古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った山梨県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年11月

もう少し墳丘が残っていれば・・・
 今回はまた前期古墳に戻り栃木県那珂川町の前方後方墳、駒形大塚古墳を紹介します。墳長64mほどの規模ですが、二つの理由で貴重な古墳だといわれています。一つは那須八幡塚古墳、吉田温泉(ゆせん)神社古墳とともにさほど離れていない距離に同じ形式の前方後方墳が築造されていることです(位置関係は116日アップの那須八幡塚古墳で確認してください)。このあたり一帯を支配したグループの権力者が、継続して築造したと考えられています。出土品などから駒形大塚、那須八幡塚、吉田温泉神社の順で4C央から末にかけて築造されたといわれています。駒形大塚が八幡塚よりもやや大きく吉田温泉神社は二つよりも小規模です。

 二つは副葬品の豊富さです。駒形大塚では舶載鏡(輸入)の画文帯四獣鏡、那須八幡塚では舶載の夔鳳鏡(きほうきょう)、吉田温泉神社では古墳に隣接して殯(もがり、死者を葬る前に長期にわたり仮安置する葬送儀礼)を行ったと思われる竪穴住居の跡が発見されています。このような理由から那須小川古墳群として国の史跡に指定されています。

 残念なことに駒形大塚古墳の前方部は動画からわかるように削平されほぼ平坦状になっています。撥(バチ)状になっていた前方部は想像するしかありません。とはいえ動画1でおわかりのように墳丘の形はよくわかります。

 日本の古墳は前方後円墳が代名詞のようになっていますが、前期を中心に、この那須小川古墳群など前方後方墳が数多く残されています。群馬の前橋の八幡山古墳(727)、郡山の大安場古墳(626日)に加え、いずれ紹介する名取市の飯野坂古墳群もそうです。東国に前方後方墳が偏在しているのはどのような理由なのでしょう。

 アクセスは決してよいとはいえません。コミュニティーバスは通ってはいますが、本数が少なくて(午前、午後3)計画を練るのに苦労しました。那須八幡塚に寄り、そこから駒形大塚古墳を訪ねるとよいでしょう。東野バス馬頭烏山線で小川仲町下車徒歩20分。()吉野工業所那須小川町工場を目指すとよいでしょう。そこから駒形大塚までは徒歩でさらに30分ほどかかります。帰りは小川中学校バス停から東野バスで西那須野駅に戻るのがよいでしょう(撮影日2015年10月22日)。


PNG komagataootsuka zu

駒形大塚古墳データ

所在地 栃木県那珂川町小川

形状 前方後方墳

規模 墳長 64m、後方部 32×30 高さ8m、前方部幅 18m 高さ 不明

築造時期 4C

出土品 画文帯四獣鏡(舶載鏡)、銅鏃、直刀、刀子、鉄剣、ヤリガンナ、鉄斧、
ガラス玉

史跡指定 那須小川古墳群として那須八幡塚古墳、吉田温泉神社古墳とともに
国指定

特記事項 後方部から3.2m×0.75mの炭で覆った棺(木炭槨)が発掘されている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 見逃せない後期古墳の貴重な石室と石棺
  今回は2015年1024日にアップした安倍文殊院西古墳から400mほど北東方向にある艸墓古墳を紹介します。7C中頃の築造と考えられる終末期古墳です。文殊院西古墳よりも前に造られたことになります。比較的小規模の方墳ですが住宅に三方を囲まれ、残念ながらその全体像を見ることは叶いません。袋小路とも思われるような狭い道を通り抜けたところ開口した石室のある墳丘が目に入りました(古墳訪問のためとはいえ私道を通らせて頂いているような気がして申し訳ない気持ちです)。国の史跡に指定されている理由は勿論、全長13mを越える石室と石棺です。

 それにしても不思議なのは天井高に比した石棺の大きさです。どうやってあの大きな石棺を入れたのだろう。疑問に思わない方が不思議です。素直に考えればまず、石棺を置き後から石室を組み、墳丘を最後に構築したということなのでしょう。そう思っていたところ、専門家の方々もそのようにみているようです(断定はしていませんが、桜井市埋蔵文化財センター「桜井の横穴式石室を訪ねて」もそう述べています)。花崗岩で組まれた奥壁、側壁、天井の見事さだけではありません。石組の間の目地には漆喰で埋められているなど新しい技術も確認できます(前掲書、桜井市埋蔵文化財センター)。

石室の広さと石棺のバランスが素晴らしいのは、112日にアップした赤坂天王山古墳です。艸墓古墳石室、石棺と比較してみてください。

アクセスはバスを待つよりも歩いたほうが早いような気がします。JRあるいは近鉄桜井駅南口に出て南に下ります。駅前の信号を含め三つ目を過ぎると右手高台に桜井小学校が見えます。通り過ぎると信号があり、右手に進んだところに案内板があります。駅から徒歩で20分ほどです。ここからすぐですが説明が難しいので駅前の観光案内所で聞かれてから訪ねるのがよいかと思います。文殊院西古墳とセットでどうぞ(撮影日2015年10月14日)。

PNG kusahaka zu


艸墓古墳データ

所在地 奈良県桜井市谷

形状 方墳

規模 南北275m、東西21m、高さ8m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 石室 全長13.16m、玄室幅2.71m、同長さ4.44m、同高さ2.0m、羨道は長さ8.72m、玄門部での幅1.9m、高さ1.5m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美旗古墳群の重要な一基ですが・・・
 今回は1024日にアップした馬塚古墳と同じ美旗古墳群に属する毘沙門塚古墳を紹介します。馬塚古墳から北方向に1kmほどいったところにある墳長65mの前方後円墳です。築造時期は毘沙門塚のほうが古いと推定されています。墳丘は動画でおわかりのように馬塚とは違い雑木林に竹林が混ざり合った雑然とした状況です。ただ、動画でどこまで撮れたかはわかりませんが、よく見ると墳丘が造り出しを含めよく残っています。それにしても馬塚と同様、後円部の盗掘坑の跡には驚かされます。抉り取られ石室の天井板と思われる石が散乱しています。残念ながらブログ掲載の時点では後円部、前方部の高さはわかっていません。墳長以外は、史跡 美旗古墳群のパンフレットにも記載されておらず、やむを得ず、データには後円部径と前方部幅は掲載されている測量図をもとに試算した数字をあげました。しかし、後円部から前方部に下ってみると結構な高低差があった気がします。

 地元の方々にもあまり馴染みがないようで古墳を取り巻く周濠脇で農作業をしていたお爺ちゃんも、子供の頃に後円部に登ったことがあるだけだと言っていました。それにしても動画1に映っているように太陽光発電所のパネルが古墳の東側に接近して広がっている光景は不思議の一語でした。古代のモニュメントと現代の最先端技術が混在しているわけです。この地を治めた伊賀氏が被葬者として想定されているようですが、さぞかし驚いているのではないでしょうか。

 アクセスは近鉄大阪線美旗駅から57号線を北上し美旗小学校を越えた一つ目を左折すると近鉄の高架が見えます(動画1)、それを越えた正面が古墳です。徒歩で20分(撮影日2015年10月12日)。

PNG bisyamonzuka zu

毘沙門塚古墳データ

所在地 三重県名張市美旗町

形状 前方後円墳

規模 墳長 65m、後円部径42m(推定) 高さ不明、前方部幅35m(推定)、高さ不明

3段築成、6m幅の周濠

出土品 円筒埴輪、木製の長さ176㎝ 厚さ8㎝の板

史跡指定 美旗古墳群として国指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

住宅街の一角に墳丘がよく残る前方後円墳
 今回は千葉市央区の前期古墳、大覚寺山古墳を紹介します。518日アップの海老名市の秋葉山古墳群1号墳と同じ頃造られ、ともに前方後円墳です。東京湾を挟んで東西に位置しています。両古墳の関係性を示すものは何もありませんが、4C後半頃にこの地を支配していた豪族がそれぞれの前方後円墳に埋葬されたと考えても間違いではないでしょう。

なぜ大覚寺山なのかを調べてみました。古墳のある生実(おゆみ)町には浄土宗の大覚寺があり、このあたり一帯を昔から大覚寺山と呼んでいたからのようです。

 想像以上に美しく整備保存された墳丘に驚きました。そもそも、長い間古墳とは気が付かれずに、住宅地開発の際に発見されたものだそうで、このあたり一帯が古墳の密集地であることも明らかになったそうです。丘の先端を利用して造られたと思われる古墳の後円部墳頂からは動画では白くしか映っていませんが千葉港を望むことができます。後円部から前方部をみると数字よりは幅も広く長くみえます。実際には全長63mに対して後円部径は45mです。前方部が短いことは明らかです。おそらく、築造当時から時が経ち墳丘が崩れ、地山と前方部の境が不明瞭になったのではないかと推察しました。

 墳丘には段築はなく、葺石も施されていないそうです。埴輪もみられません。本格的発掘調査も行われておらず埋葬施設についても不明です。なお、以前は築造時期は5C代と考えられていたようですが、その後4C後半と考えられるようになり、現地説明板も修正が行われています。

 アクセスはJR千葉駅から小湊バス明徳学園行で表台で下車、徒歩5分です。バスはおよそ一時間に1本です(撮影日2015年11月16日)。
daikakuji chiba zu



大覚寺山古墳データ

所在地 千葉県千葉市中央区

形状 前方後円墳

規模 墳長 63m、後円部径45m 高さ5.5m、前方部幅33m、高さ4.1m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ