古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

冬至に墳丘主軸上に太陽が昇る!


  魏志倭人伝に登場する狗奴国のリーダーの末裔の墓ではないかともいわれる東之宮古墳。標高142mの地に全て盛土という驚異的な土木作業を必要とした墳長72m(67mと記載している場合もあり)の前方後方墳です。一般的に山間に築かれる古墳の多くは地山を利用していることを考えると、よほど被葬者が重要な人物であったことが想像されます。そのことは発掘調査で明らかになった、三角縁神獣鏡4面を含む11枚の銅鏡、多数の鉄製品、玉製品、石製品が後方部の竪穴式石槨から出土したことからもわかります。ヤマト王権との強いつながりがうかがえます。  今回の訪問はまだ静止画像しか撮っていなかった2014年7月、動画に切り替えたばかりの2015年11月に続いて3度目です。この間、古墳が公園として整備中であったこともあり、再訪が 遅れてしまいました。その意味で満を持しての現地入りでした。そして今回の目的は、主軸上に冬至の季節に太陽が昇るところを動画で撮ることでした。残念ながら冬至からひと月遅れの訪問になってしまいましたが、早朝に名古屋を発ち名鉄犬山遊園駅から善光寺のある北ルートから20分ほど歩き古墳には8時半頃に到着。嬉しいことに快晴ではありませんか。たしかに東を向いた後方部の先端やや主軸より右寄りに太陽の輝きが迫ってきました。カメラを向けて歩くとどんどん光の玉が大きくなり、不思議な気持ちにとらわれました。古墳を造った人々にはこの光景がどのように映ったのでしょうか。  肝心の古墳は、墳丘の裾周りに遊歩道が設けられ、前方後方墳ということがよくわかるようになりました。成田山側から上ると墳丘南側のくびれ辺りに東之宮社の社殿があるために全体像がつかみにくかったのですが、それも動画後半にあるように北側の遊歩道からははっきり長さ72mの前方後方墳が確認できるようになりました。ただ、南北両面のくびれ辺りに広がる平坦面は造出し的なものかと思ったのですが、そうではなくて築造時に利用されたそうです(犬山市HP)。ということは資材置き場のようなものということなのでしょうか。判然としません。成田山大聖寺側から上ると、古墳まで新たに整備されたアスファルトの舗装道が続きます。鬱蒼とした以前の道のほうが風情があった気がしますが、古墳をより多くの人々に理解してもらうためには必要と理解しました。 旧バージョン東之宮古墳(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください(撮影2021年1月20日)。 PNG 動画撮影位置 東之宮古墳(リニューアル版)21年9月19日
PNG 東之宮古墳 所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘のシュロが場違いな上円下方墳?
 遠くから眺める姿はこんもりとした緑の塊でいい感じです。周辺は田んぼ。googleのマップでも墳丘ははっきりと確認できます。ただ、この古墳を訪ねて下部が方墳、上が円墳という姿を想像できる人は相当古墳に詳しい方ではないかと思いました。24m(西)×17m(東)の方形の墳丘に約10mの円墳が載っていたはずですが、長い年月の間に現状のように姿を変えてしまいました。もっとも、説明板を越えると平らな面(テラス)があり、円墳部分をみながら一回りできます。ただ、シュロの生い茂り方が半端ではなく、その根っこの部分に葺石が多数確認できました。ただ、あの巨大な根っこが今後も「悪さ」をするのではないかと心配です。それにしても、間伐とかいろいろ墳丘を傷つけずに、見栄えよくする方法はあると思われますが、放置しているのはなぜなのでしょうか。国指定の史跡が泣きます。  もっとも、国指定になったのは上円下方墳という全国的にも奈良県の石のカラト古墳など数少ない墳形のためですが、詳しい調査が行われていないために、後世に手が入れられて、上円下方的な形になったのではないかとの指摘もあるようです。何が何でも、築造当時の姿が想像できるように復元再現しなければならないとは言いませんが、自然に任せ放置状態というのも困ったものです。東京府中市の熊野神社古墳(クリック)が上円下方墳です(撮影2019年10月31日)。 PNG 宮塚古墳(熊谷市)所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠を含めた復元が圧倒的迫力!

 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。はじめて塚原古墳群を紹介した際に、そう書きました。おさらいをすると次のようなことです。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群1(クリック)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。
 今回の花見塚古墳はその内の1基で築造当時の姿に復元されています。 これがなかなかの優れものです。 スケールという点では西都原には遠く及びませんが、北の民俗資料館から入ると、目にするのは所狭しと並ぶ方形周溝墓(クリック)、円墳、方墳、前方後円墳の数々です。密集という表現がぴったりです。そして、見学ルートの最後に登場する今回の花見塚古墳。説明板によれば古墳群中最後に築かれ(6C末頃)、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)(クリック)の100分の1にあたるようです。大型前方後円墳のミニチュア版として、古墳の構造を理解するにはうってつけのように思われます。 この花見塚古墳はそうした役割だけにとどまりません。自分ははじめて見たような気がするのですが、二重周濠がめぐらされた前方部の南端に径10mほどの円墳が付属するという点です。埋葬施設を2つ設けるのではなく、わざわざ、周濠を共有して独立した円墳を設けるというのは、前方後円墳の被葬者とは極めて密接な関係にあったことが容易に想像されます。
 珍しいと感じたのは周濠が丁寧に復元されていることです。多くの復元古墳の場合、墳丘は当時の姿を再現しても、周濠はせいぜい、掘られていた場所がわかるように目印がつけられている程度です。ところが花見塚古墳の場合、2重に廻っていた濠が復元されているのです。 周濠の底を歩いてみると、墳長43mの小規模前方後円墳でも、墳丘は壁のようにそそり立っているように感じます。より大型の前方後円墳の築造に励んでいた人々も同様に感じたのでしょうか。 アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。

PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
動画撮影位置 花見塚古墳(熊本市)21年9月13日作成
花見塚古墳基本データ
所在地 熊本県熊本市南区
墳形状 前方後円墳
規模 墳長 46.2m、後円部径 24.6m 高さ不明、前方部幅 24.3m 高さ不明
築造時期 7C初
出土品 鉄剣、矢じり、鎧、玉等(伝)
史跡指定 国指定
特記事項 狭い範囲に方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳が密集している

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



野趣あふれる大型石室が完存


 兵庫県福崎町といってもピンと来る人は少ないのではないでしょうか。ましてやそこにかなりの規模の横穴石室が残されているとは・・・。そこでブログの下のほうにマップを用意しました。これで福崎町がどの辺りにあるかわかるはずです(私もこれでそうかと思いました)。このブログでも紹介してきた姫路市、多可町、加西市に囲まれています。旧国播磨の主要地域です。そのことは現在では播但線が南北に通り(国道312号沿い)、東西に中国道が横切る交通の要所ということからもわかります。このことは妙徳山古墳が築かれた当時から変わらないはずです。 どうりで約40基の古墳が市川を挟んだ福崎町の東西に確認されているわけです(福崎町古墳マップ)。ただし、前期古墳はなく、中期古墳が少々、大半が5C末以降の、古墳時代後期に築かれています。ということは、この地域の開発がその頃から行われはじめたということなのでしょう。 姫路市、多可町、加西市にも数多くの後期古墳が残されていることとも共通します。  
 肝心の妙徳山古墳は、天台宗神積寺(じんしゃくじ)境内の入口近くに位置している径35m、高さ6mの円墳です。12月というのに鮮やかな紅葉が迎えてくれました。お寺さんの管理のためでしょうか標識もしっかりあり迷うことはありません。ぐるっと西側から南側に歩くと、巨大な天井石が目立つ開口部がすぐに見えました。開口部は広く、入るのに不自由はなさそうです。と思ったのですが、羨道の入口付近の土砂が急坂状に積もり、しかも結構な長さのために中腰状態で坂を下りなければなりません。画面が揺れているのはそのためです。  羨道は6m以上がきちんとのこされており、ヘッドランプのお蔭で玄室の奥壁まで見通せました。 幅が目測で1.8mほどしかないためにやたら細長く感じましたが、一言でいえば無骨な印象です。おそらく使われている石材のせいかもしれませんが、平滑はされておらず自然石の乱積みです。細長いという印象は袖石を経て玄室(右片袖式)に入っても変わらず、数字でも確認できました。幅が2mに対して長さは6mもあるのです。超縦長の玄室です。畿内型と呼ばれる長方形の玄室です。やや持ち送りがみられる天井は高さは3.2mです。さすが奥壁は特別なのでしょう。2枚の大型石は平滑されていました。それにしても全体で12m以上もある石室が残されているというのは驚きです。
 アクセスは福崎駅前からコミュニティーバスまちなか便を利用し鬼追橋下車。神積寺まですぐです(午前中でも4本もあります)。(撮影2020年12月8日)。 福崎町の位置
PNG 妙徳山古墳位置 福崎町 21年9月10日
PNG 妙徳山古墳横穴石室イメージ図 21年9月9日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ