古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2017年11月

狗奴国の王墓か?
 大いに期待して目的地に到着して目にしたものは・・・。正直、がっかりしてしまいました。それをお目にかけるのは気が引けるのですが、数多くの古墳を訪ねあるいているうちにはそういうこともあると考えて頂ければと思います。

 古墳の位置づけとして象鼻山1号墳は極めて重要です。養老町のHPでも紹介しているように、中国の歴史書『三国志』魏志倭人伝は3C中頃に邪馬台国と狗奴国(くなこく)が坑争していたことを記していますが、近畿には西に影響力を持つ邪馬台国があり(邪馬台国畿内説を前提)、濃尾平野を中心とする東海には東に影響力を持つ狗奴国があり、対立していたというのです(結構多くの学者に支持されているようです)。そして、象鼻山1号墳は、一方の雄である狗奴国の王か王族の墓である可能性が高いといわれています。

 たしかに周辺で濃尾平野を一望できる最も見晴らしがよく、見上げるにもよい場所に築かれた古墳の被葬者は群を抜いて高い地位にあったことは間違いなさそうです。また三角縁神獣鏡ではなく双鳳鏡(き鳳鏡)1面が副葬されていたこと、埋葬施設の石を使わない墓坑と箱形木棺という組み合わせも東日本的なものであることから畿内とは一線を画した有力者すなわち狗那国のリーダーの墓だったという見方もできるわけです(WEB上に1996年から3年かけて行われた象鼻山1号墳の調査報告書概要がアップされています)。

 以前、狗那国論の第一人者赤塚次郎さんの講義を聴講して以来、是非、訪れたいと思っていた象鼻山1号墳です。否が応でも胸は高まります。幸い、見事な秋晴れです。現地近くまではバスは走っておらず、名古屋、大垣経由で養老鉄道の美濃高田駅から歩くことにしました。名神高速の養老SAの西にある山を目指して牧田川沿いに歩きます。ちょっと怖かったのは歩道のない結構頻繁にトラックが通る一車線道路を歩いたことでした。動画1の頭がそれです。50分ほどでようやく登山口に到着してフェンスを越え(猪や鹿よけ)標高140mほどの山頂を目指します。途中には古墳時代後期の円墳がいくつも残されています。そう象鼻山古墳群は弥生時代から古墳時代後期までの墳墓から構成されているのです。およそ10分で到達した山頂にも上円下方壇(墳ではない)とされる3号墳が東家の後に見えましたが、肝心の1号墳はどこに。周囲を見渡しても動画3で紹介したような弥生時代の墳丘墓がみえるだけです。しばし目をこらすとシダに覆われた墳丘らしき高まりが見えました。近づいてみると間違いありません。1号墳です。しか登ってみても膝ほどの高さまでシダが生い茂り方形ということが確認できません。前方後方墳ということがわかったのはこれもシダに覆われた短い前方部をみつけた時のことでした。説明を受けなければ、誰も前方後方墳とはわからないでしょう。邪馬台国と戦った狗那国の王墓かもしれない古墳がこれでは少々残念です。聞けば草刈は地元の有志の方々にお願いしているとのこと。養老町自身がなにか対策を考えて頂きたいものです(撮影2017116日)。


PNG zoubizan kofungun


象鼻山古墳群基本データ

所在地 岐阜県養老町

形状 前方後方墳(1号墳)その他弥生墳丘墓、後期古墳は円墳

規模 墳長43m、後方部26m×25m 高さ4.2m、前方部幅14m 高さ3m

築造時期 3C

出土品 双鳳鏡(き鳳鏡)、琴柱形石製品、鉄刀、鉄剣、鉄鏃、壺形及び甕形土器等

史跡指定 町指定

特記事項 甕形土器はS字状口縁台付と呼ばれるもので東海地域独特のもの


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

住宅に囲まれた巨大横穴石室
 この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように
住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳の築造は6C後半の奈良県の五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)で終わり、その後しばらくは築かれるものの墳丘規模はずっと小さくなります。そのおそらく最後といわれているものが畿内では墳長75mの7C中頃に造られたと考えられるこの蛇塚古墳です。後円部径は45mほどだったようで、その外周に沿って住宅が建っています。不思議な光景です。

 その石室ですが動画1でお分かりのように鉄骨でようやく支えられている状況です。その理由もわからなくはありません。羨道の天井石は崩落し、玄室の天井石も一枚しか残されていません。空がこれほど見える玄室ははじめてです。羨道を含めた石室の長さは17.8m玄室は長さ6.8m、幅は3.8m、高さは5.2mもあります。そこに4m×5m×2.5mもある巨石を含め大小30数個の石を積み上げて石室はこしらえられているそうで(京都市の文化財保護課の配布資料)石舞台古墳の石室(クリックすれば飛べます)によく似ているとのこと。しかも玄室幅は蛇塚のほうが大きく、見瀬丸山(五条野丸山)古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさだということです。残念ながら五条野丸山古墳の石室は埋め戻されていますが、石室の長さは28.4mと群を抜いているので比較の対象にはならないようにも思います。

それはともかく石舞台の18.7mと同規模というだけで驚かされますが、周辺の状況があまりに違いすぎて自分の頭のなかで比較することができません。皆さんはどう思われますか。ここまで崩落する以前に保全整備ができなかったものか残念でなりません。印象が異なる一つの理由は石舞台の石室が花崗岩なのに対して、こちらは京都周辺に多い堆積岩のためであるからかもしれません。同じ京都で蛇塚よりも早く造られた前方後円、天塚古墳(クリックすれば飛べます)の墳横穴石室とも比較してご覧ください。アクセスは京福電鉄嵐山線帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から南方向に徒歩10分です。松竹京都撮影所沿いの東側の道を歩くとすぐに見えます(撮影日2017913日)。


PNG hebizuka kyoto zu shuuseiban


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

牛伏古墳群中最後の三基
 今回紹介する後期古墳は既に紹介した牛伏4号墳及び17号墳(お富士様古墳)と同じ牛伏古墳群に属する二基の前方後円墳2号と3号それに中規模の円墳5号墳です。いずれもC後半に造られたと考えられ牛伏古墳群のなかでは最終段階のもののようです。中では3号墳は4号墳とともに横穴石室があったことが確認されていますが、残りの二基については発掘調査は行われておらず推定の域を出ないようです。ただし、2号墳は前方部幅が後円部径に比べ広く発達しており後期の古墳であることは間違いなさそうです。5号墳は径28mだけあって遠くからも墳丘の美しさが際立ちます。

古墳群は北側に200m級の山並みが連なる標高60mほどの微高地にあります。立ち並ぶ古墳は300m×200mほどのごく狭い地域に整然と眠っています。本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ今回の二基を含む前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基があります。杉木立のなかに佇む中規模の古墳の数々は群馬県の大室古墳群や保渡田子古墳群のようなスケールの大きさは全く感じられません。しかし古墳の形容には相応しくないかもしれませんが愛らしいのです。牛伏古墳群の他の古墳は紹介する機会がないと思われます。今回の三基及び4号墳17号墳(お富士様古墳) (いずれもクリックすれば飛べます)をご覧頂き牛伏古墳群の全体のイメージをつかんで頂ければと思います。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に20分ほど歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)。


PNG ushibuse2,3,5gou zu


牛伏2号、3号、5号墳基本情報

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 2号、3号 前方後円墳、5号 円墳

規模 2号 墳長43m 後円部径28m 高さ5.8m、前方部幅36m 高さ5m

3号 墳長 44m、後円部径26m 高さ4.2m 、前方部幅 26m 高さ3m

5号 径28m 高さ 約5m

築造時期 6C

出土品 埴輪

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

羨道から玄室まで見事に完存 


 今回の後期古墳、愛宕塚古墳は古墳踏査をはじめて間もない20146月に心合寺山古墳に寄ったあとに訪れています。まだ横穴石室について知識もなく、おまけに梅雨時ということもあって湿気が漂う石室にただただ不気味さしか感じませんでした。ヘッドランプを持参しなかったこともあり長さ約16mの奥壁まで見通すことはできず、真っ暗。そうそうに退散した記憶があります。 以来、三度目の訪問で今回の動画を撮ることができました。

 大阪府下で最大の横穴石室といわれるだけあってまずその高さに驚かされます。天井まで4mを超えるというのは、そうそうありません。すでに紹介した石室で4mを超えるのはは奈良県明日香村の石舞台古墳4.7m赤坂天王山古墳4.2mぐらいでしょうか(下記の古墳を含めいずれも古墳名をクリックすると直接飛べます)。大阪で二番目の規模と紹介した山畑2号墳の天井までの高さは3.1mにとどまります。終末期の岩屋山古墳のような精巧な切石のものとは違いますが、全体としての迫力ははるかにこちらのほうが上回るような気がします。幅の比較的狭い長い羨道を超えると両袖型の長方形の空間、玄室が広がります。この視覚的要素がより石室を大きく感じさせているのかもしれません。盗掘はされていますが、家形石棺の破片のほか装飾大刀、装身具、馬具、須恵器などが出土しています。

 古墳時代には現在の八尾の先には河内湖が広がっていました。これだけ大きな石室をもつ愛宕塚古墳の被葬者も水運に関係をしていたのではないだろうかと想像をたくましくしています。
 古墳のあるところは生駒山系の西の山腹にあたりますが、一帯には高安古墳群として200基ほどの横穴石室を有する後期古墳が築かれています。すでに紹介した山畑古墳群もその支群の一つです。なかには非常に珍しい形式の横穴石室も残されています。いずれアップします。

愛宕塚古墳へのアクセスは直接行くよりも心合寺山古墳を訪ね、そこのガイダンス施設で散策マップを入手することをお勧めします。近いのですが迷う可能性があります。雰囲気は動画1の冒頭で確認できます。近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です。バス停の目の前の道を東に300mほど歩くと左手に心合寺山古墳公園が見えます。月曜は休館日です(撮影2017216日)

PNG atagozuka yaoshi ichikankei

愛宕塚古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市神立

形状 円墳

規模 径25m、高さ6.7m

横穴石室 全長 15.7m、玄室 長さ7.0m 幅3.1m 高さ4.2m、羨道8.7m(動画3のキャプション
9.5mは誤り)
 幅2.1m 高さ 不明

築造時期 6C

出土品 龍文銀象嵌鞘金具(りゅうもんぎんぞうがんさやかなぐ)付捩(ね)じり環頭大刀(かんとうたち)(出土地域が奈良、大阪府に限られる非常に珍しいものらしい)。鉄鏃、鉄鉾、玉類、馬具、須恵器、土師器の土器類多数

史跡指定 府指定

特記事項 大阪府下で最大規模の横穴石室



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ