古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

石棚が側壁にある珍しい横穴石室

 古墳踏査をしているとハプニングはつきもの。今回もそうでした。二重の意味でです。福岡空港から天神のバスターミナルに移動して高速バスで後藤寺営業所まで行き、夏吉古墳群のある秋里を通る路線バスに乗る予定でしたが、高速バスが遅延しバスに乗り換えられなくなってしまったのです。次のバスまでは1時間以上待たねばならず古墳までたどり着けないかもしれません。やむなくタクシーを呼ぶことに。がっかりです。ところが二つ目のハプニングはラッキーでした。運転手さんが夏吉古墳群に詳しく近くまで連れていってくれるというのです。古墳は地元の方でも知らないことが多く、このようなケースは珍しいのです。ただ、猪が出るので注意してといわれましたが・・・。地図にある灌漑用のため池に沿って歩くと動画1冒頭の非常にわかりやすい標識が立っていました。これも珍しいことです。如何に田川市がこの古墳を大切にしていることがわかります。聞けば年に2回、文化財担当の方が古墳に常駐して今回の夏吉1号墳と21号墳の概要を説明する会を催しているのだそうです。

 肝心の1号墳。径14.2m 高さ3.5mの墳丘の残りはよく円墳ということはだれがみてもわかります。築造当時の光景とは違うかもしれませんが杉木立の中に佇む古墳はなかなかのものです。南を向いて開口している横穴石室は九州ではよくある複室構造です。羨道、それに前室と後室(玄室)からなる全長8.2mです。奥壁は1枚の板石です。全長11.5m福岡市の夫婦塚2号墳(クリックすれば飛べます)を一回り小さくした感じです。それだけに

撮影の環境としては厳しく(後退しにくいので)後室の全体像がよくわからないかもしれません。しかしこの古墳の最大の特徴は奥壁から見た右側壁にある石棚です。これまでアップしてきた石棚のある石室は全て奥壁に設けられていましたが、どのような理由からか側壁に作られています。後室が狭く奥壁にスペースが確保できなかったからなのでしょうか。典型的な石棚は和歌山県岩橋千塚古墳群に多数ありますが、大谷山22号墳(クリックすれば飛べます)を紹介しておきます。比較してご覧ください。夏吉1号墳の出土遺物は盗掘を受けていたために須恵器と鉄製品少々に留まっているそうです(撮影2019325日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

なんとも残念な鉄格子越しの見学

 東武東上線東松山駅から循環バスで若宮前で降り、バスの進行方向(西)に歩くと動画1の冒頭の鳥居がみえます。そこからさらに200mほどのところに目指す古墳はありました。事前の情報で円墳の頂上に社殿が建っているとは聞いていましたが、思った以上に社殿が大きく、こぼれ落ちそうに見えます。開口する石室は鉄格子の扉で閉じられています。残念ながら東松山の埋蔵文化財センターに開錠をお願いしましたが叶わず、鉄格子越しの見学。しかし、切石積みの精緻な造りには驚きの一言。側壁が左右に膨らむ、胴張りの様子が手に取るようにわかります。これが1300年も前に造られたとは。もっとも4.28mの長さがあるとされる玄室は格子越しのためかその大きさには見えません。ズームをしても状況は同じ。今回ほど奥壁から外を見てみたいと思ったことはありませんでした(撮影2019106
)。
PNG wakamiyahachiman kofun shuuhen zu

若宮八幡古墳基本情報

所在地 埼玉県東松山市

形状 円墳

規模 径34m 高さ4.5m

横穴石室 全長8.8m 玄室長4.28m 前室長2.55m 羨道長1.97m

築造時期 6C末から7C

出土品 なし(不明)

史跡指定 県指定

特記事項 切石積みによる精緻な胴張型の石室


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

葺石を含め完全に復元された墳長90mの前方後円墳

 山陽本線の柳井港駅から徒歩で30分ほどかかったでしょうか。動画1の冒頭にあるような山並みが北側に広がります。目指す古墳はあの山腹に築かれています。地図でみるとそれほどの距離ではないのですが途中から山腹を這うように道が続き瀬戸内海を見渡しながら歩いたためか予定よりも遅れての到着です。でも車ではこの感覚は味わえません。桜が咲き始めた道を登りきると後円部が姿を現しました。石の塊に見えます。お世辞にも美しいとはいえませんが葺石が貼られた墳丘こそが築造当時に近いのです。ゆっくりと墳丘に沿って歩くと前方部を南側(海側)に向けた全体像が広がります。全国の古墳の多くが自然保存(

墳丘が雑木林で覆われている)で古墳が築かれた時のように復元されているものはそれほど多くはありません。とりわけ今回の柳井茶臼山古墳のように一部ではなく、葺石や埴輪を含め完全に復元されているものは大変に貴重です。

 動画2のように前方部側からみると前方後円墳ということがよくわかります。墳長が90mに対して後円部の径が60m、前方部の幅が55mとやや前方部が広がる形をしています。それにしてもこの葺石は川原石。表面が滑りやすく歩きにくいことこの上もありません。参列者は前方部から後円部に登り埋葬施設を囲みながら祭祀を行ったはずで、同じような思いをしたのでしょうか。この古墳は明治25年(1892年)に現地の人々が発掘し、銅鏡、鉄剣などを確認しています。5面出土した銅鏡のうち、最大のものは鼉龍鏡(だりゅうきょう)で、直径44.8センチあり、古墳から出土したものとしては最大級だそうです。こうした出土品や墳形、埴輪等から古墳時代の4C末から5C初め、ちょうど前期と中期の境に造られたと考えられています。墳頂に立つと古墳が標高75mのこの地に築かれた意味が解ります。瀬戸内海を見下ろすには絶好の地です。動画3の最後に前方部の先に広がる瀬戸内海は当時の人々が見た景色とさほど変わりはないでしょう。これほどの海沿いに築かれた古墳の被葬者は瀬戸内の水運を支配する豪族であったことは容易に想像されます。この地域ではその後5C半ばに室津半島の先端に墳長120mと柳井茶臼山古墳よりも大きな前方後円墳、白鳥古墳が築かれます(未アップ)。アクセスは冒頭に記したとおりですがgooglemap でもルートは確認できます(撮影2018326日)。


PNG yanaichausuyama dougasatsuei ichi

PNG yanaichausuyama kofun zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

お社に守られよく残った墳丘


 今回の北条塚古墳、201999日に千葉県に大きな被害をもたらした台風15号が襲った多古町にあります。半年前にのどかな田園風景の広がる多古町の柏熊古墳群から北条塚古墳のある松崎神社まで1時間ほどかけて歩いたばかりでしたので、道を聞いたあの人たちに被害はなかったのだろうかと心配になりながらの紹介です。50mを超える暴風が荒れ狂ったそうですから、墳丘上の杉林もかなり倒れているに違いありません。

前期古墳の柏熊古墳群(しゃくし塚古墳)(クリックすれば飛べます)とは違い、墳長70mの北条塚古墳は同じ前方後円墳でも後期、6C後半に造られたと考えられています。たしかに後円部径が37mに対して前方部幅が45mと前方部が発達しており(広がっている)後期だろうなということはわかります。6C後半といえば墳長318m、前方後円墳としては最後の大王墓といわれる五条野丸山(見瀬丸山)古墳(クリックすれば飛べます)が奈良県橿原市に築かれたころです。この後、前方後円墳の築造は畿内を中心に全国的に急速に衰退しますが、東国は例外でこの後も盛んに前方後円墳が造られることになります。松崎神社のお社に守られてきたせいでしょうか北条塚墳丘の残りはよくホッとしました。というのも墳丘が確認できると聞いていたしゃくし塚古墳は、時期が悪かったせいか藪に覆われ微妙な状況だったからです。ただ、動画1の松崎神社のシーンのあとのところでわかるように右手の後円部と左手の前方部の間が南北間を移動する通路となり切断されているところが少々残念です(撮影2019318日)。
PNG houjyouzuka kofun takomachi




北条塚古墳基本データ

所在地 千葉県多古町

形状 前方後円墳

規模 墳長70m、後円部径37m 高さ6.5m、前方部幅45m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ