古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年10月11日

小型前方後円墳に三つの横穴石室
 今回は7C前半、終末期の八幡社46号墳を紹介します。古墳は未盗掘のままで発掘され、話題を呼んだ東近江市の雪野山古墳の山裾にあります。前方後円墳の46号墳は八幡社古墳群として11基の円墳とともに県指定史跡となっています。

 変わっているのは墳長21mと小規模の前方後円墳に三つの埋葬施設があることです。つい最近紹介した三島の向山3号墳よりも小さいですね。そこに全長7mほどの横穴石室が後円部(A)、くびれ(B)、前方部(C)にそれぞれ造られています。この時期、畿内では既に大型の前方後円墳は造られなくなっていましたから、できるだけ効率よく埋葬しようとしたのでしょうか。一つの横穴石室に追葬するという方法もあったはずですが、そうはしてはいません。追葬するには石室が小さすぎたのでしょうか。色々なことを考えてしまいます。

同じ頃、東国では、既にアップ済みの宝塔山(624日)、蛇穴山古墳(629日)(いずれも方墳)の仏教の影響も受けた見事な切石細工による石室が造られていましたが、こちらは素朴な荒々しさをとどめた石室です。ヤマト王権に近いのになぜという気もしますが、宝塔山、蛇穴山古墳の被葬者はヤマト王権に近く、他方距離的にはともかく、46号墳の被葬者は在地の豪族にすぎなかったということなのでしょうか。興味は尽きません。

 アクセスは天乞山(623日)、久保田山両古墳(627日)と同様、JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行で羽田西下車。徒歩20分で雪野山歴史公園につきます。バスは一時間に1本です(撮影2015年5月27日)。

PNG hachimansha46 zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 


 



幾ちゃんのつぶやき


 古墳踏査を続けてきて驚いたことがいくつかあります。一つはコミュニティーバスの充実です。もちろん何度も書いたように本数は少ないのですが、高齢化社会の着実な進行に合わせて地方自治体もきめ細かなサービスを展開していることは間違いありません。大型のバスを走らせているわけではなく、ミニバスないしは大型のタクシーです。市役所やその出先、学校、病院、大型商業施設が主な停留所ということになります。先日、利用した土浦からのバスでは、乗客のおばあちゃんがドライバーに、これ食べてとお菓子を渡していました。ほのぼのとしたコミュニティバスならではの光景です。

二番目の驚きは、聞いたことがない市がずいぶんあることです。調べてみたら2014年現在で770も市と名のつく地方自治体があるそうです。これでは知らなくても当然かもしれません。

三番目の驚きは個々の行政単位でのコミュニティーバスは整備されていますが、隣接する市には基本的に乗り入れないのです。広域バスといって複数の行政単位をまわるものもありますがまだまだ少ないようです。コミュニティーバスはその行政区域の住民の税金で賄われているというのだからという発想なのでしょうが、料金はかかっても柔軟に対応してくれればよいのにと思います。すぐ隣の町の古墳を訪ねたいのですが・・・ぼやくことしきりということがたびたびありました。

↑このページのトップヘ