JR上越線の群馬総社駅から徒歩で7-8分ほど。三度目の訪問で漸く気に入った動画が撮れた今回の古墳があります。墳長約90mの総社二子山古墳です。後期の典型的な前方後円墳の特徴を持ち前方部の幅が後円部径よりも広く、高さも前方部のほうがやや高くなっています。はじめどちらが前方部かを確認せずに頂上まで登った時、てっきりその広さからして後円部と思ったほどでした。そうした特徴は動画でもおわかり頂けると思います。二つの横穴石室を持つことでも知られた存在ですが、後円部の石室は天井石の崩落もあり立ち入り禁止になっています。聞けば切石積みの見事な石室だそうで見学できず残念でした。動画3の前方部のほうは川原石で組まれた武骨な感じのする石室ですが精緻な切石とはまた違った趣があります。

 この二子山古墳や既に紹介した見事な切石積みの石室を持つ宝塔山古墳(15624日)、蛇穴山古墳(15629日)は6Cから7Cにかけてこの地に造られ総社古墳群を形成しています。古墳群中宝塔山、蛇穴山、それにいずれ紹介する愛宕山古墳は方墳で、二子山古墳、王山古墳、遠見山古墳は前方後円墳です。被葬者はどのような関係にあったのでしょうか。二子山古墳は明治初期に豊城入彦命(とよきいりひこのみこと、崇神天皇の第一皇子)の陵墓に一度は認定されたものの結局はそうならなかった事情があるようです。もし陵墓であれば、これほど容易には近づけない存在だったに違いありません。
 アクセスは冒頭に書いたように群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折すると動画1冒頭の説明の石が見えます(撮影2015年12月17日)。


総社二子山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 89.8m、後円部幅44.2m 高さ7.5m、前方部幅60m 高さ8m二段築成

築造時期 6C

出土品 江戸時代に後円部、前方部横穴石室から勾玉、金耳環、銅製六鈴釧、鉄鏃、脚付長頸壺等が出土している 

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は天井が崩落しているために閉鎖されている




PNG soujyafutagoyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村