古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2016年06月

圧倒される家形石棺の存在!
 JR
山陰本線出雲市駅から高架沿いに300mほど東方向に歩くと室町時代に開山された大念寺という古刹があります。今回紹介する古墳はその寺域にある墳長92mの前方後円墳です。今市と呼ばれるようになったのは古墳が造られたあとのことでしょうが、人々の賑わう市が開かれる要衝の地に大きな前方後円墳、しかも後円部には全国最大規模の石棺を擁する横穴石室が築かれています。斐伊川まで2㎞、日本海まで4㎞の地です。

 ただしJRの車窓からも大念寺はよくわかりますが、肝心の前方後円墳は墳丘に生い茂った雑木林に遮られてよくわかりません。本堂の右手奥にまわると墓石が多数立ち並ぶ大念寺の墓地があり、すぐ左手の高まりに横穴石室が開いています。ここが後円部西側に当たります。つまり石室のある径45mの後円部の奥に前方部があるということになります。墓地に沿って後円部をまわるとようやく前方部の墳丘が確認できました。

 約11mの横穴石室は江戸時代末期の1829年(文政9年)に行われた寺の改修の際に発見されたそうです(今市大念寺古墳パンフレット、出雲市文化財課)。玄武岩の自然石を使った羨道、前室、奥室からなる石室も見事ですが何より巨大な凝灰岩で造られた家形石棺に圧倒されます。長さが3.3m、幅が1.7m、高さが1.89mもあるのです。現在の日本人の平均身長よりも遥かに高いのですね。それに対して奥室の天井の高さは3.3mしかありません。少々バランスを欠いた印象です。その理由は私自身理解できていませんが、石棺の向かって右側横には四角の口が開いています。動画でも確認することができます。この巨大な石棺からすると墳丘はあとに造られたことが容易に想像できます。羨道の高さは1.8mしかなく石棺を通過させることは不可能だからです。

 文政年間に石室を開けた際には夥しい副葬品がみつかり、その内容は発見7年後に描かれた絵図に残されています。金銅製の履(くつ)、金環、メノウ玉・鈴等で前述パンフレットによれば金銅製の履は中国地方では2例と貴重なものだそうです。墳丘の規模、石棺の巨大さ、豊富な副葬品から、今市大念寺古墳が古墳時代後期、この地方を支配した強大な権力者の墓であることがわかります。これまで紹介した前方後円墳に造られた横穴石室と比較してご覧ください。石棺も残されている福岡県の東光寺剣塚古墳、奈良県の市尾宮塚古墳、京都府の天塚古墳、岡山県のこうもり塚古墳、群馬県の前二子古墳をあげておきます。石棺、横穴石室といっても多種多様であることがわかります。いずれもクリックすれば飛べます。

 アクセスは冒頭に書きましたように出雲市駅から徒歩で10分ほどの近さのところにあります。出雲大社、松江城だけではなく今市大念寺古墳も史跡めぐりの一つにいれてほしいものです(撮影2016年5月10日)。


今市大念寺古墳基本データ

所在地 島根県出雲市今市町

形状 前方後円墳

規模 墳長 92m、後円部径 45m 高さ 7m、前方部幅47m(測量図から推測)不明

出土品 金銅製履(くつ)、金環、メノウ丸玉、鈴、太刀、槍の先など(江戸時代 1826年に石室が発見された時に描かれた絵図による)

史跡指定 国指定

特記事項 本文で述べたように石棺は国内最大規模 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  フェンス越しでも美しさのわかる墳丘
 今回紹介する中期古墳の塩塚古墳は近鉄京都線の平城駅から徒歩で15分ほどのところにある墳長105mを数える古墳です。佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群に属しています。奈良の古墳群では既に紹介した奈良盆地東南の山麓に位置する下池山古墳(クリックすれば飛べます)や中山大塚古墳(クリックすれば飛べます)が含まれるオオヤマト古墳群(群中最大の古墳は下池山の動画に出てくる西殿塚古墳)の次に造られています。4C末から5C前半にかけてのことです。その一部はいずれアップしますが墳長200mを超す前方後円墳が7基もところ狭しと並んでいます。その様子は壮観の一言です。全て陵墓ないし陵墓参考地となっていて周濠越しに眺めることしかできないのは残念です。

そうした中で登ることはできませんが墳丘を間近に見ることのできる数少ない一つが塩塚古墳なのです。古墳時代に関心のある人でなければ佐紀盾列古墳群といっても知らない人が大半ではないでしょうか。もちろん私も数年前まではその一人でした。そもそも佐紀盾列という名称はどういう由来なのでしょう。佐紀は地名のようですが盾列(たてなみ)とは聞きなれません。どうやら地図を広げてみるとわかるのですが今回の塩塚、いずれ紹介する瓢箪山など中規模の古墳を含め200m超の7基を含めいずれも後円部が北、前方部が南を向いていることにヒントがありそうです。盾のように並んでいるのです。後世の人々がそうした点に着目して盾列と呼んだという解釈はなるほどと思わせます。

肝心の塩塚古墳ですがフェンス越しに苦労して撮った動画はいかがでしょう。前方部は高さが後円部の9mに比べると極端に低く1.5mしかありません。どうやら後世、開墾され周濠にあたる部分に捨てられたようです。周濠は後円部周辺しか残っていません。とはいえこの程度の改変で墳丘が残されたことを喜ばないとけないのかもしれません。1970年代には開発のために削平されることになり関係者の努力で所有者が保存に同意をした経緯があります。墳丘の半分は雑木林に覆われていますが径70mを測る後円部の巨大さは残された周濠と見事にマッチしています。後円部には粘土槨の埋葬施設があり鉄製品が検出されているようです。

 
   近くの瓢箪山古墳とセットで訪れることをお勧めします。平城駅から東方向に位置する塩塚古墳への道は土地勘のない者にとってはなかなか難しいのですが、誰でも知っている郵便局(山陵町簡易郵便局)を目指すのがベストです。塩塚も瓢箪山もその東側に位置します。丁寧に教えてくれます(撮影2016年1月27日)。



PNG shiotsukakofun zu

塩塚古墳(佐紀盾列古墳群)基本データ

所在地 奈良県佐紀町、歌姫町

形状 前方後円墳 二段築成

規模 墳長105m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅55m 高さ1.5m

築造時期 5C前半

出土品 鉄剣、鉄刀子、蕨手刀子、鉄斧、鉄鎌等鉄製品

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後円部に粘土槨あり(全長6.80m、幅は北部で1.45m、南部で1.30m)。葺石は検出されず埴輪もなかった。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 東京は束の間の梅雨の晴れ間です。皆さんはいかがお過ごしですか。いつもアクセスして頂きありがとうございます。この「古墳を動画で見るサイト」も初めてアップしてから一年が過ぎました。アップ済み古墳数も150ほどになりつつありますがこれも皆さんのお陰だと感謝するばかりです。もちろん見て頂くことを目的にしてはいるのですが、もともとは古墳をよりよく理解するうえで自分に必要な作業としてはじめたものです。たしかにこの数年で、私がよく手にする広瀬和雄さんや白石太一郎さんの著作に出てくる古墳が、「あ、あれか」とわかるようになりました。

手元の記録によればはじめて古墳踏査を開始したのは20111126日さきたま古墳群からです。東日本大震災の年です。すでに紹介した宮城県名取市の飯野坂古墳群(クリックすれば飛べます)など私が訪れた時にはすでに爪痕は残されていませんでしたが、当時は古墳を訪れるような雰囲気ではなかったのではないでしょうか。それから数年。動画をはじめて撮ったのは20148月、千曲市の森将軍塚古墳(クリックすれば飛べます)がはじめてでした。中央高速で帰りのバスを待っていた時にシャッターを押し間違えて偶然にとれたものです。

その後の二年間は静止画像でしか収めていない古墳を動画のために再訪し(森将軍塚古墳の大半の動画は二度目のもの)、これまで行ったことのない古墳も訪ねるという結構タイトなスケジュールで過ぎていきました。しかし再訪もよいものですね。初回には見えなかったものが二度目には見えてきます。

長くなりましたが最後にWindows10関連のボヤキを一つ。動画の編集はこれまでWindows7PCにインストールされているムービーメーカーを使って行ってきました。しかしあまりにもWindows10へのアップグレードを薦める表示に根負けし、ならばこの機会にとWindows10版のPCに変えることにしたのです。セットアップが終わっておもむろに動画編集を行おうとしたのですが・・・。いくら探してもムービーメーカーが見つかりません。どうなっているのでしょうか(汗)(汗)(汗)。動画編集ができない⇒動画ブログのアップができないのではという悪夢が過りました。

ネットで検索してみるとやはり同じような問題を抱えている人がいました。なんとマイクロソフトはWindows10ではムービーメーカーを標準装備から外したとのこと。それはないですよねとは思いましたが、落ち着いてさらに検索を重ねると・・・。「どうしてもムービーメーカーを使いたい人は別途ダウンロードしてください」とのマイクロソフトのメッセージを見つけました。しかしこれで一件落着と胸をなでおろすことにはならなかったのです。その後は省略しますがダウンロードも一筋縄ではいかず有料サポートに入らされたあげく二日かけてようやく問題は解決したのです。ストレスは溜まる一方です。

 というような裏話、ぼやき話をさせていただきました。引き続き応援よろしくお願いします。

 荒涼とした景色に相応しい岩の塊の墳丘
 高松港まで直線距離で3㎞ほどの標高200mの丘陵に広がる岩清尾山(いわせおやま)古墳群。峰山公園から15分ほど歩いて最初に訪れたのが今回紹介する双方中円墳という非常に珍しい墳丘をもった古墳でした。前方後円墳の後円部にあたるところの左右に前方部がついています。墳丘は201642日した石舟塚古墳(クリックすると直接飛べます)同様、全面が30㎝四方の石を積んだ古墳です。

岩清尾山古墳群を巡ることのできる道路からいったん雑木林を下り目の前にその一部が現れた時は驚きの一言でした。実に殺風景というべきでしょうか。荒涼とした景色なのです。足元から積石が崩れていく怖さを感じながら墳丘の上にようやく辿りついたところに広がっていたのが動画1の光景です。これまでも盗掘された古墳を見ることは珍しくはありませんでしたが、それにしても凄まじい抉られ方です。聞けば明治時代に鉱山開発を装った大規模な盗掘集団によって行われたとのこと。その残石が円墳上に放置されたままになっていて思わず陪塚と勘違いするところでした。墳長は96m、古墳群で最大の規模です。盗掘にあったにもかかわらず複数の埋葬施設から銅鏡、鉄鏃、銅剣、石釧など豊富に出土しているようです。

 積石塚は今となっては部分的に崩れ始めているとこともありますが消滅していない古墳の墳丘の保存状況は良好です。石清尾山古墳群の大半が4Cに造られたことを考えれば、当時の石組の技術の高さに感心せざるを得ません。積石塚がなぜこの地に造られたのかは誰しも疑問に思うところですが、近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、前方部は地山を削り出して成形し、後円部のみ積石を用いている徳島市の八人塚古墳を例に、「その成因は土よりも石材のほうが利用しやすい地理的環境によったものと考えられています」と述べています(古墳の知識、東京美術、1985年)。

 加えて興味深いことはこの地域で積石塚どころか通常の墳丘をもった古墳も4Cいっぱいで造られなくなってしまっていることです。ずっと飛んで7Cになりまた増墓活動が盛んになりますが規模の大きくない円墳にとどまっています。その間、この地域は他の地域の首長が支配していたのでしょうか。まだ紹介していませんが前期と中期の間に、高松市から南東に15㎞ほどの寒川の地に四国最大の前方後円墳、富田茶臼山古墳が造られたことと無関係ではないような気がします。墳長は139mもある堂々とした古墳です。話が少々脱線しますが、こうしたことに思いを巡らすことができるのも考古学者の地道な研究に基づく古墳の編年作業が行われてきたからです。石野博信編、全国古墳編年集成、雄山閣出版、1995年は実に便利です。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは北方向に瀬戸内海がよく見えます(
撮影2016年3月24日)。

PNG nekozuka iwaseoyama zu shusei


猫塚古墳(石清尾山古墳群)基本データ



所在地 香川県高松市峰山

形状 双方中円墳

規模 墳長96m 高さ5m

築造時期 4C

史跡指定 国指定(石清尾山古墳群)

出土品 銅鏡、鉄鏃、銅剣、石釧

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘は奈良県桜井市の櫛山古墳など数少ない。円墳部分には動画のキャプションにあるように巨大な盗掘跡がある。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



 

↑このページのトップヘ