部は発達し幅は24mと後円部径と同じです。しかしなんといっても3号墳で見逃せないのは横穴石室が完存していることでしょう。崩落の危険性があるとのことで入室はかないませんでしたが長さ3.3m 幅1.8m 高さ2.1mの玄室はやや持ち送られチャート(山石)で造られています。流れによって丸くなった川原石を用いた積み上げられた石室に比べシャープな印象を受けたのですが皆さんはどう感じられたでしょう。直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器などが副葬されていました。アクセスは東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分。北側を流れる渡良瀬川を渡り県道67号線を西に歩き4つ目の信号を過ぎて県道40号との交差点を北にあがると公園です(撮影2019112日)。


PNG ashikaga kouen 3goufun



足利公園3号墳基本データ

所在地 栃木県足利市

形状 前方後円墳

規模 墳長34m、後円部径24m 高さ6m、前方部幅24m

横穴石室規模 長さ7.9m 玄室長3.3m 幅1.8m 高さ2.1m

2段築成

築造時期 6C後

出土品 直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器

史跡指定 足利市

特記事項 日本ではじめて人類学者坪井正五郎により本格的な調査が行われた古墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

半端ではない巨石で築かれた複室構造の石室


  みやこ町の古墳では既に九州最大の方墳甲塚古墳を紹介していますが(クリックすれば飛べます)、今回の橘塚古墳も同じ墳形の方墳です。といっても甲塚は東西46.5m×南北36.4mの長方形でしたが、こちらは東西39m×南北37mと正方形に近い墳丘です。加えて幅6.5mから10m弱の周濠が巡っていたそうです。甲塚古墳を含め周防灘に臨むこの地域には二基に加え綾塚古墳等大型横穴石室のある古墳がいくつもあります。とりわけ方墳の甲塚古墳、橘塚古墳は6C後半から末に造られたと考えられ、中央ではその頃蘇我氏がヤマト王権にあって権勢を振っていました。蘇我氏の古墳は、稲目の墓が都塚古墳、だいぶ時期はくだりますが馬子の墓といわれる石舞台古墳など方墳が多いことを考えると当時のヤマト王権とは密接な関係にあったのではないかと考えてもみたくなります。蘇我氏はともかくこの大型方墳に大型の石室は中央政権とかかわりのある有力地方豪族が葬られていたと想像されます。地図からわかるようにみやこ町が面する周防灘の先には瀬戸内海が広がりヤマトへの航路にも近かったことからもわかります。

 それはともかく複室構造の石室は甲塚古墳と同様、表面加工巨石を用いて築かれており、

ただただ感心するばかりでした。その一端が動画からうかがえれば嬉しいのですが・・・。石室の長さは甲塚の14.5mに対して橘塚古墳は現在値でも16.3mもあり、さらに調査の結果、石の抜き取り跡が確認されたため元は17.5mにも達するとみられています。残っていたとされる前室の敷石が十分に観察できなかったのが残念でした。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂いた(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2018328日)。
PNG miyakomachi kochira fukanzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幅広の前方部が印象的な古墳


  幾ちゃんの独り言(27)では典型的な前期前方後円墳を紹介しました。後円部の高さが前方部のそれよりもはるかに高く、幅は後円部径よりも狭い墳丘が特徴でした(奈良県桜井市の箸墓古墳のようなバチ型のものもあります)。時代は下って中期(4C末から5C後)になると後円部と前方部の高さはあまり変わらなくなり、前方部の幅は広くなります。もちろん例外はありますが総じてこうした傾向がみられるようです。今回の和歌山市の大谷古墳もその一つで後円部径が30mに対して前方部の幅は48mと広い様子が確認できますし、紀の川河口に近い標高30mの尾根上に造られた墳丘からは和歌山市、その向こうに紀伊水道を一望にできます。動画2で見るように後円部からぐるっとまわり前方部の先に広がる広大な景色は古墳築造時とあまり変わらないのではないでしょうか。なお動画1の最後のキャプション正しくは右後円部、左が前方部です。

 後円部の組み合わせ式石棺及び周辺からは武器、武具、馬具など多数の副葬品が出土しており、特に朝鮮半島で多数発見されている馬の冑は日本では大谷古墳以外では埼玉県さきたま古墳群の将軍塚古墳、福岡県の船原古墳の2例しか見つかっていない貴重なものです(現物は和歌山市立博物館で展示されています)。現地説明板によれば出土した人の歯から被葬者は20から30歳と推定され、朝鮮半島などでも活躍した紀氏の武人と考えられているそうです。

地図からお分かりのように紀の川を挟みこのブログでもいくつか紹介した国の特別史跡岩橋千塚古墳群が築かれており紀の川下流域を支配した大谷古墳の被葬者とは異なる紀氏一族の墓ではないかといわれています。(岩橋千塚古墳群2に飛べます。古墳名をクリックしてください)。アクセスは南海鉄道紀の川から徒歩で20分ほどです。駅北側に走る県道7号を東に歩き国道7号を越えて一つ目の信号の角にある「ほっともっと和歌山大谷店」を左折し150mほど歩いた左手です(撮影2017年11月28日)。動画撮影位置 大谷古墳
PNG ootanikofun basho zu

大谷古墳基本データ

所在地 和歌山県和歌山市大谷

形状 前方後円墳

規模 墳長67m、後円部径30m 高さ 9m、前方部幅48m 高さ9m

(後円部、前方部の高さは東西で異なるようだがほぼ同じ)。

築造時期 5C

出土品 埴輪 武具、鉄鏃等武器、農工具、装飾品、馬冑等馬具

史跡指定 国指定

特記事項 後円部で発掘された石棺は阿蘇山の凝灰岩製の組み合わせ式家形石棺

人骨が残されていた

 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ