古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2016年12月

美しさが際立つ天皇陵 


このブログでは陵墓について批判的に書いてきました。本格的な刈り込みもなされず自然のままに放置された(敢えてそうしているのでしょうが)墳丘は、よほど関心のある人がみなければ前方後円墳ということはおろか古墳ということすらわかりません。そのことは(20161123日の記事 遠くから墳丘の見える大型前方後円墳(1)でも書いたとおりです。とはいえその自然に任せるままの陵墓でもお気に入りはあります。既にアップしたものでは宝来山古墳、すなわち垂仁天皇陵(宝来山古墳)として宮内庁が治定している墳長227mの前方後円墳は、幅の広い周濠のなかに堂々とした墳丘が印象的です(クリックすれば飛べます)。今回の崇神天皇陵(行燈山古墳)はそれに負けず劣らずの雄姿を見せてくれます。箸墓古墳の築造にはじまるオオヤマト古墳群に属する6基の内、メスリ山古墳(クリックすれば飛べます)に次いで5番目に造られたと考えられています。

惹かれた理由ですが一つにはそこにあるのはわかっているのになかなか到達できないという気分の高まりがこの古墳には感じられるということです。崇神陵はJR桜井線の柳本駅から西に一直線500mほど歩き県道169号線を渡ってすぐのところに位置します。ところが目の前にあるのは急な石段。それを登らなければ周濠に浮かぶ墳丘を見ることはできないのです。ようやく拝所に立ってみると・・・。拝所の高さまで濠がありその先に動画1でみる前方部が広がっています。そう柳本駅方向に下がる丘陵の斜面に崇神天皇陵は築かれているのです。そのために動画2に登場する渡堤も周濠内に水が溜まるように造られたようです。動画からは残念ながら墳丘を確認するまでのドキドキ感は伝わってきません。

惹かれた理由の二つは周囲に古墳を遮るものがまったくといってよいほどないことです。自然の森にしか見えない墳丘は周囲と調和しています。山の辺の道沿いにあることからもそこのこはわかります。三つめは墳長230mの古墳をみながら周濠沿いに一周できることです。陵墓で墳丘を見ながら一周できるところは多くはありません。後円部東側にはいずれ紹介する双方中円墳という珍しい櫛山古墳が並ぶように造られているのも一興です。江戸時代に周濠北側をはじめ改変されているそうですが、私にとり古墳の価値を減じるものではありません。それよりも陵墓のために学術的調査は行われていないことが気にかかります。動画3ではあまり知られていない2基の陪塚(アンド山、南アンド山)を紹介しています。陪塚といっても墳長はそれぞれ120m65mを誇ります。崇神天皇陵と同じ頃4C前半に造られたと考えられています。アクセスは柳本駅から東に徒歩で10分ほど。非常にわかりやすいです(撮影20151013日、28日、2016年11月7日)。
PNG sujintennouryou zu

奈良に緑泥片岩の石室が・・・ 


 今回の後期古墳は奈良県下市町にある岡峯古墳です。近鉄吉野線下市口駅から歩いても15分ほどの吉野川沿いの丘陵にあります。径は15mの円墳ですからそれほど大きくはありません。古墳が有名なのは緑泥片岩でできた見事な石室です。目の当たりにした光の筋。にわか勉強で恐縮ですがヘッドランプの光に反射しているのは緑泥片岩の片理(針状・柱状や板状の鉱物が一定方向に配列する岩石の構造)のようです。緑泥片岩の片理は発達しているのだそうです。他の古墳の石室でもこうした状況をみたことがありますが、これほどではありませんでした。

もう一つ岡峯古墳で見逃せないのは動画2で紹介している奥壁中央に設けられた珍しい石棚です。まだ紹介していませんが和歌山県の国の特別史跡の岩橋千塚の数ある横穴石室にみられるものと同じです(九州の古墳にもみられます)。岡峯古墳の被葬者と岩橋千塚のそれとは関係があったのでしょうか。興味はつきません。なんのために石棚は造られたのでしょう。石室の補強でしょうか。弔いの儀式の際に使用した棚なのでしょうか。色々なことが想像できそうです。

市営住宅敷地内にある古墳はすんでのところで消滅の危機にあったようです。市営住宅建設が優先され破壊されそうになったところ調査の結果、貴重な古墳だということが明らかになり保存されたというのです。現地を訪れてその意義がよくわかりました。見学には下市町の文化財担当に連絡をし開錠して頂く必要があります。アクセスは下市口駅から309号線を南下し吉野川を渡ったところにある千石橋南詰を左折し39号線を川沿いに歩きます。600mほどで老人ホーム北野がみえます。越えたところを右折し道なりに登ると動画1の冒頭のところに出ます(撮影201695日)。
PNG okaminekofun zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ