古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2016年03月

墳丘の美しい大型前方後方墳
 今回紹介する中期古墳は前期に近い4C末に造られと考えられる栃木県大田原市にある
上侍塚古墳です。既に那須八幡塚古墳(116)駒形大塚古墳1129日)、下侍塚古墳(1216)と那珂川流域の古墳を紹介していますが、今回の上侍塚古墳は、それらの古墳同様に前方後方墳で、しかも最も規模が大きい114mを誇っています。水田に囲まれた美しい墳丘は一目でわかります。前期から中期初期に築かれた一連の古墳のなかの最大ということは周辺地域を支配した首長でもよほど有力であったことは容易に想像ができます。しかも極めて興味深いことに、上侍塚古墳のあと4C末以降那須の地で大きな古墳を造営した勢力は急速に衰え、小規模な円墳などが点在するだけとなったのだそうです。徳川光圀公の命で発掘が行われ上侍塚古墳からは鏡や石釧、管玉が出土しましたが絵図に描かれたあと埋め戻されています(前方後方墳の世界、なす風土記の丘資料館、1993年)。
   動画1からもわかるように前方部は南に向けて築造されており、北50mにある上侍塚北古墳の墳頂(動画番外編)からは、二つの前方後方墳の並び方がよくわかります。せっかく農家の方に墳頂まで登っていいよといって下さったのに申し訳ないですが、民有地にある古墳の保存整備は大きな課題ではないでしょうか。上侍塚の美しい墳丘との落差はあまりに大きすぎます。

 アクセスはお世辞にもよいとはいえません。東京からだと一日がかりです。バスも下侍塚古墳を見学できる時間に到着できるのは日に2本しかないので注意が必要です。西那須野駅から東野バス五峯の湯行きで黒羽支所まで行き、今回の場合30分待って(前回はほとんど待たずに接続のバスがあった)、大田原市営バス黒羽・佐良土線に乗り換え侍塚駐車場下車です。近くにある上侍塚古墳をみて、294号線沿いに歩き下侍塚古墳を訪ねました。小規模な侍塚古墳群が下侍塚古墳横に控えます。見応え、訪ねる価値は十分すぎるほどです。計画を十分に練ってお出かけください(撮影2015年10月22日)。
PNG kamisamuraizuka zu さいご



上侍塚古墳基本データ

所在地 栃木県大田原市 湯津上

形状 前方後方墳

規模 後方部 後方部60.5m×58m 高さ11.5m、前方部幅52m 高さ6.5m 葺石あり

築造時期 4C

出土品 捩文鏡、管玉、石釧、鉄鏃、甲冑片、鉄器片、鉄鉾身、鎧板、鎧片、鉄刀片、高坏等

史跡指定 国

特記事項 現在の水田側(西側)に周堀、埋葬施設は後方部に粘土郭

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



 あっという間に今年も3月ですね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。古墳踏査は秋から冬に限るという先輩の助言にしたがって今シーズンもあちらこちら飛び歩きました。気がついたら6時間も休みなしに歩いている日もありました。少々くたびれましたというのが正直なところです。車を使えばいいじゃないのという声も聞こえそうですが、公共交通機関と徒歩という原則でスタートした以上、よほどのことがない限りタクシーは使いたくないのです(苦笑)。古代人の移動手段は歩くか河川を利用するしかなかったはずですし・・・。山並みなど当時の人々と同じ景色を見ながら歩くというのもよいものです。
 このブログの更新も結構手間がかかります。古墳にもブログにも関心のない友人は、「デジカメで撮ってくるんでしょう。貼り付ければ終わりじゃないの」などととんでもないことを言います。手の内を明かせば、撮ってきた1分から2分単位の短い映像をムービーメーカーで編集しキャプションやタイトルをつけます。それを一度You Tubeにアップし、このブログにリンクさせています。あれ、こんな筈ではなかったという映像も多く、使えるものをつなげているケースが大半です。古墳自身の説明も専門家はどのような見方をしているかなどチェックが必要です。ブログの更新が遅れているのはそうした理由からです。楽しみにして頂いている方にはお待ち頂いて申し訳ありません。
 先日はパニックになりかけました。先ほど触れた未編集のデジカメ動画を移したPCが何度も強制終了してしまったのです。ちょうど外付けHDDにバックアップしようという直前の出来事のことで、このままPCがダウンすればまだアップしていない古墳の動画がすべて失われます。メーカーのサポートセンターの指示にしたがってPCをチェック、とりあえずは復旧しましたが、これからは古墳を訪ねたあとこまめに外付けHDDにバックアップすることを心がけることにしました。
 愚痴ばかり聞いて頂いてすみません。最後に新機能(私にとっては)を付け加えました。以前からどうするのかが分からなかったために過去にアップした古墳に飛ぶにはカレンダー経由という面倒な手順を踏まなければなりませんでした。つい最近アップした谷首古墳、飯野坂古墳群(2)を例にすれば、本文中に他の古墳を参照することをお勧めしますとあるところ、グレーの古墳名をクリックするとそのページに飛ぶことができるようになりました。できるだけ早い機会にすべてのアップ済み古墳に関して
同様の手法で他の古墳に飛ぶことができるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 多数の三角縁神獣鏡出土の前方後円墳を横切るJR奈良線
 今回紹介する前期古墳の椿井大塚山古墳(つばいおおつかやまこふん)は二つの意味でよく知られた前方後円墳です。一つは動画1からおわかりのように後円部の前方部よりのところにJR奈良線が横切っていて、気持ちのよいほどズバッと墳丘が切断されているのです。1896(明治29)年、奈良鉄道(現JR奈良線)の敷設工事によるものだそうです。それにしても明治半ばにはこうしたことがよく行われていたのでしょう。地元の方から天皇の関西行幸に合わせて京都と奈良を結んだという話を聞きましたが明治天皇の関西行は1877年(明治10年)なので少々違うかなと。とはいえ予定が変更になったのかもしれません。この時期、日本全国でインフラ整備が行われていた時期であり、椿井大塚山古墳だけでなく天上山古墳、五霊山古墳も奈良線のために破壊されています。もっとも「地元では当時、後円部のみが奈良時代の政治家、藤原百川(ふじわらのももかわ)の墓とされており、墓を多少削る程度の認識だったろう」(日本101選、17、椿井大塚山古墳編)という解釈に賛成です。たしかにこの椿井大塚山古墳の北側、東側は竹藪、竹林で墳丘自身も地山を活用したものなので地元でも山や丘としてしか見られていなかったというのは大いにあり得ることでしょう。

 それが一転、世間の注目を浴びることになったのは1953(昭和28)年、旧国鉄が線路脇の斜面を緩やかにするために後円部を削ったところ、竪穴式の石室が現れ、三角縁神獣鏡を含む大量の副葬品が発見された。京都府教委、京大による調査、測量の結果、線路東側の丘陵を後円部、西側の住宅地を前方部とする前方後円墳であることがわかった」(前掲、日本101選)からでした。卑弥呼から下賜されたとも言われる三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余は専門家の三角縁神獣鏡の編年に基づいて第一段階から第四段階まで出土していることが確認され、その実年代を白石太一郎さんの解釈をもと推察してみれば椿井大塚山古墳の造営時期は270年頃ということになります。前期、それもかなり古い時期の前方後円墳です。前方部は動画撮影位置からもわかるようにバチ形に広がっています。

 さて動画23でもおわかりのように前方部には民家が立ち並んでいます。国の史跡指定を受けているので住民の方々は現状変更もままならないのではないでしょうか。といって強制的に収用するわけにもいかないのも事実です。地元の方々は「椿井大塚山古墳を守る会」を組織して、古墳を保護しながらの暮らしを選んだようです。何度も道順を間違え地元の方々にお聞きしましたが、一度も知らないという返事はありませんでした。地元に根差した古墳といえるのではないでしょうか。現在、動画3に映る前方部端の一部が木津川市により買い上げられ将来の史跡公園化に備えられています。いずれ遠い将来には史跡公園ができるのではないでしょうか。動画3の前方部側から後円部を見上げた映像からは175mの墳長を実感できるはずです。

アクセスはJR奈良線上狛駅を西方面に200mほど歩き右折、ひたすら北に向い1kmほど歩くと山城中学校が見えます。そのまま直進すると信号がありそこを山側(東側)にあがったところに大塚山古墳はあります。ただ細い道でわかりにくいので地元の方に、このあたりでお聞きください(撮影2016年1月26日)。


PNG tsubaiootsukayam zu saigoonsaigo

所在地 京都府木津川市山城町

形状 前方後円墳

規模 墳長175m、後円部径110m 高さ20m、前方部幅80m 高さ10m

後円部 4段築成、前方部2段築成、葺石あり、濠なし。

築造時期 3C

出土品 三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余、鉄刀、鉄剣、鉄矛、鉄鏃約2、銅鏃、鉄製甲冑等武器武具多数、他に工具、農具等

史跡指定 国指定

特記事項 発掘された後円部の埋葬施設は竪穴式石室で長さ6.9m、幅1m、高さ3m。コウヤマキ(高野槇)製の割竹型木棺を安置。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  高さ4mの空間が広がる見事な玄室
 今回紹介する奈良県桜井市にある谷首古墳は後期末から終末期末(7C初めから7C前半)に造られたと考えられています。1024日にアップした安倍文殊院西古墳
11
27日の艸墓古墳に隣接しており、三基の石室を比較してご覧頂ければと思います。古墳の石室を見始めてからさほど経っていない私でもその違いはよくわかります。三基の古墳のある安倍山丘陵には比較的古い時期から石室を持つ古墳が築かれていますが、巨大な石室が築かれるのは谷首古墳からだそうです(桜井の横穴石室を訪ねて、桜井市埋蔵文化財センター、2010)。安倍文殊院西古墳の精緻な切石積みとはだいぶ異なりますが、武骨な巨石が組まれた巨大な空間が私はとても気に入っています。高さは4mもあります。特に天井に近づくにつれ石を内傾させていく持ち送りの技法が見事です。墳頂には八幡神社が鎮座し墳丘は大きく改変されているために紹介されている規模は推定だそうです。石室から凝灰岩の破片が見つかったことから家形石棺が置かれていたとみられています。
 住宅地に囲まれた墳丘は遠景を収めることはできず、やむなく神社のある墳頂から南側に降りて石室に向う景色を収めてみました(動画1)。アクセスはJR桜井駅からコミュニティバス(循環線)で安倍文殊院で下車し境内を通り越して南側にある八幡神社を目指してください。徒歩10分ほどです。バスは概ね1時間に一本です。なお駅から観光案内所で地図をもらい歩いても十分に行ける距離です。30分はかかりません(撮影2015年10月27日)。



谷首古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市阿部802

形状 方墳

規模 一辺約40m、高さ8.2m

石室 両袖式横穴石室 全長13.8m、玄室6m 幅2.8m 高さ4m

羨道長7.8m 幅1.7m 高さ1.74m

築造時期 7C

出土品 石室内から凝灰岩の破片

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に八幡神社、安倍山丘陵では最古の巨大石室

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ