階段ピラミッド型の墳丘が確認された古墳
 今回は馬子の墓といわれる石舞台古墳から500mほど南方に下ったところにある都塚古墳です。長さ12mの巨大な石室を有する6C後半に築造されたと考えられる終末期古墳です。田畑の中にポツンとそれはありました。これまで発掘されたことのない階段ピラミッド状の巨大方墳ではないかと2014年に報じられた話題の古墳です。上部の墳丘部分は段状に石が積まれ、四段確認されているそうで、さらに数段増えると推定されているそうです(明日香村教育委員会作成のパンフレット、20148月)。現地説明会のあと埋め戻されていますので、階段状遺構は目にすることはできませんでしたが、前方後円墳が築造されなくなった時期の古墳として、その詳細が待たれます。はじめて訪れた私にとり、巨大な凝灰岩製の家形石棺を見ただけで十分に満足しました。アクセスは飛鳥駅からコミュニティーバス(赤カメバス)で石舞台まで行き、10分ほど歩いたところにあります。一時間に一本程度出ています(撮影2015年2月12日)
PNG miyakozuka zu




 

都塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡明日香村高庄

形状 方墳

規模 41m(東西)×42m(南北) 高さ 約4.5m

築造年代 6C後半

出土品 土師器、須恵器、鉄刀、鉄鏃、鉄釘など鉄製品

史跡指定 

特記事項 説明で触れたように発掘調査の結果、階段状の石積みが

確認された。また、横穴石室の長さは12.2m、羨道長6.9m、幅約1.9m-2m

高さ約2m、玄室長5.3m、幅2.8m、高さ3.55m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村