古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年10月

 富士山を借景にした小型の後期古墳群
 今回は静岡県三島市に比較的最近発見され古墳公園として整備された向山古墳群のうち3号墳を紹介します。動画1からおわかりのように前方後円墳のミニチュアのような3号墳です。3号墳が前方後円墳ということはヤマト王権とのつながりを連想させます。山あいの向山古墳群全体は4C中頃から6Cにかけて造られた10数基の墳墓から構成されています。AからCのゾーンに区分された公園は復原された古墳と、ほとんど人の手をいれずに墳丘を保存した地域にわかれていますが、非常に工夫されていると思いました。

古墳群から見る雪を被った富士山の姿はそれは印象的でした。幾たびかの噴火で形は変わっているとはいえ、被葬者が眠る古墳から雄大な富士山を人々が目にしていたことは疑いがありません。円墳の14号墳から見る富士山は格別の美しさだったので、前期古墳ですが番外編として3号墳の動画に加えました。

アクセスは伊豆箱根登山鉄道の駿豆線大場駅から大場分譲地・錦が丘分譲地行で錦が丘入口で下車。徒歩5分です。バスは1時間に2本ほどあります(撮影2014年11月25日)。

PNG mukaiyama3gou zu

所在地 静岡県三島市

形状 前方後円墳

規模 墳長 21.7m 高さ不明、前方部幅8mほどか 高さ不明

築造時期 6C中頃

出土品 長さ1mの鉄剣(1号、2号墳からは鉄剣に加え鉄刀、鉄鏃も出土)

史跡指定 県指定

特記事項 1975年に近くの向山小学校建設時に12号墳が偶然に発見され、その後

残りの古墳が発掘され古墳13基が県指定の史跡となった。別途平成16年に竪穴埋葬施設をもつ前方後円墳が近隣から見つかっている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

奈良の東の端の前方後円墳
 
関西に土地勘のない私は三陵墓西古墳のある奈良県都祁(つげ)南之庄町といっても見当がつきませんでした。地図を広げると奈良から南に桜井までJRで下り、そこから近鉄大阪線で榛原まで行き北にあがったところということがわかりました。標高300mから500mの大和高原に位置します。二度目の訪問は秋雨に遭って寒いぐらいでしたが冬季の寒さは容易に想像できました。それは藤原氏の陰謀で自死せざるを得なかった長屋王邸跡から都祁氷室と書かれた木簡が出土したことからもわかります。このエピソードは8Cの初頭には都祁という地名が用いられていたことを教えてくれます。西古墳はそれよりはるか以前の5Cはじめに築造されたといわれていますが、被葬者をはじめ人々は当時から都祁とこの地を呼んでいたのでしょうか。

  そうしたことに思いを巡らせていると雨に濡れた円墳、三陵墓西古墳が見えてきました。実に美しい。ところが感動に浸る間もなく、視界を遮るように仁王立ちした巨大な古代人石造モニュメントが見えてきました。古代遺跡を現代につなぐという思いからなのでしょうが正直興ざめです。気を取り直して古墳に目をやると古墳公園の入り口が墳丘よりも下ったところにあるために実際よりはるかに大きく見えました。動画から伝わってくるでしょうか。墳頂からはいずれ紹介する前方後円墳、三陵墓東古墳の雄姿が確認できます。

 アクセスは榛原から奈良バスで針インター行、南之庄東口下車徒歩5分。バスの進行方向と反対に少し戻ると看板が出ています(撮影2014年10月8日)。

PNG sanryoubonishi zu

三陵墓西古墳データ

所在地 奈良県都祁南之庄町

形状 円墳

規模 円径 40m 墳頂径 16m 高さ5m

築造時期 5C前半

出土品 朝顔、円筒埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に二つの埋葬施設あり。第一主体部割竹型木棺粘土郭 
第二主体部組合せ式木棺直葬


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東急線多摩川駅近くは古墳の宝庫
 通いなれた東急東横線の多摩川駅の近くに、これほど重要な遺跡があるとは。いやはや驚きでした。前方後円墳2基を含む10基からなる多摩川台古墳群です。多少、古墳についての知識も増えた今では、多摩川台が古墳築造に格好の立地であることはよくわかります。古代とはずいぶん景色は変化しているのでしょうが、横浜方面から多摩川を東横線が渡る時、宝莱山を含めた古墳群が左手に広がります。人々は古墳を見上げたにちがいありません。他方、古墳は武蔵野台地の南端部に位置し、地理学的には国分寺崖線にあるために眼下に多摩川を見下ろすことになります。その眺望は見事の一言です。
 もう一つの前方後円墳、亀甲山古墳は規模の上では墳長107mと勝りますが、時期的には4C初頭と今回の宝莱山のほうが古いようです。多摩川台の向かい側、慶応大学のある日吉、矢上にも古墳時代に同規模の古墳が複数あったことが確認されています。宝莱山古墳は後円部は1930年代の土取りのため大きく削平されてしまっています。小型仿製鏡はじめ出土品はその際に明らかとなった墳頂の粘土郭からのものだそうです(撮影2015年4月22日)。

PNG houraisan zu 修正版

宝莱山古墳データ

形状 前方後円墳

規模 墳長 97m、後円部径52m 高さ11m、前方部幅38m 高さ8m

築造時期 4C初頭

出土品 小型仿製鏡、管玉、丸玉等玉類、鉄剣、刀子、土器破片等

史跡指定 東京都

特記事項 専門家の研究によれば、築造時期は3C 代に遡る可能性もあるという。

池上悟「多摩川流域における首長墓の様相」季刊考古学・別冊15 広瀬和雄、
池上悟編 武蔵と相模の古墳、2007


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ