千葉県市原市の姉崎海岸(埋め立てられてしまった)からほど近いところに築かれた前方後円墳が今回紹介する中期の姉崎二子塚古墳です。1221日にアップした六孫王原古墳も姉崎古墳群に属しますが二子塚ははるかに古く5C中頃に造られたと考えられています。墳長103m前方後円墳は群中では119mの天神山古墳(いずれアップ)に続く規模です。前方部端の幅が後円部径よりも大きく中期古墳の特徴を備えていますが、裾が大きく広がってはおらず全体として寸胴な墳丘形をしていることは動画からもおわかり頂けるのではないでしょうか。三段築成で二段のテラスに埴輪が並び、墳丘を囲む盾形の周溝が巡っていたようです。また後円部、前方部には木棺直奏の埋葬施設があったことが明らかになっています。既に盗掘を受けていましたが鏡、玉類、直刀や甲冑片、滑石製品等多数発見されているようです(銀製耳飾り、直弧文石枕は市原市埋蔵文化財調査センターの電脳展示室で見ることができます)。

養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、天神山(いずれアップ)、釈迦山(いずれアップ)、山王山(消滅)、ずっと飛んで六孫王原の順で築かれたようです。実は二子塚古墳訪問は二度目です。以前は静止画像でした撮っていなかったうえに夏草が生い茂り墳丘の形はよくわかりませんでした。今回は天候にも恵まれラッキーでした。違いをおわかり頂くために動画の途中に静止画像を潜り込ませています。

アクセスはJR内房線姉ヶ崎駅東口から徒歩で15分ほどです。東口ロータリーから24号線に出て左折し信号を四つ越えた右手にマツモトキヨシが見えるので、その先を右折。100mほど歩くと右手に明神小学校、左手に墳丘が見えます(撮影2015年12月1日)。




姉崎二子塚古墳基本データ

所在地 千葉県市原市姉崎

形状 前方後円墳

規模 墳長103m 後円部径50m 高さ9.5m、前方部幅52m 高さ8.5m、三段築成

盾形の周溝

築造時期 5C

出土品 鏡、玉類、直刀や甲冑片、滑石製品等多数、銀製耳飾り、直弧文石枕は市原市埋蔵文化財調査センターの電脳展示室にも展示

史跡指定 県指定

特記事項 直弧文石枕は重要文化財




PNG anesakifutagozuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村