古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

石室だけでなく基壇状の土留めをお見逃しなく!

 福山市の新市町にはあまり知られていないものの素晴らしい石室のある古墳があります。今回の大佐山白塚古墳もその一つです。同じ広島県三原市の梅木平古墳(クリック)、御年代古墳(クリック)、貞丸1号墳(クリック)も見応えがありましたが、平野部に築かれたそれら3基とは違い大佐山白塚古墳は、神谷川が流れる山裾を見下ろす標高188mの大佐山の山頂近くに築かれています。中腹までタクシーで行き、そのあとは動画冒頭にあるように古墳まで歩かねばなりません。見晴らしがよく、ここになぜ大佐山古墳群が築かれたかが手に取るようにわかります(今回のは通常 大佐山白塚古墳とよばれている1号墳で、それ以外にも数基残存)。公園として整備されているので藪を掻き分けてという必要もありません。  ようやく着いた白塚古墳ですが、市のHPやその他の説明で一辺12mの方墳、あるいは円墳となっています。動画を見返してみてどう考えてももう少し大きいように思われます。とりわけ、引いて1号墳をみると、基壇状の明らかに人工的な土台(土留め)に、方墳ないし円墳が載っているように見えます。この点を市の文化財課に聞いたところ、同様の見方があり、その場合、はるかに大きな墳丘ということになるとの指摘でした。ただ、発掘調査が行われておらず、確定的なことはいえないそうです。石室の出来具合、そのスケールの大きさ、2号墳以下との比較から、上円下方墳的な感じもします。  7C前半から後半の築造と推定される肝心の石室。説明も不要かと思いますが、同じ福山市の大坊古墳(クリック)と同様、方形上の角(かど)ばった開口部が目に入ります。高さが2m以上あるので立ったまま入室が可能です。幅も1.8mあります。長さ4mの羨道の最初の部分は天井、側壁が抜けていますが、そのあとは完存。羨道の天井石の大きなこと。びっくりです。そして、玄室。羨道との間には袖かなと思ったのですが、柱状の細い石が立てられています。上をみると鴨居上の石が渡っています。羨道幅と玄室幅は同じになります。無袖タイプの石室の途中に、羨道と玄室の境を示す柱と置いたようにもみえます。終末期になるほど、こうしたタイプが増えてくるそうです。玄室は長さ3.7mで奥壁は1枚の板石、天井があまり高くないので迫力は今一つですが、持ち送りのない畿内型といわれる長方形の箱型です。それにしても、表面を平らにした大型、中型の花崗岩(地元で採れる)を組み合わせた石室の見事さにはみとれました。完成度という意味では大坊古墳のほうが上ですが、周囲の様子、墳丘の残像状況という古墳の現況はこちらのほうが見応えがあります。古墳めぐりで福山市を訪れる方には、是非、見学をお勧めします。なお、草茫々では墳丘や基壇もよくわかりません。秋から冬をお勧めします。アクセスはJR福塩線新市駅です(撮影2020年3月9日)。 PNG 大佐山白塚古墳 所在地

もやもやした気分になった2基の古墳


 里1号墳(クリック)のあまりの素晴らしさに度肝を抜かれたこともあったのかもしれません。同じ宮若市の損ヶ熊古墳にはがっかりでした。墳丘はきれいに整えられてはいるものの、奥壁に線状模様が描かれているという石室は入室は不可。開口部前がハの字型に開いていてなかなかの雰囲気です。ただ若宮市に許可を求めても無理なんだそうです。文化財はその素晴らしさを公にしてこそ価値があると思うのですが・・・。  次の竹原古墳は常時現物をみることができるという点ですぐれものです。それも左右の大きな団扇の間に龍やら馬を曳く人などが描かれた奥壁をはっきりとみることができます。たまたま、見学施設の修理中で、より間近でみることができてラッキーでした。ただ、ここも撮影は禁止です。他方、装飾古墳だからやむを得ないとは思いますが、肝心の墳丘や複室構造の石室の様子がよくわからないというのは不満です。動画にあるように見学用のプレハブ小屋が邪魔をしているのです。もう少し、気の利いた施設作りができないものかなと思いました(撮影2020年2月19日)。

狭い開口部から見る驚きの複室構造の石室
 いやはやびっくりです。こんな小さな開口部。といっても羨道があったはずですが、とうの昔に消滅し、その部分は今では土砂が堆積しています。開口部に下りる、穴に入るといった感じになったのはそうした理由です。おそらく羨道が残り、石室を見通すことができたならば、これほどの驚きはなかったのではと思いました。というのも九州に複室構造の石室は多く、福岡市の夫婦塚2号墳(クリック)、田川市の夏吉1号墳(クリック)などいくつも紹介してきたからです。ただ大半は羨道が残っているか、残っていない場合でも正面に開口部を見ることができ、奥壁まで見通すことができる古墳も少なくありませんでした。ところが、今回の里1号墳の場合は地上からは石室内部は見通せず、前室の玄門前に上から降りてはじめて、その全容がわかるという視覚上の効果もあって、強い印象を受けました。大型と中型の石材を巧みに組合せた石室は完成度が高いと、他の石室と比較しながら思いました。
 前室、それに石棚のある後室ともに天井に向かって内傾する持ち送りが急で穹窿式(ドーム型)にも見えないこともありません。ただ、そうだとすればこの点に関しては、もう少し緻密な組み方のほうがよかった気がします。  宮若市を流れる山口川沿いに古墳はあります。残念ながら知人に連れていってもらったために、詳細はわかりません。個人の方の所有のようでお声がけをしたものの留守。やむなく、そのまま、裏山にお邪魔することになりました。それにしても前方後円墳なのか円墳なのかよくわかりません。動画冒頭のシーンのように、見方によれば、典型的な前方後円墳のようにも思えるのですが・・・(撮影2020年2月19日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

珍しく西を向いて開口する縦長の石室 東広畑古墳


  年の瀬も近いというのに名残の紅葉が迎えてくれた神積寺。それにしても大型の石室の残る妙徳山古墳(クリック)に感動です。帰りのバスを気にしながら、地図を片手に予定の東新田古墳と東広畑古墳に向かいました。それほど遠くはないはずなのにと思いながら気は焦ります。ほどなく播但道路をくぐり抜けると田畑が広がりました。墳丘は遠目から確認できるはずと思いながら四囲を見回すと説明板が目に入りました。ラッキーと思いながら近寄ると西光寺野疎水という明治遺産でがっくり。ただ、すぐ近くにもう一つ説明板があり、こちらが探していた東新田古墳でした。 気が付かないわけです。動画後半で紹介しているように、封土は完全に流失し、石室下部だけが残っている状態です。地元ではつぶれ塚と呼ばれてきた径16mに復元される墳丘(円墳)からは銀象嵌が施された太刀2振りと馬具2セットという豪華な副葬品が確認されているそうです。 この東新田と同規模の東広畑古墳が今回の動画のメインです。東新田古墳からは復元された墳丘が50mほど先に見えます。 期待をもって北側から廻りこむと、あれ不思議。すぐに開口部が見えてきました。それもそのはず、多くの横穴石室が南を向いて開口しているのに、これは西向きなのです。市のHPでは、おそらく被葬者が西にある西広畑遺跡に住んでいた人だったからと説明しています。この仮説が当たっているとすれば、全国の古墳の石室の開口方向はバラエティーに富んでいてもよさそうですが・・・。それはともかく、開口部の石積みがコンクリートで補強されているのは残念ですが、柵越しに見る石室は、超縦長の無袖式の玄室で非常にすっきりしています。長さ10.5m、幅は1.5mしかなく、羨道と玄室の境がわからないから細長くみえるのかもしれません。持ち送りが見られる高さは2.5mだそうです。そして組合せ式の石棺の一部も残されています。そしてこの古墳の特徴も豊富な副葬品です。銀象嵌を施した太刀、馬具、耳環、銀線が巻かれた刀子、須恵器等が確認されています。夕暮れに映える東広畑古墳の墳丘を見ながら福崎町を後にしました(撮影2020年12月8日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ