古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

 前回は古墳時代前期、それも出現期の3C中頃に築造され卑弥呼の墓ともいわれる箸墓古墳を紹介しました。今回紹介する古室山古墳の被葬者は日本全国の大半の古墳同様、当時の有力豪族という以外なにもわかっていません。ただ古墳時代中期初頭の畿内にある古墳の一つとして取り上げる意味はあると思います。


 ヤマト王権(ヤマト政権の中枢を構成した政治権力、白石太一郎)の地域的基盤を時系列的に見ると、奈良盆地東南部のオオヤマト古墳群、北部の佐紀古墳群、西南部葛城の馬見古墳群、大阪平野南部の南河内の古市古墳群、和泉北部の百舌鳥古墳群と移動するようですが、古室山古墳は古市古墳群に属する古墳の中では津堂城山古墳と(いずれ紹介)並び古い時期に築造されたと考えられています。

 この古市古墳群は百舌鳥古墳群とともに世界遺産登録を目指しており、墳長425mと全国第二位の規模を誇る誉田御廟山古墳(応神天皇陵)も含まれていますが古室山古墳よりも後に造られています。現在、古室山古墳の後円部から一望できる巨大な応神天皇陵の姿は、古室山古墳ができた時の景色とは異なるということになります。


 古市古墳群、百舌鳥古墳群には墳長200mを超える古墳が9基あり、その中で150mの古室山古墳は小規模ですが、墳頂にあがれる数少ない墳墓であり、木々の間から明瞭に墳形が読み取れるという意味でも大変に貴重だと思います。近鉄南大阪線の土師の里から仲津山古墳を周濠沿いに500mほど歩き古室八幡神社までくればすぐに見えます。
PNG komuroyama zu





古室山古墳データ



所在地 大阪府藤井寺市古室2丁目

築造時期 4C末から5C初頭

時期区分 中期

規模 墳長150m 後円部径96m 高さ15.3m 

前方部幅100m 高さ9.3m

出土品 円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 葺石 東側に造り出し 周濠 竪穴式石槨


参考文献

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 古墳からみた倭国の形成と展開(敬文舎、2013)


 


 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

箸墓古墳 

卑弥呼の墓であるかどうかは別にして前方後円墳としての基準墓のような位置づけの箸墓古墳は最初に取り上げるに相応しいのではないでしょうか。専門家によれば定型化した前方後円墳として最古期且つ最大規模のものだそうです(白石太一郎)


 今では美しいと思うようにはなりましたが、はじめて視野に入った箸墓古墳は南側からの遠景だったために、単なる森にしか見えませんでした。JR桜井線の三輪駅にほど近い桜井市埋蔵文化財センターに寄ったあと169号線を1キロ歩いて見つけたことを思い出します。拝所に寄り周囲をぐるっと歩きましたが、たしかに169号線を挟んで点在する纏向型前方後円墳(寺沢薫)に比べればスケールが全く違うのですね。
   周濠が後に拡張されたといわれる溜池側から見ると水面に古墳全体が映りそれは神秘的でした。三輪山が見下ろすこの地に葺石が葺かれた巨大な前方後円墳が出現した当時を想像するだけで心躍ります。でも墳丘の全体像を見ることができればよいのに。そう思うのは私だけではないような気がします。動画1のキャプションに誤りがあります。後方部ではなく前方部ですのでご注意をお願いします。また動画4の南橋は南端の間違いです。
PNG hashihaka zu saido


 


箸墓古墳データ


所在地 奈良県桜井市箸中

形状 前方後円墳

築造時期 3C中頃

時期区分 前期最古期(出現期)

規模 墳長 278m 後円部径150m 高さ30m 

前方部幅 130m 高さ16m

出土品 特殊器台形埴輪・壷形埴輪

史跡指定 宮内庁治定 倭迹迹日百襲姫命大市墓 
やまとととひももそひめのみことおおいちのはか

特記事項 後円部5段・前方部4段築成 葺石




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古代史や考古学者、古墳マニアには笑われてしまいそうですが、3世紀中ごろから7世紀初めごろにかけて北海道・北東北、沖縄を除く日本列島に5200基もの同じような構造をもった墳墓形式、前方後円(方)墳が築造された(広瀬和雄)とは、この道の初心者だった私にはただただ驚き以外の何ものでもありませんでした。



墳長100m以上の大型のものに限っても302基にものぼるそうです。権力者がその威信を誇示するために築造した古墳。規模の大小を問わないとすれば前方後円(方)墳だけで考えてみると毎年14基が完成している計算になります。加えて、後に動画でご紹介するように円墳や方墳といった「格下」(敢えてわかりやすい表現を使えば)の墳墓を含めればその数は20万基ともいわれます。単純に考えれば570基ほどの墳墓が毎年、沖縄と北海道、北部東北を除く全国で築造されてきました。途方もない数字です。問題は完成までの年月です。



よく知られた5世紀中頃に築造された仁徳天皇陵(大仙古墳)は墳長486mと全国最大を誇りますが、大手建設会社大林組の試算では、当時の工法で一日2000人が動員されたとして15年8か月ほどを要したとされています。古墳時代の日本列島の人口は400万人ほどといわれています。公共事業的な側面もあったかもしれませんが、人々は農作業と並行して造墓活動、権力の象徴としての前方後円(方)墳等をはじめとする墳墓をただひたすら造り続けてきたということになります。



古墳時代より後になりますが、9世紀半ばの石川県金沢市、津幡町の加茂遺跡で出土した牓示札(ぼうじさつ、御触書のようなもの)によれば、農民は朝は寅時(午前4時頃)に農作業に出かけ、夜は戌時(午後8時頃)に家に帰ること(平川南)とされていたようです。おそらく古墳時代の農民層も同様あるいはそれ以上の労苦を強いられていたのではないでしょうか。もちろん、自らの意志で積極的に参加した人々もいたにせよです。



こうした前方後円(方)墳をはじめとする古墳が律令制が開始される以前に全国で秩序だって築造されてきたことに私はとても興味を覚えていますが、このブログ開設の主たる趣旨はその点にはありません。今では下草に覆われた雑木林、遠目にみれば単なる森にしか見えない千数百年を生き延びてきた古墳、あるいは当時の古墳はおそらくこうではなかったかとの視点から見事に復原された古墳の今の姿を動画で記録として残しておきたいと考えました。力点は後者の築造当時の姿に近づけた整備された古墳にあります。考古学者の広瀬和雄さんは「やはり築造当初の姿がなければ、前方後円墳の正しい理解に到達しえないことは火を見るよりも明らかです。それは何より豊穣な歴史に分け入っていく想像的な端緒になるのですから」と述べています。大いに刺激を受けた一文です。



宮内庁による陵墓指定、陵墓参考地など大規模古墳を中心に墳丘にあがれないものが大半ですが、それでも、全国各地に当時を「体感」できる古墳が多数あります。全国にある墳長200mを超える前方後円墳35基のうち、四基は墳丘までのぼれます(1基は後円部は陵墓参考地のため立ち入り禁止)。100m以上、100m未満ともなれば、それこそ数えるのに苦労するほどです。葺石や埴輪を含め復原整備されているもの、墳丘が確認できるように定期的に草刈り等を行うに留めているものなど様々です。それでも当時の権力者の権力の大きさだけでなく、技術力の高さや、既に述べた築造に携わった人々に思いを巡らせるには十分な遺産です。



現在の古墳をめぐる状況はどのようになっているのでしょうか。考古学者、古代史の専門家によって発掘調査報告書等詳細な研究成果が示されている一方、古墳マニアのそれぞれにこだわりをもったホームページやブログはいくつもあります。全国規模で何年もかけて現地を訪ねている方、発掘成果を含め考古学の世界との橋渡しをしている方々、はたまた古墳の石室を丹念に探訪されている方、全国の古墳データを地図とともにアップされている方など多彩です。



私が現地を訪ねる前には必ずといってよいほどこれらの古墳マニアの方々のホームページやブログにアクセスします。ただ残念なことに、掲載されている多くの古墳が静止画像で墳長の長いものは全体像を捉えきれていません。現地を訪ねてみるとだいぶ印象が違うことがありました。圧倒されるほどのスケールの大きさなのです。これを何とか伝えることができないか。そう思って動画を撮りはじめたのは最近のことです。技術とは言えないような稚拙さですが、見直してみると案外臨場感があることがわかりました。天候はもとより下草が伸びている夏場等季節に左右される、雑木林で全体が覆われていて古墳とはとても思えない、宅地に囲まれて古墳全体を俯瞰できないなど静止画像同様撮影に困難な点はありますが、今後もとり続け随時アップしていきたいと思っています。ご覧頂ければ幸いです。その際、PCなど大きな画面であれば動画につけたキャプションも見やすいかと思われます。長くなりましたので動画は次回からにします。




広瀬和雄、前方後円墳の世界、岩波新書、2010年、3頁。

平川南、日本の歴史、新視点古代史、日本の現像、小学館、2008年、14頁。


 


 


 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


 


 


 


 

↑このページのトップヘ