古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2018年06月

額縁の先に一枚板石の奥壁が見える見事さ!

 今回とりあげた埼玉県嵐山(らんざん)町の稲荷塚古墳石室はなかなかに精美な造りで驚かされました。格子越しという点が何とももどかしかったのですが、どうやら石室側壁がやや左右に膨らむ胴張り形ということがわかる程度には撮影できたようです。羨道はなくなっているものの前室、後室が残されています(前室は相当崩れており元の石材を中心に復元)。前室と後室の境に立つ仕切り石の先に、後室の奥壁がすっぽり収まるように設計されているのが何とも見事です。類似の仕切り石、胴張り形の設計、二室という点で、同じ終末期古墳の川崎市の加瀬台3号墳とよく似ています(側壁の造りはこちらは割石の小口積、加瀬台は切石積みと違います)。しかし素人目にはこちらのほうが完成度が高いように思われるのですが、皆さんどうお考えでしょう。加瀬台3号墳と比べてみてください(古墳名をクリックすれば飛べます)。墳丘についても触れておきましょう。残りのよくない墳丘ですが現地説明版によれば葺石もあったようで、その姿は円墳、規模から考えると愛知県春日井市の大留荒子古墳(クリックすれば飛べます)に似ていたかもしれません。


ところで前回紹介した大阪府八尾市の二室塚古墳の記述のなかで複室構造の石室は九州に多く畿内では珍しいと書き、他方、東国の代表例として埼玉県行田市の八幡山古墳石室について触れましたが、関東にはそれなりにありそうですね。加瀬台3号も今回も二室です。

  稲荷塚古墳が造られた7C後半には切石加工の技術が向上したことを示す古墳石室が群馬県総社町に残されています。総社古墳群の宝塔山古墳蛇穴山古墳です(クリックすれば飛べます)。一辺50mの方墳、宝塔山古墳のほうはこれも複室構造で石室長は12mもある巨大なものです。稲荷塚古墳とは墳丘の規模、石室長で大きく差がつきます。宝塔山古墳が地域全体のリーダーだったとすれば、稲荷塚古墳の方はリーダー支える小地域の首長といったところでしょうか。アクセスは東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩で南に10分。菅谷中学校グラウンドの真裏です(撮影2018年1月11日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

畿内にみる珍しい複室構造の石室

今回の後期古墳、大阪北地震の影響が心配される大阪八尾市の高安古墳群から二室塚古墳です。生駒山系の東側 高安山の大阪側山麓に分布する300基の古墳群の一基ですが

文字通り二つの玄室からなるかなり大型の石室です。墳丘自身は径20mと小さく、調査の

結果円墳ないし方墳ともいわれています。現在の墳丘は雑木が席巻していて判然としません。高さも2008年の調査報告書には記載がありません。他方、目玉の石室は全長11.2mもありなかなかに見応えがあります。どうりで日本の考古学界の父ともいわれる明治期のお雇い外国人(英国の冶金技術者ウィリアム・ゴーランド)が写真として残す価値のある石室と判断したわけです。その写真は現地の説明板でみることが可能です。動画2で見る後室から前室方向をみた右片袖式の玄室がよくわかるアングルです。彼が高安古墳群を調査したのは1887年から88年のことです。130年前と同じ石室の様子を前にして言うに言われぬ感慨を覚えました。それにしてもこのゴーランドさん専門の冶金技術者としても卓越した能力を発揮したようですが、古墳の研究も半端ではありません。調査した石室の数は滞日16年で406基にものぼっています。交通網の発達した現在でも古墳踏査は時間がかかります。ただただ驚くばかりです。

話がそれましたが、玄室が複数ある古墳は童男山1号墳八幡山古墳石室(クリックすれば飛べます)などいくつか紹介してきました。大半が九州です(例外的に埼玉県行田市の八幡山古墳石室は三室構造、クリックすれば飛べます)。しかも畿内ではほとんど見られない仕切り石で床を囲み遺体を安置する埋葬形態が特徴でした。これに対して今回の二室塚はよく見られる横穴石室を二つ縦につないだものです。ただ説明板によれば大変珍しい形態だそうで近隣の交互二室塚古墳にしかみられないのだそうです(この交互二室塚は確認ができませんでした)。二室をつなげた奥壁までを開口部からみると幅が狭いこともあり天井が高く巨大な石室に見えます。それにしても木の根と思われる前室のブルーシートは気になります。おそらく伐採すると石室全体が崩れる可能性があるのではないでしょうか。それだけに地震の影響が心配です。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースの途中にあります。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください(撮影2017222日)。



PNG nishitsuzukakofun no ichi


二室塚古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 円墳(方墳)

規模 径ないし一辺約20m

横穴石室 全長11.2m 前室 長さ4.4m 幅2.4m 高さ3.2m、後室3.82m 幅2.3m 高さ3.05m

築造時期 6C

出土品 土師器、須恵器片 耳環、鉄釘

史跡指定 市指定

特記事項 本文にも書いたように九州以外の複室構造の横穴石室は珍しい


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

陪塚(ばいちょう)も多数残る仁徳天皇陵(大仙古墳) 
 
仁徳天皇陵(大仙古墳)陪塚の編集をしている最中、大阪高槻市を震源とするマグニチュード6.1の大型地震が発生し多くの被害が出ました。お見舞いを申し上げます。震源の高槻、茨木といえば今城塚古墳はじめ数多くの古墳が残されていますが、マグニチュード7.25の伏見地震(1596年)では後円部の埋葬施設を含め大きく崩れたそうです。今回も被害が心配です。生駒山の大阪平野を見下ろす西側には既に紹介した山畑古墳群はじめ横穴石室のある円墳がいくつもあります。状況はどうなっているでしょうか。今回の仁徳天皇陵陪塚のある堺市も震度4を記録しています。本題に戻ります

  世界遺産登録を目指す百舌鳥古墳群は墳長100mを越す大型の前方後円墳が11基もあり既にそのいくつかは紹介しています。土師ニサンザイ古墳いたすけ古墳を代表例としてあげておきます(古墳名をクリックしてください)。仁徳天皇陵の周辺には宮内庁が陪塚(ばいちょう)として管理している12基があり今回紹介している6基は全てその中に含まれています。動画撮影位置をご覧になると後円部の北西側に永山古墳があります(クリックすれば飛べます)。墳長100mを越える堂々たる墳丘を一周しながら、これも仁徳天皇陵の陪塚なのだろうかと疑問に思っていたところやはりそうではないようです。久世仁士さんの「百舌鳥古墳群をあるく」(創元社、2014)に詳しく書かれています。読みやすくとても便利な本です。
 順序が逆になりましたが陪塚(ばいちょう)とは大型の主墳の周囲に従うように築かれた小型の墳墓を指し、その多くは親族や配下の物ではないかとみられています。副葬品だけを埋納した古墳もあるようです。

  動画撮影位置の右上を見ると南海高野線とJR阪和線が交差する三国ヶ丘駅があり、下車すると目の前が仁徳陵です。最も外側の濠に沿って遊歩道があり、すぐに後円部北東側に径34mの円墳、源右衛門(源右衛門山)古墳が見えます。金網越しの見学を含め、今回の古墳どれも墳丘には登れません。後円部に沿って西側に移動すると住宅が軒を連ねます。すぐに古墳とわかる茂みにぶつかります。これが丸保山古墳で墳長87mの帆立貝形前方後円墳です(どういうわけか横にラブホテルがあります)。後円部は径60mもあります。二段築成がよく残されていますが、残念なことに前方部は削られています。以前、幼稚園が建っていたためなんだそうです。気を取り直して墳丘沿いの遊歩道を歩くと前方部端手前に一辺26mの方墳、銅亀山古墳が右手に見えます。高さは4.6mというのですが現状はずっと低いです。前方部南端には径27mの円墳狐山古墳がありますが、銅亀山とともに夏の時期も草刈が行われ墳丘がよく観察できます。前方部端沿いに仁徳陵拝所に向かうと二基の帆立貝形前方後円墳、墳長61mの竜佐山古墳、墳長56mの孫大夫古墳が並びます。動画で見るように鬱蒼とした緑の中に目をこらすと墳丘を確認できます。カメラを後円部から前方部に振っているので前方部が低く小さいということもどうやらわかります。なお各動画には静止画像ですが仁徳陵のヘリからのから撮影したものを入れてあります(撮影2013327日、2017829日)。

PNG ninntokutennouryou baichou mozukofungun8 zu

民有地に眠る100mクラスの前方後円墳

JR内房線の姉ヶ崎駅(市原市)から至近の距離にある姉崎古墳群は既に何基か紹介していますが1.5㎞四方ほどの養老川の南側の台地に4C中頃から6C末ごろにかけて前方後円墳(前方後方墳もある)がいくつも築かれています。それも100mを越えるものも含まれています。今回は、その最初の頃、4C中頃に築かれたと考えられる釈迦山古墳です。

なぜこの地にいくつもの古墳が築かれたのでしょう。現在の姉ヶ崎駅辺りは古墳時代は海だったでしょうから、この地を中心とする海運の担い手が被葬者であったことは想像に難くありません。三浦半島走水あたりから東京湾を越えて房総半島の富津に至るルートは陸路に入り姉ヶ崎(市原市)を通って北に抜けたはずで、そこは養老川が東京湾に注ぐ交通の要所でもありました。養老川の北側には房総半島でも最も古い神門古墳群があり、現在でも見学可能な神門5号墳は既に紹介しました(クリックすれば飛べます)。

今回の釈迦山古墳、姉ヶ崎駅からもよく見える姉崎神社の鳥居の横のお宅の裏山にあります。お声がけをしたところ、「どうぞどうぞご自由に、ただ、藪になっているので足元に気をつけてください」とのこと。たしかに動画でおわかりのように墳丘全体が鬱蒼とした茂みのなかにあり、ところどころ倒木もあり見通しは十分とはいえません。ただ、目が慣れてくると明らかに人工的な構造物ということがわかりますし、それが前期の前方後円墳の特徴をはっきりともっていることにも気が付きました。後円部の高さに比して前方部が低く、しかも細く長いのです。測量図をみると(考古学の専門家の方々の研究蓄積を利用させて頂いているわけです)だいぶ削平されているようですが、それでもかなり大型の前方後円墳であることはわかります。くびれ辺りに後世に造られた墓石が立ち並んでいます。残念なことに姉ヶ崎二子塚古墳のように墳丘全体を遠くから眺めることはできません。姉崎古墳群の主要古墳は釈迦山古墳(4C央)、天神山古墳(4C央)、二子塚(5C央)、鶴窪(6C央)、六孫王原(6C末)の順で造られたと考えられています。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます(撮影201622日)。


PNG syakayama shuseiban saigo

PNG anesakikofungun to ichikankei

釈迦山古墳(姉崎古墳群)基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長 93m、後円部径60m 高さ12m、前方部幅32m 高さ8m

築造時期 4C前―央

出土品 鉄鏃、刀子、管玉、土師器

史跡指定 なし

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ