古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2015年08月

今回は福島県会津若松市の前方後円墳、会津大塚山古墳を紹介します。古墳時代前期から中期に変わる頃、4C後半に築造されたと考えられています。明治新政府と戦い敗れた会津藩ですが、古墳時代の会津はヤマト王権と極めて良好な関係を築いていたようで、それは本古墳からヤマト王権から下賜されたと考えられる三角縁神獣鏡はじめ多数の副葬品が出土したことからも明らかといわれています。

郡山から山越えの後、猪苗代湖を左手に見ながら会津に向う磐越西線の車窓の向こうに、その昔、ヤマト王権と緊密な関係を有する豪族がいたとは。どのようなルートを辿ってヤマトと交流が行われていたのか興味はつきません。

東北の古墳のなかでは極めて重要な位置を占める会津大塚山古墳ですが、残念ながら古墳の全体像は大塚山の森に遮られまったく見ることができません。今では森林と現代のお墓が山を埋め尽くしています。代わりに紅葉の美しさを味わって頂ければと思います。動画ですので、よくみると落ち葉の舞い散る様子も確認できます。なお重要文化財に指定されている三角縁神獣鏡はじめ出土した副葬品は市内の福島県立博物館で見ることができます。

アクセスは大塚山直行のバスはないので、会津若松駅前からコミュニティバスのあかべぇ、ハイカラさんを利用して近くまで行くことをおすすめします。駅の観光案内所で大塚山霊園に行きたいというのがよいでしょう。

PNG aizuootsukayama zu

会津大塚山古墳データ

所在地 福島県会津若松市一箕町

形状 前方後円墳

規模 墳長 114m、後円部径70m 高さ10m、前方部幅54m 高さ6m

築造時期 4C後半

出土品 三角縁神獣鏡他鏡、勾玉、管玉などの玉類、鉄剣、刀剣、鉄鏃、紡錘車

史跡指定 国指定

特記事項 後円部三段築成、前方部二段築成、後円部から二つの割竹形木棺が
みつかり、前述したものを中心に多数の副葬品が発掘された


今回は番外編としてソウルの芳荑(てい)洞古墳群を1号墳を中心に紹介します。動画でご覧頂けるように高層ビルがあたかも借景の如く映る古墳公園です。残存する8基の円墳はいずれも小型で、日本の巨大な前方後円墳に見慣れた者からすると物足りなさを感じざるを得ません。しかし、1号墳の石室(整備、修復)の石組はなかなかに見応えがあります。カーブは急ではありませんが、四面の壁が次第に狭まり、上から板石を置く築造方法(持ち送りというようです)を採っています。築造時期は三国時代、百済が高句麗の攻勢に遭っていた4C半ばから5C後半の百済前期(漢城に都があった時期の百済)のものではないかといわれています。解説板によれば盗掘されており遺物はほとんどなかったようです。したがって築造時期の特定はもっぱら石室の構造によるようです。日本の時期区分でいえば前期末から中期にかけてということになるでしょうか。

 アクセスは地下鉄5号線(紫のライン)でオリンピック公園の次の芳夷駅から徒歩で15分ほど。3番出口をあがると大きな通りがあります。その通りを南にくだり一つ目のゆるやかなカーブを道なりに右折し、一つ目の信号を越えた右側にこんもりとした森がみえます。

そこが芳荑洞古墳公園です。

PNG houteidou zu

今回は石室が貴重な京都府向日市にある物集女(もずめ)車塚古墳です。京都の太秦(いずれアップする蛇塚古墳がある)から南に8kmほど下った物集女街道沿いにある5C半ばに築造された墳長46mの前方後円墳です。中規模の古墳から想像した石室とは違って動画23でご覧頂ける見事な横穴式石室と石棺でした。天井の大きな板石の一部は大王の石棺で用いられた竜山石が使われていることからもこの被葬者の地位の高さが想像できます。
   説明によれば6C当時、この地域は弟国(おとくに、現在は乙訓と書く)と呼ばれ、継体天皇が弟国宮を築いた所だったことから、被葬者は継体天皇に仕えた人物であったのではないかということでした。継体天皇の真陵といわれる高槻市の今城塚古墳(いずれアップします)の石棺の一つは竜山石が用いられていたことを思い出しました。

アクセスはJR東向日駅から物集女街道に出て北に上がったところにあります。徒歩で駅から15分ほどです。一度目は石室を見れなかった冬に訪れ、今回は、一般公開に合わせての再訪です。十分その価値はありました。公開スケジュールは向日市のHPで確認できます。

PNGmozumekurumazuka zu

 今回は円墳として全国一の規模を誇る埼玉県行田市の丸墓山古墳です。日本一の円墳が畿内ではなく東国にあるというのは不思議です。もっとも古墳の形状からいえば、既にご紹介したように前方後円墳、前方後方墳、方墳、円墳、方墳の順で格付けがなされていました。同時に墳形が大きいほどランクが高かったことも知られています。次の点も不思議です。なぜ、さきたま古墳群中、5C後半築造の稲荷山古墳につぐ6C前半に造られた二子山古墳(8月9日アップ)が前方後円墳なのに、同時期に造られた丸墓山古墳が円墳、それも日本一の規模だったのか。興味はつきません。この点は、さきたま史跡の博物館のHPの記述ですが、まったく同様の感想を持ちました。ヤマト王権と埼玉古墳群の被葬者は密接な関係があることは国宝 稲荷山金錯銘鉄剣の発掘から明らかとなりましたが、そのあたりのエピソードと日本一の円墳と関係があるのでしょうか。

 その大きさですが、動画でご覧のように周辺が整備されているので、さほどの威圧感はありません。墳長90mと、15m小さい朝来茶すり山古墳のほうが大きい感じもします(710日アップ)。それはともかく、実に優美な墳形であることは動画からも十分お分かりいただけると思います。

アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車。徒歩15分のルートを使いました。

PNG maruhakayama zu

丸墓山データ

所在地 埼玉県行田市埼玉

形状 円墳

規模 墳径 105m 高さ189m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、人物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 円墳では全国一の規模


古墳の動画を前期に築造されたと考えられるものだけ集中してみるのも興味深いのではないでしょうか。アップの順番は動画のストックがあるなど恣意的な理由が大きいですが、それでも、前期の段階で前方後円墳、後方墳の築造が地域的に広がりを見せていることがわかります。もっとも時期区分は色々な考え方があります。ここでは広瀬和雄さんの時期区分に従って3C半ばから4C後半ごろとしています。加えて、個々の古墳の築造時期についても議論がわかれていることも御承知のとおりです。アップの日付をクリックして頂くと該当の古墳の動画がみれます。


 

日付

名称

所在地

 

墳形

1

5/18

箸墓

奈良


前方後円

4

5/21

赤塚

大分


前方後円

7

5/25

久里双水

佐賀


前方後円

10

5/31

秋葉山1号 4

神奈川


前方後円 方

13

6/4

稲荷前16

神奈川


前方後方

16

6/8

赤土山

奈良


前方後円

19

6/11

浦間茶臼山

岡山


前方後円

22

6/16

黒塚

奈良


前方後円

25

6/21

西山

奈良


前方後方

28

6/26

大安場

福島


前方後方

31

7/1

甲斐銚子塚

山梨


前方後円

34

7/5

昼飯大塚

岐阜


前方後円

37

7/13

皇子山

滋賀


前方後方

41

7/21

牧野車塚

大阪


前方後円

44

7/27

前橋八幡山

群馬


前方後方

47

8/4

ホケノ山

奈良


前方後円型

50

8/11

森将軍塚

長野


前方後円

53

8/20

禁野車塚

大阪


前方後円

 今回紹介するのは枚方市の禁野(きんや)車塚古墳です。訪れたのは冬でしたが、公園は雑木林の山の後円部に殺風景なグランドが広がっているだけで少々がっかりしました。しかし、説明板によれば2008年の調査で墳長は、考えられていたよりも長い120mに達し、前方部は箸墓古墳と類似するバチ型であることが明らかになったそうです。前方部側に位置する天野川流域の大阪府で最古期(4C初頭)にまで遡れる重要な前方後円墳です。よく整備管理された牧野車塚古墳のあとに訪ねたこともあって、それほど重要な古墳であれば、もう少し整備すればよいのにと思いました。荒れ果てたままになってしまうとすればとても残念です。

 アクセスは京阪電鉄交野線宮之阪駅から徒歩で5分です。線路沿いに南に下り線路を渡れば古墳のある公園です。

PNG kinyakurumazukakofun zu

禁野車塚古墳データ

所在地 大阪府枚方市宮之阪

形状 前方後円墳

規模 墳長 120m 後円部径 63m 高さ9.9m、前方部幅55m 高さ4m

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 大阪府で最古期に築造された前方後円墳



 

 今回の七興山古墳は201558日にアップした白石稲荷山古墳と同様、群馬県藤岡市の白石古墳群に属します。時期的にはこちらが新しいそうです。古墳公園として整備された七輿山古墳ですが、周囲に墳丘を遮る高い建物が見えず墳長145m以上の大きさを感じさせます。そのあたりの雰囲気が動画で伝わっているとよいのですが・・・。七興山古墳が築造されたと考えられる6Cの前半期には、畿内では継体天皇の真陵ではないかといわれている大阪府高槻市の今城塚古墳(宮内庁の治定は茨木市の太田茶臼山古墳)が造られています(いずれアップします)。

 もっとも、つい最近アップした森将軍塚古墳のように埴輪を含め復原しているわけではありません。墳丘はご覧のように桜を含めた雑木の林ですが、それでも周濠を含めた全体像はなかなかに迫力があります。敢えて桜の季節を避けましたが、それはそれで美しいことでしょう。今城塚古墳は出土した大規模な埴輪列でも有名ですが、この七興山古墳でも円筒、朝顔、馬、人物、盾等豊富な埴輪が発掘されています。             

アクセスですがJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口です。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というコースがベストです。ただしコミュニティーバスの本数は少なく注意が必要です。時刻表はネットで検索できます。

PNG nanakoshiyama zu

七興山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 前方後円墳

規模 墳長145m、後円部径87m 高さ16m、前方部幅106m 高さ16m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、朝顔、人物、馬、盾など各種埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 円筒埴輪は径50㎝、高さ1mの大型品


既に紹介した兵庫県加古川市の墳長99mの行者塚古墳と同じ西条古墳群に属する人塚古墳と尼塚古墳です。ともに円墳で、人塚は径50m、高さ9m、尼塚径51.5m、高さ6m。残念ながらともに付属されていた造り出しは(人塚は南西部、尼塚は東南部)現在の墳丘からはうかがい知れません。おそらく復原された行者塚古墳の造り出しと同様のものだったのでしょう。この造り出しを短い前方部とみなし帆立貝型前方後円墳と考えるむきもあるようです。ともに周濠が確認されています。
   現地にいけばよくわかりますが、住宅地の角を曲がると小さな公園がありそこに古墳が鎮座しているという感じで、既に削平された古墳が多数あったに違いないことがよくわかります。数ははっきりしませんが数十基の小古墳が加古川流域の西条古墳群を形成していたようです。短すぎる動画なので66日にアップした行者塚古墳とセットでご覧ください。

アクセスは加古川駅北口から神姫バスに乗り20分ほど「山手2丁目」で下車し、進行方向に左斜めに入る道があり直進するとまず人塚古墳が見え、次に尼塚があります。行者塚古墳はその左手に位置します。バスは1時間に一本ほど。

PNG hitozuka amazuka(rre)

人塚 尼塚古墳データ

所在地 兵庫県加古川市西条山手

形状 円墳(造り出しつき)

規模 人塚径50m 高さ9m、尼塚径51.5m 高さ6m

築造年代 5C前半

出土品 埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 


  今回は長野県千曲市の有明山の山頂近く、標高490mにある森将軍塚古墳です。古墳築造の大きな目的が権力の見せつけであるとすれば、現在でもそれが確認できるという点で森将軍塚古墳ほど相応しいところも少ないのではないでしょうか。動画1でお分かりのように上信越道屋代のバス停から、その姿をはっきりと捉えることができます。

 二度目の訪問になりましたが今回も見事に整備された古墳に驚かされました。ボランティアガイドさんの話では、専門業者に加えボランティアの方々が定期的に草取りをしているのだそうです。昭和40年代の高度成長期に土砂採石がはじまり古墳の保存運動が市民、研究者、行政によってなされたことと無関係ではないと思います。

 それにしてもなぜ森将軍塚なのか。それは全国に数多くの将軍塚と名のつく古墳があり、ここ埴科(はにしな)古墳群にも、有明山、倉科、土口が頭についた将軍塚古墳があるからだそうです。この地名、森にちなんで森将軍塚と呼ばれているそうです。

 尾根を利用して造られた墳丘は動画6でもおわかりのように山側は直線になっていて、これまでの前方後円墳とはかなり趣が異なります。Yahooの地図、空撮した画像からも明瞭にわかります。

変わっているといえば動画5でも一部を紹介している小さな墳墓が墳丘周囲に60基を越えてあることです。縁の深い関係者が陪塚(ばいちょう)という形で主葬者の墳墓の近くに墓を設けることは知っていましたが、これほど集中しているのは見たことがありません。

 肝心の被葬者の葬られた後円部の石室ですが麓のガイダンス施設森将軍塚古墳館で精緻なレプリカがみられます。盗掘穴から、上部からと石室をさまざまな角度からみることのできるよくできたレプリカです。

 アクセスは私の場合は新宿から京王高速バス、善光寺平大門行に乗り上信越道屋代で下車。そこから古墳館まで徒歩で5-6分でした。一時間に一本出ています。前回は古墳まで歩きましたが3-40分かかったので、今回は古墳までのバスを利用しました。時間があれば徒歩をお勧めします。他のアクセス方法は古墳館HPに詳しいです。

PNG morishougunzukakofun zu shuuseiban
森将軍塚古墳データ
所在地 長野県千曲市大字森字大穴山
形状 前方後円墳規模 墳長100m、後円部径45m 高さ10m、
前方部幅30m 高さ4m(いずれも約)
築造時期 4C央
出土品  三角縁神獣鏡の破片、 鉄製鎌・ノミ、鉄製鏃、鉄剣、鉄刀、勾玉、
管玉等玉類
史跡指定 国指定
特記事項 後円部のほぼ中央にある割石小口積の竪穴式石室は、
二重に築かれた石垣状の墓壙の中に設けられている。
石室は全長7.7m、幅平均2m、深さ2.1mを数え、その四隅が丸く作られている
(国指定文化財等データベースの森将軍塚の説明より)。

 今回は埼玉県行田市にある国宝稲荷山鉄剣が発掘された埼玉古墳群の中で最も大きい二子山古墳です(二子山古墳は全国にあり、先日アップしたのは群馬県のものです。動画1では頭に「さきたま」を入れています)。墳長は138mあり、大仙古墳(仁徳天皇陵)の形状によく似ているとされています。四分の一を一回り大きくした感じになります。大仙古墳はこんもりとした樹木に覆われ墳丘を見ることはできませんが、今回のさきたま二子山古墳からその姿を想像することができるのではないでしょうか。

現在では水を抜いた二子山古墳の周濠を一回りすると後期古墳にみられる前方部のほうが後円部よりも高い独特の形状がわかります。はじめは、後円部と前方部を取り違えたほどでした。調査の結果、大きな円筒埴輪が多数発掘されたそうで、この墳丘に埴輪が並ぶ様はさぞかし見せるという古墳の役割に応えるものだったのではないでしょうか。残念なのは築造当時、そもそも空堀だったということですから致し方ありませんが、水をたたえた周濠と墳丘のコントラストはそれは美しいものでした。墳丘が濠の水に浸食されてしまい今回の水抜きが行われたそうです。

 二子山古墳からは至近距離の埼玉県立さきたま史跡の博物館は必見です。稲荷山古墳から発見された国宝の115字の文字が刻まれた金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)を裏表から存分に見学できます。稲荷山、将軍山等他の古墳も随時アップしていきます。ご期待ください。

PNG sakitamafutagoyamakofun zu

さきたま二子山古墳データ

所在地 埼玉県行田市埼玉

墳形 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径70m 高さ13m、前方部幅90m 高さ14.9

築造時期 6C前半

出土品 円筒、人物埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 国指定(さきたま古墳群として)

特記事項 二重の内堀 墳形は大仙古墳に酷似


↑このページのトップヘ