古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2019年01月

大藪古墳群中最もアクセスしやすい古墳

 大藪古墳群のなかで1968年、塚山古墳(クリックすれば飛べます)、禁裡塚古墳、西ノ岡古墳、それに今回のこうもり塚古墳の四基が兵庫県の指定文化財になっています。但馬地域、兵庫県を代表する大型の横穴石室が狭い区域に良好に保存されているからだそうですが、なるほど、それぞれとても大規模な石室です。その中でこうもり塚古墳だけが墳丘の封土がすっかり削られ、奈良の石舞台などと同じように石室だけが残されています。しかし12m以上もある石室は動画でおわかりのように築造当時の迫力を想像するに十分です。もっとも他の県指定の古墳とは異なるところもあります。禁裡塚古墳の天井高が3.6m、塚山古墳も3.6mに対してこうもり塚は1.82mしかなく持ち送りも見られないためでしょうか、全体的に長方形のボックスのような感じがします。

 大藪古墳群のルートマップでおわかりのようにこうもり塚古墳は最もわかりやすく道路脇にあります。盛り土はありませんが、一辺30mほどの方墳とみられています。大藪古墳群のパンフレットによれば、こうもり塚古墳の後ろの山にある塚山古墳との近接性から被葬者は父子になるような近親者ではないかといわれています。「7世紀の大型古墳は、円墳から方墳に形態が変化します。大和の中央政権から認められた律令官人で、但馬の政治に大きな影響力を示した人物と思われます」と踏み込んでいます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-to
こうもり塚古墳基本データ所在地 兵庫県養父市形状 方墳規模 一辺30mほどの方墳築造時 7C前半出土品 不明史跡指定 県指定特記事項 なしにほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

線刻模様と石棚が個性的な千代丸古墳
 石室は訪れるたびにそれぞれ個性的なことに驚かされます。今回の千代丸古墳、屍床があるのは九州を感じさせますが石棚は和歌山の石室(岩橋千塚古墳群の石室の数々、一例は大谷山22号墳(クリックすれば飛べます))と同じではないかなどと考えてしまいました。いずれ紹介してきた石室を時代や地域で整理してみるのも面白いかもしれません。 
 今回の古墳は久留米と大分を結ぶJR久大線の賀来駅の西2㎞ほどのところにあり、南には大分川が流れ北には動画1で触れているように猿で有名な高崎山が見えます。そして既に紹介した墳丘が非常に美しい前期の前方後円墳蓬莱山古墳が東方向3㎞ほどの同じ丘陵上にあります。
 千代丸古墳の墳丘はほとんど残っていないものの径15m高さ4mほどの円墳ではないかといわれています。 石室はご覧のように天井石が欠落した羨道を進むと大きな袖石を経て玄室に至ります。玄室は朱(ベンガラ)がよく残っていますし、何より厚さ46㎝の石棚が存在感を示しています。羨道もそうですが玄室の側壁下部には巨石が用いられています。そして千代丸古墳がよく知られている最大の理由でもある線刻模様が石棚前面に描かれています。といっても写実的ではないですし、ひっかき傷と間違えそうな模様にも思えます。鍵を開けて頂いた教育委員会の方によれば最近まで施錠はしていなかったこともあり落書きも増えてきたので内部の見学は許可が必要になったとのことでした。私の場合も教育委員会に申し込み対応をお願いしました(撮影2017年10月30日)。
PNG chiyomarukofun basho zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

西側からの墳丘が美しい200m級の巨大古墳

 近鉄田原本線の池部駅から北方向に県道5号線を歩いて10分ほどでこの200mクラスの巨大前方後円墳に到着します。県道上の歩道橋にあがると全体をとらえることができます。ただし駅の南側に広がるナガレ山古墳(クリックすれば飛べます)など馬見古墳群(基本データの項を参照)とは違って公園化されていないためでしょうか。トラックなどがひっきりなしに行きかう道路沿いの墳丘から受ける印象はどこか寂し気な印象です。とはいえ墳長でいえば197mと上から数えて全国で39番目と大変な巨大さです。しかも200mクラスで墳丘に登れる古墳はあまりないので貴重な存在であることは間違いありません。動画1では季節を変えた西側から見た墳丘を映していますが、今では水田化されている盾形の周濠の幅はくびれ部分では45mもあります。その周濠をぐるりと東側にまわると墳丘への登り口があります。

墳丘全体はご覧のように今では竹藪が生い茂り見通しがよく効かないのは残念としか言いようがありません。しかし200m級の前方後円墳が如何に大きいかは、竹やぶの間からのぞく後円部から前方部の稜線からよくわかります。また前方部頂に立ち後円部方向に歩を進めると中期古墳特有の前方部が発達した状況が観察できます。前方部の高さが16.9mもあり(後円部より1mほど高い)、前方部からくびれにかけて歩くと「下り」を実感できます。前期古墳の前方部を歩いていても受けることのない不思議な感覚です。

ところで川合大塚山古墳を主墳とし前方後円墳の城山古墳、中良塚古墳を含む8基が大塚山古墳群として国の指定史跡になっていますが、地図を見ると古墳群の北側5-600mのところには大和川はじめ複数の河川があり、被葬者達は水運はじめその管理を担っていた豪族と想像されます(撮影2016年5月24日と2018年4月3日)。


PNG kawaiootsukayamakofun kawaimachi zu

川合大塚山古墳基本データ

所在地 奈良県北葛城郡河合町川合

形状 前方後円墳 周濠あり

規模 墳長197m、後円部径108m 高さ15.8m、前方部幅123m 高さ16.9m

後円部、前方部 三段築成

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形、朝顔形埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 大塚山古墳群として国指定

特記事項 大塚山古墳群を馬見古墳群の北群とし、公園化されているナガレ山古墳などを中央群、新山古墳等を南群とみる研究者もいる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

陽光に映える大型の前方後円墳

 朝陽を浴びた墳長123mの前方後円墳は荘厳そして美しいの一言でした。こういう機会は滅多にありません。まだ夜が明ける前に名古屋を発ち名鉄小牧線楽田駅から30分ほど歩いた甲斐がありました。主軸をほぼ南北にとる墳丘には前期古墳でもかなり早い時期に築かれたことがわかる壺形埴輪が段築にまわっています。どこかで見たことがあると思ったら4C初頭に築かれた愛媛県今治市の妙見山古墳(クリックすれば飛べます)でも壺形埴輪が置かれていました。青塚古墳に戻ります。後円部は三段、前方部は二段の段築です。自然保存された古墳も整備されていれば趣がありますが、この青塚古墳のように控えめに当時の姿を復元した墳丘は現代の人々に古墳時代を理解してもらうにはなかなかによいアイディアだと思いました。というのも本来は一面川原石が葺かれていたようで現在の背丈の小さな熊笹に覆われた墳丘とは違っていたからです。この長大な墳丘が全部石の塊であったなら少々グロテスクだったかもしれません。群馬県の保渡田古墳群の二子山古墳の墳丘も小熊笹に彩られており、かぜにそよぐその姿が印象的です(クリックすれば飛べます)。

 青塚古墳、墳丘は後円部の高さが12mと前方部のそれよりも7mも高く前期古墳の特徴を示しています。この比高差が前方後円墳の美しさを一層際立たせていると思いました。加えてこの古墳が他の古墳と比べて珍しいのは前方部に祭祀用の方形壇があることです。ここには壺形埴輪ではなく時期的には後になる円筒埴輪が周っていたそうです。それだけ重要な施設だったということでしょうか。大阪府心合寺山(しおんじやま)古墳にも同様の方形壇がみられます(クリックすれば飛べます)。

それにしても標高50mほどの洪積台地(犬山扇状地と呼ばれるらしい)にぽつりと残された大型の前方後円墳。相前後してこの地域に古墳は築かれなかったのでしょうか。どうやら10数基の古墳がかつては存在していたようなのですが全て消滅。全国古墳編年集成(石野博信編 雄山閣出版、1995年)をみても広域でみれば3C後半に三角縁神獣鏡が多数発掘された前方後方墳の東之宮古墳(クリックすれば飛べます、現在復元整備事業実施中)がありますが、大型のものは4C末の墳長120mの各務原市にある前方後円墳坊の塚古墳までめぼしい古墳はありません。書籍化された調査報告書が入手できなかったために埋葬施設を含めこれ以上の情報はいまのところは残念ですがありません。なお楽田の駅から歩いて左手に見えた墳丘に嬉しさのあまり駆け上ってしまいましたが、後で見ると入ってはいけなかったようです。ご容赦を。なお開館時間前だったので寄れませんでしたがガイダンス施設が古墳公園内にあります。アクセスは冒頭に書いたとおり名鉄小牧線楽田駅から県道176号線を直進すれば左手に見えます。わかりやすく迷うことはありませんが早朝というのに交通量はかなりありました(撮影2017315日)。


 

PNG inuyamasennjyouchino oogata kofunn ichikankei

青塚古墳基本データ

所在地 愛知県犬山市

形状 前方後円墳 後円部3段、前方部2段 葺石あり 周濠あり

規模 墳長123m、後円部径78m 高さ12m、前方部幅62m 高さ7m

築造時期 4C中頃

出土品 壺形埴輪、円筒埴輪、鏃形の石製品 

史跡指定 国指定

特記事項 愛知県では名古屋市の断夫山古墳につぎ第二位の規模の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ