今回は大阪府羽曳野市にある古市古墳群の三回目として中期の墳長200mの白鳥陵と後期の墳長115mの清寧陵をセットとしてとりあげることにします。ともに前方後円墳です。いつもはご承知のように前期中期後期(終末期)をセットにしてアップしていますが、陵墓ないし参考地が大半を占める古市古墳群は墳丘に登ることはおろか近づくこともできません。そのため一回分を使うだけの素材が揃わないのです。極端にいえばどの古墳も地上から見る限り「同じ」に見えたりします。今回もそのおそれなしとはいえません。しかし、専門的にいえば白鳥陵(前の山古墳)も清寧陵(白髪山)も前方部が発達した時期の前方後円墳の典型とされています。

とりわけ清寧陵は前方部の幅が後円部径の二倍にも達しているのですから驚きです。残念ながら動画でその様子が手に取るようにはわかりません。googleyahooの地図検索で是非確かめて頂きたいと思います。

 おまけに規制がかかる前に開発がぎりぎり行われて民家が古墳を取り囲んでいます。清寧陵などなかなか全体像をつかむことがかないませんでした。古市古墳群には墳長425mの誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を別格として200m超が6基、100m超が8基あり、これまで墳丘に登れる150m古室山古墳及び110m大鳥塚古墳(いずもれ古墳名をクリックすると飛べます)をアップしています。ただし、専門家は主軸の向きについて意味があるとは思えないとやはり今回のように遠くから眺めただけのものと違って古墳を実感できるよさがあります。興味深いことに白鳥陵、清寧陵、今回紹介していない駅の東側にある安閑天皇陵及び峯ヶ塚古墳(動画2の最後のキャプションで触れている)は後円部をいずれも東に向けています。ところで白鳥陵いわれの由来はは日本書記が「日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり白鳥となって大和琴弾原(ことひきはら)を経由して古市に飛来し、また埴生野の空を向かって羽を曳くように飛び去った」と書き、それにちなんだものとされますが、記紀の記述の信ぴょう性はともかく白鳥陵は、羽曳野市とは別に奈良県御所市にも宮内庁が治定しているという事実はどう考えればよいのでしょう。陵墓といってもその程度のものだとすればまったく人々を寄せ付けない現状はどう考えてもおかしいと思わざるを得ません。いささか脱線しました。古墳自身にはなんの責任もありません。近鉄古市駅から西500mにある羽曳野市図書館に向いて歩きその途中、左手に白鳥陵が、さらに170号線を渡った先すぐのところに清寧陵があります(撮影2016926日)。




PNG furuichikofungun3

白鳥陵(前の山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市軽里

形状 前方後円墳

規模 墳長 200m、後円部径106m 高さ20.5m、前方部幅165m 高さ23.3m

二段築成、北側前方部寄りに造出し

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾型など形象埴輪

史跡指定 宮内庁陵墓

特記事項 なし


清寧天皇陵(白髪山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市西浦

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径63m 高さ10.5m 、前方部幅128m 高さ11m

二段築成、北側に造出しあり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家形 朝顔等形象埴輪

史跡指定 陵墓参考地

特記事項 前方部幅が後円部径の二倍と前方部が極端に発達した前方後円墳




にほんブログ村