古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2015年10月

  今回は皆さんよく御存じの仁徳天皇陵として宮内庁が治定している大仙古墳をご紹介します。仁徳天皇陵古墳、大仙古墳、大山古墳と色々な呼び方があるようですが、ここではタイトルでは仁徳天皇陵とし、文中では大仙古墳とします。巨大古墳の分布図にある百舌鳥古墳群に属する日本最大の前方後円墳です。もっとも考古学的にみて仁徳天皇が葬られているのかどうかは判然としないようです。とはいえ築造時期と推定される5C前半の大王の墓であることはその規模からして衆目の一致するところでしょう(もっとも築造時期についても種々の見解があるようです)。

宮内庁が管理しているために墳丘には近づけません。それどころか余りの巨大さに全体像をつかむのも容易ではありません。一番外側の周濠を含めると全長は850m。一周できる遊歩道は2.8kmもありますから当然です。古墳がJR阪和線の三国ヶ丘駅と百舌鳥駅の間を占領している感じがします。あの巨大な森はいったいなにか、はじめて見た時にそう思ったことを思い出しました。もっとも大仙古墳を含む数々の陵墓からなる百舌鳥古墳群や古市古墳群のおかげで開発の波を食い止めることができたともいえそうです。歩けば容易にわかりますが陵墓ぎりぎりまで高層マンションやアパートが立ち並び、その光景は動画1、番外編の静止画像からも確認できます。

このブログは基本的には墳丘に登れる古墳を対象にしています。墳丘にも近づけない。ならば全体像を掴むにはどうしたらよいか。あの教科書掲載の画像を思い出し、ヘリコプターに乗ってみました。古代の人々が目にすることのできなかった巨大古墳の姿がそこには広がっていました。周囲には大仙古墳の被葬者の陪冢(ばいちょう、従者の墓)と思われるいくつか小規模墳も見えます。何を目的にこれだけ巨大な構造物を近接した地域に、しかも100年(5C-6C)の間に造ったのだろう。あらためてそう考えざるを得ませんでした。

現在では宮内庁管理で近づくことのできない古墳ですが、1872年(明治5年)には堺県が前方部の埋葬施設が露わになったことを理由に調査し、石棺や甲冑の絵図が残されました。その写真画像をはじめ大仙古墳の詳細を知りたい方々にお勧めしたい一冊があります。一瀬和夫さんの 古墳時代のシンボル・仁徳陵古墳(新泉社、2009年)です。わかりやすく丁寧な説明です。

アクセスはJR阪和線百舌鳥駅で下車。西方向に5分歩くと前方部端に着きます。拝所を含め遊歩道一周をお勧めします。拝所ではボランティアガイドさんの解説も聞けます(撮影2015年1月28日)。

PNG nintokutennouryou zu(修正版)
大阪・奈良大型古墳分布図

仁徳天皇陵(大仙古墳)データ

所在地 大阪府堺市堺区大仙町

形状 前方後円墳

規模 墳長 486m、後円部径249m 高さ35.8m、前方部幅307 高さ33.9m、三段築成

築造時期 5C前半

出土品 埴輪、須恵器

史跡指定 なし 宮内庁による陵墓指定

特記事項

現在ボストン美術館所蔵の甲冑、鏡、環刀が大仙古墳前方部の埋葬施設から発掘されたものと伝えられているが、専門家は出土品の年代考証から疑わしいとしている




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 

今回の纏向石塚古墳にはじまる前期(出現期)、中期、後期(終末期)のセットはいずれも自分にとり印象深い古墳です。纏向石塚古墳はこのブログの初回にアップ(518日)した箸墓古墳がそれ以前と比べ墳丘の規模が飛躍的に拡大し、画一的な内容を持ち、定型化する(白石太一郎)古墳時代の出発点だとすると、その直前の古墳として極めて重要なものだそうです。大規模な後円部と短く、低い前方部を持つ前方後円形の墳丘が石塚、矢塚、勝山、東田大塚と纏向地域の一部地域に集中して築造されています。たしかにホケノ山古墳(87日アップ)が多少離れているとはいえ、それ以外は見渡せる範囲に収まっています。しかもそれが偶然ではないことは、墳長、後円部直径、前方部長の比は3:2:1を原則としているという研究の蓄積からも明らかです。もっとも、纏向石塚古墳を古墳と呼ぶかどうかについては研究者の間でも論争があり、その内容は古墳データの特記事項に紹介しておきました。ご関心のある方はご覧ください。

 石塚古墳は山の辺の道を歩きながら四年ほど前に初めて訪れて以来、折に触れ立ち寄ってきましたが、残念なことにいつも藪に覆われて墳丘を確認することが困難でした。今回、ようやく願いが叶ったというわけです。残存する巨大な周濠に囲まれた後円部からは削平された前方部をイメージすることが可能です。周囲は田畑と小学校の校庭で眺望が開けている点も墳丘の存在を際立たせています。皆さんはいかがでしょうか。

 アクセスはJR桜井線巻向駅下車。西方向に600mほど歩いたところにあります。案内図が充実しているので迷うことはないと思います。
纏向古墳群と箸墓古墳位置関係PNG makimukuishizuka zu(修正)


纏向石塚古墳データ

所在地 奈良県桜井市太田字石塚

形状 前方後円型墳丘墓(纏向型前方後円墳)

規模 墳長 96m、後円部径 約64m(不正形)、前方部幅約34m、約20m幅の周濠

(周濠への導水溝も確認されている)

築造時期 3C初頭(前方後円墳出現期)

出土品 土器、朱塗りの鶏型木製品、鍬、鋤等の木製品、土師器等

史跡指定 国指定

特記事項 この墳丘を古墳と呼ぶかどうかについては論争がある。近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、纏向石塚やホケノ山がのちの定型化した大型前方後円墳の祖形となるものであるとしても、あくまでも古墳以前の墳丘墓と捉えるべきとしている(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎、2013)のに対して、桜井市纏向学研究センター長の寺沢薫さんは、纏向石塚のような定型化した前方後円墳よりも前方部が未発達な墳丘墓を「纏向型」前方後円墳と呼ぶことを主張している(王権誕生、講談社、2000)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は終末期に造られた横穴石室を持つ奈良県桜井市にある文殊院西古墳を紹介します。円墳と推定される古墳は桜井駅近くにある安倍文殊院の境内にあり、国の特別史跡になっています。データに記載したように特別史跡指定の古墳は全国で6基だけであり、その点からも如何にこの石室が価値のあるものかがわかります。動画でどこまでその素晴らしさを伝えることができたかはわかりませんが、切石の加工技術の高さは飛鳥村の岩屋山古墳(5月31日アップ)や前橋市の宝塔山古墳と並び見事の一言です。

それにしても古墳がなぜ華厳宗の安倍文殊院の境内にあるのでしょうか。偶然ではなさそうです。被葬者ではないかといわれている安倍倉梯麻呂(大化改新の時に左大臣として登用)の氏寺として文殊院は建立されているからです。それほど重要な人物が葬られているのならば石室だけでなく墳丘も当時の姿を伝えて欲しかったというのは私だけではないと思います。もっとも早くから石室は開口していたようですから、古墳自体も歴史の荒波にもまれたことは間違いなさそうです。

アクセスはJR桜井駅からコミュニティバス(循環線)で安倍文殊院下車徒歩5分です。北口、南口それぞれを通るようになっていますが、概ね1時間に一本です。なお駅から観光案内所で地図をもらい歩いても十分に行ける距離です。30分はかかりません。

文殊院西古墳データ

所在地 奈良県桜井市阿部字寺谷

形状 円墳(はっきりしない)

規模 30m前後、石室(両袖式横穴石室)は全長125m

玄室 長さ5.1m、幅287m、高さ2.7m

羨道 長さ7.4m、幅1.9m、高さ2m  

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定(特別史跡) 

特記事項 古墳の特別史跡は高松塚、キトラ、巣山、石舞台、岩橋千塚の6例のみ


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  三重県の古墳というと舟形埴輪が発掘された松阪市の宝塚古墳(いずれアップ)が思い出されますが、壬申の乱で大海人皇子が吉野を出て榛原(三陵墓古墳の最寄駅)、名張を通り伊勢に入ったといわれるこの地の古墳時代はヤマト王権とも密接な関係をもつ豪族がいたようで、いくつもの古墳が造られています。今回の美旗古墳群で最大規模の馬塚古墳はその一つです。美旗駅の目の前に墳長142mの堂々たる前方後円墳の姿が広がります。かなりの幅をとる周堀が巡っているだけに、実際の墳丘規模よりも大きく見えます。

 墳丘に登る前に周堀を半周して印象は、前方部端の幅が広い(長い)ということでした。100mもあります。後円部径よりも大きいのです。裾が大きく広がった中期古墳の特徴をもっていることがわかります。ところが、前方部の長さは後円部径の半分強しかありません。帆立貝型(618日アップの東京、野毛大塚古墳)ほどではないにせよ、前方部は短い、しかし幅は広いのです。これはYahooの空撮画像でもはっきりと確認できます。動画撮影の位置を示す概略図をご覧ください。馬塚古墳。美しい墳丘に加え、整備もきちんとされているのに一部の人々にしか知られていないのは残念です。

 後日そのいくつかを紹介しようと思っていますが、馬塚以外にも美旗古墳群には殿塚古墳(5C初)、毘沙門塚(5C央)、女良塚(5C後)、貴人塚(6C初)が駅から4-5k県内に位置しています。もっとも、墳丘がきちんと遠目にも確認できるのは馬塚と広々とした田畑に囲まれた貴人塚だけです。前方後円墳を模した美旗市民センター(駅から徒歩15分)には女良塚古墳出土の家形埴輪が展示されています。

 アクセスは、つい最近紹介した奈良県の三陵墓古墳と同様、近鉄大阪線(賢島方面行)に乗り、名張から二つ目の美旗駅下車。駅から北東方向に歩いてすぐです。

PNG umazuka(mihata) zu

馬塚古墳データ

所在地 名張市美旗町中1

形状 前方後円墳

規模 墳長142m、後円部径98m 高さ14m、前方部幅100m 高さ 6m

築造時期 5C

出土品 土器、人物、馬形、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 後円部径、前方部幅に比して前方部そのものの長さは50m
満たずやや短い。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  前期古墳にまた戻ってきました。しかも弥生時代から古墳時代に入って間もなくの3C前半の築造と考えられる京都府城陽市にある小さな前方後方型の芝が原古墳です。前方部が発掘調査の前に既に削平されていたそうですが、専門家は前方部は開いた短いものだと推定しています。土砂降りの雨が降り注ぐ小さな古墳はなんともいえぬ佇まいをみせていました。後方部にあった木棺の埋葬施設からは国の重要文化財に指定された銅釧などが出土しています。詳しくは古墳データをご覧ください。築造時期推定の理由等も書かれています。

 標高50mほどの丘陵にある芝が原古墳は、周囲からは見上げる位置にあります。また、いずれご紹介する大型の前方後円墳、久津川車塚古墳を望むことができます。もっとも、芝が原古墳よりも200年ほど後の築造ですから、芝が原古墳の被葬者の関係者が見たわけではありません。南西に500mほど下ったところには芝が原古墳群(10基が保存)がありこちらは5C前半から6C前半のものだそうです。古墳が集中している久津川には奈良時代には官衙(かんが、役所)が置かれていますから、古代から政治的にも重要な地であったことは間違いありません。

 アクセスは京都から近鉄久津川駅下車。徒歩5分です。

PNG shibagaharakofun zu

芝が原古墳データ

所在地 京都府城陽市寺田大谷

形状 前方後方形(削平された前方部は短いと推定)

規模 後方部 東西21m、南北23m

築造時期 3C前半

出土品 径12㎝の銅釧(貝輪を模した青銅製の腕輪、全国的にも少数)、
12㎝の四獣鏡、庄内式土器(弥生時代から古墳時代へ転換する時期に製作)等(城陽市教育委員会作成の史跡 芝が原古墳の説明)

史跡指定 国指定 

特記事項 前述の出土品の多くは、国の重要文化財として城陽市歴史民俗資料館で展示。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は群馬県の大室古墳群中、最初(6C初頭)に築かれた前二子古墳を紹介します。長野県にも積石塚で有名な大室古墳群がありますが、こちらは群馬県になります。当サイトではこれまで70を越えて古墳を紹介してきましたが、それぞれに見事な姿を現在まで残しています。そしてかなり多くの古墳が史跡公園として公開されています。ただ、単体の古墳が復原整備されている例が多く、前二子古墳を含め複数の大型古墳によって形成される古墳群を公園として整備している例は決して多くはありません。

同じ群馬県の高崎市の保渡田古墳群のあるかみつけの里、埼玉県さいたま市のさきたま古墳公園、宮崎県西都原市の西都原古墳公園、大分県宇佐市の高部・高森古墳群のある宇佐風土記の丘、和歌山県和歌山市の岩橋千塚古墳群、香川県高松市の峰山公園にある石清尾山古墳群などが思い浮かびます。その中でも緑に囲まれた前方後円墳がいくつも築造当時を想像できる姿に復原されている大室古墳公園の光景は圧巻です。住宅地のなかに単体の古墳がポツリ残されているのとは違い古墳の印象が変わるのではないでしょうか。荘厳な葬送の儀式が行われたことが容易に想像できるのです。

今回の前二子古墳は古墳群の中でも最初に築造されたと考えられています。その横穴石室は、東国で竪穴の埋葬施設から横穴に変わった頃のものだそうです。動画のキャプションにも書きましたが、かなり個性的な石室です。他の石室と比べてご覧ください。出土した副葬品からは、朝鮮半島との交流が行なわれていたことがわかります。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)をご覧ください。墳頂からは遠くに赤城山を、またすぐそこには埴輪が並ぶ、古墳群中最大規模の中二子古墳を望むことができます。

アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください。


PNG maefutago oomuro zu

前二子古墳(大室古墳群)データ

所在地 群馬県前橋市西大室町

形状 前方後円墳

規模 墳長94m、後円部径68m 高さ14m、前方部幅65m 高さ12m位か

築造時期 6C初頭

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、装身具、馬具、武器、

農耕具、鉤状金具

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は全長14mの両袖式(羨道から直進して到達する玄室が羨道幅より大きい)で、玄室手前の玄門に扉石(動画でご覧ください)を設けている珍しい石室です。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

三陵墓古墳。古墳マニアの間でもそれほど知られていない古墳の名前の由来は、東西の古墳に南古墳(径16mの円墳、未発掘)を加えた三基が一つの区域に古墳時代中期に造られたからのようです(現在、三陵墓古墳史跡公園として整備)。関西に土地勘のない私は三陵墓古墳のある奈良県都祁(つげ)といっても見当がつきませんでした。改めて地図を広げながら調べてみると都祁は、1331年に討幕が発覚した後醍醐天皇が三種の神器とともに籠城し元弘の乱の契機となった笠置山地の山裾、大和高原にあることがわかりました。そのはるか以前から笠置山は巨石信仰の場として知られていました。都祁の人々も訪れたに違いありません。


   東古墳の雄姿は秋雨に遭って幽玄な趣をたたえていました。動画1からもわかるように、前方部幅は50mと広くバチの端のように見えます。5C後半の中期古墳と位置付けられる東古墳ですが、72mと後円部径の巨大さに比べ前方部の長さは39mと短く、しかも後円部の高さ10mに対して、前方部は動画4からもおわかりのようにはるかに低く、中期でも古い時期に属すると考えられているようです。残念ながら後円部の半分ほどが無秩序に削平されており、復原も墳頂全体をカバーしているわけではありません。現地の説明版にどの部分が削平されたか図示されています。アクセスは榛原から奈良バスで針インター行、南之庄東口下車徒歩5分。バスの進行方向と反対に少し戻ると看板が出ています。1時間に一本程度です。

sannryoubohigashikofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は前期古墳、それもかなり早い段階の3C後半の築造ではないかと考えられる静岡市の神明山古墳です。76日アップした同じく静岡市の三池平古墳と清水港の丁度中間地点の神明宮境内にあります。三池平は中期の5C前半の築造でしたから、はるかに神明山古墳のほうが古い時期に造られたということになります。現在では、動画や撮影位置で図示しましたように前方部のバチ型の西側部分が削平されてしまっていますが、神明宮裏の西側から眺める墳丘は前方後円墳そのものです。もっとも、墳丘には倒木や伐採した木々が置かれている上に雑木林がそのままになっているので見通しがよいとはいえません。

 
  面白いのは、削平された前方部の元の位置を川原石を赤くペイントして、わかるようにしている点です。少々わかりにくいですが画像を貼り付けてあります。この古墳が神明宮の広い境内にある利点を生かした方法です。削平された大半の古墳は跡形もなく住宅や施設に化けています。

 
  3C後半の築造は、既にアップした前期古墳の中でも最古期に属することになります。静岡市文化財保護審議会(2014811日)では、墳長は69m、箸墓古墳の長さは278mで、箸墓古墳の約1/4 の規模であること、方形の先端が三味線のバチのように開き、箸墓古墳に類似していると報告され、極めて重要な遺跡であることが指摘され、その後市の指定から県の指定遺跡に格上げされた経緯があります。最初にアップした箸墓古墳(卑弥呼が葬られているともいわれる)が造られてからほどなく、この太平洋に面する清水の地によく似た墳墓が登場したということです。色々な想像を巡らせてくれる古墳です。  清水駅北口から静バス 港南厚生病院線で神明宮下車、目の前です。1時間に一本はあります。

PNG shinmeiyama shimizu zu
神明山 川原石
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は7C前半、終末期の八幡社46号墳を紹介します。古墳は未盗掘のままで発掘され、話題を呼んだ東近江市の雪野山古墳の山裾にあります。前方後円墳の46号墳は八幡社古墳群として11基の円墳とともに県指定史跡となっています。


変わっているのは墳長21mと小規模の前方後円墳に三つの埋葬施設があることです。つい最近紹介した三島の向山3号墳よりも小さいですね。そこに全長7mほどの横穴石室が後円部(A)、くびれ(B)、前方部(C)にそれぞれ造られています。この時期、畿内では既に大型の前方後円墳は造られなくなっていましたから、できるだけ効率よく埋葬しようとしたのでしょうか。一つの横穴石室に追葬するという方法もあったはずですが、そうはしてはいません。追葬するには石室が小さすぎたのでしょうか。色々なことを考えてしまいます。


同じ頃、東国では、既にアップ済みの宝塔山(624日)、蛇穴山古墳(629日)(いずれも方墳)の仏教の影響も受けた見事な切石細工による石室が造られていましたが、こちらは素朴な荒々しさをとどめた石室です。ヤマト王権に近いのになぜという気もしますが、宝塔山、蛇穴山古墳の被葬者はヤマト王権に近く、他方距離的にはともかく、46号墳の被葬者は在地の豪族にすぎなかったということなのでしょうか。興味は尽きません。

 アクセスは天乞山(623日)、久保田山両古墳(627日)と同様、JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行で羽田西下車。徒歩20分で雪野山歴史公園につきます。バスは一時間に1本です。

PNG hachimansha46 zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 

 

↑このページのトップヘ