古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年07月

 梅雨明けした関東は雷雲の発生が続いています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回は古墳訪問のタイミングについてお話しましょう。これまでも折に触れボヤキのような形で書きましたが、夏は総じて古墳踏査には向いていないことを実感しています。雑草が生い茂って全く墳丘の形がわからないのです。
 先日も、静止画像しか撮っていなかったさきたま古墳群に出かけましたが一部を除き撮る側の一方的な立場からすれば残念の一言でした。数年前の冬、見事に復元された古墳群に感動した記憶があるので尚更のことでした。もちろん、築造されてから現在に至るまでの間に単なる雑木林の小山と化した全国の大半の古墳、それどころか開発のために消滅した古墳に比べれば雑草の生い茂った復原古墳でも、古墳の被葬者にとり幸せかもしれません。草刈りも我々の税金ということも考えないといけないのかもしれません。年に二、三回の草刈りのタイミングと合う幸運を考えながら、古墳踏査を続けます。

ロッテタワーが借景になった石村洞古墳群
 今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。百済が漢山城(漢城)にあった時代の古墳で、百済の王族の墓といわれています。約300の古墳が造られていたようですが、日本同様に開発によって大半が失われ、現在では8基のみが公園として保存されています。
 動画で見て頂く3号墳、4号墳の積石塚と小規模の墳丘土壙墓が残されています。一辺約50mある3号墳と17m4号墳では造られ方が異なるようで、前者は積石により後者は積石の間に土を充填しているそうです。規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓(4C末か)ではないかといわれています。日本でも話題となったことのある積石塚の実物を修理が施されているとはいえ目の当たりにして何ともいえない感慨を覚えました(撮影2015年7月30日と2017年7月23日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

階段ピラミッド型の墳丘が確認された古墳
 今回は馬子の墓といわれる石舞台古墳から500mほど南方に下ったところにある都塚古墳です。長さ12mの巨大な石室を有する6C後半に築造されたと考えられる終末期古墳です。田畑の中にポツンとそれはありました。これまで発掘されたことのない階段ピラミッド状の巨大方墳ではないかと2014年に報じられた話題の古墳です。上部の墳丘部分は段状に石が積まれ、四段確認されているそうで、さらに数段増えると推定されているそうです(明日香村教育委員会作成のパンフレット、20148月)。現地説明会のあと埋め戻されていますので、階段状遺構は目にすることはできませんでしたが、前方後円墳が築造されなくなった時期の古墳として、その詳細が待たれます。はじめて訪れた私にとり、巨大な凝灰岩製の家形石棺を見ただけで十分に満足しました。アクセスは飛鳥駅からコミュニティーバス(赤カメバス)で石舞台まで行き、10分ほど歩いたところにあります。一時間に一本程度出ています(撮影2015年2月12日)
PNG miyakozuka zu




 

都塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡明日香村高庄

形状 方墳

規模 41m(東西)×42m(南北) 高さ 約4.5m

築造年代 6C後半

出土品 土師器、須恵器、鉄刀、鉄鏃、鉄釘など鉄製品

史跡指定 

特記事項 説明で触れたように発掘調査の結果、階段状の石積みが

確認された。また、横穴石室の長さは12.2m、羨道長6.9m、幅約1.9m-2m

高さ約2m、玄室長5.3m、幅2.8m、高さ3.55m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 石室排水溝がわかる復元古墳
 今回紹介する古墳は清水港を一望できる丘の一角にある墳長65mの前方後円墳、三池平古墳です。おそらく築造当時、海はもっと間近にあったでしょう。想像以上によくできた復元古墳でした。とりわけ発掘された石室を後円部の墳頂に、また石室からの排水溝を地上に再現しているところは印象的でした。鏡などの副葬品とともに成人男子の骨も残っていたそうです。排水溝をこのように復原した古墳ははじめてみましたが、5C初めと考えられる当時の技術の高さを物語っているといえるのではないでしょうか。既にいくつもの石室を紹介しましたが、石室を含め古墳築造は土木技術の粋を集めたのものといえます。

 JR清水駅から静バス庵原線で15分。トレーニングセンターで下車。バス停前の駐車場から古墳にあがれます。色々な角度から古墳を撮影してみました。楽しんでご覧ください(撮影2016年6月29日)。

PNG miikedaira zu

三池平古墳データ

所在地 静岡県静岡市清水

形状 前方後円墳

規模 墳長65m 後円部径43m 高さ5m 前方部幅36m 高さ3.2m

築造時期 5C前半

出土品 石棺内部で石釧、小玉、管玉が、石棺外側では、鏡(変形方格規矩四神鏡、

四獣文鏡)、筒形銅器、武具、農具

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂部の竪穴石室内の石棺内部は朱が施され成人男子の骨が残されていた


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ