古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

2015年05月25日

墳丘がよく残る登れる前方後円墳 
 今回は佐賀県唐津市の前期古墳、それも最初に紹介した箸墓古墳からさほど時を経ずして築造されたと考えられる久里双水古墳です。畿内中心に前期古墳は展開されたと思われがちですが必ずしもそうではないことが赤塚古墳や今回の久里双水古墳からもお分かりいただけるかと思います。松浦川沿いの丘陵の先端に築かれた墳長は100mを少々超える大きさです。草に覆われた墳丘(古墳公園として整備)は遠くからでも確認でき、墳頂に登ると否が応でも唐津平野が目に飛び込んできます。二度目の訪問は春の嵐に見舞われましたが、動画に見るように雲がたなびく墳頂からの景色はなかなかのものでした。

短いものばかりですので全てご覧頂ければ当日の古墳の様子がわかるかと思います。この地は魏志倭人伝にある末盧(まつら)国ともいわれていますからこの大古墳に葬られた被葬者は、その関係者だったのでしょう。石室のレプリカもみることができます。周囲には双水柴山古墳群、双水迫古墳群など多くの古墳があります。
 JR山本駅から徒歩で15分。JR九州唐津線山本駅まではJRよりも西鉄天神バスターミナルから昭和バスの高速バスのほうが便利でお勧めです。バスも203号線沿いにある山本駅に停まります。天神から来た場合、203号線の唐津市山本の交差点まで戻って(400mほど)右折し、橋を渡ったところを左折するとすぐに双水の信号があり、そこが公園の入り口です。動画1は橋からとったものです(撮影2018年3月18日)。




久里双水古墳データ

所在地 佐賀県唐津市双水

形状 前方後円墳

築造時期 3C

規模 墳長108.5m 後円部径62.2m 高さ10.5m  前方部幅42.8m 高さ8.5m

史跡指定 唐津市史跡

出土品 盤龍鏡 管玉 刀子

特記事項 後円部の竪穴式石室は砂岩板三枚で覆われ、内部は砂岩や玄武岩を
粘土と交互に積み上げられていた。内径 長さ2.5m 幅0.9m 高さ1.0




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

わかりやすい横穴石室
 今回ご紹介するのは奈良の御所市近くの市尾の古墳です。後期の6C中頃に造られた比較的小規模の前方後円墳、市尾宮塚古墳です。歩いてもすぐ近くにある、時代的には少々遡る市尾墓山を先に紹介すべきでしょうが、私の好みでこちらを先行させます。天満神社の境内に隣接する木立に見え隠れする古墳の凛とした姿は荘厳そのものです。ずいぶんと古墳を訪ね歩きましたが、こうした気分になったのははじめてのことでした。
 墳長は44mしかないので、既に紹介した超大型の前方後円墳の五条野丸山古墳の七分の一ほどの大きさということになります。時代的には市尾宮塚古墳のほうが古いそうです(全国古墳編年集成)23mの後円部には市尾墓山同様に両袖式の横穴石室があり、内部には凝灰石製の刳り抜き式の家形石棺が置かれています。修復後の姿とはいえ動画をご覧頂ければわかりますが、太刀や馬具など豪華な副葬品とともに葬られたのはどのような人物だったのか想像をかき立てるに十分な重厚さです。
 巨勢谷とよばれるこの地域は、巨勢氏の支配地域だったようで、おそらく宮塚、墓山の被葬者も関係豪族だったのでしょう。また、飛鳥、大和地域に古くに定住した渡来人の多くも紀ノ川経由でこの巨勢谷を行き来したといわれていますから朝鮮半島の影響も大きかったようです。
近鉄市尾駅から徒歩で15分ほど。天馬神社を目指すとよいでしょう(撮影2015年4月16日)。

参考文献 石野博信編 全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995年)




市尾宮塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡高取町大字市尾
形状 前方後円墳
築造時期 6C中頃
規模 墳長 44m 後円部径23m 高さ7m 前方部幅24m  高さ4.5m
出土品 金剛装の太刀・馬具・鈴・耳環、金銀の歩揺、鉄製の
小札・鉄鏃、水晶やガラス製の玉と土器など
史跡指定 国指定
特記事項 後円部の石室は長さ11.6m玄室は長さ6.2m、幅2.5m、
高さ3m、羨道は長さ5.4




 



↑このページのトップヘ