古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

  9月に入り猛暑が一段落。秋雨前線の停滞で東京は肌寒いほどの陽気です。皆さんは如何お過ごしでしょうか。お気づきの方もおられるかもしれませんが、このところアップしてきたのは、古墳動画を撮り始めた2015年以降で、いずれアップしようと後回しにして、結局し忘れたものが中心でした。編集前の動画をひっくり返してみると、あれも忘れていた、これも忘れていたとびっくりです。

まだ作業は半ばですが、9月からはできるだけ最近訪ねた古墳を紹介しようと思っています。

 なお、最近まで3本ないし4本の動画を一つの古墳についてアップしていたものを統合版と称して一本にまとめる作業も進めています。つなげてみると短いもので130秒ほど、長いもので3分程度になっています。最近作業を終えたものを以下にあげておきます。古墳名をクリックすると

直接、飛べます。

 

下侍塚古墳(栃木)

寺崎白壁塚(奈良)

桜井古墳(茨城)

大鳥塚古墳(大阪)

梵天山古墳(茨城)

角塚古墳(岩手)

造山古墳(岡山)

作山古墳(岡山)

生目5号墳(宮崎)

西山古墳(奈良)

童男山22(福岡)

白山神社古墳(千葉)

 

 また、ブログの初めのほう(2015822日)に「前期古墳を集中してみる」というコラムを書いていますが、18基の古墳名を並べただけで、直接当該古墳に飛ぶことができませんでした。これも飛べるように手直ししました。ご覧になりたい方は「前期古墳古墳を集中してみる」をクリックしてみてください。

完成度の高い岩橋(いわせ)型石室に思わずため息!


 和歌山市の国の特別史跡の岩橋千塚古墳群から南へ5㎞ほど下ったところに今回の室山1号墳(7基からなる室山古墳群)はあります。現在の和歌山県海南市の黒江駅(JR紀勢本線)からすぐ近くの丘陵です。2021年夏の高校野球で優勝した智辯和歌山学園高校のある独立丘陵が北東方向300mにみえます(海南市と和歌山市の境にあり、学園敷地は和歌山市)。ここにも前方後円墳を含め15基の古墳が確認されているそうです(調査後削平)。古墳が集中して築かれているのは、すぐ北に流れている紀の川の存在と無関係ではありません。古代、この辺りは交通の要衝であったのです。
 黒江駅前の郵便局を目指し、敷地周りに大型の石材をふんだんに使った家があちらこちらにある住宅街(黒江団地)を抜けると竹藪に覆われた丘の入口に到着(標識あり)。そこで事前に開錠をお願いした海南市の方と待ち合わせをして案内して頂きました。結構な斜度です。落葉と化した竹の葉が滑ります。ほどなく明らかに人工的構造物とわかる高まりが見えてきました。いつものようにドキドキします。
 径20mの円墳ですが、お目当てはもちろん石室。重そうな鉄柵がいかめしい。ヘッドランプを装着して、ゆっくりと歩を進めると羨道に閉塞石と思われるなにやら大型の石材が転がり、行く手を遮ります。そして、玄室と羨道の境に設けられた入り口(玄門)は、岩橋千塚古墳の数々の石室ほどには幅狭ではありませんが、玄室に到達して下を見てびっくり。事前に長靴があったほうがいいですよと言われていたとおり、玄室内は水を張った池状態。雨水が溜まったのでしょう。透き通ってはいますが、足を踏み入れると、思ったよりも深く、哀れ防水使用のスニーカーはあっけなく浸水。とはいえ、そんなことを忘れるぐらいに素晴らしい石室でした。実際には横壁が長い長方形だと思われますが、奥壁がすっきりしているので幅広に見えます。その奥壁、岩橋千塚と同様の岩橋型とよばれる緑泥片岩の板石を小口積み(平たい石を積む)にしており、奥壁上部には部厚い石棚を設け、見上げると高さ3mほどの天井に向かって数本の石梁(4本)がつっかえ棒のように踏ん張っています。この 石材で石室を支えているようです。それにしても今から1500年まえ6C中頃に造られたとはとても信じられない精巧な作りです。
 片岩の利用と石棚、それに石梁(ない場合もあり)といった特徴をもつ岩橋型石室(岩橋千塚古墳群にみられるため、こう呼ばれている)は、紀の川沿いと奈良の一部等に見られます。このブログでは、岩橋千塚古墳群から、大谷山22号墳(クリック)、岩橋千塚古墳群2(クリック)、それに和歌山県岩出市の和歌山線船戸駅近くの船戸山1号墳(クリック)、船戸山2号墳(クリック)、奈良県下市町の岡峯古墳(クリック)を紹介しています。是非、比較してご覧ください。(撮影2021年2月7日)。

まとめて見返してみると見応えのある古墳群


 なるほど、そうだったのかと改めて思うことは、日々の生活でもよく経験します。今回もそうした類でしょうか。なぜ、東西1.7㎞×南北1㎞ほどの東谷山が否が応にも目に入る狭い地域に、66基もの古墳が築かれたのかという疑問です(現存は半数)。東谷山(とうごくさん)にも中社、南社等有力古墳が築かれています。内容も前方後円墳2基、帆立貝型前方後円墳5基、円墳50基、方墳1基、不明8基と序列がはっきりとした構成で、前期から後期まで連綿と築かれています。 その理由を名古屋市HPでは、古墳群のある上志段味と呼ばれる地域は岐阜県から愛知県へ流れる庄内川が濃尾平野へ流れ出る部分であること、庄内川の水上交通と美濃へ向かう陸上交通の結節点でもあること、古墳はそれら重要な交通拠点を管理していることを示すために築かれたとしています。
 墳長110mの白鳥塚古墳(クリック)や東谷山腹に築かれた中社、南社(クリック)、築造当時の姿に復元整備された志段味大塚古墳(クリック)、周濠を含め残りのよい勝手塚古墳(クリック)、古墳群中、唯一横穴石室が見学できる東谷山白鳥塚古墳(クリック)と、主だった古墳を改めて見返してみると、古墳時代前期から後期まで、墳形も前方後円墳、帆立貝型前方後円墳、圧倒的多数の円墳に1基の方墳と、たしかに「日本の古墳時代の縮図」といっても過言ではない様相を呈しています。 興味深いことに今回の東大久手古墳はじめ帆立貝型前方後円墳が5Cに至近の距離に5基が集中して造られていることです。ヤマト王権が以前ならば前方後円墳の築造を認めていたランクの豪族たちに帆立貝型を強いたということなのでしょうか。出土品の内容から志段味古墳群の被葬者たちはヤマト王権とは近かったと考えられ、ヤマト王権に服属する地方の豪族たちに王権の作成した「造墓基準」を当てはめた結果ではないかと考えました(撮影2017年11月7日)。 PNG 志段味古墳群の所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室を押しつぶす巨木を撮り忘れたのは痛恨の極み


 今回の石室動画、2017年2月に撮影したものです。すっかり忘れていたわけですが、実は石室が服部川57号墳ということが今日までわからなかったのです。ご覧のように、動画の冒頭からいきない石室が飛び込んできます。まわりの景色がまったく映っていません。それどころか封土が失われた墳丘の上に石室に覆いかぶさるようにあった巨木が見えないのです。おそらく、民家が映らないように配慮するあまり石室だけに焦点を当てたためだと思われます。二室塚古墳(クリック)のすぐそばにあったというおぼろげながらの記憶を頼りに、ネット上にある高安千塚古墳群服部川支群の写真を検索してみたところようやく奥壁の様子が一致する石室を探し当てました。57号墳です。アップしてくれた方には感謝です。ところが、2017年に八尾市が作成した報告書「史跡高安千塚古墳群保存活用計画」にある番号順に特徴などが記載された「史跡指定地の古墳」服部川支群140基のなかに57号墳だけなく、欠番になっているのです。実に不思議です。おそらく「史跡指定」になっていないためなのでしょうが、欠番にしなくてもよいのにと思いました。 今回は「ないことになっている古墳石室」を紹介したわけですが、なかなかに魅力的です。長い羨道が残り(後世に付け加えられたような感じもしますが)、その先に右片袖式の長方形の玄室が待ち構えていました。飛び込んできたのは中型の石材を用いたバランスの良い5段積みの奥壁でした。もっとも、同じ右片袖式の服部川7号墳(クリック)のスケールの大きさには遠く及びません。比較してご覧ください(撮影2017年2月22日)。 にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ