古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

 今回の前期古墳は4C中頃に築かれたと考えられている大分市の蓬莱山古墳です。60mと中規模ですが墳丘の美しさはなかなかのものです。近くに墳長116mの古墳、亀塚古墳(クリックすれば飛べます)があるせいでしょうか。マニア以外にはあまり知られていないようです。JR九州の久大線の賀来駅の北側に広がる丘陵の龍音寺境内に保存されているこの古墳、住職のお話によれば定期的に寺や地域の関係者の方々が草刈はじめ整備をされているとのこと。ずいぶんと恵まれた古墳です。

 築造当時のままに墳丘の形に添って芝などが植えられた古墳ももちろんきれいですが、蓬莱山古墳のように所々に緑の中に色づいた木々が点在する墳丘も盆栽のようで個人的には好きです。残された周濠が墳丘全体を大きく見せているような気もします。動画2はその意味でお気に入りです。

 墳丘は典型的な前期古墳で後円部径に比べ細長く伸びた前方部の幅は短い柄鏡型と呼ばれるものです。埋葬施設は後円部に確認されてるようで箱形石棺だったそうです。残念ながら盗掘に遭い副葬品は残されていないとのこと。とはいえ墳丘だけでも見る価値は十分にあると思います。大分の前期古墳ではすでにより古い隣の豊前にある(宝来山は豊後)赤塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。合わせてご覧ください。
 賀来駅の北側の幹線道路を金谷迫の信号まで1㎞ほど登り、大分自動車道路沿いに西側に500mほど歩くと龍音寺入口という矢印があります。そこから南方向に300mほど歩くと目指す古墳に出会えます。賀来駅からの登り坂はかなりの勾配です。とはいえ古代の人は歩いたのですから歩きましょう(撮影20171030日)。
PNG houraisan zu shuseiban




蓬莱山古墳基本データ

所在地 大分県大分市庄の原

形状 前方後円墳

規模 墳長60m、後円部径36m 高さ6m、前方部幅17m 高さ3m 段築不明

葺石あり 周濠あり

築造時期4C央 

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 後円部中央に箱型石棺を検出



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 師走を迎え何かと気忙しい日々が続いています。皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの幾ちゃんの独り言です。今回は石室についてのお話です。といっても学問的ではなく情緒的なレベルに留まりますがやや長文です。

 数えてみたらアップした石室動画は堅穴石室を含め80基ほどあり(201712月はじめ)、自分でもびっくりしました。いつだったか、ある古墳の専門家が石室に興味を持つのはいいけれど、蟻地獄に陥りますよといってましたが、その気持ちが最近わかりはじめてきました。石室が残されている古墳の多くは後期、終末期に集中していますが、その大半が開発されていない人里離れた山奥とはいわないまでも山の中にあります。道といってもけもの道のようなところも少なくありません。過去に標識を建てられていても朽ち果てていることも多く、先駆的な古墳ファンの皆さんの苦労がしのばれます。その後塵を拝しながら私も、そのいくつかを訪れていますが、発見した時の喜びは言葉にするのは難しいほとです。入室できるかどうかが次のポイントです。


 場所は比較的わかりやすかった奈良県桜井市の赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)の開口部は本当に狭く(高さ4-50センチほど)、新聞紙の上に腹ばいになり足で蹴飛ばしながら匍匐前進のように進みました。ヘッドランプを照らしながら羨道を進むと、ぼんやりと家形石棺が浮かび上がり、見上げると高さ4mほどの玄室の空間が広がっていました。あの時の気の引き締まるような思いは今でも忘れられません。

羨道に続く天井の高い玄室に到達した時のあの何ともいえない感覚は石室を探し当ててもいつも味わえるものではありません。羨道そのものが欠落していなくとも、天井石がないなど大きく破損していきなり玄室のような古墳も少なくないからです。これまで紹介した石室で私が「気の引き締まる」と表現した感覚を味わえる古墳は奈良県桜井市の秋殿南古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、大阪府八尾市の愛宕塚古墳などいくつかあります。もっとも動画でその感覚が表現できているかはわかりません。


 考古学者の白石太一郎さんは「竪穴石室、粘土郭、棺直葬の埋葬施設はいずれも墳丘上にうがたれた土壙(どこう)内に棺を納めてこれを埋めてしまう形式であり、中期以降の一部の竪穴石室をのぞき、いずれも埋葬の行為と並行して構築されるものでした。それに対し、横穴石室は、墳丘の横に入口をもつ、全く違った考え方に基づく埋葬施設であり、埋葬に先立って築造される施設です。この新しい埋葬施設は、その先駆的なものが前期の末葉に北部九州に出現し、中期には北部九州のほか、岡山県地方や近畿地方にまで及びますが、九州以外の地域でそれが普及し、古墳ももっとも一般的な埋葬施設となるのは後期になってからのことです」と述べています(古墳の知識1、墳丘と内部構造、東京美術、1985年)。


 これまで紹介してきた横穴石室の多くは白石さんのいう全国的な広がりをもつタイプのものですが、時折、動画のキャプションに両袖式(型)、片袖式(型)、無袖式(型)などの表記があることにお気づきではないでしょうか。最後に平面図にまとめてみましたが、実際に残されている多くの古墳石室は羨道が原形をとどめていません。それにしても、なぜ、両袖、片袖、無袖という三つのタイプの玄室があるのでしょうか。専門書を当たってみても、袖とよばれるものがあり、それが三つのタイプに分けられるとは書いてありますが、なぜ、ある古墳で両袖が採用され、片袖ではないのかなどの分析を見つけることはできませんでした。ただ、三つの石室のある前方後円墳、奈良県葛城市の二塚古墳のところで書いたように、最も規模の大きな後円部にある石室が両袖、前方部にある中規模の石室が片袖、造出しにある小型の石室が無袖だったことを考えると被葬者のランク順に両袖、片袖、無袖が採用されたのではないかと思っています。

その袖の色々を確認するには次の古墳をご覧ください。袖がよく映っている動画を
選んでみました。

両袖


牧野古墳(奈良)(以下いずれも古墳名をクリックすると飛べます) 動画3
牟佐大塚古墳(岡山)動画3
大坊古墳(広島) 動画3


いびつな両袖(左右で袖幅が異なる)
大谷山22号墳(和歌山)動画3

片袖
宝塚古墳(島根) 動画3
珠城山古墳(奈良)動画2
山畑2号墳(大阪) 動画2

無袖
当麻谷原3号墳(神奈川)動画1
実円寺西古墳(静岡)

PNG yokoanasekishitsu to sode





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期の前方後円墳は石室が三つもありそのすべてが見学可能という非常に珍しくまた貴重なものです。古墳研究者、古墳マニアの間ではよく知られた存在だそうです(と葛城市歴史博物館の方のお話)。残念ながら後円部南側に開口する長さ16.7mの石室は鉄柵越しですが、動画1で見るように大きさを感じることはできますし、残りの二つの石室は開口部が土砂に埋まっていますが動画2、3のように入室できないことはありません。大中小三つの石室規模とそれぞれに葬られた人及び三者の関係はどのようなものだったのか思いを馳せることもできます。よく観察すると後円部にある最大の石室は両袖(羨道幅よりも玄室が左右に広がっている)、前方部の中規模の石室は片袖(羨道幅よりも玄室の一方が広くなっている)、最小のものは無袖(羨道幅と玄室幅が同じ)なので、被葬者のランクは石室の規模に加え、石室の袖によっても後円部→前方部→造出しの順ではないかと思いました。また金銅製金具、馬具、鉄剣等かなりの数の副葬品が出土しており一部葛城市博物館で見ることができます。

ただ二段築成の墳丘は自然に任されたままで刈り込みなどなされておらず後期古墳の特徴である後円部径36mに対して前方部幅41mと発達した状況などは観察不可能です。とはいえ東側をみると動画3の最後にあるように大和盆地を一望することができ古墳築造の地としてはまたとないところであることがわかります。後期古墳だからでしょうか。埴輪は検出されていません。なお二塚古墳の由来ですが、円墳が二つ並んだように見えたことからのようです。
 これまで紹介してきた複数の横穴石室をもつ古墳として滋賀県東近江市の八幡社46号墳(クリックすれば飛べます)をあげておきます。墳長21mと小型の前方後円墳に三つも横穴石室が設けられています。是非、二塚古墳と比較してご覧ください。

アクセスは近鉄御所線新庄駅から西に1㎞ほど。県道254号を超えたところにある浄願寺の裏側(撮影20161214日)。
PNG futazukakofun katuragishi zu




二塚古墳基本データ
所在地 奈良県葛城市寺口二塚
形状 前方後円墳規模 墳長60m、後円部径36m 高さ10m、前方部幅 高さ10m二段築成後円部石室 全長16.7m、玄室長6.7m 幅3m高さ4.1m、羨道長9.7m 幅1.7m 高さ2.7m前方部石室 全長全長9m、玄室長3.9m1.7m高さ1.9m、羨道長5.1m1.4m高さ1.5m 造出し部石室 全長7.8m 玄室長4.5m 高さ1.3m1.5m、羨道道3.3m、幅1.4m 高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 後円部石室から金銅製金具、水晶製玉、ガラス玉、鉄製品、鉄製武器、前方部石室から鉄鋤、鉄斧、鉄製馬具、須恵器と土師器等、造り出し部石室から琥珀製玉、直刀、刀子、馬具、鉄鏃、鉄斧、鉄鎌、鉄鋤、大量須恵器

史蹟指定 国指定

特記事項 副葬品のうち土器の一部が葛城市歴史博物館で展示されている。大半は奈良県橿原考古学研究所付属博物館が所蔵




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 埼玉県の横穴石室では関東の石舞台といわれる八幡山古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨大さだけではなく墳丘部分がまったく残っていないという点でも二つの古墳は共通していました。しかし今回の小川町の穴八幡古墳は横穴石室とともに方墳とわかる二段築成の墳丘がよく残っており、しかも周囲を巡る濠も復元されている点で見応えがありました。

 動画1にあるように南に開口した石室の左右には扉石風のかなり大きな石があります。後世のものとはわかりますがいつ頃のものなのでしょう。石室長は8.2m、羨道、前室、奥室から成っていますが、緑泥片岩の巨石で組み立てられた三壁はこれまで見てきた自然石を積み上げた石室とはかなり違う印象です。表面加工があらかた施され滑らかさが光ります。奈良県明日香村の岩屋山古墳、奈良県桜井市の文殊院西古墳、群馬県前橋市の宝塔山(いずれもクリックすれば飛べます)など優れた切石技術で知られる終末期古墳ともやや違うように思われるのは全体に緑白色の緑泥片岩のためかもしれません。小川町下里地域(古墳の南側にある山間部)から採掘されたものだそうです。

 埴輪が使われていないこと、須恵器など出土品の特徴から7C後半の築造と考えられていますが被葬者はどのような地位を誇っていたのでしょうか。南側に流れる兜川を支配していた豪族だったのでしょうか。都心から2時間あまり。これほどの近場に横穴石室が残り見学が可能な古墳があろうとは驚きの一言です。普段は施錠されている石室ですが小川町役場に申し出れば開けてもらえます。アクセスは東武東上線小川町駅下車。駅から5分ほどの役場から1㎞ほどの穴八幡神社の鳥居を目指します。そこから南に下ると右手に整備された古墳の墳丘が現れます(撮影2017228日)。
PNG nakahachiman zu

  静岡県浜松市、旧国で遠江(とおとうみ)にあたる静岡県西部には横穴石室を伴う後期、終末期古墳が数多く築かれたようです。今回の興覚寺後(こうかくじうしろ)古墳もそのうちの一基ですが、6C前半と横穴石室としてはかなり早い段階のもののようです。既にアップした磐田市の寺谷銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)を見た帰りに天竜川を越えてこの古墳を訪れたのですが、墳丘はほとんど削平され前方後円墳とは誰も気が付かない様相を呈していました。興覚寺の後とはよくぞいったものです。ところが雑木をかきわけて後円部を下ってみると想像以上の立派な石室が開口していました。もっとも土砂の堆積で羨道(一部しか残されていない)は膝を屈めてようやく通過。動画1でその感じをつかめるかと思います。しかしその先には大きな空間が広がっていました。とはいえあとで調べてみると天井高は2.4mしかありませんでした。これは羨道をしゃがんで進んだための目の錯覚なのですね。これまで紹介してきた横穴石室の平均的な高さです。いずれにせよ横穴石室探索の醍醐味のひとつは羨道から玄室に入るこの瞬間です。とりわけこの玄室は動画2でおわかりのように羨道よりも右側だけ(奥壁から)極端に広い片袖式のため空間を感じることができた気がします。石室は自然石を積み上げたもので一見乱雑な感じを受けますが、現在まで崩れることなく原形が保たれてきたのですから、その強度には改めて驚かされます。

 調べてみるとこれまでアップした横穴石室の多くは6C後半以降に造られたもので、興覚寺後古墳と同じ6C前半に築かれたものは少ないことに気が付きました。一基あげておきますので比較してご覧ください。京都市の甲塚古墳です(クリックすれば飛べます)。一回り以上大きな石室ですが、同じ頃に造られたのだと考えるだけで不思議な感じがします。

後古墳のある興覚寺は浜名湖天竜鉄道宮口駅から200mほど北にあります。動画3の最後のシーンでご確認ください(撮影2017126日)。
PNG koukakujiushirokofun zu



興覚寺後古墳基本データ

所在地 静岡県浜松市浜北区宮口

形状 前方後円墳

規模 墳長35m、後円部径18m 高さ2.8m、前方部幅18m 高さ2.3m

横穴石室 長さ8m、玄室長5.6m 幅2.4m 高さ2.4m

築造時期 6C

出土品 金銅装馬具や武器、装身具、須恵器等

史跡指定 市指定

特記事項 この地域では最古の横穴石室と考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の四回目です。円墳の170号墳と方墳の171号墳を紹介します。既に前期古墳の35号墳と13号墳(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、中期の大型円墳169号墳、それに後期古墳の横穴石室が見学できる鬼の巌屋古墳を紹介しています。西都原古墳群は南北4.2㎞ 東西2.6㎞の広大な敷地に前方後円墳31基を含む319基もの古墳が点在しています。

今回の170号墳と171号墳は169号墳と同様に西都原古墳群の主墳 男狭穂塚古墳、女狭穂塚古墳の陪塚です。男狭穂、女狭穂両古墳が陵墓参考地のため立ち入りもできず、あまりに巨大で全貌をとらえることができないのに対して、今回の陪塚は間近に観察できます。

 築造時期はいずれも5C前半と考えられています。170号墳は既に紹介した169号墳と比較して頂きたいのですが、ずっと墳丘の高さが低く扁平です。これまでの円墳の印象とはかけ離れています。墳頂からは短甲などとともに船の形をした埴輪が検出されています(北郷泰道、西都原古墳群、同成社、2005年)。西都原古墳群では二基しか確認されていない方墳の一つ一辺25m171号墳は、訪問時は養生中のため外されていましたが川原石による葺石を含め復元されています。幅4mの周溝がまわり九州では貴重な壺形埴輪が出土しています(撮影2017323日)。
PNG saitobaru170&171 zu





西都原170号と171号基本情報

所在地 宮崎県西都市大字三宅他

形状 円墳(170号)方墳(171号)

規模 170号 径45m 高さ1.8m 二段築成 葺石なし、171号 一辺25m 高さ4.5m 二段築成

葺石あり

築造時期 ともに5C前半

出土品 170号 短甲、船形埴輪 171号 壺形埴輪

史跡指定 一括して国指定

特記事項 171号出土の壺形埴輪は北郷泰道さんによれば九州内では出土例がなく、大阪藤井寺市の野中古墳や奈良県河合町の乙女山古墳など畿内の古墳出土が知られるとのこと(前掲書)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 大いに期待して目的地に到着して目にしたものは・・・。正直、がっかりしてしまいました。それをお目にかけるのは気が引けるのですが、数多くの古墳を訪ねあるいているうちにはそういうこともあると考えて頂ければと思います。

 古墳の位置づけとして象鼻山1号墳は極めて重要です。養老町のHPでも紹介しているように、中国の歴史書『三国志』魏志倭人伝は3C中頃に邪馬台国と狗奴国(くなこく)が坑争していたことを記していますが、近畿には西に影響力を持つ邪馬台国があり(邪馬台国畿内説を前提)、濃尾平野を中心とする東海には東に影響力を持つ狗奴国があり、対立していたというのです(結構多くの学者に支持されているようです)。そして、象鼻山1号墳は、一方の雄である狗奴国の王か王族の墓である可能性が高いといわれています。

 たしかに周辺で濃尾平野を一望できる最も見晴らしがよく、見上げるにもよい場所に築かれた古墳の被葬者は群を抜いて高い地位にあったことは間違いなさそうです。また三角縁神獣鏡ではなく双鳳鏡(き鳳鏡)1面が副葬されていたこと、埋葬施設の石を使わない墓坑と箱形木棺という組み合わせも東日本的なものであることから畿内とは一線を画した有力者すなわち狗那国のリーダーの墓だったという見方もできるわけです(WEB上に1996年から3年かけて行われた象鼻山1号墳の調査報告書概要がアップされています)。

 以前、狗那国論の第一人者赤塚次郎さんの講義を聴講して以来、是非、訪れたいと思っていた象鼻山1号墳です。否が応でも胸は高まります。幸い、見事な秋晴れです。現地近くまではバスは走っておらず、名古屋、大垣経由で養老鉄道の美濃高田駅から歩くことにしました。名神高速の養老SAの西にある山を目指して牧田川沿いに歩きます。ちょっと怖かったのは歩道のない結構頻繁にトラックが通る一車線道路を歩いたことでした。動画1の頭がそれです。50分ほどでようやく登山口に到着してフェンスを越え(猪や鹿よけ)標高140mほどの山頂を目指します。途中には古墳時代後期の円墳がいくつも残されています。そう象鼻山古墳群は弥生時代から古墳時代後期までの墳墓から構成されているのです。およそ10分で到達した山頂にも上円下方壇(墳ではない)とされる3号墳が東家の後に見えましたが、肝心の1号墳はどこに。周囲を見渡しても動画3で紹介したような弥生時代の墳丘墓がみえるだけです。しばし目をこらすとシダに覆われた墳丘らしき高まりが見えました。近づいてみると間違いありません。1号墳です。しか登ってみても膝ほどの高さまでシダが生い茂り方形ということが確認できません。前方後方墳ということがわかったのはこれもシダに覆われた短い前方部をみつけた時のことでした。説明を受けなければ、誰も前方後方墳とはわからないでしょう。邪馬台国と戦った狗那国の王墓かもしれない古墳がこれでは少々残念です。聞けば草刈は地元の有志の方々にお願いしているとのこと。養老町自身がなにか対策を考えて頂きたいものです(撮影2017116日)。
PNG zoubizan kofungun



象鼻山古墳群基本データ

所在地 岐阜県養老町

形状 前方後方墳(1号墳)その他弥生墳丘墓、後期古墳は円墳

規模 墳長43m、後方部26m×25m 高さ4.2m、前方部幅14m 高さ3m

築造時期 3C

出土品 双鳳鏡(き鳳鏡)、琴柱形石製品、鉄刀、鉄剣、鉄鏃、壺形及び甕形土器等

史跡指定 町指定

特記事項 甕形土器はS字状口縁台付と呼ばれるもので東海地域独特のもの


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ