古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2018年09月

自然災害に見舞われた方々へのお見舞い(幾ちゃんの独り言(25))

ちょうど今日で北海道胆振東部地震から9日目。このブログにも北海道の方々からもアクセスがあります。改めてお見舞いを申し上げます。それにしても今年の夏はいつにも増して台風や豪雨、地震と自然災害に見舞われ続けました。古墳が多数築かれた畿内でも6月の震度6弱を記録した地震は茨木や高槻を襲いましたし、記憶も新しい台風21号では60m近くの暴風が大阪を吹き荒れました。歴史的な自然災害が古墳にも爪痕を残しています。応神天皇陵(誉田御廟山古墳)では天平の大地震(734年)、今城塚古墳(真の継体天皇陵といわれる)では慶長伏見の大地震(1596年)が墳丘を大きく破壊しています。3年前(2016年)の熊本大地震では天井高6.5mを誇る井寺古墳の横穴石室の石材が崩落して立ち入り禁止になりました。来年の夏も同じような災害が日本列島を襲い我々の祖先が残した文化財をも破壊していくのでしょうか・・・。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竪穴式石室内の長持型石棺が見学できる貴重な古墳

 はじめて室宮山古墳を訪れたのは古墳踏査を開始してまもない201211月のことでした。近鉄御所市駅から交通量の多い県道117号線をひたすら南に歩きましたが、西側には黄や赤の紅葉が雄大な葛城山一帯に広がり、それはそれは美しい景色でした。道はわかりやすく迷うことはないのですが、動画3の最後につけたように墳丘自身(これは201611月の再訪時の撮影)は前方後円墳と認識することは不可能です。墳長238mと大きいこともさることながら室宮山古墳と図示されたとおりに歩くと動画1の広場にしか見えない後円部に導かれます。この広場から前方部を含めた墳丘全体を想像しろといってもなかなか難しいのではないでしょうか。なので古墳巡りをはじめたばかりの方には古墳の重要性は別にしてお勧めはできません。私の再訪がその4年後になった一つの理由はそこにあります。あまり足が向かわなかったのです。

しかしこの古墳、竪穴式石室が見学できる点で非常に貴重です。このブログでも数例紹介したにすぎません。しかも石棺が安置されている状況を見ることができるのはおそらく室宮山ぐらいではないでしょうか。それも大王の棺と呼ばれる長持型石棺です。動画にみる縄掛け突起の大きさから全体のスケールを想像して頂きたいと思います。長持型石棺の出土が確認できる古墳は全国でも30例ほどで東国では2例(一例は既に紹介した東国最大の前方後円墳太田天神山古墳)にしかすぎません。竪穴石室は5枚の天井板で閉塞されていましたが欠損している一枚から石室をのぞき込むことができます。ただ、石室内に降りても後ろにスペースがないのが難点です。とはいえ親切なことに石室孔の横には見学者用に懐中電灯がボックスに置かれていて朱が残る石棺内部もみることができます。是非、若干の気味悪さはあるかもしれませんがご覧になったらいかがでしょう。この南石室に並び天井石しかみることができませんが北石室があります。そして埋葬施設のある円形の壇の上にそれを囲むように二重の埴輪列があり外側は盾や甲冑、内側は家形や円筒埴輪の形象埴輪が並んでいたそうです。一つだけ大型の盾形埴輪のレプリカが置かれていますが、これが所狭しと並ぶ姿はかなり特別な空間だったことをうかがわせます。肝心の被葬者ですがこのあたりは当時、葛城氏の支配していた地域だったところから始祖王、襲津彦やその父の武内宿禰の墓との見方もあるようです。アクセスは冒頭に書いたように県道を南下し国道309号線との交差点を左折し右手です(撮影2016119日)。


PNG muromiyayama kofun zu

室宮山古墳基本データ

所在地 奈良県御所市

形状 前方後円墳

規模 墳長238m 後円部径105m 高さ25m、前方部幅110m 高さ22m

ともに三段築成 葺石あり 造出しあり

築造時期 5C初頭

出土品 盾形、甲冑、家形等形象埴輪、円筒埴輪等 短甲、鉄鏃、鉄剣

史跡指定 国指定

特記事項 規模に関しては後円部径148m 前方部幅152mという数字もある。後円部には

円丘壇があり、そこに埋葬施設二基が位置する方形区画があり埴輪が並んでいた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

独特な前方後方墳がみられる末寺山古墳群

今回紹介する末寺山(まつじやま)古墳群の二基は既に紹介した和田山古墳群や秋常山古墳群と至近の距離にあります。古墳時代前期に関東や日本海側で数多く築かれた前方後方墳です。どちらも比較的小型で前方部が極端に短い独特の形をしています。残念ながら墳丘の形がきちんとわかるようには整備されていないために想像で補うしかありません。それでも5号墳のほうはよくみると前方部の小さな高まりが確認できます。南側から見た二基の墳丘ははっきりと人工的な高まり、古墳ということがわかるシルエットをしています。出土品は5号墳から多数の土師器の壺片、埋葬施設があると思われる後方部から鉄剣が確認されているようです。

簡単な地図でお分かりのように中央に走る県道をはさみおおよそ300m×500m四方に三つの古墳群があり前期から後期までの古墳が並んでいます。非常に興味深いのはそれぞれの古墳群が独立した小規模な丘陵に位置していることです。自然の地形を活かしたそれぞれ独立した墓域のようにもみえます。一度目の訪問は初夏だったために墳丘は一面草木に覆われ二度目の今回は春雨が待っていました。
 秋常山1号墳秋常山2号墳和田山5号墳和田山古墳群の後期古墳。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。是非、三つの古墳群の姿をご覧ください。アクセスはJR小松駅から寺井史跡公園行き小松バスで30分ほど。昼間に5-6本、あります。バス停前に消防署があり、その裏に能美市歴史民俗資料館があります。パンフレットを入手し和田山古墳群→秋常山古墳群→末寺山古墳群の側に歩くとよいでしょう。ゆっくり歩いても1日あれば十分です。なお末寺山古墳群だけは自然を重視した保存です(撮影2017年4月12日)
PNG matsujiyamakofungun to wadayamakofungunPNG matsujiyama kofungun zu



末寺山古墳群基本データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後方墳

規模 5号墳 墳長29m 後方部18.5m×21m 高さ5m 前方部幅6.5m 高さ3.5m

6号墳 墳長55m 後方部 35m×30m 高さ5m 前方部幅 約15m 高さ 約3m

築造時期 4C

出土品 須恵器壺 鉄剣(5号) 6号墳は未調査

史跡指定 秋常山古墳群、和田山古墳群とともに能美古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石加工が美しい石室

 山陽本線加古川駅北東方向4㎞のところに工業用水の安定供給を目的に1966年に造られた人造の湖、平荘湖(へいそうこ)があります。湖底には数多くの古墳が眠っているそうでいずれ紹介する古墳升田山15号墳など今でも見学できる古墳がいくつかあります。今回の地蔵寺古墳もその一つで南側には加古川が流れる丘の先端に位置しています。動画1の地蔵寺の後側が平荘湖になります。

 加古川駅から都台行きのバスで20分ほど揺られ池尻ダム口で下車。そこから徒歩で東に県道78号線を15分ほど歩くと左手に地蔵寺の屋根が見えました。高台にあるので遠くからもよくわかります。あのお堂のどこに横穴石室があるのだろう。いつものことながらわくわくドキドキです。境内に入っても道標はなく住職のお宅のベルをならすと「はーい」と女性の声が。「ちょっとわかりにくいのでご案内しますね」とまことにご親切でした。たしかに母屋伝いに古墳石室までは近いとはいえ、声掛けをしなければ不審者と間違えられてしまいそうです。目指す石室は家屋の端に開口していましたが、円墳と考えられている墳丘の面影は全くありません。

 それはともかく短い羨道を通り抜けるとこれはびっくり。巧みな切石加工がなされた玄室が現れました。羨道幅より幅の広い両袖式です。奥壁は巨石の一枚板のようにみえます。「のように」と書いたのは雨水でしょうか水が5㎝ほど溜まり奥まで入れないのです。敷石がところどころ水面に現れていましたが滑ることは間違いなし。諦めてズームでがまん。天井の板石も巨石で、ノミで滑らかに加工されています。持ち送りはほとんどなく全体に長方形の箱といった感じの石室でした。現地の簡単な説明板によれば7C初頭に造られたようです。

 動画3に番外として付けたのは14C鎌倉時代に古墳の石棺の蓋に彫られた地蔵立像と六地蔵です。縄掛け突起が削られることなくそのまま残されていることにもびっくりしました。究極のリサイクルですが当時古墳が人々の間でどのように扱われていたか、診られていたかを想像するに足る遺物ではないでしょうか(撮影2018312日)。

autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ