古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年12月

 箸墓古墳の後に築かれた帆立貝形前方後円墳
 今回の中期古墳は奈良県桜井市の茅原大古墳です。簡単な位置関係の図からおわかりのようにこのブログで最初に紹介した箸墓古墳、84日アップのホケノ山古墳からほど近い三輪山の西の裾に位置しています。築造は前方後円墳出現期のホケノ山、定型化された最初の前方後円墳である箸墓、そして茅原大墓の順で行われたようです。動画3でも紹介していますが墳頂からは手に取るように緑に覆われた巨大な箸墓の墳丘がみえます。

今回の主役茅原大墓古墳ですが、ホケノ山古墳を後にして纏向川を渡ると、ひっそりとしたたたずまいの家並の先に田畑が広がります。そして三輪山のほうに目を向けると動画1の墳丘が目に入ります。実に印象深い景色です。その威容を遮るものがほとんどないのです。5段に見間違いそうな墳丘ですが後円部3段、短い前方部は2段の帆立貝式の前方後円墳です。墳長は86mです。十分な大きさだと思いますが、箸墓古墳以後200m超級の墳丘を持つ巨大前方後円墳を築造してきたこの地の中ではぐっと小規模ということになります。なぜなのかと思っていたところ偶然に次のような専門家の解釈を見つけました。そういうことだったのかと納得しました。長くなりますが引用します。

「茅原大墓古墳は、奈良盆地東南部で3世紀代から続く大型古墳の系列の最後に位置付けられます。この地域では、それ以前は200m以上の巨大前方後円墳が築造されてきましたが、4世紀後半以降になるとそうした巨大古墳は築造されなくなり、かわって奈良盆地北部や河内地域において集中して築造されるようになります。これは当時の政権内における勢力変動を反映しているとされており、この時期になると奈良盆地東南部の勢力は衰退し、盆地北部や河内地域を根拠とする勢力がより強大になったと考えることができます。茅原大墓古墳は全長約86mとそれ以前の巨大な前方後円墳に比べると著しく小さくなっています。また「帆立貝式古墳」とよばれる古墳の形態は、茅原大墓古墳と同じ4世紀末頃より多く見られるようになりますが、これは前方後円墳を築造することが「規制」された結果、創出されたものという考え方があります。茅原大墓古墳に葬られた首長も、そうした規制を受けた可能性があります」(国史跡茅原大墓古墳第5次調査現地説明会資料、2012218日、桜井市教育委員会)。

アクセスは略図に書きましたようにJR桜井線巻向駅から南に徒歩で20分です。案内版がしっかりしているので迷うことはないでしょう(撮影日2015年10月22日)。PNG chiharahoka 三墓の位置関係
PNG chiharaoohaka zu



茅原大墓古墳データ

所在地 奈良県桜井市茅原

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長86m、後円部径56m 高さ8m、前方部幅29m 高さ2m

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 出土した盾持人埴輪で最古。

C後半からはじまる奈良盆地東南部の巨大前方後円墳の築造は4C後半には終わり、その最後に位置づけられるのが茅原大墓古墳。しかしそれまでの200m級の巨大古墳に比べればはるかに小規模の86mにとどまる。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

京都の古墳時代を知るに相応しい前方後方墳
 今回の前期古墳は京都府向日市(むこう)の元稲荷古墳です。京都というと真っ先に思い浮かべるのは寺社仏閣ですが、古墳踏査をはじめて以来、古墳の宝庫でもあることがよくわかりました。日本海側にはいずれ紹介する神明山古墳などの巨大古墳や、長岡京市の中期古墳恵解山(いげのやま)(62日アップ)古墳、さらには後期古墳の物集女車塚古墳(826日)もあります。

東海道新幹線が京都駅を離れ新大阪方面へ下りはじめると車窓の右手に山並みが広がります。古代から乙訓(おとくに)と呼ばれてきた地域です。向日市と長岡京市が含まれるこの地域の向日丘陵に今回の元稲荷古墳が、寺戸大塚古墳、五塚原古墳と並び位置しています。前方後方、前方後円という違いはあれ、100mを少し下回る墳長という点でも共通しています。それらの墳墓は有力豪族、しかも極めて権力のある豪族が一定期間、乙訓で絶大な影響力を発揮していたと想像することができます。三つの古墳は元稲荷、寺戸大塚、五塚原の順で築造されたと考えられています(向日丘陵の前期古墳、向日市文化資料館、2004)。考古学者の都出比呂志さんは、古代国家はいつ成立したか(岩波新書、2011)のなかで、古墳時代の中央権力と地方首長系譜の変動について、乙訓地域を具体例に詳細に論じています。是非、関心のある方はお読みになればと思います。

肝心の元稲荷古墳は墳長94mの前方後方墳で繰り返し発掘調査が行われその全貌が明らかになっています。動画からも前方部先端が後方部よりもやや大きく、ハの形であることがわかりますが、最近の調査では、墳丘の形態と構造を重視すれば、前方部がバチ型のより古式の前方後円墳(五塚原古墳)よりは新しいとの見方も示されています(元稲荷古墳第五次調査、現地説明会資料、2009221日、Web上でアクセス可能)。

向日市役所正面の競輪場先の向日神社境内にある古墳は後方部墳頂に1950年代に設置された給水塔が全体を占領しているといっても過言ではありません。何とも異様な光景で残念の一言です(これは、岡山県倉敷市の盾築墳丘墓と同様です)。聞けば既に使われていないとのこと。取り外せないものかと考えてしまいます。動画では極力避けて撮影しましたが、1をよく見ると給水塔をみることができます。向日神社や関係者の皆さんの努力で墳丘がよく残されているだけにそう思います。皆さんはどうお考えでしょうか。

アクセスはJR向日町から徒歩で15分、あるいは阪急京都線東向日からはより近く徒歩で10分です。市役所を目指し裏手にある文化資料館で古墳マップを入手して歩かれるとよいと思います。動画4ではお見苦しいところがあります。そのまま残しました(撮影日2015年11月26日)。

PNG motoinari zu

元稲荷古墳基本データ

所在地 京都府向日市向日町

形状 前方後方墳

規模 墳長94m、後方部52×52 高さ7m、前方部幅46m 高さ3m

築造時期 3C

出土品 銅鏃、刀、剣、槍、矛等鉄製武器、斧、錐等鉄製工具、土師器壺、埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 後方部埋葬施設 竪穴式石室 石室全長5.6m、北端幅1.3m 南端の幅1m 高さ1.9m、天井石11枚、石室高さが一般の前期古墳よりも高い(向日丘陵の前期古墳、向日市文化資料館、2004

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

8月4日にアップしました奈良県桜井市の前方後円型墳丘墓ホケノ山古墳に動画を2本追加しました。晩秋の墳丘は前の2本の動画よりも段築などわかりやすいと思われます。どうぞご覧ください。2本目の動画では墳頂から箸墓古墳をかすめながら前方部を撮っています。

思わず声の出た驚きの石室
 今回の後期古墳は群馬県高崎市にある綿貫観音山古墳です。群馬県最大の横穴石室が後円部にある優美な古墳です。周濠を含め公園として整備されているために、その全体像がより映えています。墳丘は前方部の発達が著しく、高さは動画のキャプションでも触れているように、高さはほぼ同じです。これらは後期前方後円墳の特徴の一つだそうです。加えて前方部の幅が後円部径よりもやや大きくなっている点も同様の理由です。墳丘に自由に登れるために、それらの特徴を実感することができます。

66日にアップした同じ高崎市にある横穴石室を持つ後期古墳八幡八幡塚古墳は今回の綿貫観音山古墳よりも新しいものですが、是非、比較してご覧ください。豪華な副葬品が出土し、多くが国の重要文化財に指定されている点でも共通しています。特に驚かされたのは、現地では見られませんが、出土した獣帯鏡は韓国公州にある百済武寧王の墓から発掘された獣帯鏡と同じ鋳型で造られた同笵鏡だということを知った時でした(出土品は国立博物館及び一部は群馬県立博物館が所蔵)。百済、新羅と倭との交流の深さは常識ですが、発掘された資料から指摘されると説得力はまた一段と深まります。
  アクセスは高崎駅東口から、市内循環バス「ぐるりん」群馬の森線【健大先回り】系統番号9(群馬中央バス)で綿貫団地南で下車。北に徒歩78分です。動画2で触れた不動山古墳はバス停の目の前です。本数は1時間1本程度です。なお石室の見学は県教育委員会事務局文化財保護課への事前申し込みが必要で、HPに手続き書類が掲載されています(撮影日2015年8月25日)。



 

綿貫観音山古墳データ

形状 前方後円墳

規模 墳長97m、後円部径61m 高さ9.6m、前方部幅64m 高さ9.1

築造時期 6C

出土品 2枚の銅鏡、金製、銀製、ガラス製の装身具、大刀、小刀、刀子、矛、鉄鏃、冑、挂甲などの武具、金銅製轡、鞍、鐙、雲珠などの馬具、須恵器の大甕、壺、坏、土師器の壺、高杯、銅製の水瓶などの容器類等500点以上(大半は国の重要文化財)

史跡指定 国指定

特記事項 石室 全長12.65m、玄室長8.12m、幅(奥)3.95m、(前)3.16m、羨道長4.53m、幅(奥)2.40m、(前)1.34m 群馬県最大の石室



PNG watanukikannonyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ