古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年09月

新幹線から見える谷津山古墳(頂上に鉄塔)
 今回紹介するのは静岡県静岡市の谷津山山頂にある墳長110mの前方後円墳、谷津山古墳です。柚木(ゆのき)山神(やまのかみ)古墳ともいわれています。静岡平野のど真ん中に位置する谷津山は標高108mしかありませんが、動画からも確認できるように市内は勿論、その先に駿河湾が目に入ります。古墳の被葬者はこうした眺望を独占できる有力者だったのでしょう。葺石を貼った三段築成の古墳ですから、築造にも多くの人力が必要だったはずで、その権力の大きさが想像できます。勿論、そのことは紹介してきた古墳全てに言えますが、敢えて繰り返したのは、静岡鉄道の柚木駅の裏手から目指した山頂まではとても108mの低山とは思えない急坂が続き、息が切れたからです。尾根にへばりついた径70mをはかる後円部の裾からは前方部を見るのに苦労するほどです。「よくぞこの狭い山頂に・・・」と思わざるを得ません。いったいどのような人々が築造にかかわったのでしょうか。

明治期に盗掘にあった埋葬施設は竪穴石室で木棺が用いられていたようですが詳細はわからないそうです(静岡・清水平野の古墳時代、静岡市立登呂博物館、1990)。もっとも銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石等の石製品が出土したと記録されています。

静岡鉄道柚木駅の改札を出てすぐの日本通運裏側の鳥居をくぐり山頂を目指します。20分ほどです(撮影2015年9月5日)。

PNG yatsuyama zu

所在地 静岡県静岡市葵区柚木

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅45m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石、紡錘車等の石製品

史跡指定 なし

特記事項 旧駿河国の領域では最大の古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 石英片岩の石積みが美しい
  石室の石積みに特徴のある小さな古墳は、七興山のバス停に戻って500mほど北上した上落合にあります。よく整備された古墳の周辺はもちろん、大きめの自然石の周辺に石英片岩をちりばめた石室の壁は見事です。ただ、暗いので懐中電灯など持参されるとよいと思います。こうした石積みは、藤岡市周辺ではじまり埼玉県の児玉郡あたりに限定されるそうです。古墳の内装も流行りがあったということでしょうか。動画ではその美しさはとれず、静止画像もフラッシュでとってこの程度です。築造の際の石工はどのように灯を確保したのでしょうか。気になりました。

 500mほどしか離れていないところに位置する七興山古墳(88日アップしています。カレンダーの該当日をクリック)も是非ご覧ください。こちらは実に壮大です(撮影2015年3月26日)。

伊勢塚古墳基本データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 不正八角形墳

規模 長さ27.2m 高さ6m

築造時期 6C

出土品 須恵器、埴輪等

史跡指定 県指定

特記事項 石室の石積みが独特です。説明板によれば「石室は胴張形の平面形で、所々にやや大型の自然石を配しその周辺に細長い結晶片石を差し込んで飛白模様にしている点に特徴があります。こうした模様積の石室を持つ古墳は、藤岡市域から埼玉県児玉郡周辺に見られます」とあります。動画ではよくわからないが静止画像でその雰囲気はわかります。

石室全長8.94m羨道長 4.24m 幅 奥1.95m 前1.4

玄室長 左4.7m 中央部7.15m 右7.25m 幅奥1.84m 中央2.41m 前1.54m 高さ2.5m





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本初の本格的復元古
 今回は復元古墳のモデルともいわれる神戸市垂水駅にほど近い五色塚古墳を紹介します。墳長194mもある巨大な前方後円墳です。これまでアップした古墳でいえば西山古墳(前方後方墳)(クリックすれば飛べます)よりひとまわり大きく、巣山古墳よりはひとまわり小さいというイメージでしょうか。ただ五色塚古墳は前方部の先にJR山陽本線と山陽電鉄の線路をはさんで(何本かの動画に電車が通過するところが映っています)明石海峡がそこまで迫り、周囲はマンションに囲まれているので、西山、巣山とはまた違った趣です。見上げることしかできないそんな感じであることは動画から十分わかるのではないでしょうか。今回は周辺のビル屋上からの五色塚古墳もご覧になれます(動画1の最後)。

 墳丘から見る明石大橋と淡路島方面の遠景は古代の遺産、五色塚古墳とよくマッチしているように思えます。

 被葬者は容易に想像できるように明石海峡はじめ水運を支配した豪族といわれており、全面に葺かれた223万個にのぼる葺石には淡路島産も使われているそうです。日本書紀の神功皇后摂政元年の2月条には淡路島から石を運んで古墳をつくったという記事があり、それが五色塚古墳ではないかとの解釈もあるようです。残念ながら後円部に存在すると考えられる埋葬施設は発掘は行われておらず副葬品など詳細は不明です。ただ、三段築成の墳丘に置かれた埴輪は詳細に調査されたようで、動画でご覧頂けるように鰭(ひれ)付の円筒埴輪や鰭付き朝顔形円筒埴輪などが発見されています。

 アクセスは垂水駅北口に出て左にある信号を西側にわたり北をみると次の信号が見えます。その手前に五色塚方面と⇒が出ています。⇒にしたがい西側方面に10分ほど歩くと左手に古墳公園が見えます(撮影2014年12月17日、2015年7月8日)。

PNG goshikizuka kofun zu(shinpan)


五色塚古墳基本データ

所在地 兵庫県神戸市垂水区

形状 前方後円墳 段築 葺石あり

規模 墳長194m、後円部径125m 高さ18m、前方部幅81m 高さ11.5m

築造時期 4C

出土品 円筒等埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 動画にも映っている小壺古墳は径60mの円墳。五色塚古墳よりやや早い時期の築造といわれています。


  

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ