古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年09月

武器武具の副葬が目立つ大塚古墳
 古墳というと世界遺産を目指す仁徳天皇陵や応神天皇陵のある百舌鳥、古市古墳群(堺市、藤井寺市、羽曳野市)を思い浮かべてしまいますが、古墳時代の中期をはさみその前後に畿内のあちらこちらで中規模の古墳が築造されていたとは、この世界を勉強するまで知りませんでした。考えてみればヤマト王権と同盟関係を結んでいた豪族が多数いたはずで、その人々の墳墓が残されていないほうがおかしいのですが・・・。722日にアップした心合寺山古墳もそうした有力豪族が被葬者だったと考えられています。

 淀川を越えて北上した伊丹空港近くの豊中市に今回紹介する大塚古墳を含む桜塚古墳群は位置します。確認された44基の古墳は西、東、中央、南群にわかれ大塚古墳は御獅子塚古墳(前方後円墳、いずれアップ)とともに南群に属しています。桜塚古墳群には中期の大塚古墳を中心としては多数の馬具や武具が副葬されおり、その出土数は巨大前方後円墳が多数含まれる百舌鳥、古市古墳群に近いそうです(田中晋作「武器・武具から復元する古墳時代の常備軍」、倭王の軍団、新泉社、2010)。陵墓が多数を占める百舌鳥、古市古墳群はほとんど発掘がなされていないということは考慮する必要があるとしても興味深い指摘です。動画2で埋葬施設が図示された墳頂をご覧いただけます。なお御獅子塚古墳がすぐそこに見えます。

 これまで紹介した円墳、627日の滋賀の久保田、710日の兵庫の朝来茶すり山、823日の埼玉丸墓山と比べてご覧ください。アクセスは阪急宝塚線の岡町駅東側南桜塚小学校前の大塚公園内にあります。徒歩で10分ほどです(撮影2015年7月7日)。

動画1のキャプション墳長50mは56mが正しく、習合は周濠の誤りです。

PNG ootsuka zu

大塚古墳データ

所在地 大阪府豊中市中桜塚

形状 円墳

規模 直径56m 高さ8m

築造時期 5C

出土品 鏡、鉄製甲冑、鉄製剣、盾等

史跡指定 国指定

特記事項 立ち並んでいた埴輪は円筒埴輪のほか、

家、盾、翳(きぬがさ)、動物等の形象埴輪

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 


 

周濠から見る風情のある前方後方墳 
 後期古墳として紹介した巨大な石室の埼玉県の八幡山古墳の次は、また前期古墳に戻り奈良県天理市の墳長120mの下池山古墳を見ていただきます。616日にアップした西山古墳同様の前方後方墳です。墳長183mの西山古墳と比べると小ぶりな感じがしますが、数多くの前方後円墳が立ち並ぶ大和の地にあって100mを越える前方後方墳が存在していることに感慨を覚えます。以前紹介したように格は前方後円墳のほうが上であるといわれ、しかし、前方後方墳としては規模が大きい。どのような被葬者だったのか興味はつきません。築造時期は出土品等から4C央と考えられ西山古墳よりも早いと考えられています。
  後方部の埋葬施設からは長さ 6.8メートルの竪穴式石室が見つかり、内部からは保存状態のよい木棺とともに鉄製品等が出土し、石室に隣接する小石室からは、径36.7㎝と大形の内行花文鏡が見つかっています。 場所は621日に紹介した黒塚古墳から1kmほど桜井線長柄駅方面に北にあがったところにあります。動画4で紹介するように後方部頂からは宮内庁が継体天皇皇后 手白香皇女衾田陵に治定する墳長234mの西殿塚古墳がよくみえます(専門家の間では出土品や埴輪等から西殿塚古墳の築造時期は手白香の没年よりはるかに古いといわれています)。

魅力的な古墳ですが一度目の訪問では柳本駅と長柄駅の東側を走る169号線のさらに東側にあることはわかっていたもののたどり着くまでには時間がかかりました。長柄駅から歩いた二度目も結局は畑仕事をしていた古老に聞くことになりました。「すぐそこの池の向こう」と言われたのですが・・・。地図をよく眺めて訪ねてください(撮影2015年4月15日)。

PNG shimoikeyama zu

所在地 奈良県天理市成願寺町

墳形 前方後方墳

規模 墳長120m、 後方部 60m×57m 高さ14m、 前方部幅27m 

高さ 7m

築造時期 4C

出土品 石釧や勾玉、管玉、鉄器、内行花文鏡

史跡指定 国指定

特記事項 文中で触れたように内行花文鏡は直径37.6㎝と大きい。

もっとも福岡県の平原方形周溝墓からは直径46.5㎝のものが出土しています。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

巨大としか言いようのない石室
 埼玉県行田市の見事な石室を紹介します。墳形80mと巨大な円墳の墳丘は昭和初期にすべて削平され石室だけが残されています。石室の規模と石組の美しさを考えれば、墳丘とともに保存できなかったものかと考えさせられてしまいます。周囲の状況も動画に映っていますが住宅地ではなく工場地帯です。そう、工業団地のど真ん中に取り残されたように小規模な公園が石室保存のために開設されています。それでも、開発の波が押し寄せるなか関係者の努力でようやくここまで保存整備することができたというのが実態でしょう。
いまはそうした方々に感謝しなくてはいけないのだと思いました。それでも一つだけ注文すれば、石室の入り口の鉄の格子状の門には強い違和感を感じました。最近番外編としてアップした韓国、ソウルの芳荑洞古墳の石室入口と是非、比較してみてください。皆さんはどうお感じになりますか。
 それにしても羨道、前室、中室、奥室とつながる現在長14.7m は巨大としか言いようがありません。羨道はほとんど欠損しているわけですから、もっと大きかったということになります。動画2と3の石室の壁の石組ですがパンフレットは「榛名山麓の角閃石安山岩、荒川上流域の緑泥片岩、比企丘陵地域の砂室灰岩など広範囲に渡る複数の地域の石材が豊富に使用」されていること「断面形が六角形の切石を積み上げ、目の通りをさけるために断面形の切石をはさみこんでいます」と記しています。

 副葬品も金銅装鞘尻金具等豊富に出土し、特に漆塗り木棺片は東国では極めてまれで被葬者が7C前半から中頃にヤマト王権と密接な関係をもっていたと考えられているようです。既に仏教が伝来しており、副葬品や築造方法、石組、石切りの技法にもその影響がみられるそうです。石室は土日祝日の午前10時から午後4時までです。

 国宝の稲荷山鉄剣のあるさきたま古墳群まで徒歩で30分ほど、そちらも是非どうぞ。石室はJR高崎線行田駅から南大通りコース「工業団地」行バスで終点下車。自動車の内装業寿屋フロンテの工場の真裏です(撮影2015年8月15日)。

PNG hachimanyama sekishitu zu

所在地 埼玉県行田市藤原町1-27-3

形状 円墳(削平、消滅)、石室のみ残存

規模 石室 全長16.7m(現在長14.7m、奥室幅4.8m 高さ3.1m

築造時期 7C

出土品 須恵器壺、銅椀、青銅製八花型棺金具、鉄釘、鉄鏃、

金銅装鏃尻金具、漆塗木棺片等

史跡指定 県指定

特記事項 さきたま古墳群の被葬者のあとにこの地域で権力を

ふるっていた人物が被葬されていると考えられる



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

応神天皇陵に隣接する登頂可能な古墳

 
 世界遺産を目指す古市、百舌鳥古墳群の古墳の多くは陵墓指定されていて墳丘まで登ることができません。その中で今回紹介する藤井寺市の大鳥塚古墳は既にアップした古室山古墳(クリックすれば飛べます)と並んで貴重な存在です。道を隔てて位置する応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の墳長420mには比べるべくもありませんが、それでも110mをほこる堂々たる前方後円墳です(古市古墳群には墳長100m以上の前方後円墳が15基)。藤井寺市のHPにはクヌギが立つ墳丘は夏でもひんやりとしますとありますが、全くそのとおりです。墳長150mと大鳥塚よりやや大きい古室山は桜が美しいことを思い出しました。

古市古墳群はいずれ紹介する4C後半ごろに築造されたと考えられる津堂城山古墳にはじまるといわれていますが、そこから南東方向に2km弱下ったところに位置しています。埋葬施設は不明ですが銅鏡や鉄鏃が副葬されていたこと、葺石があり家形、盾など各種形象埴輪等の存在が明らかになっています。前方部の幅は後円部の直径よりもだいぶ短く、後円部の高さも前方部よりも6mほど高くなっている墳丘の形状からいっても中期前半(5C前半)頃に築造されたといってよいようです(撮影2015年5月28日、2017年2月20日)。

PNG 大鳥塚 撮影位置(再) 21年8月9日作成


大鳥塚古墳基本データ

所在地 大阪府藤井寺市

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径72.6m 高さ12.3m、 前方部幅50m 高さ6.1m

周堀あり

築造時期 5C

出土品  円筒埴輪、家形、蓋(きぬがさ)、盾、靫(ゆき)、冑(かぶと)など形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 古市古墳群で数少ない墳丘に登れる古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ