古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2016年11月

  見応えのある前期、中期古墳が並ぶ古墳


 動画5でその一端がお分かりになると思いますが、今回の作山古墳群、方墳、円墳、前方後円墳が一列に並ぶ姿は壮観の一言です。夕陽に映える墳丘を存分にお楽しみください。見事に復元された古墳は小規模ながら、古墳の総合展示場といった趣です。場所は天橋立から内陸に10㎞ほど入った京都府与謝野町になります。以前、丹後半島の神明山古墳を紹介しましたが(クリックすれば飛べます)、同時期に作山古墳群も築かれはじめていたということになります。隣接して築かれている蛭子山古墳は神明山古墳よりは小さいとはいえ墳長は145mもあります。いずれ紹介しますが、墳丘の一部は動画3の最後のほうでご覧になれます。

 造られた順に北から並べられた古墳は興味深いことに、方墳の5号墳と帆立貝式前方後円墳1号墳の前方部が重なっています。1号が築かれた時には5号墳の存在に気づかなかったのでしょうか。よく理解できません。各動画のキャンプションに書きましたように葺石があるもの、墳長に壺形埴輪による方形区画があるもの、葺石が全くないもの、色々です。それぞれが個性豊かです。各墳丘の裾には小規模な棺が埋葬され、1号墳だけでも木棺墓6基、埴輪棺墓6基、土器棺墓1基、土壙墓2基と15基もあり、古墳被葬者の権勢がうかがえます。

 また1号墳の墳頂の埋葬施設の復元も非常にリアリティに富んだ出来栄えです。組み合わせ式の石棺は副室が設けられており鉄製品が埋葬されていました。是非、動画2でその様子をご覧ください。こうした復元の試みは小石で囲ったり、図示するだけよりは明らかに古墳を理解するのに役立ちます。動画を撮るために二度の訪問となりましたが、再訪してよかったと感じられる古墳群でした。ガイダンス施設の古墳公園はにわ資料館も見応えがあります。残念ながらアクセスはよいとはいえず京都丹後鉄道与謝野駅からタクシーを利用するしかありません。10分ほどです(撮影日2015129日)。
PNG Tsukuriyama Tumuli(tango)zu

作山古墳群(丹後)基本データ

所在地 京都府与謝野町

形状 方墳(5号) 帆立貝式前方後円墳(1号)、円墳(2号)、方墳(3号)、前方後円墳(4号)

規模 5号方墳(一辺13m)葺石なし、1号帆立貝式前方後円墳(径36m、高さ4m)二段

築成、葺石、2号円墳(径28m、高さ3.5m)二段築成、葺石なし、3号方墳(一辺17m、高さ3m
葺石なし、4号前方後円墳(墳長30m、高さ3m)二段築成

築造時期 4C後から5C初、5号、1号、2号、3号、4号、5号の順

出土品 埴輪、1号墳からは銅鏡、石製品、玉類

史跡指定 国指定

特記事項 1号墳の埋葬施設は組み合わせ式石棺




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘を想像するしかない一辺60mの方墳(1号墳) 


   今回の前期古墳は島根県安来市にある方墳2基です。造山古墳群の3号墳と1号墳(紹介順)。複数の古墳群からなる古代出雲王領の丘公園にあるいくつかの古墳群のうちのひとつです。頂上に登ると中海が眼下に広がる丘陵上に前方後方墳と複数の方墳が並びます。3号墳は38m×301号墳は60mもあります。前期古墳の方墳では全国で最大規模といわれ二段築成の様子が現在でもよくわかります。残念ながら墳丘に立つことにできる整備された3号墳と違い、1号墳は外周からの観察にとどまります。動画でおわかりのように谷越しに見る墳丘は、雑木林がおい茂り、よほど注意しなければ古墳であることはわかりません。3号墳や2号墳(前方後方墳)については標識がありますが、前期方墳では最大規模を誇るという肝心の1号墳は標識すらありません。1号墳は存在しないことになっている感じです。

安来市に電話してようやく見つけることができましたが、聞けば民間人の所有だからというものでした。市には所有者の方の理解を得られるよう粘り強い話し合いをお願いしたいと思いました。意外に思われるかもしれませんが古墳の相当数が民有地にあります。文化財として広く公開したいという考えの方ももちろんおられますが、既に耕作されている田畑の隅に古墳が造られている場合もあり、部外者に公開は難しいというところも多いようです。行政側が少しずつ古墳のある土地を買い上げて史跡整備にまでこぎつけたというところもあります。

 話が脱線しましたが、この出雲の古墳は、なるほどと思う特色があります。今回の2基もそうですが、方墳が多いのです。規模が被葬者の地位の裏付けという考え方からすれば、1号墳は当時の首長級の墓であったに違いありません。ということは前方後円墳、後方墳、円墳、方墳という古墳の一般的ランク付けは出雲では通用しそうにないということになります。ここで思い出すのは至近の距離に造られ既に紹介した時期的にはさらに古い塩津山1号墳(クリックすれば飛べます)も方墳でしたし、四隅突出の西谷墳丘墓(弥生墳丘墓)(クリックすれば飛べます)も、方墳の四隅の足をとれば方墳、いずれ紹介する造山2号墳は墳長50mの後期の前方後方墳です。全国的にみても後期に前方後方墳が造られるのは珍しく、同じ出雲の地域に墳長90mの山代二子塚古墳があります。方墳というのがこの地域のキーワードに思われます。荒島駅から今回の方墳2基がある古代出雲王領の丘公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と歩くのがよいでしょう(撮影2016511日)。
PNG zouzan3goufun zu
PNG zouzan1goufunzu

PNG zouzankofun3gou&1gou ichikannkei

造山古墳群(3号墳)(1号墳)基本データ

所在地 島根県安来市

形状 方墳

規模 3号墳 38m×30m 高さ不明、1号墳 60m 高さ5m(谷側二段築成)

築造時期 4C

出土品 銅鏡(三角縁神獣鏡)、太刀、玉類

史跡指定 国指定

特記事項 1号墳はこの時期で全国最大の方墳。民有地にあるために公園内案内図にも図示されていないので注意



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村続きを読む

中山荘園古墳(兵庫)と同じ珍しい八角墳



 JR中央本線の石和温泉から東南方向に5㎞ほどいったところに今回の終末期古墳、経塚古墳は山梨県森林公園 金川の森にあります。現地に赴いてもさほど標高は高いと感じられませんが348mもあると知っていささか驚きました。近くに笛吹川が流れ、今回の経塚古墳を含め後期から終末期の国分古墳群がこの地域には築かれています。墳丘は一つ前に紹介した白鳥陵の15分の1ほどですが八角墳という珍しい形式で全国でも12基ほどしか確認されていないようです。奈良県明日香村の天武・持統合葬墓がよく知られています。このブログでは兵庫県宝塚市の中山荘園古墳(クリックすれば飛べます)、群馬県藤岡市の伊勢塚古墳(クリックすれば飛べます)をすでにアップしていますが今回の経塚古墳は復元整備されたこともあり八角形が極めて明瞭に見て取れます。

 前方後円墳→前方後方墳→円墳→方墳の順に格付けがなされてきたというのが通説ですが、八角墳はどこに位置づけられるのでしょう。円墳の変形と考えるべきなのでしょうか。とはいえ八角墳が登場してしばらくたった7C後半以降はランクでは最高位となる天皇陵に特化されていくそうです(前述の天武・持統合葬墓の他、舒明、天智、文武陵)。それにしても八角墳の八角はどのような背景を持って生まれたのでしょう。現地案内板は中国思想、仏教思想の影響を指摘していますが、考古学者の土生田純之さんは、四方八方あまねく支配することの象徴という説、仏教の背景を紹介し、前者が現在では有力な解釈だと述べています(古墳の見方、ニューサイエンス社、2014)。

 残念ながら石室内部には入れませんが、羨道中途にある格子越しに内部を十分観察できます。石室の中央部が壁側に膨らむ胴張型であることも玄室が羨道より左右に広がる両袖式であることもわかります。

アクセスは石和温泉駅から岡銚子塚古墳のある八代ふるさと公園と経塚古墳のある金川の森公園までタクシーを利用しました。短時間で効率よくまわるには車がよいのでしょうが周辺の景色を観察する余裕がありませんでした(撮影2016年3月31日)。

経塚古墳基本データ

所在地 山梨県笛吹市

形状 八角墳

規模 直径12.5m 高さ2.2m

築造時期 7C

出土品 鉄斧

史跡指定 県指定

特記事項 全国で9例目の八角墳という珍しい墳丘の形


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

それにしても狭い範囲にこれだけの大型墳があるとは  


  今回は大阪府羽曳野市にある古市古墳群の三回目として中期の墳長200mの白鳥陵と後期の墳長115mの清寧陵をセットとしてとりあげることにします。ともに前方後円墳です。いつもはご承知のように前期中期後期(終末期)をセットにしてアップしていますが、陵墓ないし参考地が大半を占める古市古墳群は墳丘に登ることはおろか近づくこともできません。そのため一回分を使うだけの素材が揃わないのです。極端にいえばどの古墳も地上から見る限り「同じ」に見えたりします。今回もそのおそれなしとはいえません。しかし、専門的にいえば白鳥陵(前の山古墳)も清寧陵(白髪山)も前方部が発達した時期の前方後円墳の典型とされています。

とりわけ清寧陵は前方部の幅が後円部径の二倍にも達しているのですから驚きです。残念ながら動画でその様子が手に取るようにはわかりません。googleyahooの地図検索で是非確かめて頂きたいと思います。

 おまけに規制がかかる前に開発がぎりぎり行われて民家が古墳を取り囲んでいます。清寧陵などなかなか全体像をつかむことがかないませんでした。古市古墳群には墳長425mの誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を別格として200m超が6基、100m超が8基あり、これまで墳丘に登れる150m古室山古墳及び110m大鳥塚古墳(いずもれ古墳名をクリックすると飛べます)をアップしています。ただし、専門家は主軸の向きについて意味があるとは思えないとやはり今回のように遠くから眺めただけのものと違って古墳を実感できるよさがあります。興味深いことに白鳥陵、清寧陵、今回紹介していない駅の東側にある安閑天皇陵及び峯ヶ塚古墳(動画2の最後のキャプションで触れている)は後円部をいずれも東に向けています。ところで白鳥陵いわれの由来はは日本書記が「日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり白鳥となって大和琴弾原(ことひきはら)を経由して古市に飛来し、また埴生野の空を向かって羽を曳くように飛び去った」と書き、それにちなんだものとされますが、記紀の記述の信ぴょう性はともかく白鳥陵は、羽曳野市とは別に奈良県御所市にも宮内庁が治定しているという事実はどう考えればよいのでしょう。陵墓といってもその程度のものだとすればまったく人々を寄せ付けない現状はどう考えてもおかしいと思わざるを得ません。いささか脱線しました。古墳自身にはなんの責任もありません。近鉄古市駅から西500mにある羽曳野市図書館に向いて歩きその途中、左手に白鳥陵が、さらに170号線を渡った先すぐのところに清寧陵があります(撮影2016926日)。

PNG furuichikofungun3

白鳥陵(前の山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市軽里

形状 前方後円墳

規模 墳長 200m、後円部径106m 高さ20.5m、前方部幅165m 高さ23.3m

二段築成、北側前方部寄りに造出し

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾型など形象埴輪

史跡指定 宮内庁陵墓

特記事項 なし


清寧天皇陵(白髪山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市西浦

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径63m 高さ10.5m 、前方部幅128m 高さ11m

二段築成、北側に造出しあり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家形 朝顔等形象埴輪

史跡指定 陵墓参考地

特記事項 前方部幅が後円部径の二倍と前方部が極端に発達した前方後円墳




にほんブログ村

↑このページのトップヘ