古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2015年09月

  冬枯れという言葉にぴったりの古墳でした。405号線から先の見通しの悪い73号線に曲がり、その異様ともいえるその姿が目に飛び込んできたとき最初に浮かんだ言葉がそれでした。周濠がすっきりしているだけに、湖に浮かんだ船のような感じもします。おそらく季節よって姿を大きく変える古墳ではないでしょうか。
 
  専門家の解説などを読みますと「動画撮影の位置」に簡略して描きましたようにくびれ部分が東西で異なり非対称になっています(yahooの空撮画像でも確認できます)。これは中期古墳に多くみられる特徴だそうで、千歳車塚古墳のように後期古墳に位置づけられる古墳としては珍しいそうです。後期の代表的古墳の一つ継体天皇の真陵といわれる今城塚古墳や、その影響下にあったとされる地方豪族の墳丘とは違うというわけです。したがってヤマト王権とは距離を置いた地方豪族がその被葬者ではなかったかともいわれています。なにか、そうした説明とぴったりの古墳の姿でした。


  ただ、築造時期は現地の解説版では5C代、中期とされています。その後、出土した円筒埴輪の研究によって、6C前半と考えられるようになったようです。完存しているように思える墳丘ですが、墳丘の裾部分は削平されていることが明らかになっています。


  アクセスはJR嵯峨野線亀岡駅からふるさとバスで川東小下車、徒歩10分。バスは本数が少ないので確認してからおでかけください。

PNG chitosekurumazuka 

所在地 京都府亀岡市千歳町千歳

形状 前方後円墳

規模 墳長82m、後円部径46m 高さ7.5m、前方部幅49m 高さ6.8m

三段築成

築造時期 6C前半

出土品 円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は、武烈天皇の逝去後、継体天皇となった男大迹王(オホドノオウ)と並び皇位継承者だった倭彦王(ヤマトヒコオウキミ)とも伝えられる。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

前期の那珂八幡古墳に続き、今回は石川県能美市にある中期の前方後円墳、秋常山古墳です。見事に復原された墳長140mを数える堂々たる古墳です。2号墳(方墳)などとともに秋常山古墳群とよばれています。専門家からすれば当たり前のことですが、古墳に興味を持ち始めた人々にとり日本海側にこれほど巨大な古墳があることはなかなか理解しにくい事柄のようです(かくいう私もそうでした)。古墳=畿内というイメージが定着しているからでしょうか。日本海に流れる手取川流域に代々続く豪族が存在したことは秋常山古墳はじめ、40基以上が確認されている大規模な和田山、末寺山古墳群の存在からもよくわかります(古墳公園になっています。いずれアップします)。その中でも秋常山古墳は群を抜いて巨大です。

 
   墳長58mの前方後円墳、和田山古墳から歩くこと20分以上、ようやくたどり着いた目指す古墳の第一印象は、前方部が巨大な後円部に比して短いなあというものでした。Yahooの空撮でもはっきりやや寸胴な秋常山古墳の姿が確認できます。歴史資料館の方のお話ではおそらく復原した以上の長さがあったのではないかとのことでした。確認できた範囲で復原したのだと思います。肝心な埋葬施設は未調査ですが、地中レーダー探査で8m以上の木棺が粘土郭に包まれ後円部に存在すると推定されています。

 
   北陸本線能美根上駅からコミュニティーバス・のみバス鶴来駅行で寺井史跡公園下車徒歩20分。本数は13本しかありません。和田山古墳公園も訪ねると一日がかりになります。しかし見応えのある古墳群です。和田山古墳公園の西側登り口に能美市歴史民俗資料館があり
秋常山古墳の道順なども教えてもらえます。資料館には ふるさと交流研修センターさらい のバス停から歩いてもすぐです。和田山古墳公園を先にしたほうがよいかもしれません。

PNG akitsuneyama zu(修正版)

秋常山古墳データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後円墳

規模 墳長141m、後円部径108m 高さ19m、前方部幅67m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 能美古墳群中、北陸地域で最大の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は福岡市の前方後円墳、墳長75m超、後円部径48m 高さ6.5mの那珂八幡古墳を紹介します。福岡平野では古墳時代の前期、それも最古に属する古墳といわれています。後円部の二つある埋葬施設のうち第一主体部の大半は那珂八幡宮の床下に位置するため未発掘ですが、その北側にある全長2.3mの直葬された割竹型木棺から三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉が出土し、神獣鏡は京都の椿井大塚古墳のものと同笵鏡(どうはんきょう、同じ鋳型から造られたもの)がわかっています。ヤマト王権と密接な豪族がられていることは間違いがありません。

それだけ重要な古墳であるにもかかわらず、保存状態は残念のひとことです。動画と図から明らかなように前方部の大半は開発されて削平されています。墳丘が崩れた円墳というのが第一印象でしたが、宅地開発の荒波にもまれながらも後円部だけでもよく残ったというべきかもしれません。八幡様が古くから墳頂にあったからともいわれています。

JR竹下駅から北東方向に延びる道路を直進すると左にこんもりした森がみえます。それが那珂八幡古墳です。615日にアップしたアサヒビール工場敷地内にある東光寺剣塚古墳と合わせてご覧ください。こちらは竹下駅前にある後期の前方後円墳で横穴石室も見学できます。

PNG nakahachiman zu

那珂八幡古墳データ

所在地 福岡県福岡市博多区那珂町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径48m 高さ6.5m 前方部 削平

築造時期 4C初頭

出土品 三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉、土師器の高坏

史跡指定 福岡市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

725日にアップした二子山古墳同様、群馬県高崎市の保渡田古墳群に属する八幡塚古墳が今回紹介する古墳です。墳長102mの堂々たる前方後円墳です。1981年、上越新幹線建設予定地の群馬町大字三ツ寺から発掘された古墳時代の豪族の館跡(三ツ寺Ⅰ遺跡)の主が眠っていると考えられています。三ツ寺I遺跡とは1kmほどしか離れていません。三ツ寺遺跡は新幹線と県道に分断されて、当時の様子をうかがい知ることはできませんが、こちら保渡田古墳群は違います。西光寺と墓地があり墳丘が大きく削平されている薬師塚古墳は別にして、既にご覧頂いた二子山古墳と今回の八幡塚古墳は見事に復原されています。

二つの古墳ともに中島と呼ばれる祭式が行われたとされる造り出しのようなものがあります。八幡塚古墳の動画では、かする程度にしか映っていません。5C後半に二子山が築かれ、ついで今回の八幡塚、そして薬師塚の順で造られたと考えられているようです。八幡塚古墳は三段築成、動画でみるようにびっしりと葺石が葺かれ、円筒埴輪が並んでいました。前方部の前の堤には祭祀が行われたであろう円筒埴輪で囲まれた区域があり、人物、形象埴輪が林立しています。後円部の竪穴石室は墳頂下に復原され公開されていますが、こうした形での復原は珍しいと思います。後期古墳に位置する前方後円墳の埋葬施設は横穴石室が多く、その点でも興味深いです。ただ、専門家のお話のように保渡田古墳群が中期と後期の移行期と考えれば納得がいきます。是非、現地にいらしたらご覧ください。古墳群内にあるかみつけの里博物館の休館日(火曜及び火曜が祝日となった場合の翌日)は閉鎖されています。ご注意ください。

二度目の訪問ですが、天気が急変し全体的に暗い動画になってしまいました。やむなく好天時だった一度目の訪問の静止画像で補いました。もっとも古代にもこのような天候はあったわけですし、それどころか榛名山の噴火も受けていることを思い出しました(墳丘は埋没を免れたそうです)。

アクセスはJR高崎駅から市内循環 ぐるりんバスでかみつけの里博物館前下車。本数は少なく、2時間に1本程度です。少々不便です。

PNG hachimanzuka zu

八幡塚古墳データ

所在地 群馬県高崎市保渡田町、井出町

形状 前方後円墳

規模 墳長102m 後円部径56m 高さ6m、前方部幅53m 

高さ4.8m(削平されたので不明との情報も)

築造時期 5C

出土品 副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉

史跡指定 国指定

特記事項 堀のなかに四つの島状区域がある。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  古墳というと世界遺産を目指す仁徳天皇陵や応神天皇陵のある百舌鳥、古市古墳群(堺市、藤井寺市、羽曳野市)を思い浮かべてしまいますが、古墳時代の中期をはさみその前後に畿内のあちらこちらで中規模の古墳が築造されていたとは、この世界を勉強するまで知りませんでした。考えてみればヤマト王権と同盟関係を結んでいた豪族が多数いたはずで、その人々の墳墓が残されていないほうがおかしいのですが・・・。722日にアップした心合寺山古墳もそうした有力豪族が被葬者だったと考えられています。



 淀川を越えて北上した伊丹空港近くの豊中市に今回紹介する大塚古墳を含む桜塚古墳群は位置します。確認された44基の古墳は西、東、中央、南群にわかれ大塚古墳は御獅子塚古墳(前方後円墳、いずれアップ)とともに南群に属しています。桜塚古墳群には中期の大塚古墳を中心としては多数の馬具や武具が副葬されおり、その出土数は巨大前方後円墳が多数含まれる百舌鳥、古市古墳群に近いそうです(田中晋作「武器・武具から復元する古墳時代の常備軍」、倭王の軍団、新泉社、2010)。陵墓が多数を占める百舌鳥、古市古墳群はほとんど発掘がなされていないということは考慮する必要があるとしても興味深い指摘です。動画2で埋葬施設が図示された墳頂をご覧いただけます。なお御獅子塚古墳がすぐそこに見えます。



これまで紹介した円墳、627日の滋賀の久保田、710日の兵庫の朝来茶すり山、823日の埼玉丸墓山と比べてご覧ください。アクセスは阪急宝塚線の岡町駅東側南桜塚小学校前の大塚公園内にあります。徒歩で10分ほどです。

動画1のキャプション墳長50mは56mが正しく、習合は周濠の誤りです。

PNG ootsuka zu

大塚古墳データ

所在地 大阪府豊中市中桜塚

形状 円墳

規模 直径56m 高さ8m

築造時期 5C

出土品 鏡、鉄製甲冑、鉄製剣、盾等

史跡指定 国指定

特記事項 立ち並んでいた埴輪は円筒埴輪のほか、

家、盾、翳(きぬがさ)、動物等の形象埴輪

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 


 

   後期古墳として紹介した巨大な石室の埼玉県の八幡山古墳の次は、また前期古墳に戻り奈良県天理市の墳長120mの下池山古墳を見ていただきます。616日にアップした西山古墳同様の前方後方墳です。墳長183mの西山古墳と比べると小ぶりな感じがしますが、数多くの前方後円墳が立ち並ぶ大和の地にあって100mを越える前方後方墳が存在していることに感慨を覚えます。以前紹介したように格は前方後円墳のほうが上であるといわれ、しかし、前方後方墳としては規模が大きい。どのような被葬者だったのか興味はつきません。築造時期は出土品等から4C央と考えられ西山古墳よりも早いと考えられています。


   後方部の埋葬施設からは長さ 6.8メートルの竪穴式石室が見つかり、内部からは保存状態のよい木棺とともに鉄製品等が出土し、石室に隣接する小石室からは、径36.7㎝と大形の内行花文鏡が見つかっています。


   場所は621日に紹介した黒塚古墳から1kmほど桜井線長柄駅方面に北にあがったところにあります。動画4で紹介するように後方部頂からは宮内庁が継体天皇皇后 手白香皇女衾田陵に治定する墳長234mの西殿塚古墳がよくみえます(専門家の間では出土品や埴輪等から西殿塚古墳の築造時期は手白香の没年よりはるかに古いといわれています)。


   魅力的な古墳ですが一度目の訪問では柳本駅と長柄駅の東側を走る169号線のさらに東側にあることはわかっていたもののたどり着くまでには時間がかかりました。長柄駅から歩いた二度目も結局は畑仕事をしていた古老に聞くことになりました。「すぐそこの池の向こう」と言われたのですが・・・。地図をよく眺めて訪ねてください。

PNG shimoikeyama zu

所在地 奈良県天理市成願寺町

墳形 前方後方墳

規模 墳長120m、 後方部 60m×57m 高さ14m、 前方部幅27m 

高さ 7m

築造時期 4C

出土品 石釧や勾玉、管玉、鉄器、内行花文鏡

史跡指定 国指定

特記事項 文中で触れたように内行花文鏡は直径37.6㎝と大きい。

もっとも福岡県の平原方形周溝墓からは直径46.5㎝のものが出土しています。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 古墳の時期区分でいえば後期、終末期に見られる横穴石室ですが、内部の石組が様々で、古代の石工の技術の高さに驚かされたものも少なくありません。皆さんはどの石室に興味をもたれたでしょうか。


 この一覧表には、横穴石室が明らかであるにもかかわらず埋め戻されたり(例、五条野丸山古墳)、内部を撮影できなかったものは含まれていません。アップの日を確認された後、カレンダーの該当日(赤字になっている)をクリックしていただければご覧いただけます。
カレンダーは上部の⇔をクリックすれば、翌月(進む)、前月分(戻る)がみられます。



 


 

名称

所在地


 

墳形

墳長

円径*

6

5/25

市尾宮塚

奈良


前方後円

44

23

9

5/31

岩屋山

奈良


方墳

45


 

12

6/2

鶴見

大分


前方後円

31

21

15

6/6

八幡観音塚

群馬


前方後円

105

70

21

6/15

東光寺剣塚

福岡


前方後円

75

46

27

6/24

宝塔山

群馬




 

54×49

30

6/29

蛇穴山

群馬




 

39

39

7/17

都塚

奈良




 

41×42

46

8/3

丸の口

福岡




 


 

55

8/26

物集女車塚

京都


前方後円

48

31

59

9/6

伊勢塚

群馬




 

27.2

62

9/15

八幡山

埼玉



80


 


  埼玉県行田市の見事な石室を紹介します。墳形80mと巨大な円墳の墳丘は昭和初期にすべて削平され石室だけが残されています。石室の規模と石組の美しさを考えれば、墳丘とともに保存できなかったものかと考えさせられてしまいます。周囲の状況も動画に映っていますが住宅地ではなく工場地帯です。そう、工業団地のど真ん中に取り残されたように小規模な公園が石室保存のために開設されています。それでも、開発の波が押し寄せるなか関係者の努力でようやくここまで保存整備することができたというのが実態でしょう。いまはそうした方々に感謝しなくてはいけないのだと思いました。それでも一つだけ注文すれば、石室の入り口の鉄の格子状の門には強い違和感を感じました。最近番外編としてアップした韓国、ソウルの芳荑洞古墳の石室入口と是非、比較してみてください。皆さんはどうお感じになりますか。

 それにしても羨道、前室、中室、奥室とつながる現在長14.7m は巨大としか言いようがありません。羨道はほとんど欠損しているわけですから、もっと大きかったということになります。動画2と3の石室の壁の石組ですがパンフレットは「榛名山麓の角閃石安山岩、荒川上流域の緑泥片岩、比企丘陵地域の砂室灰岩など広範囲に渡る複数の地域の石材が豊富に使用」されていること「断面形が六角形の切石を積み上げ、目の通りをさけるために断面形の切石をはさみこんでいます」と記しています。


 副葬品も金銅装鞘尻金具等豊富に出土し、特に漆塗り木棺片は東国では極めてまれで被葬者が7C前半から中頃にヤマト王権と密接な関係をもっていたと考えられているようです。既に仏教が伝来しており、副葬品や築造方法、石組、石切りの技法にもその影響がみられるそうです。石室は土日祝日の午前10時から午後4時までです。


 国宝の稲荷山鉄剣のあるさきたま古墳群まで徒歩で30分ほど、そちらも是非どうぞ。石室はJR高崎線行田駅から南大通りコース「工業団地」行バスで終点下車。自動車の内装業寿屋フロンテの工場の真裏です。

PNG hachimanyama sekishitu zu

所在地 埼玉県行田市藤原町1-27-3

形状 円墳(削平、消滅)、石室のみ残存

規模 石室 全長16.7m(現在長14.7m、奥室幅4.8m 高さ3.1m

築造時期 7C

出土品 須恵器壺、銅椀、青銅製八花型棺金具、鉄釘、鉄鏃、

金銅装鏃尻金具、漆塗木棺片等

史跡指定 県指定

特記事項 さきたま古墳群の被葬者のあとにこの地域で権力を

ふるっていた人物が被葬されていると考えられる



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  世界遺産を目指す古市、百舌鳥古墳群の古墳の多くは陵墓指定されていて墳丘まで登ることができません。その中で今回紹介する藤井寺市の大鳥塚古墳は既にアップした古室山古墳(519日)と並んで貴重な存在です。道を隔てて位置する応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の墳長420mには比べるべくもありませんが、それでも110mをほこる堂々たる前方後円墳です(古市古墳群には墳長100m以上の前方後円墳が15基)。藤井寺市のHPにはクヌギが立つ墳丘は夏でもひんやりとしますとありますが、全くそのとおりです。墳長150mと大鳥塚よりやや大きい古室山は桜が美しいことを思い出しました。


  古市古墳群はいずれ紹介する4C後半ごろに築造されたと考えられる津堂城山古墳にはじまるといわれていますが、そこから南東方向に2km弱下ったところに位置しています。埋葬施設は不明ですが銅鏡や鉄鏃が副葬されていたこと、葺石があり家形、盾など各種形象埴輪等の存在が明らかになっています。前方部の幅は後円部の直径よりもだいぶ短く、後円部の高さも前方部よりも6mほど高くなっている墳丘の形状からいっても中期前半(5C前半)頃に築造されたといってよいようです。



 アクセスは古市古墳群ウォーキングマップにしたがって近鉄藤井寺駅近くの津堂城山古墳からスタートして色々な古墳をめぐる途中に寄るのもよいでしょうし、大鳥塚だけ訪ねたい場合には近鉄土師ノ里駅で下車し170号線を1kmほど南に下り三つ目の信号を右折し西名阪道路にぶつかったところ(信号あり)を右折して200mほど進むと後円部裏に出ます。なお、西名阪道路高架下には赤面山古墳が一部保存されています。

PNG ootorizuka zu

 

大鳥塚古墳基本データ

所在地 大阪府藤井寺市

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径72.6m 高さ12.3m、 前方部幅50m 高さ6.1m

周堀あり

築造時期 5C

出土品  円筒埴輪、家形、蓋(きぬがさ)、盾、靫(ゆき)、冑(かぶと)など形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 古市古墳群で数少ない墳丘に登れる古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ