古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2016年01月

最近続けてアップしました岐阜県大野町の野古墳群(1218日南屋敷西、125日登越)。野村もみじの間からのぞく古墳の数々、大変印象的でした。その際にも書いたように野古墳群に先だって造られた古墳群があります。それが今回ご紹介する上磯古墳群で、野古墳群から南に6kmほど下ったところにあります。大野町遺跡詳細分布調査報告書(2009)によれば古墳群は、前方後円墳1基、前方後方墳2基、大型円墳1基で構成され、4C 代に連続して建設された首長墓とする見方が有力だそうです。円墳の笹山古墳は消滅し、前方後方墳の北山、南山の両古墳及び前方後円墳の亀山古墳が残存しています。築造も4C前半からその順で行われたようです(全国古墳編年集成、雄山閣出版、1995)。

動画では前方後円墳の亀山古墳は残念ながら紹介していません。野古墳群とは違い周辺が開発され住宅が建て込んでいるのです。亀山に関しては墳丘全体が雑草で覆われ前方部には小屋が建っており、とても古墳にはみえなかったからです。とはいえ、宝永7(1710)の盗掘では後円部から冠、太刀、馬具(鞍)、多量の朱が出たと伝えられ、また現在では県指定文化財となっている鏡(六獣鏡、四獣鏡)も後に前方部からに出土しています。それほど貴重な古墳なら、もう少し何とかならないだろうかと思わずにはいられませんでした。

墳長83mの北山古墳は動画1からわかるように北側にまわると全体像を確認することができました。墳頂の社殿が大きすぎて前方部から後方部を見通すことができないのもこれまた残念でした。もっとも明治期の社殿建設中には内行花文鏡(県指定文化財)、直刀、鉄鏃等が出土しています。ついで造られた南山古墳は北山より一回り大きな前方後方墳です。ただし、残存するのは一部が削平された後方部だけで全体像は想像するしかありません。この古墳からも複数の小型銅鏡や鉄鏃等が出土しているとの記録があります。

野古墳群のほうは残存する古墳の多くは墳丘がきれいに残っている一方、発掘調査が行われていないこともあり出土品は埴輪片が大半です。上磯古墳群については盗掘等々の機会に紹介したような遺物が出土しているのに(前掲、大野町遺跡詳細分布調査報告書)、整備状況はいま一つでした。色々な事情があるのでしょう。ただ今回禁を侵して利用したタクシーの運転手さんも、

野古墳群は知っているが、上磯古墳群は全く聞いたこともないし、お客さんを連れていったこともないと言っていました。HPには同じように紹介されているのに少々気の毒です。

アクセスは大野町役場までは野古墳群の記述をご覧ください。上磯古墳群については、岐阜に戻るバスの時間に間に合わないのでタクシーを使わざるを得ませんでしたが、事前に予約すれば低料金でタクシーが利用できると役場の人にあとで教えてもらいました(撮影2015年11月18日)。

PNG 1kamiisokofunngun zu

今回紹介する後期古墳は京都市の嵐電天神川駅近くにある天塚古墳です。嵯峨野、太秦の地域に当たります。天塚古墳は巨大な石室が野ざらしになっていることで有名な蛇塚古墳(いずれアップ)から1kmほど東に位置する墳長71mの前方後円墳です。雑木が林立する墳丘全体は伯清稲荷大明神を祀っている神社が所有しており動画でおわかりのように鳥居がみえます。墳丘テラスに沿って作られている遊歩道を歩くと前方後円墳であることがわかりますし、前方部裾が広がっていることにも気が付きます。ただ、木立に遮られて墳頂に登っても前方部まで見通しがきかないのが残念です。

天塚古墳の特徴は二つの石室の存在です。一つ目は西側くびれ部にある片袖式の全長4.7mの石室です。両袖式、片袖式、無袖と石室の形態は色々あるそうですが、両袖式とは羨道部から見て左右両方に玄室端が広がっているものを、片袖式は左右どちらかが、無袖式は羨道と玄室が同じ幅でつながっているものをいうそうです。動画3の表紙画面からも片袖式であることが確認できます。是非、ご覧ください。二つ目は後円部西側に開口しており神社の社務所的な建物の中から入室します。全長10mで無袖式。崩壊を防ぐための石柱が何本もありお稲荷さんがまつられていることもあって見通しはよいとは言えません。二つの石室ともに巨大な自然石の乱積みです。動画3、4の羨道側から入口をみるとその様子がよくわかります。

 今回は二度目の訪問ですが、前回は入れた後円部の二つ目の石室がある社務所には鍵がかかり閉まっていました。折角来たのにこれは残念と思いながら所有者の神社に連絡をしようとスマホで検索をかけている時に、運よく管理を任されているお爺ちゃんが戻ってきました。聞けば石室内の石壁が墳丘上の古木の根でひびが入り危ないので普段は閉めているとのこと。事故でも起きたら大変といわれました。今回は私がいるのでどうぞということで見せて頂きました。確かにあちらこちらにひび割れがあり、地震が起きたら崩れ落ちそうです。そのようなわけで、これから訪れる方は運がよければ見学できるということになりそうです。

 このブログでは滅多に触れることのない被葬者ですが、冒頭に紹介した蛇塚古墳とともに5C後半に大陸から渡来した秦氏のものではないかと言うのが通説のようです。

 アクセスは嵐電天神川駅から南に徒歩で78分降ったところにある千石荘公園を目指してください(右京区太秦野元町)。そこから墳丘にあるお稲荷さんの木立が見えます。どこが入口かは現地でお聞きになるほうが早いと思います。結構わかりにくいので・・・(撮影2015年12月10日)。

PNG amatsuka zu(shuusei)


天塚古墳基本データ

所在地 京都市右京区太秦松本町

形状 前方後円墳

規模 墳長71m、後円部約40m 高さ8m、前方部幅約50m 高さ8.5

築造時期 6C前半

出土品 馬具、銅鏡、勾玉等

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設 2基の横穴式石室あり 後円部石室 全長10m、幅2m、高さ約2m

くびれ部石室 全長7.7m、玄室長4.7m 幅1.7m、高さ2m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  今回は濃尾平野の北西端に位置する岐阜県大野町にある野古墳群最大の前方後円墳、登越古墳を紹介します。野古墳群は西に揖斐川、東にその支流の根尾川が流れる大野町の中心部の北部に位置しています。20151218日にアップしました前方後円墳、南屋敷西古墳を見返して頂くと、狭い市域に折り重なるように古墳が点在する野古墳群の様子がおわかり頂けると思います。今回の動画3には後円部からみた遠景に見事な野村もみじとともにその一部が映っています。

 中期から後期(5C後半から6C初頭)にかけて造られ野古墳群は前方後円墳や円墳の17基からなっていますが開墾等で消滅した古墳も多く現在9基が残っています。内前方後円墳は8基です。登越古墳は墳長83m、後円部径52mを数えます。野古墳群に先駆けて造られた上磯古墳群(いずれ紹介)には複数の前方後方墳があります。

 アクセスは大変不便です。岐阜駅から岐阜バス 大野バスセンター行に乗り約1時間。終点で下車、徒歩15分です。本数は現地を見学できる本数は日に3、4本ほどです。事前に十分確認が必要です。バスセンター前には大野町役場があり、その隣には立派な図書館もあります。役場で野古墳群までの地図を貰うとよいでしょう。



PNG noborikoshi shuusei zu



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

登越古墳(野古墳群)基本データ

所在地 岐阜県揖斐郡大野町

形状 前方後円墳

規模 墳長 83m、後円部径52m 高さ7m、前方部幅45m 高さ6m

3段築成

築造年代 5C

出土品 埴輪片(円筒、形象)

史跡指定 野古墳群として国指定

特記事項 外堤部をもつ二重周濠をもち第2周濠は空壕







  3C後半に造られた飯郷作2号墳のある飯郷作遺跡は1970年代の後半、佐倉西高校の建設現場から発掘されたそうです。ビルやマンション、道路、鉄道など建設現場から貴重な古代遺跡が発見されることは珍しくないと承知していますが、一部とはいえきちんと整備し後世の人々の目に触れるようにしているケースはそれほど多くないのではないでしょうか。大半が考古学的調査を終えたあと何もなかったかのように削平されてしまいます。発掘される遺跡の数が多すぎる現状を考えれば、現在の人々の生活を優先させるべきだとの声が聞こえてきそうです。
  飯郷作遺跡にとりその点は大変に幸運でした。学校の建設中に発見されたわけですから。生きた教材としてこの遺跡を残すと当時の関係者が決断したのは当然でした。動画からわかるように校舎に囲まれた中庭的な空間に、弥生時代の方形周溝墓、方墳2基、前方後方墳1基が肩を並べるように整備保存されています。狭い地域に時代を越えて墓が造られているのです。墓制の変遷を辿ることができるわけで、だからこそ県の指定史跡になったのでしょう。前方後方墳はもう1基あったようですが現在では見ることはできません。
  案内して下さった先生によれば、学生が墳丘上で吹奏楽の練習をしたりすることもあるようです。それにしても約40年間きれいに保存されたのは学生や教職員の方々の意識の高さがあったからではないでしょうか。肝心の前方後方墳2号ですが、墳丘は墳長29mと小さいものの、前方部と後方部の形がはっきりとわかり実に興味深いです。出土品の一部は校舎内に展示されています。校舎が改修工事中のために校舎の上層階から見下ろすことができなかったのは残念でしたが、機会を見て再訪するつもりです。見学は佐倉西高校に事前に電話で申し込みをすればスムーズです。
  アクセスは京成志津駅南口から京成バス佐倉行で東邦大学佐倉病院下車目の前に佐倉西高校が見えます。バスは1時間に23本です。
PNG iigousakuiseki zu



飯郷作2号墳基本データ

所在地 千葉県佐倉市

形状 前方後方墳

規模 墳長 29m、後方部径 18.5m 高さ1.5m、前方部幅約10m 高さ1m

3号墳 一辺9.5m×12m4号墳9.5m×11m 

築造時期 3C

出土品 ガラス玉、銅鏃、底部穿孔土器(校舎内に一部展示)

史跡指定 県指定

特記事項 弥生時代の方形周溝墓から古墳時代前期の前方後方墳、方墳が近接して築造され墓制の変遷を知る上で重要


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 東武宇都宮線壬生駅から南に4kmほどのところに目指す古墳はありました。下野市の国分寺町にある7C前半、古墳時代終末期に造られたと考えられている円墳、丸塚古墳です。動画1からわかるように畑の先に古墳の一角だけ森が残され古墳マニアなら誰でも、あれは古墳に違いないという雰囲気を湛えています。壬生駅南方には今回の丸塚古墳、国分寺愛宕塚、栃木県で最大の前方後円墳吾妻古墳、有名な摩利支天塚古墳などが位置し、反対に北方の黒川沿いに牛塚、車塚、壬生愛宕塚古墳(いずれアップ)があります。栃木県の下野地域には、触れていない古墳を含め数多くの古墳があることに改めて驚かされました。
 下野・壬生町周辺の古墳群(下野市教育委員会、壬生町教育委員会、2013)は栃木県の古墳群を河川別に整理してあって大変興味深い資料です。それによれば、黒川と姿川の合流点付近は5C末から古墳の築造がはじまり摩利支天塚で墳丘規模が格段に大きくなり、琵琶塚、吾妻(いずれアップ)と続き、最終段階の7C前半で今回の丸塚古墳が築かれます。古墳時代の終末期の石室に相応しく、前橋市総社町の宝塔山、蛇穴山古墳同様に石組加工の技術は現在でも通用すると思われる美しい出来栄えです。

 アクセスは冒頭に書きましたように壬生駅から他の古墳をめぐることを考えれば徒歩が一番よいような気がします。私の場合は、駅に近い壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました。

PNG mazutsuka zu shuseiban


丸塚古墳基本データ

所在地 栃木県下野市国分寺

形状 円墳

規模 径58m 高さ6m 横穴石室 長さ2.24m、幅1.64m、高さ2.10

二段築成、周濠あり

築造時期 7C前半

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する風吹山古墳です。以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね。それにしても5C代の大王墓がいくつも含まれる百舌鳥・古市古墳群だけが注目される中、周辺にももっと目が向けられてよいような気がします。既にいくつか紹介しましたが心合寺山古墳(2015722日アップ)などその一例でしょう。久米田古墳群は。久米田古墳群には仁徳天皇陵(大仙古墳)から10kmほどしか離れていません。百舌鳥・古市古墳群の被葬者達とはどのような関係にあったのか興味はつきません。築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば4C末から5C初だそうですから、大仙古墳が完成する前には風吹山古墳は存在したということになります。順序が逆になりましたが、風吹山古墳のある久米田丘陵には、消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。今では別の機会に紹介する貝吹山古墳及び今回の風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳が墳丘を間近にすることができます。動画5では隣接する無名塚こふんも紹介しています。
 築造時期が先行する貝吹山古墳が一般的な前方後円墳であるのに対して、風吹山古墳は前方部が極端に短い帆立貝型前方後円墳です。墳長は71m、後円部の径が59mに対して前方部の幅は30mしかありません。発掘された副葬品は胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類等貴重なものが多いのにもかかわらず前方後円墳の中では格下の帆立貝型だったのか答えはみつかりません。同様のことが東京世田谷区の等々力にある野毛大塚古墳(2015618日アップ)にもいえそうです。比較してご覧ください。

 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます。この久米田公園に三基の古墳が残されています。

PNG kazefukiyama zu



風吹山古墳(久米田古墳群)基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳(帆立貝形) 無名塚は円墳

規模 墳長 71m、後円部径59m 高さ9m、前方部幅30m 高さ2.2m

無名塚は径26m、高さ1.6m

築造時期 両古墳とも4C末から5C初頭

出土品 胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類多数

史跡指定 岸和田市

特記事項 二つの埋葬施設のうちの第二主体部の2人の被葬者はともに女性の可能性が高いとしている(ブログ本文の報告書)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

以前から訪ねたかった東北一の規模を誇る前方後円墳 雷神山古墳(いずれアップします)。その近くに前方後方墳と方墳からなる4C代に造られた飯野坂古墳群があることを知ったのは名取市のHPでした。折角の機会に雷神山古墳だけではもったいないと近くの古墳を探したのです。地図を見ると歩けない距離ではありませんし、何より至近の距離に670mクラスの前方後方墳が立ち並ぶ様子は壮観に違いありません。早速寄ってみました。

動画からおわかりのようにいずれも至近の距離からしか撮れないのが少々残念でしたが、草刈りが終わったあとで墳丘を確認するには問題はありませんでした。動画からすると周囲も広々とした原野が広がっている気がしますが、住宅が密集して飯野坂古墳公園の一角だけが保存されているのです。俯瞰した古墳の表情がとれないのはそうした理由です。

 観音塚、宮山、いずれも前方後方墳ですが、現地説明版ではこの順で4Cに造られたとあり、最後の薬師堂古墳を含め全て4C内に収まるとの説明から後半としました。以前は5Cに造られたとの記述もあったようですが、今回の現地説明版は2015年に設置されたものであり、こちらの解釈を採用しました。今回の二つの古墳はいずれも前方部幅が後方部の一辺よりも狭く発達していないのが特徴です。また、後方部が前方部よりも高くなっています。未調査のために埋葬施設等古墳について詳しくはわかっていません。それでも国指定の史跡になっているのは、隣接する区域に前方後方墳が集中して造られており、全国的にも例をみない特異な構成をとっているから(説明板)だと理解しました。

 アクセスは名取駅からコミュニティーバスなとりん号で山居(さんきょ)住宅前で降りるのが近いとされていますが、本数が極端に少ないので東北本線館腰駅か名取駅から徒歩のほうが早いと思います。館腰駅から雷神山古墳を訪ねたあと西側入り口に出て129号線を北上し注意深く歩くと道沿いに飯野坂古墳群中最後に造られた薬師堂古墳方面の⇒が見えます。鳥居があり階段をあがると古墳があります。観音塚、宮山方面へも案内⇒はありますが、必ずHPの「位置関係はこちら」という地図を印刷して持参することをお勧めします。

border="0" allowfullscreen>

飯野坂古墳群(1)基本データ

所在地 宮城県名取市飯野

形状 観音塚古墳(前方後方墳)、宮山古墳(前方後方墳)

規模 観音塚古墳 墳長 63m、後方部辺 30m 高さ6m、前方部幅23m 高さ5m

宮山古墳 墳長 70m、後方部辺35m 高さ5.5m、前方部幅25m 高さ3.5m

築造時期 4C後半 築造は観音塚、宮山の順と考えられている

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 隣接地域に前方後方墳が集中して造られているところが全国的にもあまり類例がないとされる


PNG iinozaka1

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  JR上越線の群馬総社駅から徒歩で7-8分ほど。三度目の訪問で漸く気に入った動画が撮れた今回の古墳があります。墳長約90mの総社二子山古墳です。後期の典型的な前方後円墳の特徴を持ち前方部の幅が後円部径よりも広く、高さも前方部のほうがやや高くなっています。はじめどちらが前方部かを確認せずに頂上まで登った時、てっきりその広さからして後円部と思ったほどでした。そうした特徴は動画でもおわかり頂けると思います。二つの横穴石室を持つことでも知られた存在ですが、後円部の石室は天井石の崩落もあり立ち入り禁止になっています。聞けば切石積みの見事な石室だそうで見学できず残念でした。動画3の前方部のほうは川原石で組まれた武骨な感じのする石室ですが精緻な切石とはまた違った趣があります。

 この二子山古墳や既に紹介した見事な切石積みの石室を持つ宝塔山古墳(15624日)、蛇穴山古墳(15629日)は6Cから7Cにかけてこの地に造られ総社古墳群を形成しています。古墳群中宝塔山、蛇穴山、それにいずれ紹介する愛宕山古墳は方墳で、二子山古墳、王山古墳、遠見山古墳は前方後円墳です。被葬者はどのような関係にあったのでしょうか。二子山古墳は明治初期に豊城入彦命(とよきいりひこのみこと、崇神天皇の第一皇子)の陵墓に一度は認定されたものの結局はそうならなかった事情があるようです。もし陵墓であれば、これほど容易には近づけない存在だったに違いありません。
 アクセスは冒頭に書いたように群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折すると動画1冒頭の説明の石が見えます(撮影2015年12月17日)。


総社二子山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 89.8m、後円部幅44.2m 高さ7.5m、前方部幅60m 高さ8m二段築成

築造時期 6C

出土品 江戸時代に後円部、前方部横穴石室から勾玉、金耳環、銅製六鈴釧、鉄鏃、脚付長頸壺等が出土している 

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は天井が崩落しているために閉鎖されている




PNG soujyafutagoyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は、既にアップしたナガレ山古墳(614日)、巣山古墳(81日)と同様、奈良盆地の馬味丘陵に広がる馬味古墳群に属する墳長45mの三吉石塚古墳です。前方後円墳に分類されますが前方部が短い帆立貝式の古墳で、前方部の東側、手が届きそうな所には馬味古墳群中でも墳長200mを数える新木山(にきやま)古墳が位置します。両者の関係にどうしても興味を持たざるを得ませんが、三吉石塚古墳は陪塚なのでしょうか。陪塚にしては築造時期に隔たりがありすぎる(三吉石塚は5C後半、新木山は5C前半)との指摘もあるようです。

それにしても新木山古墳の大きさには圧倒されます。周濠を一周し三吉石塚古墳に戻ると規模の違いを実感できます。陵墓参考地のために新木山古墳は立ち入り禁止。他方、当時の姿に復元された三吉石塚古墳は墳頂に立つことができますし、天候に恵まれれば二上山を望むことができます(訪ねた時には生憎の雨)。その二上山麓からは後円部の葺石が運ばれているそうです。前方部の東南部側には他に例をみない張り出しがみられます(説明板)。

アクセスは近鉄高田駅から竹取公園東口行で赤部駅下車し、バス停進行方向一つ目の信号を左折し、右に見えてくる新木山古墳沿いに400mほど歩くと正面に墳頂が見えてきます。バスは一時間に一本です。



PNG miyoshiishizuka zu

三吉石塚古墳基本データ

所在地 北葛城郡広陵町大字三吉字石塚

形状 前方後円墳(帆立貝式)

規模 墳長45m、後円部径41.4m 高さ6.5m、前方部幅22m

二段築成

築造時期 5C後半

出土品 円筒、朝顔、繖(きぬがさ)家等の形象埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 前方部南東隅に他に例のない張り出し部が存在している(動画4


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ