古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2015年12月04日

8月4日にアップしました奈良県桜井市の前方後円型墳丘墓ホケノ山古墳に動画を2本追加しました。晩秋の墳丘は前の2本の動画よりも段築などわかりやすいと思われます。どうぞご覧ください。2本目の動画では墳頂から箸墓古墳をかすめながら前方部を撮っています。

今回のセットの後期古墳は群馬県高崎市にある綿貫観音山古墳です。群馬県最大の横穴石室が後円部にある優美な古墳です。周濠を含め公園として整備されているために、その全体像がより映えています。墳丘は前方部の発達が著しく、高さは動画のキャプションでも触れているように、高さはほぼ同じです。これらは後期前方後円墳の特徴の一つだそうです。加えて前方部の幅が後円部径よりもやや大きくなっている点も同様の理由です。墳丘に自由に登れるために、それらの特徴を実感することができます。

66日にアップした同じ高崎市にある横穴石室を持つ後期古墳八幡八幡塚古墳は今回の綿貫観音山古墳よりも新しいものですが、是非、比較してご覧ください。豪華な副葬品が出土し、多くが国の重要文化財に指定されている点でも共通しています。特に驚かされたのは、現地では見られませんが、出土した獣帯鏡は韓国公州にある百済武寧王の墓から発掘された獣帯鏡と同じ鋳型で造られた同笵鏡だということを知った時でした(出土品は国立博物館及び一部は群馬県立博物館が所蔵)。百済、新羅と倭との交流の深さは常識ですが、発掘された資料から指摘されると説得力はまた一段と深まります。
  アクセスは高崎駅東口から、市内循環バス「ぐるりん」群馬の森線【健大先回り】系統番号9(群馬中央バス)で綿貫団地南で下車。北に徒歩78分です。動画2で触れた不動山古墳はバス停の目の前です。本数は1時間1本程度です。なお石室の見学は県教育委員会事務局文化財保護課への事前申し込みが必要で、HPに手続き書類が掲載されています(撮影日2015年8月25日)。



 

綿貫観音山古墳データ

形状 前方後円墳

規模 墳長97m、後円部径61m 高さ9.6m、前方部幅64m 高さ9.1

築造時期 6C

出土品 2枚の銅鏡、金製、銀製、ガラス製の装身具、大刀、小刀、刀子、矛、鉄鏃、冑、挂甲などの武具、金銅製轡、鞍、鐙、雲珠などの馬具、須恵器の大甕、壺、坏、土師器の壺、高杯、銅製の水瓶などの容器類等500点以上(大半は国の重要文化財)

史跡指定 国指定

特記事項 石室 全長12.65m、玄室長8.12m、幅(奥)3.95m、(前)3.16m、羨道長4.53m、幅(奥)2.40m、(前)1.34m 群馬県最大の石室



PNG watanukikannonyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ