古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2017年10月

佐紀古墳群中最大の前方後円墳
 今回紹介する五社神(ごさし)古墳は大和・柳本古墳群に造られた王墓が奈良北部の佐紀古墳群に移動したなかで最大規模を誇る前方後円墳です。長さ267mもある墳丘は全国12位というだけあって動画でも全体像を捉えることはできません。加えて神功皇后陵に宮内庁が指定しているために他の陵墓と同様、墳丘に登ることはできずかなりストレスは溜まります。

いったいどこが後円部なのか一瞥しただけではとてもわからないのです。手掛かりは拝所です。どの陵墓も同様ですが(陵墓参考地は拝所がないので後円部、前方部の違いがわかりにくい)、前方部端の中央に拝所はあります。ということはこちらが前方部と納得して動画1を撮ってみました。それにしても長い。幅は150mもあります。では後円部はどこか地図を頼りに探してみると、後世に造られた溜池が周濠のように墳丘東側に沿って回っていることがわかりました。そのくびれあたりにある渡り土手のようなところからようやく後円部を含め墳丘全体をイメージすることができました。それが動画2でご覧いただけます。

といっても古墳に興味がない人にとっては単なる森にしか見えないことは他の大型古墳同様です。それでは墳丘の西側はどうか。走っている道路からは墳丘を見上げる形になり、しかも次第に離れていくので観察には向いていません。こうした大型の前方後円墳をみるたびに古墳の面白さを伝えることの難しさに頭を抱えてしまいます。

ところで佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)(クリックすれば飛べます)、佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)を既に紹介しましたが、石野博信編「全国古墳編年集成」(雄山閣出版、1995年)に基づき築造時期は4C末とし、今回の神功皇后陵はその二基より前の4C後半に造られたとしました。ところが白石太一郎さんの倭国の形成と展開(敬文舎、2013年)では日葉酢媛(佐紀陵山)が4C央、成務天皇陵(佐紀石塚山)が後半と先に造られ神功皇后陵は4C末とみています。最新の研究成果をもとにした編年でしょうから白石説のほうが正しいのかもしれません。佐紀古墳群では他に佐紀瓢箪山古墳塩塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)をアップしています。今回の五社神古墳とは違い墳丘を間近にみることができます。合わせてご覧ください。五社神古墳へのアクセスは非常にわかりやすく近鉄京都線の平城駅の北口から300mほど北にあがったところにあります。手前に八幡神社がありその道沿いです(撮影2016118日)。
 








神功皇后陵(五社神古墳)基本データ

所在地 奈良県奈良市 

形状 前方後円墳

規模 墳長267m、後円部径190m 高さ27m、前方部幅150m 高さ 20.5m

四段築成、周濠なし

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形等形象埴輪

史跡指定 なし 

特記事項 2008年に陵墓としては学会初の立ち入り調査が行われた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

四角い箱の中を歩いているような長大な石室 
 JR
福塩線 道上駅の東を走る県道393号線を北に3㎞ほどあがった丘陵端にある大坊古墳。周囲はビニールハウスが立ち並ぶ畑地です。道上駅から歩く予定でしたが、偶然、車で移動することになり途中の景色はあまり記憶にありません。しかし、複数の古墳を短時間でまわるには車は便利ですね。肝心の古墳に戻ります。

まだ緑濃い時期だったので丘は雑草に覆われていましたが、見上げると大型の石室がドーンと開口していてびっくりしました。これは凄い。入口に立つと全長11.2mと長い石室の奥壁に残る朱がぼんやりみえます。羨道の側壁は一枚の花崗岩。あとでわかったのですが、幅も高さも凡そ2m弱なので、四角い箱の中を歩いている感じです。羨道と玄室の間にも大きな袖石があり、玄室は床に置かれた二つの石柱で前後にわかれています。二名の被葬者の棺が前室、後室にそれぞれ置かれたということなのでしょうか。石室に興味を持つと蟻地獄になると聞いたことがありますが、その気持ちがわかるような気がしました。備後、備中で他に5基の石室を見ましたが、いずれも見事でした。いつもながら工人の技術力の高さに感心するばかりです。

動画と一緒に今回の大坊古墳のある現在の福山市がどのあたりにあるかわかる地図を載せておきました。旧国でいえば備後にあたるこの地は、備前、備中とともに後期から終末期の大型の横穴石室が数多く造られています。墳丘の規模のわりに横穴石室が大型でしかもいずれも切石の花崗岩を用いている点が特徴です。ヤマトの古墳では明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)、平群町の西宮古墳(クリックすれば飛べます)や烏土塚(うどつか)(まだアップしていません)を思い出させます。石野博信編全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995)の説明でも、この地は畿内の政権と直結した地域文化が顕著と書いています(撮影2017925日)。

PNG daiboukofun cihzu

大坊古墳基本情報 

所在地 広島県福山市西中条

形状 円墳

規模 13m×10mの円墳 

横穴石室 石室長 11.2m、玄室長 5.32m 幅1.92m 高さ1.91m

羨道長 4.6m 幅 1.9m 高さ1.9m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

レンガ状の磚(せん)積式の小さな石室
  羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰をかがめて歩いて漸く玄室にたどり着くというものでした。二つには板石をレンガ状に加工して積み上げ上から漆喰を塗っているという石室そのもの造られ方の違いです。なんとなくペンキが剥げたような印象を持たれるかもしれませんが、漆喰が長い年月で剥がれ落ちたためで元は全面的に白く塗り固めてあったそうです。それにしても石室は辟邪の観点から朱が塗られていると思ったっていたのでびっくり。古墳時代末期の7C中頃になると墳丘の規模がずっと小さくなるだけでなく、石室内の被葬者をどのように守るかという点でも変化があったと考えざるを得ません。

 磚(せん)積式と呼ばれる板石をレンガ状に加工して積み上げる石組。どこかで見た記憶があります。そう棺が高野槇製だったことがわかり倭との関係が裏付けられた第25代百済武寧王陵の石室でした。実際の墓には入れませんでしたが、レプリカが博物館にあり(動画2の最後)、同様の磚(せん)積式でした。もっとも漆喰は塗られていませんでしたが。

ということはこの舞谷2号墳にも百済と関係の深い人々が眠っていると思いを巡らせたくもなります。実はそれほど離れていないところにある花山東、西の両古墳の石室もレンガ状に板石を加工して積み上げ漆喰が塗られています。この地域全体かはわかりませんが百済の影響を受けていた有力者がいたことは確かに思われます。

 墳丘はその形を確認することはできませんでしたが10.6m×9m 高さ2.5mの方墳だそうです。地域の方々などが草刈をされ石室周りは冒頭に書いたようにきれいでしたが、以前は辿りつくのも大変なほど荒れ放題だったようです。アクセスですが桜井駅南口から多武峯線 談山神社行き(1時間に1本)で浅古バス停で降り徒歩20分ほど。桜井駅の観光案内所で入手できる「鳥見山周辺の古墳探訪」という地図つきのパンフレットは必携です。ルートの説明があります。動画のあとに舞谷2号墳と周辺古墳の略図を掲載しておきました。桜井駅中心からほど近いところに前期から終末期まで多数の見るべき古墳があることがわかります。全てアップ済みですので是非ご覧ください(古墳名をクリックすれば直接飛べます)(撮影2017215日)。
桜井茶臼山古墳メスリ山古墳兜塚古墳秋殿南古墳谷首古墳艸墓古墳文殊院西古墳



PNG maitani2goufun to shuuhenkofun

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

葺石で黒光りする5号墳
 坂の下のバス停から古墳公園に急ぐとまず目に入ったのが今回紹介する墳長57mの前方後円墳5号墳です。生目古墳群の3号墳(クリックすれば飛べます)、22号墳(クリックすれば飛べます)に続いて三回目ですが、どれも番号でしか区別ができないのが少々残念です。5号墳は墳長こそ決して大きくはありませんが、築造当時の古墳に復元されているという意味で最も目立つ古墳です。造られた当初はこういう形をしていたんだということがよくわかります。とりわけ葺石が全面的に復元された古墳は少なく貴重です。緑を残した真後ろの3号墳とのコントラストが絶妙ですが意外な色合いに驚かれたかもしれません。動画2の後半、動画4の最後でご覧いただける前方部から後円部にかけてのシルエットも美しいですね。中期に位置づけられはしますが前方部幅は後円部径よりも短くさほど前方部は発達しているようにはみえません。

既に3号墳のところで書いたように生目古墳群は大半が前期に造られ、内3基は100mを越えます(1号墳136m3号墳143m22号墳101m)。しかし次第に墳丘の大きさは小さくなり4C末(中期)に造られた今回の5号墳は57mにとどまります。この地域を支配する豪族の力が相対的に弱まったことを意味するのでしょうか。

この3号墳で付け加えておかねばならないのは周濠の外側に造られた地下式横穴墓です(19号墳)。地面に竪穴を掘りさらに横穴を掘って埋葬施設としその中に被葬者を置くというものだそうで南九州に特有なものだそうです。いずれ復元された地下式横穴墓を紹介する機会があるかもしれません。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えます(撮影2017322日)。


PNG ikime5goufun zu

生目5号墳基本データ

所在地 宮崎県宮崎市

形状 前方後円墳

規模 墳長55m、後円部径29m 高さ4.4m、前方部幅2.4m 高さ4.5m

二段築成 葺石あり 周濠あり

築造時期 4C

出土品 埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 仰ぎ見ることのできる墳丘東側にのみ埴輪が置かれている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ