古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

 あっという間に今年も3月ですね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。古墳踏査は秋から冬に限るという先輩の助言にしたがって今シーズンもあちらこちら飛び歩きました。気がついたら6時間も休みなしに歩いている日もありました。少々くたびれましたというのが正直なところです。車を使えばいいじゃないのという声も聞こえそうですが、公共交通機関と徒歩という原則でスタートした以上、よほどのことがない限りタクシーは使いたくないのです(苦笑)。古代人の移動手段は歩くか河川を利用するしかなかったはずですし・・・。山並みなど当時の人々と同じ景色を見ながら歩くというのもよいものです。
 このブログの更新も結構手間がかかります。古墳にもブログにも関心のない友人は、「デジカメで撮ってくるんでしょう。貼り付ければ終わりじゃないの」などととんでもないことを言います。手の内を明かせば、撮ってきた1分から2分単位の短い映像をムービーメーカーで編集しキャプションやタイトルをつけます。それを一度You Tubeにアップし、このブログにリンクさせています。あれ、こんな筈ではなかったという映像も多く、使えるものをつなげているケースが大半です。古墳自身の説明も専門家はどのような見方をしているかなどチェックが必要です。ブログの更新が遅れているのはそうした理由からです。楽しみにして頂いている方にはお待ち頂いて申し訳ありません。
 先日はパニックになりかけました。先ほど触れた未編集のデジカメ動画を移したPCが何度も強制終了してしまったのです。ちょうど外付けHDDにバックアップしようという直前の出来事のことで、このままPCがダウンすればまだアップしていない古墳の動画がすべて失われます。メーカーのサポートセンターの指示にしたがってPCをチェック、とりあえずは復旧しましたが、これからは古墳を訪ねたあとこまめに外付けHDDにバックアップすることを心がけることにしました。
 愚痴ばかり聞いて頂いてすみません。最後に新機能(私にとっては)を付け加えました。以前からどうするのかが分からなかったために過去にアップした古墳に飛ぶにはカレンダー経由という面倒な手順を踏まなければなりませんでした。つい最近アップした谷首古墳、飯野坂古墳群(2)を例にすれば、本文中に他の古墳を参照することをお勧めしますとあるところ、グレーの古墳名をクリックするとそのページに飛ぶことができるようになりました。できるだけ早い機会にすべてのアップ済み古墳に関して
同様の手法で他の古墳に飛ぶことができるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 今回紹介する前期古墳の椿井大塚山古墳(つばいおおつかやまこふん)は二つの意味でよく知られた前方後円墳です。一つは動画1からおわかりのように後円部の前方部よりのところにJR奈良線が横切っていて、気持ちのよいほどズバッと墳丘が切断されているのです。1896(明治29)年、奈良鉄道(現JR奈良線)の敷設工事によるものだそうです。それにしても明治半ばにはこうしたことがよく行われていたのでしょう。地元の方から天皇の関西行幸に合わせて京都と奈良を結んだという話を聞きましたが明治天皇の関西行は1877年(明治10年)なので少々違うかなと。とはいえ予定が変更になったのかもしれません。この時期、日本全国でインフラ整備が行われていた時期であり、椿井大塚山古墳だけでなく天上山古墳、五霊山古墳も奈良線のために破壊されています。もっとも「地元では当時、後円部のみが奈良時代の政治家、藤原百川(ふじわらのももかわ)の墓とされており、墓を多少削る程度の認識だったろう」(日本101選、17、椿井大塚山古墳編)という解釈に賛成です。たしかにこの椿井大塚山古墳の北側、東側は竹藪、竹林で墳丘自身も地山を活用したものなので地元でも山や丘としてしか見られていなかったというのは大いにあり得ることでしょう。

 それが一転、世間の注目を浴びることになったのは1953(昭和28)年、旧国鉄が線路脇の斜面を緩やかにするために後円部を削ったところ、竪穴式の石室が現れ、三角縁神獣鏡を含む大量の副葬品が発見された。京都府教委、京大による調査、測量の結果、線路東側の丘陵を後円部、西側の住宅地を前方部とする前方後円墳であることがわかった」(前掲、日本101選)からでした。卑弥呼から下賜されたとも言われる三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余は専門家の三角縁神獣鏡の編年に基づいて第一段階から第四段階まで出土していることが確認され、その実年代を白石太一郎さんの解釈をもと推察してみれば椿井大塚山古墳の造営時期は270年頃ということになります。前期、それもかなり古い時期の前方後円墳です。前方部は動画撮影位置からもわかるようにバチ形に広がっています。

 さて動画23でもおわかりのように前方部には民家が立ち並んでいます。国の史跡指定を受けているので住民の方々は現状変更もままならないのではないでしょうか。といって強制的に収用するわけにもいかないのも事実です。地元の方々は「椿井大塚山古墳を守る会」を組織して、古墳を保護しながらの暮らしを選んだようです。何度も道順を間違え地元の方々にお聞きしましたが、一度も知らないという返事はありませんでした。地元に根差した古墳といえるのではないでしょうか。現在、動画3に映る前方部端の一部が木津川市により買い上げられ将来の史跡公園化に備えられています。いずれ遠い将来には史跡公園ができるのではないでしょうか。動画3の前方部側から後円部を見上げた映像からは175mの墳長を実感できるはずです。

アクセスはJR奈良線上狛駅を西方面に200mほど歩き右折、ひたすら北に向い1kmほど歩くと山城中学校が見えます。そのまま直進すると信号がありそこを山側(東側)にあがったところに大塚山古墳はあります。ただ細い道でわかりにくいので地元の方に、このあたりでお聞きください(撮影2016年1月26日)。


PNG tsubaiootsukayam zu saigoonsaigo

所在地 京都府木津川市山城町

形状 前方後円墳

規模 墳長175m、後円部径110m 高さ20m、前方部幅80m 高さ10m

後円部 4段築成、前方部2段築成、葺石あり、濠なし。

築造時期 3C

出土品 三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余、鉄刀、鉄剣、鉄矛、鉄鏃約2、銅鏃、鉄製甲冑等武器武具多数、他に工具、農具等

史跡指定 国指定

特記事項 発掘された後円部の埋葬施設は竪穴式石室で長さ6.9m、幅1m、高さ3m。コウヤマキ(高野槇)製の割竹型木棺を安置。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する奈良県桜井市にある谷首古墳は後期末から終末期末(7C初めから7C前半)に造られたと考えられています。1024日にアップした安倍文殊院西古墳
11
27日の艸墓古墳に隣接しており、三基の石室を比較してご覧頂ければと思います。古墳の石室を見始めてからさほど経っていない私でもその違いはよくわかります。三基の古墳のある安倍山丘陵には比較的古い時期から石室を持つ古墳が築かれていますが、巨大な石室が築かれるのは谷首古墳からだそうです(桜井の横穴石室を訪ねて、桜井市埋蔵文化財センター、2010)。安倍文殊院西古墳の精緻な切石積みとはだいぶ異なりますが、武骨な巨石が組まれた巨大な空間が私はとても気に入っています。特に天井に近づくにつれ石を内傾させていく持ち送りの技法が見事です。墳頂には八幡神社が鎮座し墳丘は大きく改変されているために紹介されている規模は推定だそうです。石室から凝灰岩の破片が見つかったことから家形石棺が置かれていたとみられています。
 住宅地に囲まれた墳丘は遠景を収めることはできず、やむなく神社のある墳頂から南側に降りて石室に向う景色を収めてみました(動画1)。アクセスはJR桜井駅からコミュニティバス(循環線)で安倍文殊院で下車し境内を通り越して南側にある八幡神社を目指してください。徒歩10分ほどです。バスは概ね1時間に一本です。なお駅から観光案内所で地図をもらい歩いても十分に行ける距離です。30分はかかりません(撮影2015年10月27日)。



谷首古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市阿部802

形状 方墳

規模 一辺約40m、高さ8.2m

石室 両袖式横穴石室 全長13.8m、玄室6m 幅2.8m 高さ4m

羨道長7.8m 幅1.7m 高さ1.74m

築造時期 7C

出土品 石室内から凝灰岩の破片

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に八幡神社、安倍山丘陵では最古の巨大石室

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


 今回紹介する中期古墳は岡山県岡山市にある造山古墳(つくりやまこふん)です。現在の岡山県と広島県の東部等や兵庫県の西部の一部などを支配した吉備国の地域にあり、その盟主が眠っているとされる巨大古墳です。動画1に田畑の向こうに小山のように見える後円部が映っています。少しでもその雰囲気が伝わってくるとよいのですが・・・。データからみればその規模は大阪府堺市の百舌鳥古墳群にあって履中天皇陵に治定されている上石津ミサンザイ古墳に次ぐ全国で第4位の墳長350mを有します。両古墳の差は15mほどしかありませんからほぼ同じ大きさといってよいでしょう。前方部端の幅が後円部径よりもずっと広くなっている点も同じです(造山古墳にはミサンザイと違い周濠はない)。設計は同じ専門家集団によることは測量図からも推測できるそうです。5C前半、当時の吉備がヤマト王権と密接な関係をもっていたことを示す何よりの証拠かもしれません。造山古墳の周囲にはいずれ紹介する6基の陪塚が巡っています。

 動画4、5でご覧頂きたいのですが後円部から見る前方部は木々が伐採されたためでしょうか見通しもよく圧巻です。はじめて(動画を撮るために再訪)訪れた時は夏だったので墳丘は緑に覆われ前方部を十分に見通すことができず残念な思いをしたことを思い出します。関係者の造山古墳を大切にしたいという気持ちが伝わってきます。動画2の墳丘全体を見通せるところに来場者用の駐車場があるのも粋な計らいです。後円部は戦国時代に毛利氏が城を築いたために改変されています。


 肝心なことを書き忘れるところでした。一般の人が墳丘に登れる古墳では造山古墳は日本で最大規模です。陵墓でも陵墓参考地でもないからです。そうした点でも貴重な古墳なのです。いずれ紹介する3kmほど吉備路を西に歩いた総社市の作山古墳(つくりやまこふん)も全国第9位の286mを誇り、こちらも登れます。造山と作山。同じつくりやま古墳のために地元の人は「ぞうざん」「さくざん」と呼んでいます。5C前半と中頃にそれぞれ造られています。十分に歩ける距離です。セットでどうぞ。

 アクセスはJR吉備線の備中高松駅前を走る国道180号線の備中高松の信号を右折し、二つ目の高松中学校東の信号(ここに造山古墳の⇒表示)を西に1歩き足守川を渡ると動画1の景色が広がります(撮影2015年2月22日)。

PNG zouzan zu 最後


 


造山古墳基本データ

所在地 岡山県岡山市北区新庄下

墳形 前方後円墳

規模 墳長350m、後円部径190m 高さ29m、前方部端幅215m 高さ 25m

三段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪及び楯、靭(ゆき)、蓋(きぬがさ)家などの形象埴輪、古墳本体の発掘調査は行われていない

史跡指定 国指定

特記事項 前方部の荒(こう)神社の鐘楼脇に阿蘇凝灰岩製の長持型石棺(蓋なし)が置かれている。





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

111日に飯野坂古墳群(1)として築造順に観音塚、宮山の両古墳を紹介しましたが、今回はそれに続く時期に造られた山居(さんきょ)古墳を紹介します(築造順ではいずれ紹介する薬師堂古墳のほうが先)。動画でおわかりのように前の二つの前方後方墳とは違い墳丘の雑木がほとんど伐採され全体像がはっきりわかります。後方部からの眺めは素晴らしく、周辺を見下ろす高台に造られていることがわかります。この点は飯野坂古墳群(1)で紹介した観音塚、宮山も同じなのですが雑木林に覆われて眺望がききませんでした。ただ動画1でわかるように段築と勘違いしてしまいそうな凹凸があります。古墳が以前農業用地として使われたり、団地造成に際して一部削られたためだそうです(名取市教育委員会の方の説明)。飯野坂古墳群(1)(2)それにいずれアップする(3)の薬師堂を加えると、至近の距離に670mクラスの前方後方墳が立ち並んでいることになるのですから壮観です。

肝心の築造時期ですが、現地説明版では最後に造られたと考えられる山居北古墳を含め4C内に収まるとの記述から後半としました。以前は5Cに造られたとの記述もあったようですが、今回の現地説明版は2015年に設置されたものであり、こちらの解釈を採用しました。今回の山居古墳も前方部幅が後方部の一辺よりも狭く発達していないのが特徴です。また、後方部が前方部よりも高くなっています。未調査のために埋葬施設等古墳について詳しくはわかっていません。それでも国指定の史跡になっているのは、隣接する区域に前方後方墳が集中して造られており、全国的にも例をみない特異な構成をとっているから(説明板)だと理解しました。

 アクセスは名取駅からコミュニティーバスなとりん号で山居(さんきょ)住宅前で降りるのが近いとされていますが、本数が極端に少ないので東北本線館腰駅か名取駅から徒歩のほうが早いと思います。館腰駅から雷神山古墳を訪ねたあと西側入り口に出て129号線を北上し注意深く歩くと道沿いに飯野坂古墳群中最後に造られた薬師堂古墳方面の⇒が見えます。鳥居があり階段をあがると古墳があります。観音塚、宮山方面へも案内⇒はありますが、必ずHPの「位置関係はこちら」という地図を印刷して持参することをお勧めします(撮影2015年11月5日)。


PNG iinozaka sankyo zu

山居古墳(飯野坂古墳群)基本データ

所在地 宮城県名取市飯野

形状 前方後方墳 

規模 墳長60m 後方部 一辺30m 高さ5.3m、前方部幅30m 高さ3.5m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 飯野坂古墳群として国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する金山古墳のある河南町芹生谷(せるたに)は北20kmほどのところに応神天皇陵(誉田御廟山古墳)を擁する古市古墳群、東側には葛城の山々を控える大阪平野(河内盆地)の外れに位置します。古代から南河内と大和を結ぶ交通の要衝としても重要な位置にあたるところだったようです。古市古墳群では墳丘に数少ない墳丘に登れるものの一つ古室山古墳を2015519日にアップしています。今回の金山古墳は中期の古室山古墳よりだいぶ時代が下った6C後半に造られたと考えられています。畿内では前方後円墳が造られなくなった時期にあたります。

墳丘自体は動画1でお分かりのように大小の古墳が二つ連なる非常に珍しい双円墳という形式です。単に並ぶのではなく接続されている点が古墳を造った関係者の特定の意図を感じさせます。墳丘は径55.4mの南丘のほうが三段築成で大きく、径38.6mの北丘は二段築成で南丘の7割の規模にとどまっています。両墳丘のバランスは絶妙です。もし同規模であったならば動画でみるような形の上での美しさはなかったように思うのですが、皆さんはどうお考えでしょう。

この地では全国古墳編年集成(1955、雄山閣出版)によれば前期、中期にかけて小規模な円墳、方墳(寛弘寺古墳群、いずれアップ)が造られてきたにすぎず、それだけに金山古墳は目立ちます。南北の墳丘にはそれぞれ横穴石室があり北丘の石室は開口し、中には家形二つの石棺が置かれています(南丘に関してはレーザー探査で石室を確認。未調査)、このような特徴を持つ古墳は公園として整備され墳丘にも登れますし、横穴石室内はライトアップされ石棺を確認するのに不自由は感じさせません。それにしても凝灰岩でできた家形石棺の一つが羨道部を占領しているのには驚かされました。一人目の被葬者と関係の深い二人目の被葬者を玄室に追葬しようとしたもののスペースがなかったということでしょうか。今では見学することは叶いませんが520日アップの五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)(クリックすれば直接飛べます)の石室にも二つの石棺が確認されています。

金山古墳を2年前に訪れて以来動画を撮りたいと墳丘の草刈りが終わった機会を待っていました。滅多にない雪化粧した墳丘を収めることができラッキーでした。

 アクセスは近鉄長野線の富田林駅から金剛バス寺田経由水分行で芹生谷(せりうだに)下車(富田林駅から約20分)し徒歩で3分。金山古墳の⇒標識があります(撮影2016年1月26日)。


PNG kanayama zu
金山古墳基本データ

所在地 大阪府南河内郡河南町

形状 双円墳 南丘(三段築成)、北丘(二段築成) 一部の墳丘 テラスに葺石、敷石あり 
周濠あり

規模 墳長85.4m 南丘 径55.4m 高さ9.4m、北丘 径38.6m 高さ6.8m

石室規模 全長16m 玄室 長さ3.8m 幅2.48m高さ2.84m、羨道長さ 6.26m 幅1.72m 
高さ1.94

築造時期 6C

出土品 ガラス玉、耳輪、馬具、鉄刀、土器

特記事項 石室内には凝灰岩性のくり抜き式家形石棺が二基置かれている




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は京都府京田辺市にある大住車塚古墳です。100mほどの距離に、南塚古墳という同規模の古墳があり、二つの前方後方墳が並ぶ姿は全国的にも珍しいといわれています。両古墳のある山城地域にある京田辺市は地図を広げてみると京都、奈良、大阪方面へのほぼ中心に位置しています。古代から重要な交通の要所であったことがわかります。動画でみるように車塚古墳の墳丘は雑木林に遮られて冬場しか十分に観察できなさそうです。それでも訪れた晩秋でも後方部に細い前方部がついた墳丘はよくわかりました。もとは水が張られていた周濠あとはきれいに残されています。南塚古墳は動画でもわかるように周濠の一部が池として残されています。残念なことに車塚古墳より墳丘は削平され、びっしりと雑木林が繁茂しています。

大住駅から歩いてくると目に飛び込んでくる二つの古墳の姿は印象的でした。動画3の最後にその光景を載せています。車塚古墳は201619日に墳丘部の下草が燃えてニュースになりました。墳丘が損壊していなければよいのですが・・・。

アクセスはJR片町線大住駅から徒歩20分です。さほど複雑ではないのですが、京田辺市の観光案内所でよく聞いたほうがよいと思います。道路には歩道がなくひやひやしましたことを付け加えておきます(撮影2015年11月24日)。



PNG oosumikurumazuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ