古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

2015年06月

  今回の蛇穴山古墳は624日にアップした群馬県総社町の宝塔山古墳からわずか100mほどしか離れていません。宝塔山古墳は石室の切石が見事でしたが、ここ蛇穴山古墳の石室も、まさか1300年以上も前に造られたとは思えないほどの巧みな石材加工技術がみてとれます。同じ石工の手になるものなのでしょう。

  ただし、動画でおわかりのように一回り小さな方墳という点で共通していますが、石室自身の形状は全く違います。これまでいくつか紹介した横穴石室は長短の差はあれ羨道(被葬者の棺を納める玄室につながるトンネル状のもの)が存在していましたが、どういうわけかそれはなく、玄室がいきなり現れます。玄関の扉を開けたらいきなり居間という感じでしょうか。その代り、これも動画でおわかりのように石室前に、八の字状の空間が広がっています。



 アクセスはJR上越線群馬総社駅で下車、線路に並行して走る上毛三山パノラマ街道を南に下り総社公民館を目指してください。その真裏にあります。



蛇穴山古墳データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 39m 高さ5m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 両袖型横穴石室。説明で触れたように羨道はない。

玄室は全長3.0m、幅2.57m 高さ1.8m

PNG jyaketsuzan zu

 いったい古墳がいつ頃造られたかを決めるのはどのような要素なのか。古墳時代に興味をもちはじめた誰もがまず思い浮かべる事柄でしょう。私もそうでした。西暦何年に造られたか実年代を特定することは文字史料もないなかで難しい。そうしたなかでA,B,C,Dの古墳が、BよりはAが古い。四つのなかではDが最も古く造られたかを決める方法は確立しています。この順番を決める編年は考古学の場合、埋葬施設、土器、埴輪、鏡や刀剣類の副葬品等の形式等に加えて年輪年代法や炭素14年代法とよばれる化学的手法との合わせ技で決めているのだそうです。炭素14年代法は、保存されていた組織を分析して、炭素全体の内C14が占める割合を測定することで、その生物が死滅してからの期間を考えるといわけです。なるほどそういうことだったのかと思いました。

 
 ただ発掘調査は全面的に行われているわけではありませんし、A古墳とB古墳、さらにC古墳が同じレベルで調査が行われているわけではありません。もっとも畿内の大規模な前方後円墳が宮内庁の陵墓指定のために発掘は事実上不可能ですし、開発が進み同一の基準で調査を行うことは困難という事情があります。そうした点に加えて専門家は編年の難しさについて次のようなわかりやすい説明をされています。橿原考古学研究所の今尾文昭さんです。


 「古墳の編年というものは、副葬品や供献品として使われた土器、墳丘をめぐる埴輪、それから銅鏡の種類、あるいは前方後円墳の設計、墳丘規格、立地など、いろいろな要素を判断して「これが新しい、これは古い」と考えるわけです」「けれども、考古学資料は残されてきたのも偶然だし、発掘調査等で内容が明かされるのも偶然です。だから、みな同じ条件で一斉に比較検討することは難しいわけです」「発掘調査されても盗掘があってデータが揃わない。過去に発掘調査がなされてもその精度に較差がある場合、古文書の残り方とも似ていますが、同規模、同一地域の古墳でも情報に不揃いがあるのです。だから不揃いの部分は、相互に補い評価を加えて列につなぐわけですから、研究者によって古墳の築造順が逆転したりします」(今尾文昭、「西殿塚古墳が提起する問題」81-82頁。白石太一郎、今尾文昭他著、天皇陵古墳を考える、学生社、2012年)

今回はつい最近アップした天乞山古墳(方墳)とともに木村古墳群を形成する滋賀県東近江市の久保田山古墳を紹介します。円墳です。

 

幾ちゃんのこだわりで触れたように古墳時代の序列では前方後円墳が最上位、ついで前方後方墳、方墳、最後に円墳というのが通説のようです。その見方からすれば地方の豪族、それも最も有力者ではなかったということになるのでしょう。でも復原された二段築成、直径57m、それも二つの造り出しつき葺石で覆われた円墳をみると、半端ではない権力者だったのではないかと思えてきます。それは、未盗掘古墳として有名になった墳長70mの雪野山古墳を含め、このあたり一帯に築かれた4Cから6Cにかけての数ある古墳の中では大規模なものといってよさそうだからです(データは方墳の天乞山古墳墳頂の説明板)。

 

周囲はどこまでも続く平野という感じですが古墳築造には不可欠な河川、日野川が南西方向1kmのところにあります。築造時期は天乞山古墳よりは5C前半でも少々あとになるようです。

 JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です。


PNG kubotayam zu

  前方後円墳が全国で5000基程度といわれる中で今回紹介する大安場古墳を含め前方後方墳は圧倒的に少なく約200数十基を数えるにすぎないようです。その割にはこのブログでアップした前方後方墳は多いかもしれません。西山古墳(奈良)、稲荷前16号(神奈川)、秋葉山4号(神奈川)がそうですし、これからアップする予定のなかにも畿内以外の東日本、東海を中心に前方後方墳がいくつかあります。残念ながら詳細な発掘調査が行われたあと取り壊しが決まった沼津市の高尾山古墳(日経新聞、527日に詳しい)もそうです。その記事のなかで桜井市纏向学研究センターの所長寺沢薫さんが次のようなわかりやすい説明をしています。「古墳にはしっかりした規格が存在する。ヤマト王権との政治関係を知りうる資料で、前方後円墳と前方後方墳の関係は徳川幕府の譜代大名と外様大名のようなもの。その意味で東日本に前方後方墳が多いのは当然」 


 今回の前方後方墳、大安場古墳は郡山市を流れる阿武隈川を支配していた豪族のものだといわれ、墳長83mは東北最大です。標高250mの丘陵を平地からみると、巨大な墳丘が否が応でも目に入ります。さぞかし有力者だったのでしょう。外様であっても(であるからこそ)ヤマト王権との関係を残したかったのかもしれません。王権からの贈られたとされる腕輪形の石製品「石釧(いしくしろ)」が、大刀や剣などの武器、鉄斧や鎌などの農耕具とともに副葬されていました。


 史跡公園としての整備状況は驚くほど丁寧で、入場無料のガイダンス施設も展示内容が充実しています。
アクセスは郡山駅バス乗り場2番ポールから東山霊園、馬場行きなどで金屋下車。バスの進行方向に進み一つ目の信号を左折すると正面に墳丘がみえます。徒歩で10分ほど。バスは2時間に一本ほど。

PNG ooyasuba zu



大安場古墳データ

所在地 福島県郡山市田村町

形状 前方後方墳

規模 墳長 83m 後方部 一辺53m高さ10m 前方部幅 44m 

高さ5.3m

築造時期 4C後(古墳時代前期)

出土品  緑色凝灰岩製腕輪形石製品、大刀、剣、槍、鎌、板状鉄斧等

史跡指定 国指定

特記事項 後方部に動画でわかるように9.2mの割竹形木棺が埋められていた。
東北では最大規模の前方後方墳


PNG ooyasuba zu

  JR上越線の群馬総社駅近くにこれほど古墳が集中しているとは驚きでした。改めて地図を見ると古代においても大河川だったと想像される利根川が1キロほどのところにあり、古墳築造にはうってつけでした。今回紹介するのは6Cから7Cにかけて造られた前方後円墳や方墳が立ち並ぶ総社古墳群の一つ、その石室の見事さでよく知られる宝塔山古墳です。


   飛鳥の地では壬申の乱も終わったであろう7C末に造られた方墳は一辺55m、高さ12m。石室は動画からお分かりのようにただただ巨大です。石室は羨道(玄室に向う道)、前室、玄室の3室からなり、全長は12mもあります。最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mを数えます。しかも奥壁、天井ともに加工された一枚板です。

 
   すぐ近くに同じく石室で知られる蛇穴山古墳があり、愛宕山古墳、前方後円墳の二子山古墳にも横穴の石室があり見学可能です。是非、ご一緒にどうぞ。それらの石室もいずれ紹介します。肝心の宝塔山古墳へは上越線に並行して走る上毛三山パノラマ街道を南に下り光巌寺を目指すとよいでしょう。古墳は光巌寺が所有しています。



宝塔山古墳データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 54m×49m 高さ12m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 両袖型横穴石室。羨道、前室、玄室の3室をもつ構造で、
全長は12.04mもあるとのこと。動画でその様子はわかると思います。
最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mです。安山岩を用いた
玄室の奥壁及び天井石は一枚の巨石を加工して、使用しいるそうです。

PNG houtouzan zu

 東海道線を大津から琵琶湖に沿って草津、野洲と進むと近江八幡駅に着きます。そこから南方向に未盗掘古墳として有名な雪野山古墳があり、その近くに今回の天乞山(あまごい山)古墳を含む9基からなる木村古墳群があります。いずれ紹介する久保田山古墳と天乞山の二基だけがどこまでも続きそうな田畑のなかに復原整備(あかね古墳公園)されています。雪野山古墳とは違い平野部に盛り土をした巨大な方墳です。


   近江鉄道バスで20分ほどあかね古墳公園前に降り立った時の感動はなかなかわかって頂けないかもしれません。周辺に遮るものが何もない青空に映える二基の古墳。巨大なモニュメントが聳えていました。古代の権力者が「見せるために」造った大建造物の真骨頂がそこにはありました。その時点(20131021日)では静止画像しか撮っていなかったので、アップした動画は再訪した最近のものです。葺石の間から下草が顔を出していたのが残念でした。


    方墳は前方後円墳、前方後方墳よりは格下の人物の墓と考えられていますが、地方豪族の墓としては堂々たる規模だったといえないでしょうか。一辺65mの天乞山古墳は5C前半に築造されたと考えられていますが、同時期に方墳では日本一の規模を誇る一辺90mの桝山古墳が橿原市に造られています。崇神天皇の皇子である倭彦命(やまとひこのみこと)の墓に比定されています。

JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です。

PNG amagoiyama zu

   箸墓古墳近くのJR桜井線の巻向から柳本、長柄そして今回紹介する西山古墳のある天理駅。三輪山を眺めながら大和の古代道路、山の辺の道を歩く人も多いのではないでしょうか。既に黒塚古墳のところでも触れましたように、その道程には大和古墳群と呼ばれる陵墓に治定されている大規模な前方後円墳がいくつもあります。いつ訪れても巨大な森にしか見えないとはいえ、どこかにその威厳さを感じさせる何かがあります。


   ところが今回の西山古墳は山の辺の道の起終点ともいわれる天理市の石上神宮そばにありながら雰囲気がかなり違います。愛らしいといったら失礼ですが親しみを覚えるなにかがあります。日本最大の前方後方墳とはいえ墳長は183mと短く、大和古墳群の景行天皇陵や崇神天皇陵に比べるとスケール感に乏しいからでしょうか。それだけではないような気がします。天理教施設内あり丁寧に保存整備されているものの、天理中学の校舎などが周囲にある点は、田畑に囲まれた大和古墳群の陵墓とは大きく違います。加えて、古墳全体が数本の樹木以外はススキの藪に覆われている点も西山古墳の特徴かもしれません。


   はじめて訪れた時は背丈ほどに伸びた緑一面のススキに阻まれて墳頂に登るのを諦めたほどです。しかし、今回の動画では天理大学の学生さんなどが懸命に草刈りをしたあとの墳丘が明瞭にみえる西山古墳をとらえることができました。スケール感に乏しいと書きましたが、どうしてどうして90mもある前方部だけでも相当の距離がありました。


   実は前方後方墳とはいえ、後方部は三段築成の一段目だけであとの二段は後円墳になっています。歩いてみてそれを明瞭に確認することはできなかったのですがYahooなどの地図にある空撮を見るとたしかに四角い後方部が円墳上のものを戴いている様子がよくわかります。それにしても前方後円墳が多数を占める畿内にあって前方後方墳の西山古墳(近くには下池山古墳などもあります)の存在は、この分野を勉強し始めた私にとっては意外でした。魏志倭人伝がいう邪馬台国と敵対していた狗奴国が美濃地方に前方後方墳を造りはじめたとのではないかと思っていたからです。西山古墳がどのような経緯で造られたのか、なぜそれが前方後方墳だったのか知りたいことは山ほどあります。


   アクセスは天理駅から徒歩で20分ほどです。天理高校の正門前を南方面に200mほど歩くと道が左に緩やかにカーブします。その辺りから正面に墳丘が見えます。
PNG nishiyama zu




西山古墳データ

所在地 奈良県天理市杣之内町

形状 前方後方墳

規模 墳長183m 後方部90mの正方形(中段の後円部径72m

高さ15m、前方部幅約45m 高さ10m

出土品 鏡、石鏃、鉄製刀剣類の破片、管玉、形象埴輪等

史跡指定 国指定

特記事項 前方後方墳だが後方墳は一段目だけでそのうえに後円部が乗る特異な形状。埋葬施設は後方部に竪穴石室

 

今回は以前紹介した奈良の市尾宮塚古墳のすぐ近くにある市尾墓山古墳です。後期の6C前半に造られたと考えられる前方後円墳は墳長65mしかありませんが、それ以上の規模に見えるのは不思議です。動画3を篤とご覧ください。水田の中に浮かぶように聳えるその姿は遠くからも明瞭にわかる見事な二段築成の墳丘です。市尾宮塚よりも一回り大きく築造時期もやや早めのようです。後円部の石室には宮塚と同様に刳抜式家形石棺が置かれていますが、残念ながら小さな窓越しからしか見ることができず、動画は断念しました。

 

 盗掘されてはいたもののガラス玉・水晶玉などの玉類、馬具、刀、鉄鏃、円筒埴輪など多数の副葬品があったことが発掘調査で明らかになっています。墓山、宮塚両古墳の被葬者は、巨勢氏の支配地域だったことから巨勢谷とよばれるこの地域の関係豪族だったのでしょう。この古墳が造られたあと暫くして最後の巨大古墳である五条野丸山古墳が築造されます。

 

近鉄市尾駅から徒歩で10分ほど。北方向に歩き一つ目の信号を左折すると市尾郵便局が見えます。それを越えて右手に古墳は位置しています。


PNG re ichiohakayama zu

 今回紹介するのはいよいよ東京の古墳です。といっても墳丘が素人の目からみても古墳とわかるのは5C中頃に築造されたといわれる野毛大塚古墳しかありません。今でこそ開発の波が押し寄せ削平されたところが多いとはいえ東京、旧国の武蔵の多摩川流域には多数の古墳が前方後円墳をはじめ存在していました。いずれ紹介する前期の多摩川古墳群も、雑木林が生い茂ったままですが長期にわたり墳墓が築かれてきました。

 

肝心の野毛大塚古墳は遠くから見ると円墳にしか見えません。しかしよく見ると北側に短い前方部がついていることがわかります。長さは15mです。後円部が82mですから、いかにもアンバランスで、上から見ると帆立貝にそっくりです。専門家はこの形式を帆立貝式前方後円墳と名づけました。この様子は動画4でじっくり見ていただけます。なるほどという感じです。


 それにしてもなぜ本格的な前方後円墳ではないのでしょうか。専門家の池上悟さんはこの点について「在地首長墓の前方後円墳から帆立貝式(円)墳への転化は、決して内在的な要因で決定されたものとは考えられない。地方勢力の糾合を基盤として覇権を争った畿内有力諸集団の動向を鋭敏に反映した事業として理解されるところであり、河内王権に直像した地域勢力の扶植として位置づけられよう」(池上悟「多摩川流域における首長墓の様相」、季刊考古学別冊15 武蔵と相模の古墳、2007年)と分析しています。


いささか難しい記述と思われるかもしれませんが、要は、被葬された首長が勝手に帆立貝式に決めたのではなく、5Cに中央集権を確立し超大型の前方後円墳を築き続けていたヤマト王権が地方の首長を影響下に置いた証として帆立貝式の前方後円墳の築造を認めたということなのでしょう。実に興味深いですね。当時の野毛の地域は中央のヤマト王権と密接な関係を有していたということになります。それは、甲冑、鉄剣、直刀、鉄鏃はじめ豪華な副葬品からも明らかです。


 古墳は東急大井町線上等々力駅から歩いても15分ほどのところにあります。駅を南に500mほど下り等々力不動尊の信号(環状八号線)を右折して400mほどの左手の玉川野毛町公園内にあります。駐車場とテニスコートがみえます。野毛大塚公園のワンブロック手前には、等々力渓谷公園があり小規模な終末期の横穴石室も見ることができます。

PNG nogeootsukakofun zu 修正の最後






このブログで紹介している数多くの古墳ですが、その古墳の被葬者の身分、そして古墳の形式や規模との関係はどのようなものだったのでしょう。この点が明確になると、ご覧いただいている古墳の動画もさらに興味深いものになるのではないでしょうか。ここに、専門家のわかりやすい説明がありますので、それを紹介しながら私も確認をしたいと思います。都出比呂志さんがお書きになった「古代国家は成立したか」(岩波新書、2011)の68頁から70頁にかけての記述です。

 


「地方の有力首長は、頂点に立つ中央政権の下で、権力構造に組み込まれました。権力構造に組み込まれるということは、権力構造のなかで身分が定まるということです。」「それは古墳の形で表現されたのです。」よく知られているように前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳の四つの基本形がありますが、都出さんは「同じ墳形にも規模の差があり」「したがって、被葬者の身分は墳形と規模との二重の基準で表現されたと考えます」と述べておられます。

 


 こうしたことを前提に「これまでアップした古墳一覧に記された墳形、規模」に注目されるとまた興味深いのではないかと思います。さて都出さんは次のようなことも述べておられます。

 


「古墳時代の身分秩序は、奈良時代の律令国家の身分秩序と同じなのでしょうか。同じではないでしょう。律令国家の身分秩序は、上から一方的に任命する関係でした。これに対して古墳時代の身分秩序の決定は、中央政府の関与も当然ありますが、実質的には、実力のある首長どうしがお互いに身分を相互承認し合う関係ではないかと考えています。少なくとも前方後方墳が存続する四世紀末まではそうだと思います。」

 


これは非常に説得力のある指摘でなるほどと思って読みました。「上からの一方的な任命ができるほど強力な中央政権ならば、有力首長墓の形は、中国の殷や周のように、王墓が縮小された形に統一され、日本ではすべて前方後円墳の縮小形になるでしょう」ともいわれています。

↑このページのトップヘ